2018年8月19日 (日)

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 一時期の猛暑は影をひそめ、秋のような爽やかで過ごしやすい日が続いています。
夏の緑
 早朝5時からの自治会の共同作業に参加した後、時計を見ると、まだ、午前9時。

 早起きすると、得した気分になるから不思議です。

 せっかくなので、勢いそのまま、毎度の鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)へ・・・・

 先行者らしき車が停めてありますが、川に降りてみると、あたりに釣り人の姿は見えません。

 水質はほぼクリア、水量はほぼ平水。

 真っ青な空から差し込む光が、真夏の木々の葉を透過し、輝きを増し、ステンドグラスのようです。

 2時間ほど釣り歩きましたが、ショートバイトはもちろん、チェイスするイワナの姿を見ることもありませんでした。

 日曜日の日中ですから、こんなもんでしょう。
鬼怒川上流の渓流

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

鬼怒川本流(塩谷地区)

 2018年8月中旬、早朝目覚めて、カーテンを開けると、見事な朝焼け。

 何かが呼んでいる?

朝焼け

 午前6時、こんな早朝に、鬼怒川本流(塩谷地区)の畔に立つのはいついらいでしょう。

 台風やら大雨とかで、増水気味で、かなり強めの濁りが入っています。

YSミノー

 YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)をダウンクロスに投げながら、釣り下ること1時間ほど・・・

 結局、河川敷のレモン色のヨイマチグサの鑑賞会になってしまいました(^_^;)

ヨイマチグサ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

雷雨後の鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 雷雨で増水した後の、鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)です。

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)

 水量が増えて、笹濁り。絶好のコンディションです。

 普段、当番機会が少ない、ブルーのYS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)をスイベルにセット。
 
トンボ

 活性の高いイワナがいれば、一発でヒットするはず。

 一度、尺クラスのイワナがミノーの後をチェイスしてきて、ショートバイト。

 
タマアジサイ
 
 
タマアジサイ

 2時間ほど、タマアジサイの咲く、渓流を歩き回っても、活性の高まっているイワナはどこへやら・・・。

 お昼過ぎから、釣り始めたので、先行者がいたのかもしまれせん。

 台風12号と雷雨で、渇水だった川俣湖にも、かなり水が溜まりました。

 これで、渇水の心配はしなくても大丈夫そうです。
川俣湖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

北風正高商店の伊予灘のいりこで一杯

 7月の3連休で買ってきた、ちりめんや子イカの干物、いりこなど愛媛土産も、そろそろなくなりつつあります。

北風正高商店の伊予灘のいりこで一杯

 唯一残っているのが、北風正高商店で買ってきた、伊予灘の「いりこ」です。

 8月10日、「いりこ」をつまみに飲む楽しさを教えてくれた大事な人を思い出しながら、宇都宮産の澤姫で一杯。

 いりこのうま味と、いりこにしみ込んだ伊予灘の塩分が、お酒にぴったり。

 ありがとう、そして、ごちそうさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

フルーツダイニング8010の夏いちご「なつおとめサンド」

 地元の下野新聞にも何度も登場している、栃木県オリジナル品種の夏場専用のいちご「なつおとめ」。

 大谷で地下の冷たい水を使って栽培している「なつおとめ」を使ったフルーツサンドが食べられると聞いて、フルーツダイニング8010(パレット)since1976 下戸祭店に行ってきました。

フルーツダイニング8010(パレット)since1976 下戸祭店

 日曜の11時30分過ぎに到着すると、玄関前に順番待ちの列。

 30分ほど待って店内へ。

 ピアノが置いてあったりして、とても落ち着いた雰囲気です。

 カップルや女性に人気というのもうなづけます。

フルーツダイニング8010の夏いちご「なつおとめサンド」

 お目当ての「なつおとめサンド」は、夏いちごということで、6月から11月までの季節限定商品。

 夏のいちごらしい「なつおとめ」の適度な酸味と、なめらかでさっぱり仕上がった生クリームの相性抜群!

フルーツダイニング8010のたらこパスタ

 たらこがたっぷりまぶしてあるパスタをいただきながら、夏の日差しに青々と繁る庭の木々を眺める一時。

 暑い夏、のんびりカフェで過ごすのもいいですね。

【フルーツダイニング8010(パレット)since1976 下戸祭店の連絡先】
所在地:栃木県宇都宮市下戸祭2-18-1
電話:028-621-8020
HP(栃ナビ):https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=558

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

真夏の渓流で遡上ヤマメを釣る(2018/08/03)

 夏休みをいただきました。

 1週間前、台風12号の影響で、まとまった雨の降った、鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)へ。

真夏の森林

 
 水量は落ち着き、ほぼ平水ぐらいでしょうか。濁りはなく完全なクリア。

 ちょっと濁りが入っていると良かったんだけどな~~と思いながら、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を投げ始めます。

 反応がないので、YSクランクにチェンジしてみたら、小さめ(25cmぐらい)のヤマメがヒットしてくれましたが、ネットイン直前でバイバ~~~イ (^_^)
トンボ
 そういえば、今年は、いつになく、トンボの姿が目立ちます。岩や草の上には、トンボ、トンボ、トンボ・・・・。ものすごい数です。

 水面に落ちたトンボも見かけるので、イワナやヤマメの餌にもなっているかもしれません。
鬼怒川上流の渓流
 反応がないので、川俣湖近くのポンイトに移動。

 少し深い流れ込み、いかにも大きな魚がいそうです。

 サーチ用のスプーン(5g)から、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)にチェンジ。

 姿が見られないよう、膝をついて、下流側から流れ込みに向かってキャスト。

 時々、ジャークを入れながら巻いてくると、ドン!

 根がかり?

 いや、こちらに向かってくる。

 水中に光る銀色、そしてヘッドシェイク・・・

 
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
 銀ピカのヤマメ(36cm)が釣れました。

 パーマークがなく、ちょっと小振り。サクラマスというよりは、遡上ヤマメといった方がピッタリな魚です。

 少し痩せているのは、渇水で、餌がとれなかった影響でしょうか。
YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号357-274)
 猛暑が続いていますが、道端のススキは穂を出し始めていました。

 川俣地区には、少しずつ秋が近づいてきています。
ススキの穂
~~釣行データ~~
【日時】 2018年8月3日(金)、10時30分~15時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れ

【水温】 18度

【風】  -

【釣果】 ヤマメ(36cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号357-274)

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

定例の包丁研ぎ

 台風12号は、栃木県内の山々に恵みの雨をもたらしてくれました。

 川は、久しぶりに増水して、茶色に濁った流れになっています。

 雲間から夏の日差しが差し込んできましたが、こんな日は、自宅でのんびり過ごすに限ります。

定例の包丁研ぎ

 2ケ月に1度やっている、定例の包丁研ぎ。

 刃先がけられている訳ではありませんが、ルーペで覗くと、所々痛んでいるのが分かります。

 たっぷり水を含まれた中砥で、カエリが出るまで研いだ後は、いつもの天然砥石で仕上げました。

 切れ味復活。気持ちいい~~~

定例の包丁研ぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

愛媛の特産品「北風正高商店のちりめん&いりこ、田中蒲鉾のじゃこ天&すまき」

 先週の3連休に愛媛県松山市に行った時、買ってきた愛媛県特産品の数々。

 伊予市双海町にある北風正高商店のちりめんと、いりこ。

 お店の方は、いつもと変わらず元気に営業していました。

北風正高商店

 ちりめんを口に含んで、噛めばかむほど、瀬戸内海のうま味がじゅわ~~~。

 ビール、日本酒がすすみます。

北風正高商店のちりめん

北風正高商店のいりこ

 そして、こちらは、松山市内の三越の地下で買ってきた、田中蒲鉾のじゃこ天、すまき。

 じゃこ天は、高級な手押しのタイプは、ペロッと食べてしまったので、写真は普通のものです。

 電子レンジでチンして、少ししょうゆをかけて、朝御飯にいただきます。

 すまきも、魚の甘みがジワッと出てきて、たまりません。

 いずれも、栃木では手に入れることができない逸品ばかり。

 冷蔵庫からなくなるまで、じっくり楽しむことにしましょう。


田中蒲鉾のじゃこ天

田中蒲鉾のすまき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

「農家そば処 通の隠れ家 蕎香」で、壬生町産そばの香り&味を堪能

 2018年7月22日(日)、用事があって壬生町に家族で出かけました。

 そば好きの家族からは、「絶対、昼食は美味しいそば!」

 壬生町で「そば」といえば、「農家そば処 通の隠れ家 蕎香(きょうか)」でししょう。

農家そば処 通の隠れ家 蕎香

 地元の粉を使った手打ちそばが売りのお店で、その美味しさは折り紙付きで、よっしーも仕事で近くに行った時は、必ず寄っています。

 昼過ぎに着くと、店前の駐車場が空いていたのは、1台のみ.ラッキ~~~! 運良く停められました。

  よっしーは、天もりセット(1,000円)にしました。

農家そば処 通の隠れ家 蕎香の「天もりセット」

  そばの香り、味も、申し分ありません。

 美味しいそば、ごちそうさまでした。


【農家そば処 通の隠れ家 蕎香(きょうか)の連絡先】

所在地:壬生町下稲葉874
電話:0282-82-4473
HP(食べログ):https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=4181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 暑い日が続きますね。

 涼みがてら、鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)へ向かいます。

川俣湖

 まったく雨が降っていないので、川俣湖もご覧の通りの渇水状態。

 川俣大橋から上流を見ると、鬼怒川本流の流れ込みを見ることができます。

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 水量が減って細くなった渓流を、YSミノーを投げながら釣り下っていいくと、1回、尺クラスのイワナが目の前をス~~~ッと泳いでいく姿を目撃。

 水温21度の渇水でも、川俣のイワナ達は、なんとか元気に暮らしているんですね。

 日中、2時間ほどの渓流歩きで、汗でビッショリ。いい運動になりました。 

トンボ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年シーズン、丸沼初釣行