2017年1月17日 (火)

YS-minnow・274モデルの旅立ち

 完成したばかりのYS-minnow・274モデル(85mm、7.5g、ヘビーシンキング、製造番号359)。

YS-minnow・274モデル(85mm、7.5g、ヘビーシンキング、製造番号359)  飲み会の席で、いつも大変お世話になっている方が、渓流や本流でのルアー・フィッシングが趣味ということが分かり、日頃の御礼にプレゼントすることになりました。

  作り始めてから359本目ということで、まずまずの完成度に仕上がっていますし、数あるYS-minnowのモデルのうち、最も大物の実績(鬼怒川スーパーヤマメ43cm、34cm、川俣のイワナ51cm、46cm、45cm等々)を上げているモデルですので、本流で一流しすれば、その可能性に気付いてくれるはずです。

  手塩にかけて、様々な研究成果を凝縮して作りあげたYS-minnow・274モデル。新しいオーナーに、ビックな思い出を作ってあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

鬼怒川本流(石井地区)の様子(2017/01/15)

 大寒波の週末。

 宇都宮の自宅から、北部を眺めると、いつも遠くにそびえる男体山や女峰山は、日本海から押し寄せてきた雪雲にすっぽり覆われています。

 ニジマスが放流された鬼怒川本流(石井地区)に出かけようと思っていましたが、時々、強い北西の風が窓を叩く音が、それを阻みます。

鬼怒川本流(石井地区) ソファーに寝ころびながら、全国女子駅伝とかテレビ観戦していたら、いつのまにか午後3時過ぎ。

 釣りはともかく様子ぐらい見てこようと、鬼怒川本流(石井鬼怒橋上流・増渕オトリ前)に行ってみたら、さすがにだれもいません。

 寒いですからね~~~(^_^;)

 せっかく来たので、上流の飛山城跡下へ足を伸ばしてみたら、なんとこちらにはルアーマンが3~4名ほど。なかなか根性のある釣り士とお見受けしました。

 釣り人も減ってきたようなので、来週の週末あたりが、よっしーの「釣り初め」かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

そば打ち、失敗しちゃいました(^-^;

 年越しそばの後、冷蔵庫に残っていた那珂川町産の地粉。

 せっかくの挽きたてのそば粉。少しでも早めに使った方がいいでしょう。

 そば粉が少なめだったので、そば粉60%に対し、強力小麦粉40%にしてみました。大晦日の時は、そば粉75%、強力小麦粉25%。違うのは、そば粉の割合だけです。

 加水率も同じで大丈夫だろうと重量比46%を一気に加えて、水回しをしていたら、「あれ、少しやわらかくないかい?」。

失敗した手打ちそば そうなんです。水を吸いやすい小麦粉の比率が上がったことで、加水率を少し下げなくてはならなかったんです。

 おそらく、43~44%ぐらいがベスト加水率だったのかもしれません。

 全ては、後の祭り。

 水分が多い、やわらかいそばは、茹でると、ブツブツ切れてしまって、ご覧の通り。

 しばらくやっていないと、大事なこと、ポイントをうっかり忘れてしまうんですね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

みなさん頑張ってます~鬼怒川本流(石井地区)のニジマス釣り・2日目~~

 2017年1月9日(日)、朝から降り続く冷たい雨が上がったのは、正午過ぎでした。

 晴れれば、鬼怒川本流(石井地区)でしょう。

鬼怒川本流(石井地区)のニジマス釣り・2日目

 前日、ニジマスが放流されたばかりとは言え、朝から悪天候だったので、そんなに釣り人はいないだろうと、たかをくくっていたら、ちょっと甘かった(^_^;)

 昨日ほどの人数ではないにせよ、主なポイントで、みなさん気合入れて頑張ってます。

 ちなみに、釣り券(年券または日釣り券)が必要なことは変わりませんので、これから行かれる方はお気をつけくださいね。

  この調子でいけば、簡単に釣られるような魚はいなくなって、警戒心が強いタフな魚が、周囲のポイントに散らばるはず・・・

 放流ものでも、なるべく警戒心が強くなって野生味のある魚の釣りたい、よっしーにとって、冬の鬼怒川本流でYS-minnowを投げるのは、もう少し先になりそうです。

 それにしても、この時期に鬼怒川本流に釣りに行けるというのは、実質的に「2ケ月早く解禁」されたようで、とっても開放された気分です。

 いいですね~~~(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

鬼怒川本流(石井地区)のニジマス釣りの様子

鬼怒川本流(石井地区)のニジマス釣りの様子 2017年1月8日(日)、午前8時に、漁協が鬼怒川本流(石井地区)にニジマスを放流し、釣りができるということで、たくさんの釣り人が詰めかけていました。

  ほとんどが本流竿を使った餌釣りで、ルアーがちらほら。

 氷点下2度、河原の水際を歩くと、所々に氷が張っています。

 水温が低いからでしょうか、釣果の方は、ポツポツといった感じでした。
河原の氷
 友人達が釣っているのを見たり、あれこれ釣り談義したり、一人で河原をうろうろしたり・・・

 結局、一度もルアーを投げずに、お昼前には、みんなでランチへ(^_^;)

 それにしても、この時期に、これだけ大勢の釣り人が集まるというのは、一つの光明です。

鬼怒川本流(石井地区)のニジマス釣りの様子 鬼怒川本流は、真冬といっても、山間の渓流ほど寒さは厳しくありませんので、やり方を工夫することで、いろいろな展開が可能であることを証明した一日になりました。

 今後の漁協の新たな取組に期待しましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

鬼怒川本流(石井地区)の下見に行ってきました!

鬼怒川本流(石井地区)の下見 2017年1月8日(日)にニジマスの放流が行われる鬼怒川本流(石井地区)の下見に行ってきました。

 放流される場所は、(1)石井鬼怒橋上流・増渕オトリ前左岸、(2)飛山城跡下左岸、(3)柳田大橋下流右岸の3ケ所です。

 放流ポイントには、看板が設置されていて、初めての方にも分かりやすくなっていました。
看板
 年券も買って準備万端。

 禁漁期間にルアーを投げられるだけでも、十分すぎるほどありがたいことなので、解禁前のウォーミングアップがてら、釣果は二の次で楽しんできたいと思います。



鬼怒川・年券【参考】鬼怒川漁協のページ:http://www.kinugawa-gyokyou.com/index/2017nijimasu.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

YS-minnow・274モデルのスイミングテスト完了

YS-minnow・274モデルのスイミングテスト完了 年末にペイントを終えていたYS-minnow・274モデル(85mm、7g、ヘビーシンキング)。

 暇を見つけては、ディッピィングを繰り返し、ようやく完成しました。

 今日の午前中、男体おろしの北風が吹きすさぶ鬼怒川でスイミングテストをやってきました。

 アイを微調整しながら、止水でのダート性能、ストリームでの安定感などをテスト。

 6本とも、思ったとおりの泳ぎをしてくれて合格です。

 YS-minnowΔtype(85cm、7~8g)は、他にもストックがありますので、2017年のシーズンは、これで十分でしょう。

  少しずつ気分が高まってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

磨き初め

 正月は新年会で飲み続けて、お腹はプヨプヨになってしまいますが、仕事始めぐらいは、ピシッと決めたいところです。

革靴磨き 少しぐらい食事を減らしても、なかなか引っ込まないお腹は後にして、まずは「足元」。

 玄関に、普段使いの革靴6足と、妻のパンプスを並べて、一足一足、汚れを拭き取りながら磨いていきます。

 革クリームを塗り込むと、小さな擦り傷痕も消えて、元の艶が戻りました。

 1時間ほどで完了、スッキリしました。

 お腹の方も、ちょっとがんばらねば・・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

いくら 明けましておめでとうございます。

 今年もいつものペースでやっていきますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 ちなみに、釣りの方は、鬼怒川本流と、鬼怒川上流の渓流、それに川俣湖の3フィールドがメインで、時々、中禅寺湖、丸沼って感じになると思います。

 鬼怒川本流は、石井地区で、2017年1月8日(日)に放流が行われて、ニジマス釣りが楽しめるようになるをきっかけに、これまで通ってこなかった、石井地区から下流のフィールドにも足を運ぶ予定です。

ドイツから送られてきたカレンダー その他、ハンドメイド・ミノー、刃物研ぎ、靴磨き、カメラ、美味しい食べ物、そば打ち等の「お散歩」にも、引き続きお付き合いください。

 写真は、年末に、ドイツに行っている長女が親しくしている友人(ドイツ人・女性)から送られてきた、カレンダーです。

 長女も、元気にやっているようで、何よりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

那珂川町産そば粉の年越し手打ちそば

那珂川町産そば粉 3年ぶりの年越し手打ちそば。

  そば粉は12月29日に「道の駅ばとう」で買ってきた那珂川町産の地粉です。


 まずそば切り包丁を研ぐは、そば切り包丁を砥石でビシッと研ぎ上げて準備完了。

 そば粉(315g)、強力小麦粉(125g)に、水を230g(加水率46%)を加えて、練り上げ、伸して・・・

  家族で、茹で上がったそばや天ぷらをいただきました。

那珂川町産そば粉の年越し手打ちそば  道の駅ばとうで、そば粉を買った時、午前中にも関わらす、そば粉を置いてある棚の2/3ほどが売れてなくなっていました。私のように、自分で打ったそばで、大晦日を過ごす家も、意外にあるのかもしれませんね。

  今年も、あと4時間ほどで終わります。

那珂川町産そば粉の年越し手打ちそば  いろいろありましたけど、あっという間でした。

  来年は、いい年になりますように。

 そして、みなさんにとっても幸多い1年になりますように! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«中古のCanon Power Shot S95を購入