2017年8月20日 (日)

鬼怒川上流の渓流(川俣地区)(2017/08/20)

鬼怒川上流の渓流(川俣地区)
 今日(8/20)も、ホームグランドの鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)です。

  お盆をはさんだので、2週間ぶりの釣りになります。

 雨が降っていたので、少し濁りが入っていることを期待したのですが、完全なクリア。水量は普通、水温16度。

 釣り人がほとんどいないので、「イワナ祭り」なんて妄想を抱きつつ、ミノーを投げ始めますが、午前11時から午後2時まで、バイトはもちろん、チェイスさえもなしsweat02

  こういう時があるのが釣りです(^_^) 

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

岡山駅で「キハ40形(津山線)」に再会

特急しおかぜ
 お盆を過ごした愛媛から、陸路で宇都宮に帰省してきました。

 松山から岡山までは「特急しおかぜ」です。

瀬戸大橋
 特急といえど、新幹線のような高速電車ではありません。ちょっと早めの普通電車、宇都宮線快速のグリーン車と同じ感じです。

 のんびり瀬戸内の景色を眺めながらの列車の旅。こうして瀬戸大橋を渡るのは、何年ぶりでしょう。懐かしい。

津山線のキハ40形

 岡山駅に着いて、新幹線に乗り換えようとしたら、隣のホームに見慣れた列車が・・・、「キハ40」がいるじゃないですか。

 2017年3月3日に引退した、烏山線と同じ「キハ40形」。路線は津山線です。

 全国では、まだまだ現役で活躍しているとは知っていましたが、実際に目の前にして、ちょっと嬉しくなりました。

 がんばれ、キハ40 sign01

2017年3月3日のラストラン「キハ40形-1009」(烏山線・上り 岡本発8時22分)
※ 上の写真は、2017年3月3日のラストラン「キハ40形-1009」(烏山線・上り 岡本発8時22分)です。
  この車輌が、錦川鉄道に譲渡され、引き続き、唯一現役で活躍することになっています。


【引退後の烏山線・キハ40系(8輌)の状況】

○錦川鉄道へ1輌譲渡(1009番)。こちらのページ(http://noriquo.jugem.jp/?eid=780)を参考にご覧ください。
○那珂川清流鉄道保存会へ3輌譲渡(1002番、1005番、1007番)
○郡山工場で4両解体(1001番、1003番、1004番、1008番)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県の「萩の茶屋」で、焼き貝料理に舌鼓

帷子崎
 松山市で過ごしたお盆の期間中、少し足を伸ばして、長女と二人で、高知県にドライブに行ってきました。

 高速道路を使って高知入り。土佐市の横浪黒潮ラインの帷子崎(かたびらざき)でちょっと休憩です。

 萩の茶屋
 ランチは、萩の茶屋(高知県土佐市宇佐町宇佐2739 、088-856-1908)です。

 午後1時すぎに到着したにも関わらず、8組待ちと大人気です。

生け簀の中のサザエなど
 入り口にある生け簀には、ご覧のとおり、サザエやハマグリ、ナガレコ(アワビの小さなもの)などなど・・・。

焼き貝の盛り合わせ
 焼肉とか、他のメニューもありますが、ここに来たら、やはり焼き貝料理でしょう。

ナガレコとサザエ
 貝の盛り合わせを注文して、まずは、ナガレコとサザエを網の上に・・・

 焼き始めて、ナガレコが暴れ出す姿をみて、「かわいそう」なんて言っていた長女も、動きが止まって焼き上がってくると、美味しいものを見つけた眼差しにチェ~~ンジ。

 とっても幸せそうな表情で食べてました(^_^)

 身をクルンと取り出していただいた後のサザエの汁、たまりません。

ハマグリ
 肉厚のハマグリは、高知の豊かな海のエキスがギュッと詰まった味の芸術品。

 海の幸を堪能した後は、有名観光地の桂浜。

 高知一の観光地ということで、こちらも大勢の観光客で賑わっていました。

 よっしーが、横浪黒潮ラインを訪れたのは、実に30数年ぶり。

 昔と変わらない風景の中で、懐かしいシーンや当時の会話を思い出しながらの旅になりました。

 ありがとうsign01 


坂本龍馬の像桂浜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

宇和島鯛めし丸水

大街道入り口 急な用事が入って、今年のお盆は愛媛県松山市で過ごしていました。

 せっかく来たので、子供たちと一緒にロープウェー街にある「宇和島鯛めし丸水(がんすい)」でランチです。

 生卵の入っただし汁に、鯛の刺身と薬味を入れてかき混ぜ、それを白ご飯にかけていただきます。
宇和島鯛めし丸水宇和島鯛めし丸水








宇和島鯛めし丸水 リッチ&贅沢なたまごかけご飯。

 生の鯛を丸ごと米の上に乗せて、一緒に炊き込む、松山の鯛めしとは違って、いかにも漁師飯という感じです。

 ご飯はおひつに入ってきて、お代わり自由、美味しさのあまり3杯もいただいちゃいました。

 子供たちも大満足です。

【宇和島鯛めし丸水の連絡先】
所在地:愛媛県松山市大街道3丁目6-4
電話 :089-931-8122

 料理は、鯛一郎クン(養殖)が1450円、天然真鯛が2100円。よっしーは養殖で、子供たちは天然真鯛をいただきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

ラスト「カール」をいただきました

ラスト・カール 今から40年ほど前の子供の頃に食べていた、明治のお菓子「カール」。

 2017年8月から、東日本では店頭に並ばなくなるという話を聞いてから、スーパーに買い物に行くと、お菓子コーナーをチェックしてきました。

 見かけることもなく、もうなくなったと思っていた8月6日(日)、ついに近所のスーパーで、「カールチーズあじ」と「カールうすあじ」を発見!

ラスト・カール カールを食べるのは、いつ以来でしょう。

 サクサクとした軽い食感、歯の裏にこびりつく感触を懐かしみながら、ラスト・カールを、ありがたくいただきました。

  それにしても、昔ながらものがなくなるというのは寂しいですね。

〔追伸〕 西日本では、引き続き、四国明治の松山工場(松山市)で生産されたカールが販売されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

肥後守でバルサの削り出し

 釣りに行こうと午前4時過ぎに起きたものの、テレビをつけたのが失敗でした。

 世界陸上 2017 ロンドン。見始まったら止まりません。

 午前6時前の「男子100m決勝」までしっかり観戦しちゃいました。金メダルを逃したボルトは残念。ガトリンは強かった。

 シティ・オープンの錦織まで応援したので、朝一の釣りはなくなりました。

肥後守でバルサの削り出し 天気は曇り。

 近所の公園から聞こえてくるアブラゼミの鳴き声が、蒸し暑さに拍車をかけます。

 外出するのを諦めて、釣りビジョン(第一日曜は無料放送日)を見ながら、ハンドメイド・ミノーのバルサ削りです。

 天然砥石で研ぎ上げた、全鋼の「肥後守」の刃先がスルスル~~とバルサに入って、カンナで削ったように、うすうすの削りカスが出てくるのが、なんとも気持ちいい。

 無駄に薄く削って、肥後守の切れ味を楽しむなんて、まさしく趣味でしょう。

 今回は、絶好調のNo274タイプの色違いの5本(製造番号は363~367)。

 カラーは、いつものシルバーヤマメ3本に加えて、ゴールドヤマメを2本作る予定です。

  2008年6月15日 (日)から、ハンドメイドミノーを作り始めて丸9年。

 あまり上達していませんが、試行錯誤を繰り返しつつ、いつのまにか360本も作ってきたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

研ぎ&磨き

包丁研ぎ 昨日は夏休みをいただいて、思いっきり渓流釣りを楽しんだので、今日は自宅でのんびりです。

  まずは、1ケ月ほど空いてしまった、包丁研ぎ。  刃先をルーペで見たら、欠けが2ケ所、一部はギザギザになったりしています。硬いものを切った時に痛んだのでしょう。

  キッチンに水を溜めて、砥石に十分水を吸い込ませた後、じっくり研ぎ上げました。

  新聞がなんの引っ掛かりもなく、スパスパ切れます。妻からも「よく切れるね」との言葉をいただきました。

革靴磨き  夕方には、こちらも前回磨いてから1ケ月半ほど経った、革靴磨き。

  クリーナーで汚れを落とした後、革クリームを塗り込みました。

  少し前に、ある企業の方から、

 「身につけるものも大事にしている。実は、この革靴10万円するが、いつも磨いている。靴底やかかとが痛んだら修理に出している。10年以上履いているが、いいものはちゃんとメンテナンスすれば長持ちする。そう考えれば、安いものだ」

 な~んて話をうかがった時、

 つられて、「私も革靴を大事にしていて、15年も履いているものもあるんですよ」と言い出しそうになり、飲み込んだことを思い出しました。

 レベルが違いますから・・・(^_^;)

 一日休んでたっぷり充電できました。明日はちょっと出かけてみましよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年茨城県久慈川サーモン・フィッシングの募集が始まります!

 例年8月から9月にかけて各河川のサーモンフィッシングが発表されるので、この時期、HPのチェックは欠かせません。

 第一陣は、茨城県久慈川漁協です。

 平成29年度久慈川サケ資源有効利用調査実施要領が、HP(http://kujigawa.server-shared.com/2017sake.pdf)に掲載されました。

 フライの募集は8/7(月)~8/17(木)、調査(釣り)が10/13(金)~10/15(日)の3日間。

  ルア-・餌釣りの募集は9/1(金)~9/11(月)、調査(釣り)が、11/1(水)~11/12(日)の12日間となっています。

  久慈川と言えば、初めて開催された2013年11月2日に参加(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2013/11/65cm-in-2013110.html)したことを思い出します。

  65cmのサーモン、懐かしいですね。

  今年は久しぶりに参加してみようかな(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

夏休み、一人渓流散歩

 平日の金曜日(8/4)。夏休みが取れました。

 前日の夜、「どこかに釣りにいくか」な~~んて考えながら寝たら、なんと午前3時に目覚めてしまいました。

  パソコンでネットサーフィーンしているうちに、眠くなってくると思っていたら、いつのまにか午前6時(^_^;)

  もう行くしかないでしょう。

川俣湖  午前7時に宇都宮の自宅を出発! 鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)を目指します。

  さすがに平日。釣り人はだれもいません。

  ゆっくり釣り支度を整えて、いざ!

  水温16度、水量はやや渇水気味、濁りもなくクリア。

 水遊びするには、最高の流れですが、釣りにはちょっと厳しいか?

  チビイワナが時々、チェイスしてきますが、グッドサイズは中々顔を出してくれません。

鬼怒川上流の渓流  ここぞという深みのあるポイントでは、YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)。

 やっぱり、渇水なのが、よくないのかな~~~。

  釣りはさっぱりでも、半日、渓流を歩き続けて、木陰で、氷の入った水筒の冷た~い水を飲んで、マイナスイオンを浴びて、いい夏休みになりました。

アブ〔余談〕

  いよいよアブの季節です。

 日中、車の中にいると、コン、コンと窓にアブがぶつかってきます。

  この時期の釣りは、日焼け止めと、虫よけ(よっしーは、「ムヒの虫よけムシペールα(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2014/08/post-7049.html)」を愛用)は必須です。

  最近、虫に効く成分「ディード」が30%入った「ムヒの虫よけムシペールα30(http://www.ikedamohando.co.jp/products/repellent/musipale_a30.html)」が販売されていることを知りました。

 今のものが使い終わったから、α30にしよおっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

雨上がりの渓流で尺イワナ in 鬼怒川上流の渓流(2017/07/30)

鬼怒川上流の渓流 土曜日、鬼怒川上流部に、しっかりと雨が降りました。

 こんなにまともに降ったのは、本当に久しぶりです。

 鬼怒川上流部の渓流(川俣地区)に着くと、時々、青空が見えるいい天気。

 肝心の川の方は増水していますが、何とか釣りができそうです。

雨上がりの渓流で尺イワナ in 鬼怒川上流の渓流(2017/07/30) 白泡が沸き立つ、深い流れ込み。

 底にいる大物にアピールさせるためには、思いっきりド派手にルアーをアクションさせるに限ります。

 上流に向いて、YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)をキャストして、高速にリーリーングしながら、ロッドをあおって、左右にダートさせた2投目。

  ヒットsign01

雨上がりの渓流で尺イワナ in 鬼怒川上流の渓流(2017/07/30) 笹にごりの流れの中から現れたのは、尺超え(34cm)のイワナでした。

  これは、もしかしたらイワナ祭りか?

 イワナ達の活性は高く、偏光グラス越しに見ていると、何度も何度もチェイスしてきます。

  ブルッと一瞬バイトしたり、足元でのバラシがあったり・・・、釣れそうで釣れないを繰り返し。気がついたら午後1時sweat01

 同行した餌釣りの友人は、25cm前後の良型のヤマメ2匹、それにリリースサイズのチビヤマメ多数と、まずまずの釣果でした。

青空  釣果は尺イワナ1匹でしたが、気の合う友人と、活性の高い渓魚に遊んでもらう、ワクワク・ドキドキのひととき。たっぷり堪能しました(^_^)

 鬼怒川の大自然に感謝!

~~釣行データ~~
【日時】 2017年7月30日(日)、8時~13時
【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)
【天候】 曇り時々晴れ
【水温】 16度
【風】  -
【釣果】 イワナ(34cm)
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・ネオバーサル 662ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号361-274)
【撮影】 Canon Power Shot S95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年8月10日に、東武鉄道SL「大樹」が誕生!