カテゴリー「04■ 栃木の釣り・渓流・里川」の45件の記事

2018年3月23日 (金)

平日の田川釣行(2018/03/23)

田川  久しぶりに平日に休暇をいただきました。

 夕方、少し時間ができたので、田川(栃木県宇都宮市石那田地区)に行ってきました。

 さすがに平日、だれもいません。

 プレッシャーもかかっていなければ、意外に釣れるかも?

 な~~んて、期待しましたが、そう簡単には、問屋はおろしません
(^_^;)

 スギ花粉もピークを過ぎつつあります。

 4月になれば、川俣地区や中禅寺湖も解禁しますので、鬼怒川本流も含め、そろそろ活動範囲を拡げていきましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

田川でヤマメ(2018/03/04)

 夕方の隙間時間、前日に続いて、田川にやってきました。


田川

 水深40cmぐらいの瀬を、スプーンを投げながら、釣り下っていくと、田川らしい23cmのヤマメが出てきてくれました。

 夕暮れ前、同じようなヤマメを1匹追加。

 パーマークっていいですね。

田川のヤマメ(23cm)

~~釣行データ~~
【日時】 2018年3月4日(日)、15時30分~17時30分
【場所】 田川(栃木県宇都宮市大網地区)
【天候】 晴れ
【水温】 13度
【風】  -
【釣果】 ヤマメ(Cherry trout)、2匹(いずれもリリースしました)
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:ベスパ(5g)
【撮影】 Canon Power Shot S95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

2018年シーズンは田川釣行で開幕(2018/03/03)

 2018年3月1日(木)、栃木県内のトラウトフィッシングが解禁になりました。

 最初の週末となる、3月3日(土)、夕方、近くの田川に行ってきました。

 夕方とは言え、釣り人の姿が見当たりません。

 川の流れを見てみると、2015年9月の台風18号による大雨被害を受けた、河川改修で、堤防内は平らにならされ、魚が生息できそうな環境ではなくなっています。

田川(栃木県宇都宮市)

 そんな中、少し水深がありそうなポイント近くに車を停めて、釣り開始。

 一通り釣り下っ後、上流に向かってアップクロスにスプーンを投げてみたら、一瞬根がかり?

 チビヤマメではない。かなりの大物です。

田川で釣ったニジマス(30cm)

 元気いっぱいのファイトの主は、30cmのニジマスでした。

 放流ものとは言え、初釣行で釣れるなんて、今年はいい年になるかも?

夕焼けの田川

~釣行データ~~

【日時】 2018年3月3日(土)、16時40分~17時20分
【場所】 田川(栃木県宇都宮市石那田区)
【天候】 晴れ
【水温】 -(未計測)
【風】  -
【釣果】 ニジマス1匹(30cm)
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:ベスパ(5g)
【撮影】 Canon Power Shot S95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

大谷川釣行(2017/09/10)

大谷川 川の流れに身を置きたくなって、近場の大谷川へ行ってきました。

 観光客に見られながら釣りをするのは、あまり気分よくないので、少し歩いて、人気のないポイントに入ります。

 川底の大石から、透き通った水の流れに飛び出てくる魚影は、なかなか現れません。

 なんの変哲もない小場所で、チビイワナがミノーをチェイスしてくれましたが、フッキングまでは至らず。

 日曜日の午後、人気のフィールドですから、これでも仕方ありません。

 いつもと違った河原を歩くのも、たまにはいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

水温14度の那珂川水系上流の渓流へ

 2016年8月27日(土)、友人と楽しみにしていた川俣釣行だったのですが、前日の夜から鬼怒川上流部に大雨が降ってしまいました。

  渓流はほぼ間違いなく大増水ということで、急遽、那須方面の渓流へ行くことに・・・

  シーズン終了まで1ケ月を切って、同じことを考えている釣り人が多く、車止めには県外ナンバーの車が6台もとまっています。

那珂川水系上流の渓流  水温はなんと14度。

  この時期、こんなに冷たい水の場所があることにビックリです。

  台風9号の影響で水量が少し多めで、雰囲気たっぷり。

  先行者がいても、2人で丁寧に釣り上がっていくと友人にチビヤマメ。

  もしかして、竿抜けポイントが意外にあるかも・・・と思いきや、そうそう簡単にいかず・・・

  川霧に包まれた、真夏とは思えない涼しく冷たい渓流遡行。マイナスイオンをたっぷり浴びて、正午前には車に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

初めて釣った大谷川のリバー・ブラウントラウト

 栃木県内でブラウントラウトが釣れると言われる河川の一つに大谷川(栃木県日光市)があげられます。

 これまで釣った話を聞いたり、ネット情報をみかけても、自分で釣ったことは一度もありませんでした。

 大谷川は釣り人が多いこともあって、週末に行くと、意外とシブイことが多く、それほど熱心に通っていなかったことも原因です。

 先日、餌釣りの友人と偶然立ち寄った大谷川。

  夕マズメというタイミングが良かったのか、シュガーミノー65Fのトゥイッチが効いたのか・・・

 アップに投げたミノーに、岩影から飛び出してきたのは、「リバー・ブラウントラウト(26cm)」。

 想いを寄せていた魚との出逢いって、忘れかけた頃に、突然やってくるんですね。

大谷川のリバー・ブラウントラウト

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

男鹿川C&R区間(2015/03/22)

川治地区C&R区間 2015年3月21日(日)、解禁したばかりの「おじか・きぬ漁協」管内の鬼怒川と男鹿川に行ってきました。

 いつものように、神山釣具店で、年券(6千円)を買って、まずは、川治地区C&R区間へ。

 水量がちょっと少なめです.先行者がチラホラ・・・。

 木々の新芽が膨らみつつあるものの、まだ、春は少し先という感じです。

 しばらく橋の上から覗いていても、魚影が見当たらないので、そのまま車に乗り込んで上流に向かいます。

男鹿川C&R区間 お次は、男鹿川C&R区間

 水温8度、道路脇や河原にはまだ雪が残っていて、こちらは完全に冬の風情です。

 流れがぶつかった淵とかに、スプーンを投げながら、釣り上がっていきます。

 偏光グラス越しに、キラキラ泳ぐスプーンの後をチェイスしてくる魚影がないか神経を集中しますが、そうそう思ったようにいかないのが「釣り」coldsweats01

 次は、五十里湖かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

鬼怒川水系の渓流釣行(2015/03/15)

鬼怒川水系の渓流 2015年3月15日(日)、友人と鬼怒川水系の渓流に行ってきました。

 初めて足を踏み入れる流れ。もしかして・・・な~んて期待が膨らみます。

 水温7度。

 いい雰囲気の瀬と小さなプールが続く渓流を、餌釣りの友人を先頭に、ルアーで釣り上がっていきます。

 入渓したポイントの反応はいまいちでしたが、上流に行くにつれて反応がよくなっていきました。

チビヤマメ in 鬼怒川水系の渓流(2015/03/16) ベスパ(5g)をアップクロスにキャストして、底をゆっくりリトリーブしてきたら、プルプルッ、チビヤマメがヒット!

 この時点で、友人は、なんとヤマメ4匹(^_^)

 午後1時半から午後4時までの2時間半の釣行で、友人はヤマメ10匹、よっしーはチビヤマメ2匹でした。

 身近なフィールドにも関わらず、この釣果には正直ビックリです。

 まもなくスギ花粉がピークを迎えるので、落ち着いた頃にまた来てみたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

祝解禁! 田川釣行(2015/03/01)

田川 2015年3月1日(日)、いよいよ解禁を迎えました。

 午前9時30分、小雨の降る中、いつもの田川(栃木県宇都宮市石那田地区)に向かいます。

 天気がいまいちなせいか、釣り人は思っていたほどではありません。

ヤマメ
 水温8度、低水温。そして冷たい雨・・・。

 ヤマメたちの活性はあがらず、何度スプーンを流しても、バイトがありません。

 それでも粘っていたら、放流物のチビヤマメが出てくれました。

野バラの新芽 正午過ぎ、雨足が少し強くなってきたので終了。

 もう少し暖かくなって、雨粒の付いた野バラが、芽吹いた頃に、また来ることにしましょう。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

白いヤマメ in 男鹿川C&R区間(2014/06/29)★

 男鹿川C&R区間で、白いヤマメ を釣りました。

【日時】 2014年6月29日(日)  10時~14時

【場所】 男鹿川C&R区間(キャッチ&リリース) (栃木県日光市)

【天候】 晴れ時々曇り

【水温】 16度

【風】  -

【釣果】 白いヤマメ(24cm)、ニジマス(30cm)、大イワナのバラシ

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・EMBLEM-S 2000iA
 ライン:ナイロン 8lb
 ルアー:YSクランク(50mm、8g、製造番号242)、スプーン(ベスパ、5g)、YS-minnowΔtype70(6g、製造番号290)

男鹿川C&R区間【レポート】

 前日からの雨で、鬼怒川本流の水位が上昇しています。

  この様子では、濁りが入って、釣りは無理でしょう。

 悩んだ挙げ句、男鹿川C&R区間に行くことにしました。

 午前10時に着くと、水温16度、微かに濁りが入っていて、とってもいい感じです。

 釣り上がっていくと、水深のあるしっかりしたプールが出てきました。

  YS-minnow70をアップクロスに投げて、時々、ジャークを入れて左右にスライドさせていると、5投目ぐらいした時に、目の前の水中お大岩から、40cmほど少し黄色みがかった魚が、ミノー目掛けて急浮上up

 ヒットと思いきや、頭をグングンと3回振った後、フックアウトsign01

 大岩の近くで獲物を待ち伏せしていた大イワナでした。

 またしても・・・、ウ~~~ン残念。

ニジマス(30cm) in 男鹿川C&R区間(2014/06/29) 今シーズン、40cmクラスのイワナに遭遇するのは2回目になりますが、中々ランディングまで持ち込めません。

  やはり「腕」なんでしょうねcoldsweats01

 この後、ルアーチェンジしても、イワナは再び登場せず・・・。代わりに、YSクランクにニジマス(30cm)が来てくれました。

 昼食をとった後、上流にポイント移動。

白いヤマメ(24cm) in 男鹿川C&R区間(2014/06/29) 川幅が狭くなった瀬頭に立って、下流にスプーン(ベスパ、5g)をに投げて直引きしていたら、プルプルとかわいいアタリ。

 すぐに、パーマークが目に飛び込んできたので、ヤマメであることは分かったのですが、何か様子が変です。

 通常、グレーもしくはモスグリーンの背中の色がほとんど抜けていて、「白い」のです。アルビノでしょうか。

 白いヤマメ。もしかしたら幸運bellを運んできてくれる魚なのかもしれません。

 どうか、いいことがありますようにsign01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) | 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 | 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流) | 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 | 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 | 06□ 栃木の釣り・丸沼 | 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 | 08□ 栃木の釣り・川俣湖 | 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) | 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) | 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 | 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 | 14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川) | 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス | 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 | 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) | 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) | 20◆ とちぎのバードウォッチング | 22◆ とちぎの山登り&自然 | 25◆ とちぎの食・食べ歩き | 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉の食べ比べ) | 30◆ とちぎの人物 | 35◆ 栃木あれこれ | 40◇ 刃物・研ぎ | 48◇ 文具・鞄・靴・時計 | 50◇ カメラ | 52◇ パソコン&ブログ | 53◇ 書籍・雑誌 | 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 | 60◇ 日記・コラム・つぶやき | 80  アトラスオオカブト | 81  ギラファノコギリクワガタ | 82  オオクワガタ | 83  クワガタ・カブト一般 | 99  放射能問題