カテゴリー「03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流)」の58件の記事

雨中のイワナ祭り in 鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)(2019/06/16)

 宇都宮を出た時は快晴だったのですが、山道を上って、川俣地区に着くと雨模様。

 どうやら、山間部だけ雨が降っているようです。

 前日からの雨で、渓流(鬼怒川上流)は 、普段より少し増水していて、ほんの少し濁りが入った、いわゆる「ささ濁り」状態。

 釣りには、最高のコンディションです。

Img_3335

 YSミノー(85mm、8g、シンキング)の1投目、いきなりヒット!

 開始早々、28cmのイワナです(^_^)

Img_330728cm
Img_331228cm

 写真を撮影してリリースした後、再び、同じ流れ込みに同じYSミノーを流すと、またまたヒット!

 こちらは、34cmのイワナ。いいですね~~~。

 どうやら、今日は、年に1~2度あるかないかの「イワナ祭」に運良く当たったようです。

Img_332834cm

 この後、25cmクラスのレギュラーサイズのイワナを2匹追加しただけでしたが、25~30cmクラスのイワナのバラシやショートバイト、足元までのチェイスと、夕方までの半日、たっぷり楽しめました。

 雨の渓流のイワナ祭り。いい一日でした。

~~釣行データ~~

【日時】 2019年6月16日(日)、12時~17時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 雨

【水温】 13度

【風】  時々、北西の風

【釣果】 イワナ4匹 (34cm、28cm、25cm×2)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:28cmと34cmのイワナはYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号351-340)、
     他のイワナは市販ミノーやスプーンで釣りました。

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (2)

スピナーでしか釣れないイワナ & サクラマスからの御挨拶(2019/05/02)

 鬼怒川上流の渓流(川俣地区)です。

 釣り人が少なくて、のんびりマイペースで釣りができるのが気に入っています。


img_3075.jpg  


 


 前日までの雨で、少し濁りが入って、増水しています。

 まずは、いつものYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)。

 5~6投した時に、イワナが足元までチェイス!

 いいぞいいぞと、ミノーを繰り返し投げますが、チェイスはするものの、バイトには至らず・・・

 ならばと、小さめのミノーやクランク、スプーンのカラーチェンジ・・・

 イワナもルアーに慣れてきて、反応が緩慢になってきました。

 最後はスピナー。

 愛用のブレットン(シルバー、3g)の1投目、ブレードが回り始めとたん、一発ヒット!

 スピナー(ブレットン)でしか釣れないイワナっているんですね(^_^;)

 






 


 渓流を一通り釣り歩いたので、気分を変えて、川俣湖です。

 日中なので、あまり期待していなかったのですが、表層をYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を泳がせていたら、グン! ギラッ!

 一瞬の挨拶をして帰っていったのは、推定40cmクラスの、おそらく、たぶん川俣湖の人気ターゲット「サクラマス」。

 こうなってくると、しばらくは川俣通いが続きそうです。

~~釣行データ~~

【日時】 2019年5月2日(木)、7時~14時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れ


【水温】 7度


【風】  時々、強い北西の風


【釣果】 イワナ(25cm)


【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:スピナー・ブレットン(シルバー、3g)

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS


| | コメント (2)

川俣イワナ(29cm)を釣りました(2019/04/29)

 10連休となる今年のゴールデンウィーク、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 よっしーは、遠出はせずに、「自宅 時々 釣り」という感じの予定ですが、今日は、友人と鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)に行ってきました。

 少し前に降った雨の影響で、水量はまずまずです。

鬼怒川上流の渓流(川俣地区)

 餌釣りの友人と一緒に釣り下り始めます。

 最初に、大きめの流れ込みで、ハンドメイドのYSミノーをアップクロスにキャスト。

 10回目、良型のイワナがチェイスしてきましたが、目の前でクルッと反転。

 あーあ、いつものチェイスのみってやつか・・・、流れ込みに戻っていっちゃって、この後は姿を見せてくれないんだよな~~~

  ???、どういう訳でしょう。そのイワナ、少し先の流れの中でとどまっています。

 チャンス到来!? イワナの少し上流にミノーを投げて、目の前を通してみたら、再びチェイス!

 そのまま足元まで来てしまいました。もうラインが巻けない・・・

 左手をリールのハンドルから離して、右手でロッドをチョンチョンとあおって、流れの中でミノーを踊らせていたら、狂ったように追いかけて何度も食いつこうとします。

 ついにテールフックに、ヒット~~~!

 完全ネイティブの川俣イワナ。サイズは29cm。

 活性の高い時って、こんなこともあるんですね
(^_^;)

 幸先良いスタートに、絶好調と思いきや、14時まで粘っても、チビイワナのチェイスが1回あっただけ💦

 それでも、活性の高いイワナに出会えたし、目の前でイワナのヒットシーンを見ることもできたしで、とってもラッキーな一日でした。

川俣イワナ(29cm) in 鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)

川俣イワナ(29cm) in 鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)  
 
川俣イワナ(29cm) in 鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)
 
川俣イワナ(29cm) in 鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)

~~釣行データ~~

【日時】 2019年4月29日(月)、7時~14時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れのち曇り


【水温】 未計測


【風】  -


【釣果】 イワナ(29cm)


【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号334-320)

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (2)

鬼怒川上流の渓流&川俣湖(栃木県日光市川俣地区)

 2018年9月20日(木)から栃木の渓流シーズンも禁漁になります。

 最後の週末、9月15日(土)、いつもの鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)に行ってきました。

 川治地区で、ところどころに釣り人の姿・・・、川俣地区も同様です。

 シーズン最後ですから、名残惜しく来てしまう人がいるんでしょうね。

 私のように・・・


鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 1時間ほど、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を投げても反応がないので、久しぶりに川俣湖に移動してみました。

 チャポーーーン!

 風もなく鏡面のような湖面に、スプーンが落ちる音が響き渡ります。

 突然の衝撃を期待し続けること2時間・・・、何事もなく終了です。

 明日(9/17)に行けるかどうかということですが、今シーズンの釣りは、とっても厳しい一年になりました。

 まさしく修行のようでしたが、この修行が楽しめる自分って、いいのか、悪いのか・・・(^_^;)

川俣湖(栃木県日光市川俣地区)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 2018年9月8日(土)、前日少し雨が降ったようで、 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)の水量はやや多めです。

 濁りは微か、いわゆる笹濁りっぽい感じで、釣れそうな雰囲気たっぷり。

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を投げた1投目、20cmくらいのチビイワナがチェイス!

 釣れるのも時間の問題かな~~~なんて、ワクワクしながら投げ続けます。

 一緒に行った友人が、27cmのイワナを釣り上げて、ますますテンションアップ!

 いつ来るか、いつ来るか・・・・、時間が過ぎていきます。

 ついに、渓流沿いに、赤いツリフネソウの可憐な花に眺めたり、写真を撮ったり。

 いつもの渓流散歩になっちゃいました(^_^;)

 9月20日から、栃木県の渓流シーズンも禁漁になります。

 なんとかラストチャンスをものにしたいですね。
ツリフネソウ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

晩夏の渓流釣りとニホンリス(栃木県日光市川俣地区)

 朝6時過ぎに起きると、小雨が降っています。

 7時から予定していた自治会の清掃活動も中止です。

 少し前に、いろいろあって、年度途中にも関わらず、自治会の役員になってしまったので、自治会行事に参加しなくてはならなくなりました。

 自由な時間がなくなってしまいますが、ここまで育ててもらった御礼と思えば、多少めんどうでも仕方ありません(^_^;)

 来週の仕事関係の勉強を午前中いっぱいやって、一段落したお昼過ぎ。

 いよいよ自分の時間です。自宅を出発!

 行き先はもちろん、日光市川俣地区の鬼怒川上流の渓流です。

鬼怒川上流・川俣地区

 2時間弱のドライブの後、午後2時過ぎに到着。

 鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)は、ほぼクリア、水温16度。

 ちょっと肌寒く感じて、思わず薄手のウインドブレーカーを着込みました。

 1時間ほど、釣り歩いたものの、いつものようにノーチェイス、ノーバイト(^_^;)

 9月に入ると、禁漁直前ということで、釣り人が入っているので・・・・、これまた仕方ない・・・

 ポイントを変えようと、車で移動していたら、カーブを曲がった時に、目の前に、小型の生き物!

 急ブレーキをかけてとまると、道の真ん中で、逃げません。

ニホンリス(栃木県日光市川俣)

 すかさずカメラを取り出し、フロントガラス越しに撮影。

 ニホンリスです。

 道に落ちて潰れた栗を夢中で食べています。

 30秒ほど、撮影していたでしょうか。

 不穏な気配に気付いて、道端の草むらに逃げていきました。

 ニホンリスは、時々、川俣地区で見かけることはあったのですが、じっくり撮影できたのは初めて。

 かわいいですね~~~(^_^)

 釣りは、さっぱりでも、ニホンリスに大満足です。

ニホンリス(栃木県日光市川俣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 一時期の猛暑は影をひそめ、秋のような爽やかで過ごしやすい日が続いています。
夏の緑
 早朝5時からの自治会の共同作業に参加した後、時計を見ると、まだ、午前9時。

 早起きすると、得した気分になるから不思議です。

 せっかくなので、勢いそのまま、毎度の鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)へ・・・・

 先行者らしき車が停めてありますが、川に降りてみると、あたりに釣り人の姿は見えません。

 水質はほぼクリア、水量はほぼ平水。

 真っ青な空から差し込む光が、真夏の木々の葉を透過し、輝きを増し、ステンドグラスのようです。

 2時間ほど釣り歩きましたが、ショートバイトはもちろん、チェイスするイワナの姿を見ることもありませんでした。

 日曜日の日中ですから、こんなもんでしょう。
鬼怒川上流の渓流

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雷雨後の鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 雷雨で増水した後の、鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)です。

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)

 水量が増えて、笹濁り。絶好のコンディションです。

 普段、当番機会が少ない、ブルーのYS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)をスイベルにセット。
 
トンボ

 活性の高いイワナがいれば、一発でヒットするはず。

 一度、尺クラスのイワナがミノーの後をチェイスしてきて、ショートバイト。

 
タマアジサイ
 
 
タマアジサイ

 2時間ほど、タマアジサイの咲く、渓流を歩き回っても、活性の高まっているイワナはどこへやら・・・。

 お昼過ぎから、釣り始めたので、先行者がいたのかもしまれせん。

 台風12号と雷雨で、渇水だった川俣湖にも、かなり水が溜まりました。

 これで、渇水の心配はしなくても大丈夫そうです。
川俣湖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の渓流で遡上ヤマメを釣る(2018/08/03)

 夏休みをいただきました。

 1週間前、台風12号の影響で、まとまった雨の降った、鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)へ。

真夏の森林

 
 水量は落ち着き、ほぼ平水ぐらいでしょうか。濁りはなく完全なクリア。

 ちょっと濁りが入っていると良かったんだけどな~~と思いながら、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を投げ始めます。

 反応がないので、YSクランクにチェンジしてみたら、小さめ(25cmぐらい)のヤマメがヒットしてくれましたが、ネットイン直前でバイバ~~~イ (^_^)
トンボ
 そういえば、今年は、いつになく、トンボの姿が目立ちます。岩や草の上には、トンボ、トンボ、トンボ・・・・。ものすごい数です。

 水面に落ちたトンボも見かけるので、イワナやヤマメの餌にもなっているかもしれません。
鬼怒川上流の渓流
 反応がないので、川俣湖近くのポンイトに移動。

 少し深い流れ込み、いかにも大きな魚がいそうです。

 サーチ用のスプーン(5g)から、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)にチェンジ。

 姿が見られないよう、膝をついて、下流側から流れ込みに向かってキャスト。

 時々、ジャークを入れながら巻いてくると、ドン!

 根がかり?

 いや、こちらに向かってくる。

 水中に光る銀色、そしてヘッドシェイク・・・

 
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
 銀ピカのヤマメ(36cm)が釣れました。

 パーマークがなく、ちょっと小振り。サクラマスというよりは、遡上ヤマメといった方がピッタリな魚です。

 少し痩せているのは、渇水で、餌がとれなかった影響でしょうか。
YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号357-274)
 猛暑が続いていますが、道端のススキは穂を出し始めていました。

 川俣地区には、少しずつ秋が近づいてきています。
ススキの穂
~~釣行データ~~
【日時】 2018年8月3日(金)、10時30分~15時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れ

【水温】 18度

【風】  -

【釣果】 ヤマメ(36cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号357-274)

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 暑い日が続きますね。

 涼みがてら、鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)へ向かいます。

川俣湖

 まったく雨が降っていないので、川俣湖もご覧の通りの渇水状態。

 川俣大橋から上流を見ると、鬼怒川本流の流れ込みを見ることができます。

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 水量が減って細くなった渓流を、YSミノーを投げながら釣り下っていいくと、1回、尺クラスのイワナが目の前をス~~~ッと泳いでいく姿を目撃。

 水温21度の渇水でも、川俣のイワナ達は、なんとか元気に暮らしているんですね。

 日中、2時間ほどの渓流歩きで、汗でビッショリ。いい運動になりました。 

トンボ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00★ 栃木の釣り・お気に入り釣行記 01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流) 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 06□ 栃木の釣り・丸沼 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 08□ 栃木の釣り・川俣湖 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 14● サーモン・フィッシング(栃木県鬼怒川・那珂川、福島県木戸川・請戸川・真野川、新潟県荒川・阿賀野川、茨城県久慈川・那珂川) 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) 20◆ とちぎのバードウォッチング 22◆ とちぎの山登り&自然 25◆ とちぎの食・食べ歩き 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉の食べ比べ) 30◆ とちぎの人物 35◆ 栃木あれこれ 40◇ 刃物・研ぎ 48◇ 文具・鞄・靴・時計etc 50◇ カメラ 52◇ パソコン&ブログ 53◇ 書籍・雑誌 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 60◇ 日記・コラム・つぶやき 80  アトラスオオカブト 81  ギラファノコギリクワガタ 82  オオクワガタ 83  クワガタ・カブト一般 99  放射能問題