カテゴリー「03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流)」の53件の記事

2018年8月19日 (日)

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 一時期の猛暑は影をひそめ、秋のような爽やかで過ごしやすい日が続いています。
夏の緑
 早朝5時からの自治会の共同作業に参加した後、時計を見ると、まだ、午前9時。

 早起きすると、得した気分になるから不思議です。

 せっかくなので、勢いそのまま、毎度の鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)へ・・・・

 先行者らしき車が停めてありますが、川に降りてみると、あたりに釣り人の姿は見えません。

 水質はほぼクリア、水量はほぼ平水。

 真っ青な空から差し込む光が、真夏の木々の葉を透過し、輝きを増し、ステンドグラスのようです。

 2時間ほど釣り歩きましたが、ショートバイトはもちろん、チェイスするイワナの姿を見ることもありませんでした。

 日曜日の日中ですから、こんなもんでしょう。
鬼怒川上流の渓流

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

雷雨後の鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 雷雨で増水した後の、鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)です。

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)

 水量が増えて、笹濁り。絶好のコンディションです。

 普段、当番機会が少ない、ブルーのYS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)をスイベルにセット。
 
トンボ

 活性の高いイワナがいれば、一発でヒットするはず。

 一度、尺クラスのイワナがミノーの後をチェイスしてきて、ショートバイト。

 
タマアジサイ
 
 
タマアジサイ

 2時間ほど、タマアジサイの咲く、渓流を歩き回っても、活性の高まっているイワナはどこへやら・・・。

 お昼過ぎから、釣り始めたので、先行者がいたのかもしまれせん。

 台風12号と雷雨で、渇水だった川俣湖にも、かなり水が溜まりました。

 これで、渇水の心配はしなくても大丈夫そうです。
川俣湖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

真夏の渓流で遡上ヤマメを釣る(2018/08/03)

 夏休みをいただきました。

 1週間前、台風12号の影響で、まとまった雨の降った、鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)へ。

真夏の森林

 
 水量は落ち着き、ほぼ平水ぐらいでしょうか。濁りはなく完全なクリア。

 ちょっと濁りが入っていると良かったんだけどな~~と思いながら、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を投げ始めます。

 反応がないので、YSクランクにチェンジしてみたら、小さめ(25cmぐらい)のヤマメがヒットしてくれましたが、ネットイン直前でバイバ~~~イ (^_^)
トンボ
 そういえば、今年は、いつになく、トンボの姿が目立ちます。岩や草の上には、トンボ、トンボ、トンボ・・・・。ものすごい数です。

 水面に落ちたトンボも見かけるので、イワナやヤマメの餌にもなっているかもしれません。
鬼怒川上流の渓流
 反応がないので、川俣湖近くのポンイトに移動。

 少し深い流れ込み、いかにも大きな魚がいそうです。

 サーチ用のスプーン(5g)から、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)にチェンジ。

 姿が見られないよう、膝をついて、下流側から流れ込みに向かってキャスト。

 時々、ジャークを入れながら巻いてくると、ドン!

 根がかり?

 いや、こちらに向かってくる。

 水中に光る銀色、そしてヘッドシェイク・・・

 
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
遡上ヤマメ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流
 銀ピカのヤマメ(36cm)が釣れました。

 パーマークがなく、ちょっと小振り。サクラマスというよりは、遡上ヤマメといった方がピッタリな魚です。

 少し痩せているのは、渇水で、餌がとれなかった影響でしょうか。
YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号357-274)
 猛暑が続いていますが、道端のススキは穂を出し始めていました。

 川俣地区には、少しずつ秋が近づいてきています。
ススキの穂
~~釣行データ~~
【日時】 2018年8月3日(金)、10時30分~15時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れ

【水温】 18度

【風】  -

【釣果】 ヤマメ(36cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号357-274)

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 暑い日が続きますね。

 涼みがてら、鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)へ向かいます。

川俣湖

 まったく雨が降っていないので、川俣湖もご覧の通りの渇水状態。

 川俣大橋から上流を見ると、鬼怒川本流の流れ込みを見ることができます。

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 水量が減って細くなった渓流を、YSミノーを投げながら釣り下っていいくと、1回、尺クラスのイワナが目の前をス~~~ッと泳いでいく姿を目撃。

 水温21度の渇水でも、川俣のイワナ達は、なんとか元気に暮らしているんですね。

 日中、2時間ほどの渓流歩きで、汗でビッショリ。いい運動になりました。 

トンボ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

雨の川俣でイワナ(37cm)に出会う(2018/07/05)

 人間ドックのため仕事はお休みです。

 自宅に戻ったら13時過ぎ。バリウムを飲んだ後の下剤が効いているのがちょっと心配ですが、せっかく自由な時間ができたので、釣りに出かけることにしました。

 天気予報は「午後から雨」。とくれば、「渓流のイワナ」でしょう。

 雨の降り始めや、雨後の増水の後は、イワナの活性が高まる可能性がとっても、とっても大ですから・・・・

 全国的には大雨が問題となっていますが、どういう訳から栃木は例外で、流れが狭まるほどの、超渇水モード。川俣ダムも貯水率32%。

鬼怒川上流の渓流


 重そうに垂れ込める灰色の空の下、大石の上に座って、スイベルにラインを結んでいたら、ポツポツと雨が降り出し、徐々に雨粒は大きくなっていきます。


オオバギボウシ

 上流では先に降り出していたようで、水面に枯れ葉などのゴミが流れ始めました。

 YS-minnowΔtype(85mm、7g)をアップクロスにキャストすると、いきなり良型のイワナがチェイス。

 もしかして、最高のタイミング?

 早々に、尺クラスのイワナがヒット。久しぶりの感触~~~なんて油断していたら、目の前でフックアウト。

 これなら、まだまだいけるぞ。

 次の少し大きな流れ込みで、上流から下流に向かって、水底を這うように泳いでくる後に、猛突進する巨大潜水艦の影!

 ついにきた。 

川俣イワナ(37cm)

 上流から、ミノーをくわえ、ローリングしながら、足元に向かってくるのをランディング。
川俣イワナ(37cm)

 37cmのイワナ。

 ボディーの薄いピンクの斑点、顔つき、尖った尾びれ・・・、何度見ても飽きません。
YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号356-281)

 この後、チェイスやショートバイトが連発するも、なかなかフッキングまで持ち込めません。

 絶好のコンディションでも釣れないのは、やっぱり腕かな(^_^;)

渇水の川俣湖
~~釣行データ~~
【日時】 2018年7月5日(木)、15時~17時
【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)
【天候】 雨
【水温】 17度
【風】  -
【釣果】 イワナ(37cm)
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号356-281)
【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 友人との渓流釣行、行き先は、いつもの鬼怒川上流域の川俣地区です。

 ほぼ1ケ月ぶりになります。

 オオルリやキビタキのさえずりを聞きながら、濃度を増した緑の木々に囲まれた斜面を歩いて、川に降りていきます。

 どうやら、上流域には雨が降っていないようで、完全に渇水気味、濁りも入っていません。

 こうなると、イワナ達は、石の下に隠れてしまって、なかなか姿を現してくれません。

 餌釣りの友人も、完全お手上げ。もちろんルアーのよっしーも・・・
(^_^;)
 

 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

鬼怒川(川俣地区)

 いつもの鬼怒川上流部の渓流(日光市川俣地区)です。

 5月4日に友人たちと来た時、チェイスがありつつも、釣れなかったので、なんとか1匹ぐらい、イワナの顔を見たい。

 川俣は宇都宮から1時間40分もかかるのですが、 快晴の山道をくねくね車を走らせながら、景色を眺めたり、あれこれ考えたりする時間が大好きで、川俣釣行の魅力の一つになっています。

新緑と青空

 週の前半に雨が降ったので、少し増水していたりするかな~~と思ったのですが、それほどではありません。

 水量も普通。

 岩影や水泡の中から、ルアーをめがけて飛び出してくるイワナを妄想しながら、釣り上がっていきます。

鬼怒川(川俣地区)

 お昼前からだったこともあって、早朝に釣り人が入ったのでしょうか。ルアーを追ってくる姿さえも見つけることができません。

 話は変わって、実は、前回の釣り合宿で、川を渡る時に足を滑らせ、愛用のコンパクトデジタルカメラ(キャノン パワーショット S95)を水没させてしまいました。

 水中に浸かったのは、一瞬だったので、何とか復旧するかとアレコレやってみたのですが、結局、シャッターを切ることができず・・・。
 新たに中古で買ったの「キャノン パワーショット SX260HS」で、新緑のトチノキや花々をたっぷり撮影して、釣れずにモヤモヤした気持ちを発散して帰ってきました。

 それにしても、魚の顔を見るのはいつになるのでしょうか(^_^;)

新緑のトチノキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

鬼怒川上流の渓流で釣り合宿(日光市川俣地区)

 ゴールデンウィーク、毎年恒例の友人達との、鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)での釣り合宿です。

 水量は、雪代が入っているようで、まずまずです。

 エサ釣りの友人たちには、ポツリポツリ、イワナが釣れていますが、ルアーへの反応はいまいちで、足元までチェイスしてくるものの、どうしてもヒットに持ち込めません。

鬼怒川上流の渓流

 朝から夕方まで、いろいろな沢を釣り歩いて、エサ釣りの友人達は、イワナを5~7匹。

 よっしーは、またしても沢歩きの一日になりました(^_^;)

 旅館で露天風呂に入った後に、ビールやお酒を飲みながら、釣りの話や、お互いの近況を語り合うひとときが楽しい~~~。

 こういう釣りもいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

渓流釣り(鬼怒川上流、川俣地区)

渓流釣り(鬼怒川上流、川俣地区)  今年も、川俣湖漁協の年券(3,000円)を買いました。

 アクセスが不便なため、釣り人もそれほど多くないこともあって、渓流のイワナや、川俣湖での元気なレインボー・大イワナ、そしてサクラマスに出会える、このフィールドの虜になっています。
 この時期は、解禁したばかりで水温も低く、あまり過大な期待は禁物といいつつも、シーズン初釣行ということでワクワクです。
YSミノー
 渓流をメインで歩き回って、湖もちょっとだけやってみました。

 結果は、友人が渓流でイワナ3匹、よっしーがYSミノーでチビイワナ1匹バラシのみ(^_^;)

 ま~、最初はこんなもんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

2017シーズンラスト渓流(栃木県日光市川俣地区)(2017/09/16)

ミヤマダイモンジソウ ちょっと仕事が残っていたので休日出勤です。

 さっさと終えた後は、一路、鬼怒川上流へ。

 渇水気味で、透き通るような清流には、エサ釣りの先行者が1人。よっしーお気に入りの流れ込みのほとりに佇んで、じっくり流しています。

 釣り方が違ったとしても、さすがに厳しそうなので、車に戻ってポイントに移動です。

YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング) 久しぶりに来たポイント近くの岩肌には、ミヤマダイモンジソウの小さな白い花が咲いています。

 YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)やスプーンで釣り上がっていくと、時々、25cmぐらいのイワナがチェイスしてきますが、ヒットには至りません。

 あまり遅くまでいられないので、イワナ2チェイスのみで今シーズンの渓流釣りを終えました。

ウルシの紅葉 回数がそれほどでもなかったことに加え、渇水気味だったこともあって、ほとんど渓流散歩のような釣りになってしまいましたが、毎度のことながら、訪れる度に、新鮮なマイナスイオンを浴びて、普段の疲れや雑念をきれいにすることができました。

 釣りは二の次とまではいかないまでも、気軽に、こういう大自然の中で自分の時間が持てるってことは、本当にありがたいことです。

どんぐり 河畔の少し紅葉が始まっているウルシや、足元のどんぐりを写真に撮ったりしながら、車に引き上げました。

 また、来年!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) | 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 | 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流) | 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 | 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 | 06□ 栃木の釣り・丸沼 | 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 | 08□ 栃木の釣り・川俣湖 | 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) | 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) | 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 | 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 | 14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川) | 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス | 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 | 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) | 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) | 20◆ とちぎのバードウォッチング | 22◆ とちぎの山登り&自然 | 25◆ とちぎの食・食べ歩き | 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉の食べ比べ) | 30◆ とちぎの人物 | 35◆ 栃木あれこれ | 40◇ 刃物・研ぎ | 48◇ 文具・鞄・靴・時計 | 50◇ カメラ | 52◇ パソコン&ブログ | 53◇ 書籍・雑誌 | 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 | 60◇ 日記・コラム・つぶやき | 80  アトラスオオカブト | 81  ギラファノコギリクワガタ | 82  オオクワガタ | 83  クワガタ・カブト一般 | 99  放射能問題