カテゴリー「03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流)」の39件の記事

2017年7月16日 (日)

渇水の鬼怒川上流で大イワナ(2017/07/16)★

鬼怒川上流の渓流 3連休は、初日に石橋高校が勝ったので、3日目(7/16)も応援が決定。唯一、2日目(7/15)だけがフリーです。


  雨が降っていないので厳しいことを承知で、車で鬼怒川上流(川俣地区)に向かいます。


 途中、釣り人の姿を全く見かけないので、少し嫌な予感がしつつも、現地に着くと、案の定、こんなに水量が少ないのは、雪シロが出る前の解禁日の頃以来というような「渇水」です。

イワナ(40cm) in 鬼怒川上流の渓流(2017/07/16)
 YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)をアップクロスに、流れ込みに投げ込むと、すぐさま20cmクラスのイワナがチェイス。


  あれっ、意外といけるかも?


  数投後に、白泡の中から飛び出してきた大イワナが、足元まで追ってきて、目の前でミノーをガブッsign01


イワナ(40cm) in 鬼怒川上流の渓流(2017/07/16)  下流に走られると、次の流れ込みの下に落ちてしまうので、少し強引に浅瀬に誘導しました。


  あっさり、40cmの大イワナが釣れちゃいました。


  渇水で、流れてくるエサも少なく、お腹が空いていたところに、食べ応えのあるサイズのミノーがきたものだから、思わず食いついたのでしょうか。

イワナ(40cm) in 鬼怒川上流の渓流(2017/07/16)
  この1匹だけかな~~~と思っていたら、意外や意外、25cmと20cmのイワナも同じサイズのYS-minnowで連発です。


  これだけ釣れるのは、おそらく、釣り人が少なく、プレッシャーがなかったことが一番の要因なのかもしれません。


YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号358-274)
 「真夏の渇水」でも、こんなことがあるんですね。


 最近、降水量や水位を見たり、頭で考えて、足が向かなかったりすること度々ですが、釣りは、やはり現場に通うことが一番大事ということです。


真夏のもみじ~~釣行データ~~
【日時】 2017年7月16日(日)、13時~14時30分
【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)
【天候】 曇り
【水温】 18度
【風】  -
【釣果】 イワナ3匹(40cm、25cm、20cm)、全てリリース。
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・ネオバーサル 662ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:40cmのイワナを釣ったミノー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号358-274)、※写真は釣った後のものです。フックを外す時に、ベリーフックがねじれて折れてしまいました。
          25cmと20cmのイワナを釣ったミノー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号361-274)
【撮影】 Canon Power Shot S95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

鬼怒川上流部の渓流(川俣地区)

鬼怒川上流部の渓流(川俣地区) いつもの夕方2時間勝負。

 場所は、ほんの少し雨が降った鬼怒川上流(川俣地区)です。

 午後3時に現場に着くと、かすかに濁りが入っていて、とってもいい感じ。

 YS-minnow70mm、85mmに続いて、トラウトチューン55HW(6g)を表層をトゥイッチしていたら、いきなら白泡の中から、40cmクラスのイワナがミノーめがけて、ガバッと猛突進!

  カブリついたように見えましたが、食べ方がちょっと下手なイワナだったのか、釣り針があるのに気づいたのか・・・、残念ながらフッキングせず。

  すぐさまフォローを入れたら、少しミノーの後を泳いできただけ。そのまま、泡の中に消えていきました。

 これまで、シルバー系に絶大な信頼を寄せて、ゴールド系のYSミノーはほとんど作ってこなかったのですが、こういうシーンに遭遇してしまうと、ちょっとゴールド系も考えてみたくなりました(^_^)

 それにしても、いるところには、いるんですね~~~。

  この後、岩盤沿いの少し深くなったポイントで、ようやくイワナ1匹。

  オチビちゃんでも、久しぶりの魚の手応え.やっぱりいいものです(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

栗山釣り大会後の鬼怒川上流部の渓流(川俣地区)

 友人との釣行予定が急遽キャンセルになったり、用事が入ったり、ふと時計を見たら午後1時過ぎ。

  最近、鬼怒川本流ばかりなので、ちょっと時間はかかりますが、鬼怒川上流(川俣地区)に向かうことにしました。

栗山釣り大会後の鬼怒川上流部の渓流(川俣地区)  2017年6月11日(日)に栗山釣り大会が開かれてから、ちょうど1週間後というこで、少し流れの緩いところには、20cmぐらいのイワナがいて、スプーンを投げ込むとチェイスしてきます。

 一度に3~4匹も追っかけてくることもありますが、スレているようでヒットしません。

 来る途中、意外にも釣り人が少なかったのは、こういうことだったのかと、一人合点。

 唯一の収穫は、YSクランクをアップに投げた時、ギラっと水中で反転した魚体が、25~30cmくらいのかなりのサイズだったこと。

 一雨降った後が狙い目かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

ルアーでイワナ祭り~~鬼怒川上流の渓流(川俣地区)~~

鬼怒川上流の渓流(川俣地区) 毎年恒例になっている友人達との1泊2日の釣り旅に行ってきました。

  4月30日の午前中から、鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)でイワナを狙います。

 いつもは、エサ釣りの友人が、イワナを3~5匹釣って、ルアーの私はボウズか、せいぜい1匹というパターンなのですが、今年は違って、なんと「ルアーだけイワナ祭り」。

イワナ(25cm) in 鬼怒川上流の渓流(川俣地区)(2017/04/30) 一見、魚がいそうのない浅瀬に、スプーンやスピナーを通してみると、多い時で3匹ものイワナがチェイスしてきます。

 エサ釣りの友人が流してみても、うんともすんとも言いませんが、キラキラ光るルアーには連続ヒット!

 同じルアーを続けていても面白くないので、サイズの大きいYS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)や、YSクランクなどのルアーに変えてみると、とたんに反応がなくなります。

 どうやら放流されたイワナ達が集まっていたようです。

イワナの塩焼き 宿(渓山荘)に入って、「エサよりルアーの方が釣れるなんてことがあるんだね」な~~んて友人達と話しながら、ビール片手に、釣り上げたイワナの塩焼きをいただき、ちょっと熱めの露天風呂で、夜空に瞬く無数の星を眺める。

 来年もまた、この釣り旅が楽しめますように!

【渓山荘の連絡先】
所在地:栃木県日光市川俣865
電話:0288-96-0282
HP:http://www.keizansou.jp/

川俣地区の山々~~釣行データ~~
【日時】 2017年4月30日(日)~5月1日(月)
【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)
【天候】 晴れ~曇り
【水温】 7~8度
【風】  -
【釣果】 イワナ15匹(24~26cm) 基本リリース。一部持ち帰りました。
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:スプーン(ベスパ・5g)、スピナー(スミス・ニアキス・4g、ブレットン・3g)
【撮影】 Canon Power Shot S95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

2016シーズン・4匹目は「川俣の大イワナ(45cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2016/09/18)★

雨中のドライブ  2016年の釣果は、とってもお寒い状況で、レギュラーサイズ(25cm)のイワナ2匹、鬼怒川本流ヤマメ1匹(27cm)の計3匹。

 外道の鬼怒川本流・ニゴイ(56cm)を加えても、たったの4匹です。

 コンディションが悪いなりに、地道に通ってきたんですけどね~~~coldsweats01

 禁漁まで残すところ2日となった2016年9月18日の日曜日。

 朝方、かなり強い雨が降っていたので、宇都宮の自宅を午前9時30分過ぎに、ゆっくり出発。

 シーズン通して、鬼怒川本流へのチョイ釣りも含めて、ちょうど40回目の釣行になります。

  どんより重たそうな空から降ってくる雨粒を、ワイパーでかきながら、塩谷町、鬼怒川温泉と走り抜けていくと、日光市日向地区に入ったあたりから雨足が弱くはじめて、川俣地区に着いた頃には、釣りができるくらいの小雨になっていました。

川俣の大イワナ(45cm)in 鬼怒川上流の渓流(2016/09/18)  鬼怒川上流部の渓流(栃木県日光市川俣地区)は笹濁り状態。

 ルアーフィッシングには、ちょうどいい感じです。

  先行者の車がありましたが、よっしーが準備をしていたら、川から上がって帰っていきました。

  餌釣りの方でしたので、ルアーなら十分いけそうです。

 いつものようにYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号340)を流れ込みに、アップクロスに投げ込んで、トゥイッチ&ジャークをしてくると、20cmクラスのチビイワナがチェイス。

川俣の大イワナ(45cm)in 鬼怒川上流の渓流(2016/09/18) 期待した1投目が、おチビちゃんか~~~と、一瞬落ち込んだのもつかの間、3投目に待望の「彼」がやってきてくれました。

 薄く濁った流れの底に根がかりかと思わせるような衝撃に続いて、体をくねらせ暴れる白い巨体が、深場から少しずつ流されてきます。

 自分の立ち位置より、下流に行ってしまうと、水圧が加わってバレやすくなるので、何としても一発でランディングを決めたい。

川俣の大イワナ(45cm)in 鬼怒川上流の渓流(2016/09/18) 背中のネットを取り出して、水中に入っていって、なんとかネットにおさめることに成功!

 ワニのようになった大口の先端にかかった、YS-minnowのベリーのダブルフックと、顎の下にかかったテールフックをプライヤーで外して、ほっと一息。

  文句の付けようのない大きさ、太いを胴体、背中のきれいな虫食い模様、うっすらと浮かんだピンクとオリーブ色のストライプ、伸び伸びと放射線状に広がった透き通った尾びれ・・・etc
川俣の大イワナ(45cm)in 鬼怒川上流の渓流(2016/09/18)
  何度見てもいいですね。

 先行していた餌釣り師が、こんな大イワナ(45cmが潜んでいたことを知ったら、さぞかし残念がるでしょう。

 ワクワクしながら、魚の写真を撮るのは、いつ以来でしょうか。

 かなり興奮していたようで、途中、気がつくと、胸ポケットに入れておいた愛用のコンデジ「Canon Power Shot S110」がありません。

 あたりを見回すと、浅瀬で、完全に水没している哀れな姿を発見weep

鬼怒川上流の渓流(川俣地区) 大物を釣った運を、すぐに使い果たしてしまうのが、いかにも、よっしーらしい。

 自宅に戻って、SDカードを確認してみたら、撮影したイワナの写真は無事でしたが、本体の電源を入れても、うんともすんともいいません。

 ドライヤーで20分間ほど温めて、ざっと水分を飛ばした後、ビニール袋に、乾燥剤と一緒に入れて様子を見ることにしました。
YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号340)
 数々の大物を一緒に見ながら、写真に収めてくれた大事な相棒です。

  どうか、この大イワナの写真が、最後になりませんように・・・

 そして、来年も、この大イワナや、たくさんの渓魚達と遊べますように!


川俣湖~~釣行データ~~

【日時】 2016年9月18日(日) 12時~13時30分
【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)
【天候】 小雨
【水温】 15度
【風】  -
【釣果】 イワナ(45cm、オス)
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・ネオバーサル 662ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、8g、シルバーヤマメ、シンキング、製造番号340)
【撮影】 イワナの撮影:Canon Power Shot S110
 その他の撮影:Canon Power Shot A20(車に積んでおいた予備の古いコンデジ)。

※関連記事
  水没したコンパクトデジタルカメラ「Canon Power Shot S110」の顛末~~撮影すると白っぽくなって使えず~~(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2016/09/canon-power-sho.html

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

夏の終わりの渓流~~鬼怒川上流部(川俣地区)~~

 釣りに夢中だった頃は、金曜の夜、寝るときには必ず目覚まし時計をセットしていましたが、最近は、何もせずに、起きられたら行くって感じになっています。

 燃えるような熱い思いが、少しずつ静まり、落ち着きつつありながらも、時々、さざ波が立つことがあります。

 2016年9月10日(土)、午前3時、睡眠時間3時間ほど。

 閉じている瞼の裏に、爽やかな早朝の渓流の流れ、そして浅瀬に横たわるイワナの姿が浮かんできたら、止まりません。

 疲れが残り、だるい体も、途中立ち寄ったセブン・イレブンで買ったコーヒーを飲んだら、一気にシャキッ!と復活しました。

 午前5時30分、まだ誰も足を踏み入れていない鬼怒川上流の渓流(川俣地区)の石の上に立っていました。

鬼怒川上流部の渓流(川俣地区) 活性が高いことを期待して、YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)をセット。

 85mmというサイズは、渓流では大きすぎると思われるかもしれませんが、活性が高いイワナは、サイズに関わらず猛然と襲いかかってきますし、40cmオーバーの大物の可能性もあるので、ここぞという時には必ず使っています。 

 期待した一投目。

 流れ込みから飛び出して、猛然とミノーをチェイスしてきたイワナ(25cm程度)が、足元でヒット!

  それでは・・・と、写真を撮ろうととしたら、逃げられてしまいました。

  1投目でこれですから、期待が高まりますが、この後は、時々チェイスしてくるのは、チビちゃんばかり(^_^;)

 午前9時まで、入渓ポイントを変えて、歩き続けたものの、それっきり・・・

 欲望を爆発させるようなイワナ達の姿を見ることができず、心の中のさざ波も収まっていきました。

  今シーズン、釣りに行ける週末は、残すところ、9/17~9/19の3日間だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

涼しさを求めて~鬼怒川上流の渓流~

 2016年8月5日(金)、真夏の太陽から降り注ぐ光線で、焼き尽くされそうな平野部を避けて、車で向かうのは、緑に囲まれ鬼怒川上流の渓流(川俣地区)です。

超渇水の川俣湖  高度が上がるにつれ熱気が弱まってきたので、エアコンを切って窓を開けると、森林から放たれる湿気を含んだ心地よい風が入ってきました。

  平日とあって、釣り人の姿は見かけません。

  鬼怒川上流部には、少し前に雷雨があって水位が増えているかと思っていたのですが、カラカラに乾いていた山々にあっと言う間にしみ込んでしまったようで、相変わらずの渇水状態です。

鬼怒川上流の渓流(川俣地区)  細くなった渓流の流れが集まり、音を立てて流れ込む、少し大きな淵に向かって、YS-minnowΔtype311モデル(85mm、7g)を投げ込んで、時々ジャークを入れていると、尺クラスを筆頭に3匹のイワナが足元までチェイスsign01

  これはいける! 2~3匹は間違いない。

 と盛り上がったのは、この時だけ・・・sweat02

 この後、チェイスはしてくるものの、ヒットに持ち込むことができません。

トンボ YSクランク、スプーン、スピナーとローテーションしてみても、この流れを変えられず・・・

 後にも先にも、一投目のチャンスをものにできなかったのが悔やまれます。

 明日(8/7)は立秋。

 川俣地区では、ススキが穂を出して、一足早くを秋めいてきています。

 今シーズン、釣りができるのも、とうとう2ケ月を切ってしまいました。

ススキ


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

鬼怒川上流の渓流でYS-minnow311モデルのスイミングテスト

超渇水の川俣湖 最近、少し平野部には雨が降るようなりましたが、栃木県山々には、ほとんど雨らしい雨が降っていません。

 7月中旬、鬼怒川上流にある川俣湖に行くと、ご覧のとおり超渇水状態。

 こんなに水位が下がってしまったのは、未だかつて見たことがありません。

 渇水で濁った水底には、雨が降って水位が上がることを望むイワナやサクラマス達が、じっとしているはず。

超渇水の川俣湖 上流の渓流に行ってみたら、驚くほど細い流れになっていました。

  YS-minnowΔtype311モデル(85mm、7g)で探っていたら、35cmクラスのイワナがチェイス。

 こんなコンディションになっても、逞しく生き続けているイワナ達。

 なんとか命をつないでいってほしいと願うばかりです。

 ミノーの後を追うイワナの姿に、一瞬ドキドキしたものの、結局、これっきり。

YS-minnowΔtype311モデルのスイミングテスト 釣りはほどほどに、出来上がったばかりのYS-minnowΔtype311モデルのスイミングテストをじっくりやってきました。

 この新色「ブルー」のYS-minnowでスーパーイワナを釣りあげるのは、いつになるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

民宿「福冨士」で囲炉裏料理を楽しむ

民宿「福冨士」の囲炉裏料理 ゴールデンウィーク中に、民宿「福冨士」(栃木県日光市川俣)」に泊まってきました。

 日中、渓流で、なんとか、ようやく、スピナーで、今シーズン初物となるイワナ(20cmちょっと)をゲットsign01

 釣ったイワナやヤマメを囲炉裏で焼きながらいただく、ぬる癇の竹酒がたまりません。

 お酒がすすみすぎ、ちょっと酔っぱらっちゃいました(^_^;)

 これをきっかけに、少しずつ調子を上げていきましょうsign03


【民宿「福冨士」の連絡先】


所在地:日光市野門225
電話:0288-97-1202
HP:http://fukufuji.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

渓流シーズン・ラスト釣行 in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2015/09/19)

大雨後のモスグリーンの川俣湖 先週、発熱に胃痛が伴い、夜も眠れなくなる厄介な風邪をひいてしまいました。

 2015年9月19日(土)、渓流シーズン最終日。

 カーテンを開けると、1週間前の豪雨が嘘のような、爽やかな青空sunが広がっています。

 体調の方は、回復基調にありつつも、やや曇りcloud

秋らしい雲 まだ万全ではありませんが、最終日・・・と迷っていたら、中禅寺湖に出かけている友人からの「レイク・ブラウンが連続ヒット!」な~んてメールが思いっきり後押ししてくれました。

 龍王峡付近が大雨の影響で、通行止めになっているので、いつものルートと違う、霧降高原道路の連続カーブを通り抜けて、いつもの鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)を目指します。

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング) 鬼怒川上流域は、ほぼ平水に戻っていますが、川岸から見上げると、ここまで激流が来たのかという高さまで、ゴミが引っかかっていて、真茶色の激流の恐怖を彷彿させます。

 あの大雨をなんとか乗り越えてくれたようで、まずは一安心。

 釣りの方は、YS-minnow、YSクランクを投入しても音沙汰なしsweat02

 途中、出逢ったルアーマンに話を聞いてみたら、「朝から釣り人が何人も入っていたので、さっぱりだったよ」。

霧降高原から望む関東平野の夕方の景色 早朝からのプレッシャーで、イワナやヤマメ達は、石の下に閉じ籠もってしまったようです。

 大水も出ましたからね~~~

 たとえ釣れなくても、マイナスイオンの降り注ぐ、きらきら輝く渓の中、お気に入りのルアーを投げているだけで、心の隅々まで潤ってくるから不思議です。

 1年間、大変お世話になりました。

 来年もまた、楽しませてくださいね~~~happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) | 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 | 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流) | 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 | 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 | 06□ 栃木の釣り・丸沼 | 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 | 08□ 栃木の釣り・川俣湖 | 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) | 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) | 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 | 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 | 14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川) | 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス | 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 | 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) | 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) | 20◆ とちぎのバードウォッチング | 22◆ とちぎの山登り&自然 | 25◆ とちぎの食・食べ歩き | 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉の食べ比べ) | 30◆ とちぎの人物 | 35◆ 栃木あれこれ | 40◇ 刃物・研ぎ | 48◇ 文具・鞄・靴・時計 | 50◇ カメラ | 52◇ パソコン&ブログ | 53◇ 書籍・雑誌 | 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 | 60◇ 日記・コラム・つぶやき | 80  アトラスオオカブト | 81  ギラファノコギリクワガタ | 82  オオクワガタ | 83  クワガタ・カブト一般 | 99  放射能問題