カテゴリー「08□ 栃木の釣り・川俣湖」の67件の記事

スピナーでしか釣れないイワナ & サクラマスからの御挨拶(2019/05/02)

 鬼怒川上流の渓流(川俣地区)です。

 釣り人が少なくて、のんびりマイペースで釣りができるのが気に入っています。


img_3075.jpg  


 


 前日までの雨で、少し濁りが入って、増水しています。

 まずは、いつものYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)。

 5~6投した時に、イワナが足元までチェイス!

 いいぞいいぞと、ミノーを繰り返し投げますが、チェイスはするものの、バイトには至らず・・・

 ならばと、小さめのミノーやクランク、スプーンのカラーチェンジ・・・

 イワナもルアーに慣れてきて、反応が緩慢になってきました。

 最後はスピナー。

 愛用のブレットン(シルバー、3g)の1投目、ブレードが回り始めとたん、一発ヒット!

 スピナー(ブレットン)でしか釣れないイワナっているんですね(^_^;)

 






 


 渓流を一通り釣り歩いたので、気分を変えて、川俣湖です。

 日中なので、あまり期待していなかったのですが、表層をYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を泳がせていたら、グン! ギラッ!

 一瞬の挨拶をして帰っていったのは、推定40cmクラスの、おそらく、たぶん川俣湖の人気ターゲット「サクラマス」。

 こうなってくると、しばらくは川俣通いが続きそうです。

~~釣行データ~~

【日時】 2019年5月2日(木)、7時~14時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れ


【水温】 7度


【風】  時々、強い北西の風


【釣果】 イワナ(25cm)


【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:スピナー・ブレットン(シルバー、3g)

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS


| | コメント (2)

祝 2019年川俣湖解禁!

 2019年4月7日(日)、川俣湖漁協管内が解禁になりました。

 まずは、川俣湖上流の鬼怒川の渓流部です。

 午後に入ったので、水際には所々に釣り人の足跡が・・・

 水量は少なめ。イワナ達は、岩影にこもっているようです。

鬼怒川上流の渓流

川俣湖









 続いて、川俣湖。

 水位は、かなり高く、ほぼ満杯状態。

 表層をYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)、スピナーを流した後、いつものスプーン。

 いったん、ボトムまで落とした後、ゆっくりリトリーブしてきたら、パーマークの残ったヤマメ(25cm)が釣れてきてくれました。

  サイズはともかく、きれいですね~~(^_^)

 幸先いいスタートがきれて、何より。


   ヤマメ(25cm) in 川俣湖
 
 








| | コメント (2)

鬼怒川上流の渓流&川俣湖(栃木県日光市川俣地区)

 2018年9月20日(木)から栃木の渓流シーズンも禁漁になります。

 最後の週末、9月15日(土)、いつもの鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)に行ってきました。

 川治地区で、ところどころに釣り人の姿・・・、川俣地区も同様です。

 シーズン最後ですから、名残惜しく来てしまう人がいるんでしょうね。

 私のように・・・


鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

 1時間ほど、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を投げても反応がないので、久しぶりに川俣湖に移動してみました。

 チャポーーーン!

 風もなく鏡面のような湖面に、スプーンが落ちる音が響き渡ります。

 突然の衝撃を期待し続けること2時間・・・、何事もなく終了です。

 明日(9/17)に行けるかどうかということですが、今シーズンの釣りは、とっても厳しい一年になりました。

 まさしく修行のようでしたが、この修行が楽しめる自分って、いいのか、悪いのか・・・(^_^;)

川俣湖(栃木県日光市川俣地区)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

川俣湖釣行(2017/09/03)

川俣湖釣行(2017/09/03) 久しぶりに湖の釣りがしたくなって、川俣湖へ行ってきました。

 水温20度。

  YSミノーで表層に反応がないので、スプーンをフリーフォールで、底に落としてから巻き上げてみます。

  2時間ほど湖畔に立ち続けても、期待したニジマスやイワナからの反応はありませんでした。

  2017年シーズンのラスト・チャンスは何処に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川俣レインボー・33cm(2017/04/23)

川俣湖 2017年4月23日(日)の午後の川俣湖。

 水温は12度。

 弱い南風が、水面にさざ波を立てています。

 YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)に反応がないので、スプーン(チヌーク、10g)を少し沈めて、スローリトリーブを繰り返していたら、ゴン!

川俣レインボー・33cm(2017/04/23) 3連続ジャンプする元気なニジマス(33cm)でした。

 その後、YSミノーにチェイスが3回あったものの、フッキングには至らず。

 とりあえず一匹釣れたのでOKでしょう。

~~釣行データ~~
【日時】 2017年4月23日(日)、12時~17時
【場所】 川俣湖(栃木県日光市)
【天候】 晴れ
【水温】 12度
【風】  時々弱い南風
【釣果】 ニジマス(33cm)
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・ダイワ・ネオバーサル 662ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:スプーン(チヌーク、10g)
【撮影】 Canon Power Shot S95

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今季初フィッシュは「川俣サクラ・29cm」(2017/04/16)

青空 2017年4月16日(日)、川俣地区へ、友人と一緒に行ってきました。

 澄み渡った青空のもと、まずは、鬼怒川本流です。

 濁りもなく、水量もまずまず。

 浅瀬をよく見ると、上流から雪の塊が流れ着いています。

 水温を計ってみたら、なんと6度。雪代とはいえ、ちょっと低すぎません?

浅瀬の雪の塊 低水温のせいか、ルアーの私はもちろん、エサ釣りの友人にも、さっぱりです。

 早々に本流を諦め、支流に入って、友人を先頭に釣り上がっていくと・・・

 友人のブドウ虫に、24cmと28cmのイワナが食いついてくれました。

 このコンディションで、良型イワナを2匹釣れれば上等でしょう。

 最後の川俣湖では、私のスプーン(ベスパ、5g)に子サクラ(29cm)がヒット
サクラマス(29cm) in 川俣湖(2017/04/16)
  背中のオリーブ色と黒い点々、シルバーボディーがたまりません(^_^)

 すかさず、YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)をキャストしてみましたが、2回チェイスがあっただけ。

 シーズン初フィッシュを釣ることができましたし、友人も釣ることができて、メデタシめでたしの一日でした。

~~釣行データ~~
【日時】 2017年4月16日(日)、8時~14時
【場所】 川俣湖(栃木県日光市)
【天候】 晴れ
【水温】 10度
【風】  時々やや強い南風
【釣果】 サクラマス(29cm)
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:スプーン(ベスパ、5g)
【撮影】 Canon Power Shot S95

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年川俣湖解禁!(2017/04/02)

川俣湖 2017年4月2日(日)、川俣湖が解禁しました。

 よっしーは通い始めてから、11年目のシーズン・スタートです。

  釣り人のボートが湖に浮かんでいるのを見ると、元気が出てきます。
 
  いつものように、「またぎの里」で年券を購入。
雪の山道
  車道に雪は残っていませんが、少し道をそれると、ご覧のとおり。雪を踏みしめながら、歩くことになります。
川俣湖
  湖の水位は、例年より、ちょっと低めです。

  挨拶代わりに、YS-minnow、スプーン、スピナーを一通りキャスト。

  続く、渓流は、水温9度。水量も少なく、ルアーの後を追う元気なイワナは、とうとう現れませんでした。

 ま~~、解禁日はこんなもんでしょう。

  雪代が出てきた頃が、最初のチャンスかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どこへ行った? in 川俣湖(2016/04/30)

川俣湖


 2016年4月30日(土)、北西からの冷たい風でさざ波の立つ川俣湖(栃木県日光市栗山地区)

  水温11度、解禁日より水位がだいぶ落ちてきています。

  減水のスピードは、例年になく早い感じ。

  数は少ないものの、岸際に漂っているワカサギを見ていると、「これを食べているイワナやサクラマスが、ミノーにガバッ!」という妄想が沸き上がってきます。

  YS-minnowΔtype(85mm、8g)をメインに、スプーン、スピナーなどをローテしていきますが、反応はありません。

  例えヒットしなくても、チェイスがあったり、ショートバイトがあったりするんですけど・・・

 川俣のイワナ・レインボー・サクラマスは、一体どこに行ったのでしょう?

  膨らみ続けた「妄想」も、次第に萎みはじめ、午後5時過ぎに、ついに消滅

  今シーズン、いまだトラウトの顔を見ていません。

  この状況、果たしていつまで続くのか(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・2016年川俣湖解禁!(2016/04/03)

川俣湖 2016年4月3日(日)、今年も川俣湖が解禁になりました。

   いつものように「またぎの里」で年券を買った時に、ご主人に聞いてみたら、「今年も釣り人たくさん来てるよ

 水温9度、水位が例年になく高くなっていて、水質はクリア。

   北寄りの風で、いい感じにさざ波が立ち続けていたのですが、チェイスもバイトもなし。

   初日ですから、こんなもんでしょう

川俣湖

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平日の川俣湖はトラウト・パラダイス(2015年5月)★

川俣湖の新緑 2015年5月中旬の平日。休日出勤の代休です。

 家の野暮用を済ませて気付いたら午後2時過ぎ。

 行くしかないでしょう。

 川俣湖(栃木県日光市)の湖畔で、釣りを始めたのは午後4時を回っていました。

  回りの新緑の緑の濃さに合せるかのように、水温も上がってきていて、測ってみると「14度」。

YS-minnowΔtype311モデルで釣った川俣レインボー(42cm)(2015年5月) それでも、まだまだトラウトを狙える水温です。

  いつものようにYS-minnowΔtype311モデル(85mm、7g、シンキング、製造番号318)でスタート。

  3投目。

  表層直下50cm、時々、ジャークを入れながらリトリーブしてきたら、いきなりヒット

 幸先よく、川俣湖らしい元気なネイティブ・レインボー(42cm)が登場してくれました。

YS-minnowΔtype311モデルで釣った川俣レインボー(42cm)(2015年5月) 今日はもしかして「まつり状態?」。

  他に釣り人のいない、貸し切り状態の川俣湖で、一人ほくそ笑む、よっしー

  続いて・・・

 ネットイン寸前でばらしてしまった「35cmぐらいのイワナ」。

  着水直後から、ミノーを執拗に追いかけ回して、足元で反転して戻っていった「40cm弱のサクラマス」。

 「グン!」というショートバイトも2回ありました。

  釣りを終えた午後6時30分までの2時間半で、これだけ活性の高い、野生のトラウト達に遊んでもらえれば、もう言うことはありません

 平日の川俣湖は、まさしくトラウト・パラダイスです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00★ 栃木の釣り・お気に入り釣行記 01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流) 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 06□ 栃木の釣り・丸沼 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 08□ 栃木の釣り・川俣湖 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 14● サーモン・フィッシング(栃木県鬼怒川・那珂川、福島県木戸川・請戸川・真野川、新潟県荒川・阿賀野川、茨城県久慈川・那珂川) 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) 20◆ とちぎのバードウォッチング 22◆ とちぎの山登り&自然 25◆ とちぎの食・食べ歩き 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉の食べ比べ) 30◆ とちぎの人物 35◆ 栃木あれこれ 40◇ 刃物・研ぎ 48◇ 文具・鞄・靴・時計etc 50◇ カメラ 52◇ パソコン&ブログ 53◇ 書籍・雑誌 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 60◇ 日記・コラム・つぶやき 80  アトラスオオカブト 81  ギラファノコギリクワガタ 82  オオクワガタ 83  クワガタ・カブト一般 99  放射能問題