« 鬼怒グリーンパーク(高根沢町)のコスモス満開 | トップページ | 鹿児島出張その1 【まだ暑い】 »

2005年10月18日 (火)

ギラファノコギリクワガタ幼虫が暴れて、再びマット交換

IMG_1006  昨日(10/15)、マット交換をしたばかりですが、今日(10月16日)見ると、ギラファノコギリクワガタ幼虫No2が、ビンの上に出てきていて、暴れている様子です。

 また、幼虫No3は、プラケースの底にいますが、マット(製造ロットNo2)が水分添加により再発酵したようで、少し温かくなっています。このままでは熱でやられてしまうかもしまれません。

 貴重な3匹なので、死なせる訳にはいきませんので、結局、2匹の幼虫を掘り出し、最初に作成した別の発酵マット(製造ロットNo1)に交換することにしました。

 プラケースに、発酵マット(ロットNo1)を詰めて2匹の幼虫を再投入したところ、素直に潜っていき落ち着きました。やはり、マットが原因のようです。発酵マットの作成方法は、ロットNo1とNo2でほとんど同じなのですが・・・。ロットNo2に、小さな白いカビが生えていたためでしょうか。原因は不明です。

 あと、発酵マットの再発酵にも気をつける必要がありそうです。発酵マットの交換では、水分を加えて詰めた後、2~3日置いて、再発酵による熱を避けてから使うことは知っていました。しかし、今まで、すぐに投入しても、再発酵することがなかったのであまり問題にしてませんでした。

 発酵マット(ロットNo2)は、水を少し添加し、当分、毎日攪拌して、様子をみることにします。

〔おまけ〕
 しばらくしたら、幼虫No2がプラケースの底を激しくかじるようになり、「ギィーギィギィ」と凄い音がします(幼虫No3は何もしないのですが・・・)。観察してみると、プラケースに傷がつくくらい大顎で齧って(引っ掻いて)います。クワガタ飼育セットは、寝室に置いてあるので、毎晩この音では眠れません。仕方なく、再度、プラケースから、幼虫No2を掘り出し、ビン(1L)に今度は市販の「オオクワバイオマット」詰め、再投入しました。いやはや、ギラファ幼虫に振り回された2日間でした。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

|

« 鬼怒グリーンパーク(高根沢町)のコスモス満開 | トップページ | 鹿児島出張その1 【まだ暑い】 »

81  ギラファノコギリクワガタ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。マットが再発酵すると焦りますよね!それが大切な幼虫だったらなお更です。

投稿: よしき | 2005年10月19日 (水) 13時43分

 こちらこそ、はじめまして。
 再発酵については、ものの本には書いてあって知ってはいたのですが、初めてだったので、本当にびっくりしました。
 しかし、今日久しぶりに家に出張から帰ってきたのですが、ギラファ幼虫No2は、穴を掘ってばかりのようで、まだ落ち着いていないようです。
 もう、これ以上打つ手がないので、当分、このままでいこうと思います。しかし、幼虫によって、こんなに反応が違うなんて・・・、よくあることなのでしょうか。
 

投稿: よっしー | 2005年10月21日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/6461579

この記事へのトラックバック一覧です: ギラファノコギリクワガタ幼虫が暴れて、再びマット交換:

« 鬼怒グリーンパーク(高根沢町)のコスモス満開 | トップページ | 鹿児島出張その1 【まだ暑い】 »