« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の25件の記事

2005年11月30日 (水)

管理釣り場(増井養魚場)でニジマスをルアーでゲット(2005/11/27)

IMG_2013  平成17年11月27日(日)、増井養魚場(宇都宮市桑島町448)という管理釣り場に息子と一緒にルアー釣りに行ってきました。息子がまだひよっこなので、回りの人に迷惑をかけられないので、今日は、私は息子の釣りのサポート&先生役です(小学生1日で2千円)。

  営業時間が午前7時から午後5時ということなので、午後8時頃行けば、ゆっくり釣りができるだろうと思ったのは大間違いでした。午前8時に着いた時には、すでに大勢の釣り人が来ていて、空いていたのは、端っこの一部だけ。午後5時までいたのですが、午後から来る人はわずかで、大半の人は、午前7時から来ている様子でした。次回は、もっとは早く来ることにします。

IMG_2077 よっしーの持っているルアーは本流ヤマメ狙いなので、3グラムから10グラムまでのスプーンやミノーを持っています。息子にこれを使って挑戦さ せたのですが、音沙汰なし。しばらくして、周囲の人の使用しているルアーが、かなり小さいことに気づきました。かなり小さなスプーンで、結構に釣れています。

 午前中一杯やって、結局ボウズ。昼食を食べてから、息子を一人置いて、近くの釣り具屋に行き、1.5グラムのスプーンを4個買ってきました。
 早速、試したところ、蛍光ピンクの小型スプーンにヒット。ランディングでばらしてしまいましたが、可能性が出てきました。次にシルバーに変えて、キャストしていたところ、ようやくニジマスがヒットし、めでたく初物をゲットしました。結局、この1匹だけでしたが、息子は大喜びでした。

 管理釣り場のルアーが小さなものが良いことは知っていましたが、これほどとは思いませんでした。次回までに種類や数を揃え、1日5匹ゲットを目指して頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

日光杉並木に思う

IMG_1925-1687IMG_1926-1679  他県の友人を日光の杉並木を見せると、たいていは「こんなに高い杉が長い距離植えられているのは迫力があるなーー」なんて驚いています。

 杉並木は、私にとっては、見慣れた景色の一つですが、今日は車を止めて見上げてみました。幹の太さ、高さ、やっぱり凄いですねーーー。本当に大したものです。迫力があります。県民として、自慢できるものの一つですね。

 ものの本によれば、杉並木は、松平正綱(家康の近臣)が、東照宮に寄進するため20年かかって植えたもの。苗木を紀伊国熊野から取り寄せて、苦労して植えたそうです。また、正綱が貧乏であったため、安価な杉苗を寄進したとも言われていますが、これは誤りで、20年かかって36キロに渡って並木を植えたのは、他の大名に比べて高価な寄進であったとのことです。

 自慢できるものに変わりはありませんが、この杉並木を諸大名がちょうど田植えの四月(家康の命日)に通った時に、周辺の農村部に助郷(すけごう)が課せられ、膨大な人馬の提供により、農民が苦しんだという歴史を知っているので、その象徴である杉並木を見ると、ちょっと複雑な気持ちにもなったりします。まっ、そうは言っても、やはりこの杉並木、本当に立派です。

 あらためてよく見ると、所々、杉の上の方が枯れているのが気になります。これは排気ガスの影響と言われています。近年、枯れて倒れる杉が多くなっているそうです。枯れた所に植林するのはもちろんですが、今ある 杉の寿命を長くしていかないと、現在の状態を維持することはかなり難しいのではないでしょうか。後世に残していくためにも、そろそろ、思い切って車道を全て歩道またはサイクリングコースにしたりして、排気ガスから杉並木を保全する時期に来ているのかもしれません。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

息子のルアーキャスティング特訓中に・・・

IMG_1956IMG_1983

 11月23日(水)、息子と芳賀町の多々良沼にルアーのキャスティングの練習に行きました。

 実は、管理釣り場に行こうと思ったのですが、息子がキャスティングをうまくできないことに気づき、この沼で練習することにしました。ブラックバスがいるそうですが、季節が季節なだけに、静かで、他に釣りをしている人も見当たりません。

 しばらく、息子に教えて、ようやくうまくルアーを投げられるようになってきた頃、湖面に映る気球を発見。続いて、出てくるは、出てくるはで、一番多い時は、20基程が上空を飛んでいました。時々、付けるバーナーの「ボー、ボー」という音が周囲に響きます。

 翌日、ツインリンク茂木で、11/23から27日まで、世界11ケ国の選手が参加する「2005MOTEGI熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」と「熱気球ホンダグランプリ最終戦」が開催されていることを知りました。27日まで、茂木町近隣の芳賀町や真岡市でこのような光景を目にすることができるようです。

 気球を眺めながら、息子のキャスティングを教えながらの半日でした。

 何とか、投げられるようになったので、今度は、管理釣り場でニジマスにチャレンジさせようと思います。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

オオクワガタの幼虫が顔を見せました

IMG_1993  11月23日(水)、オオクワガタ幼虫No1が、菌糸ビン側面に顔を出しました。写真では分かりにくいかもしれませんが、結構大きく成長しています。食欲も旺盛で、菌糸ビン自体も軽くなってきています。幼虫No1は、今日で、孵化後、95日目、菌糸ビン投入88日目です。孵化してから3ケ月が経過しました。

 もう少し食べさせてから、菌糸ビンを交換しようと思います。このままの調子で育つといいなーー。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉山の雲海(栃木県茂木町)

IMG_1816   11月20日(日)、茂木町の鎌倉山(標高216メートル)に、初冬の風物詩となっている雲海を見に行ってきました。

  山のふもとに着いたのが午前5時30分。懐中電灯で足元を照らしながら、急な山道を登ること30分、目指す展望台にようやく到着。眼下を那珂川の川面に発生する霧が流れていきます。この日は、一面、霧に覆われていませんでしたが、まずまずの雲海を見ることができました。

 写真撮影に来ている人が、延べ10人程。皆、一眼レフや645などで、夢中で撮影してました。

 一緒に行った息子(小6)と、お茶を飲みながら、朝日を浴びた雲海をのんびり眺めたり、写真撮影したりして、早朝のひとときを楽しみました。

 雲海は、10月下旬から12月ごろまでの、よく晴れた早朝(日の出前(午前6時過ぎ)から午前7時30分ぐらい)に見られるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

愛媛県の「真穴みかん」

IMG_1922  愛媛県の親戚から、「真穴(まあな)みかん」が1箱送られてきました。愛媛県八幡浜市産(JAにしうわ)のみかんです。

 いつも、送ってもらっているんですが、とってもおいしいです。本物のみかんの味って、こういうものを言うのではないでしょうか。大きさはそれほど大きくありませんが、皮が薄くて、とっても甘いんです。

 栃木県のスーパーで売っているもので、このようなみかんに出会ったことがありません。職場に、持っていって食べてもらうと、「こんなにおいしいみかんがあるの。」と驚かれます。栃木には来ていないのか、来ていても極少量なのだと思います。せいぜい東京までで、栃木には届かないのでしょう。本物の味って、地元もしくは東京じゃないと食べられないのかもしれません(東京でしか食べられない高級な食材もあるようですが・・・)。

 「真穴みかん」が売っていたら、是非、食べてみてください。箱に入っていたチラシにあった農協のアドレスはこちらです(http://www.marumamikan.com/)。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

息子用にアトラスオオカブト幼虫1匹をプラケースに分けました

IMG_1753IMG_1751  息子(小6)が、アトラスオオカブトの幼虫1匹を机の上で飼って、様子を観察したいと言い出し、急遽、小さな幼虫1匹をプラケース(小)に移しました。

 一生懸命、幼虫を掘り出し、自分で移していました。息子は、熱しやすく覚めやすい性格なので(父親似かも?)、ちゃんと面倒をみることができるかどうか・・・。

 まっ、本人は張り切っているので、しばらく様子を見ることにしましょう。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

紅葉の写真

img_17701711152img_17701711151

 栃木県粟野町で撮影した紅葉の写真が出来上がってきました。今回撮影したものでは、ボケの良さから、キャノンF-1N、FD300F4Lで撮影(シャッター1/60、絞りF4)したものが一番でした。大満足です。

  紅葉は、赤や黄色という目を奪うような派手な色できれいに撮れますので、ここ数年、シーズン中2~3回は撮影に出かけています。低山では、まだ紅葉が見られるので、今年もあと1回ぐらいはチャレンジしてみようと思います。

  栃木県は、高山から平野部の平地林まで多くの落葉広葉樹があって、比較的長い期間、紅葉が楽しめるのがいいですね。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラムサール条約に奥日光湿原が登録

IMG_1606-5354  11月9日の新聞に、「奥日光の湿原がラムサール条約の登録される」との記事が載りました。指定される湿原は、戦場ケ原、小田代原、湯川、湯ノ湖です。環境省の登録湿地倍増の方針と併せて、戦場ケ原での外来植物の除去や、低公害バスの利用など、様々な保全に向けた取組を行ってきたことが評価されたようです。

 ちなみに、世界遺産とラムサール条約の両方登録されている都道府県は、栃木県と沖縄県のみ。さらに、国立公園も併せ持つ市町村は日光市だけだそうです。他の新聞報道でも、日光市をはじめ歓迎ムードです。私も戦場ケ原や小田代原は、大好きな場所の一つですので、素直に喜んでいます。

 さて、今後、ラムサール条約の登録によって、奥日光の湿原が再評価されるとともに、湿地の保全と賢明な利用(ワイズユース)が求められることとなるそうですが、以前から気になっていることを一つ。

 それは、湯ノ湖の水質浄化についてです。ヘドロの浚渫をしたりして、改善に努めているようですが、今年の春に釣りに行った時もそうですが、臭いがきつく、きれいな水質とは言いにくい状況です。湖尻(湯滝の上)の浅瀬の底を見れば、綿のようなものがたくさん付いていて、見た目にもよくありません。登録される湿原を汚れた水が流れているという問題に、もっと目を向ける必要があります。湯ノ湖への温泉街の排水を流入させないようにして(例えば、下水道の整備)、是非ともきれいな水が流れる、「世界に誇る奥日光の湿原」にしてほしいと思います。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

フィルムカメラも捨てがたい

IMG_1704  良く撮影できたかなと思ったスライドを写真屋から持ち帰ってきて、ビューアーの上に置いて、これから覗こうとする瞬間は最高です。スリーブをビューアーに置いた時に、スライドから、良さそうな色が見えると、否が応にも期待感が高まります。いいですねーーー、この高揚感が。

 出来上がったのは、先日の紅葉のスライドです。我ながらまずまずの出来でした。綺麗なものは、何度見ても飽きないです。それと、やっぱり、キャノンF-1NとNFD300F4Lで撮影したものは、ボケ味もよく、シャープによく写ってます。このレンズは期待を裏切ることがない本当にいいレンズです。望遠系は、FD500F5.6Lも持っていますが、こちらのレンズもたまらなくいい写真が撮れます(最近、出番がほとんどないのですが・・・)。

  デジカメも便利ですが、フィルムカメラ(特に機械式マニュアルカメラ)も捨てがたいですね。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

「い志や」(栃木県粟野町)のそば

IMG_1650  紅葉を撮影に行った11月15日、昼食は、そばにしました。
  みなさん知ってましたか、栃木県がそばの産地だってことを。栃木県は、全国第5位の産地なんです。
  他県の友人が遊びにきた時は、時間がとれれば、必ず、田舎のそば屋に連れていくことにしています。1升打ちなんかを注文して、大きなザルに3人分のそばがまとめて出てくると、「こんな食べ方があるの」なんて喜んでくれます。
 紅葉の撮影に来た粟野町もそばの産地で有名なところです。今日は、町中の「い志や(http://awano.shokokai-tochigi.or.jp/)」というそば屋に入りましたが、期待に違わず、そばの臭いがプーンとして、シャキッとした地粉の美味しい「もりそば」でした。他にも、粟野町にはそば屋がたくさんありますので、食べ比べしてみてはどうでしょうか。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

ギラファノコギリクワガタの幼虫、順調に生育中

IMG_1761IMG_1760   ギラファノコギリクワガタの幼虫は、今日(11月19日)で、1齢幼虫発見してから4ケ月とちょっと(131日)になりますが、御覧のとおり順調に生育しています。写真の幼虫はいずれも雌なので、5~6ケ月程度で蛹化するとしたら、あと残りは1~2ケ月程度となります。まだ、マットが残っているので、蛹化前(逆算すると1~2ケ月以内か)にあと1回マット交換すれば大丈夫かな。

 他に雄の幼虫が1匹います。こちらは、プラケースで飼育しています。側面に顔を中々出しません。3匹の幼虫の中で、一番大きかったので、どこまで成長しているか楽しみです。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栃木県粟野町で紅葉の撮影

IMG_1615  11月15日(火)、栃木県粟野町へ紅葉の撮影に行ってきました。
  粟野町の口粟野~入粟野方面に出かけたのですが、山々は大半が植林された針葉樹(スギ・ヒノキ)だったので、落葉広葉樹を探しました。山の上の方は、既に落葉しており、あまり高度が高くないところを探しました。なかなか良い場所が見つかりません。仕方なく、道沿いに植えられている彩りの良いモミジを探したところ、唯一、綺麗に残っている木を1本見つけ、そこでしばらく撮影しました。

  撮影機材は、久しぶりに登場のキャノンF-1N、レンズはキャノンNFD300F4L、タムロン90mmF2.5、フィルムはフジクロームベルビア100Fです。露出計(ミノルタのスポットメーターF)で露出を計測し、シャッター速度1/60、絞りF4を中心に段階露出を行ない、フィルム2本撮影しました。これで、かなり、満足した気分ですが、念には念を入れるため、さらに、キャノンEOS1000S、タムロン28-300にPLフィルターを付けて、段階露出を行ないながら、1本撮りました。一気に3本も撮影すると、胸がスーッと気持ちよくなります。この快感はたまらないですねーーー。

   特に、キャノンF-1Nはマニュアルの機械式カメラなので、フィルムを巻き上げて、シャッターを押すのが快感です。最近は、デジカメ(キャノン・パワーショットS40)ばかり使っているのですが、一枚一枚撮影を楽しむのは、F-1にはかないません。
 最近、若干ですが、デジタル一眼に興味の触手が伸びていますが、まだ、テンションが購入するまで高まってきてないので、もう少し後だと思います。

 天候は曇でしたが、まずまずの写真が撮れたのではないかと思っています。現像が上がるのが楽しみです。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

羽黒山(栃木県上河内町)に沈む夕日

IMG_1605   午後4時を過ぎると、気温も下がってきて、冷え込んでくるようになりました。

 11月13日(日)の夕方、ちょっと時間が出来たので、鬼怒川に散歩に行ってきました。

  写真は、上河内町の羽黒山に沈む夕日です。 太陽が、雲に乱反射して形が変化して見えてました。その夕日が、川面に映って、時々、飛んでいるカゲロウの姿を際立たせていました。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

平地林(雑木林)がまた一つ消えました

IMG_1548 栃木県には平地林が多いのが特徴の一つです。生えている木々は、コナラやクヌギ、その他雑多な木、いわゆる雑木。

 近所の雑木林も、以前よりだいぶ減りましたが、夏には、ノコギリクワガタやコクワガタ、カブトシムが採れます。

 昔、四国の知人が、遊びに来た時に、「平地に林がある風景が珍しい」と言って ました。四国では、平地は農地や宅地になっているので、こういう光景は珍しいのでしょう。

 その栃木県平野部の特徴である平地林も、宅地開発などのため、伐採されている姿を時々見かけます。

 今日(11/13)は、チェンソーで木を切った後、重機で挟んで後方に倒しているところに遭遇。倒れた雑木を別の作業員がチェンソーで枝を取ったりして、いとも簡単に伐採してました。

 まさか、個人所有の平地林を国立公園のようにして保護することなんてできないでしょうから、保全できないのだと思います。何気ない自然を大事にすることも重要だと思うのですが・・・・、残念です。

 また一つ、栃木の平地林が消えていきました。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

アトラスオオカブトの幼虫(14匹)・順調に生育中

IMG_1540  アトラスオオカブトの幼虫のマットを交換しました。
 幼虫を掘り出してみたら、出てきたのが13匹、また、成虫の雄を飼育していたマット(雌が死ぬ直前まで産卵していたようです)の中から1匹、合計14匹となりました。
 幼虫は、結構成長していたので、中プラケース2個に分けることにしました。自家製発酵マットと腐葉土(ホームセンターで購入)を3:1にブレンドしたものをケース8分目まで入れ、幼虫を入れました。
 幼虫達は、元気に新しいマットに潜っていきました。
 アトラスオオカブトの幼虫(とても大きくなるらしい)なので、成長が楽しみな気持ちが半分、飼育場所が手狭になることの不安が半分の複雑な気持ちです。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

イモリ(雌2匹)も飼ってます

IMG_1532   よっしー宅では、イモリも飼育しています。今日(11/13)は、水槽の掃除をしたので、ちょっと撮影してみました。
  雌2匹です。1匹は、2004年6月に、またもう一匹は、今年(2005年)の6月に宇都宮市内の山沿いの水田の水路で息子(小6)が採集したものです。簡単には採れませんが、山沿いで水路がコンクリート張りではない、昔ながらの水路(掘っただけのところ)で、水の流れが緩やかな場所を丹念に網を入れると、時々採れます。一日やっても採れない時もあります。
  餌は、ネットで調べた結果、カメ用の餌(テトラレプトミンという固形飼料)を基本に、時々、乾燥イトミミズやミルワームを与えています。
  少し飼育してみるということで、始まりましたが、既に1年半近くが経とうとしています。イモリの寿命は、長い(20年以上)らしいので、息子が飽きたら、元のところに放してあげようと思っています。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

オオクワガタ幼虫No1の食痕

IMG_1529  オオクワガタの幼虫No1は、8月17日に孵化して、今日(11/11)で83日に経ちました。菌糸ビン投入してから76日後です。

  しばらく、菌糸ビンの側面に中々食痕が出てきませんでしたが、今日、御覧のとおり、底面にはっきりと食痕が確認しました。元気に育っているようで、何よりです。ちょっとホッとしました。

  ジャンジャン食べて、大きく成長してほしいものです。

  他に6本菌糸ビンがあります。こちらは孵化が遅かったので、まだ、側面や底面に食痕が出てきていません。幼虫No1のように元気に育っていればいいんでけど・・・。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

「外国産クワガタ・カブトムシ飼育図鑑」

IMG_1514  ちょっと前に購入した「外国産クワガタ・カブトシム飼育大図鑑」を紹介します。

 出版は2005年6月20日、世界文化社発行、定価:本体7,000円+税です。気軽に買えるような値段ではありませんが、内容は充実していて、これから外国産クワガタを飼育しようとしている人にお薦めの図鑑です。

 種類毎に、亜種や分布、さらには採集記録、飼育方法について詳細に記載されています。入手難易度と飼育難易度をA~Dの4段階で示してあり、これから飼育しようとしている人に分かりやすくなっています。

 飼育方法については、種類毎にも文章で記載されていますが、主要な種類毎にページをさいて詳細に記載されています(例:「アジア産オオカブトの飼育」は2ページにわたり記載)。

 写真も充実しています。種類毎に綺麗な写真が載っていますが、採集された時の写真や幼虫、蛹等の写真も多数掲載されていて、見ているだけでも楽しめます。

 飼育のために読み込むのもいいし、寝る前に眺めて楽しむのもいい図鑑です。まだ、持っていない方は是非本屋で御覧になってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

アトラスオオカブトの雄がそろそろ寿命

IMG_1520  7月31日に購入してから、元気にしていたアトラスオオカブトの雄の動きが鈍くなってきました。しっかり歩くことができません。雌は、9月29日に死んでしまいましたが、雄は、雌のように産卵をしないためか、比較的長い間、元気にしていましたが、そろそろ寿命のようです。
  一方、命を受け継いだ、幼虫達は、元気に成長しています。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

とちぎファームフェスタ2005に行ってきました

IMG_1434   11月5日(土)、とちぎファームフェスタ2005に行ってきました。
  このイベントは、5年に一度、全国を巡回して開催しているもので、乳牛のオリンピックと言われているそうです。ちなみに、栃木県は、全国で北海道に次いで牛乳の生産が第2位の産地だそうです。
  会場では、様々なブースや出店があって、大勢のお客で、大賑わいでした。初日の11月3日が20万人、11月4日が12万人、今日(11月5日)が18万人の入場者だったそうです(開IMG_1433 催は、11月3日から6日までの4日間)。
  特に、食べ物関係のお店には、様々なものが売られていましたが、栃木県内で生産された農産物を使ったものが多く販売され、地産地消(ちさんちしょう)ののぼりがたくさん上がっていました。このように、栃木県内の人はもちろん、県外の人に県内の農産物をPRすることはとても、良いことだと思います。もっと、どんどんやった方がいいと思います。
  ただ、ちょっと一言、このイベントで残念だったのは、参加している店の一覧がなくて、どこにどの店が出ているか、一軒一軒探さないとわからなかったことです。主催者は、せめても案内所ぐらいでは、一覧を置いて案内できるようにしてほしいかったと思いました。回りのひとも、同じことを言っていました。
  次回は、5年後の2010年に北海道で開催されるそうです。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

絶品!ワタリガニ(愛媛県西条産)

IMG_1422  久しぶりにワタリガニ(愛媛県西条産)をいただいた。栃木では、滅多に食べられない代物である。

 大きなメスで、甲羅の隅っこや中心部には、卵が詰まっている。その卵をポロッと取り出す瞬間がたまらない。甲羅に残った汁やカニミソをすすると、カニの旨味が口にジュワッと広がってくる。鋏を使って、ツメ(ハサミの部分)の肉も吸いつくように食べた。

 時々口に含む日本酒が、舌の味覚を敏感にしてくれるので、そのおいしさが一層引き立つ。

 愛媛県西条産ワタリガニ、まさに絶品である。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

日光へ紅葉狩り

img_14201710303  10月30日(日)、子供達と、日光へ紅葉狩りに出かけてきました。

  午前5時30分に自宅を出て、高速で日光へ。高速と一般道の合流付近で少し渋滞していましたが、それほどでもなく、午前7時には、中禅寺湖に着きました。

  中禅寺湖付近は、もう紅葉のピークを過ぎていましたが、唯一残っていたのが八丁出島でした。阿世潟まで歩き、湖岸で写真を撮ったり、湖に子供達と石を投げたりして、しばらく遊んでました。

  天候は曇りだったのですが、時々、降り注ぐ太陽の光が、八丁出島の紅葉をスポットライトのように照らしだす瞬間は、言葉に表せないほど、綺麗な瞬間の連続でした。

  午前9時には、いろは坂を下り始め、日光宇都宮道路のいつもの渋滞を脇に見ながら、すいすいと帰ってきました。

  山の上の紅葉はもう終わりですが、これからは里山の紅葉も楽しみです。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

オオクワガタ・越冬モードへ

IMG_1417  しばらく外気温に慣らしてからと思っていたのですが、思い立ったが吉日とばかりに、越冬体制に入れることにしました。

 オオクワガタのペアを入れた中型プラケースを、大型ケースの底面、側面、最後は上部に、綿や新聞紙を詰めた中に入れ、蓋をして、ベランダ(日陰)に置くことにしました。

 セットする前に、ケースを覗いたところ、オオクワガタは、雄雌とも、既にマットに潜り込んでいました。
 時々、様子を見て、乾燥していたら、霧吹きで水分補給することにします。
 このまま、3月まで置いておく予定です。

 ちなみに、去年は、ヒメオオクワガタ4匹(雄2、雌2)、アカアシクワガタ2匹、コクワガタ4匹を同様の方法で無事、越冬させています。皆さんは、越冬は、どのようにしているでしょうか。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

「短根ごぼう・ごぼちゃん」(小山市)

IMG_1266  知り合いから、栃木県小山市産の「短根ごぼう(愛称:ごぼちゃん)」をいただきました。長さがちょうど40センチぐらいで、普通のゴボウよりだいぶ短い品種です。

 アクが少なく、食べやすいゴボウということで、地元新聞で紹介されているのを見たこともあります。

 我が家で食べるのは、2回目ですが、サラダにしておいしくいただきました。

 近所のスーパーではもちろん並んでいないものです。今度、どこに行けば買うことができるのか調べてみることにしてみます。
 

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »