« 愛媛県の「真穴みかん」 | トップページ | オオクワガタの幼虫が顔を見せました »

2005年11月26日 (土)

鎌倉山の雲海(栃木県茂木町)

IMG_1816   11月20日(日)、茂木町の鎌倉山(標高216メートル)に、初冬の風物詩となっている雲海を見に行ってきました。

  山のふもとに着いたのが午前5時30分。懐中電灯で足元を照らしながら、急な山道を登ること30分、目指す展望台にようやく到着。眼下を那珂川の川面に発生する霧が流れていきます。この日は、一面、霧に覆われていませんでしたが、まずまずの雲海を見ることができました。

 写真撮影に来ている人が、延べ10人程。皆、一眼レフや645などで、夢中で撮影してました。

 一緒に行った息子(小6)と、お茶を飲みながら、朝日を浴びた雲海をのんびり眺めたり、写真撮影したりして、早朝のひとときを楽しみました。

 雲海は、10月下旬から12月ごろまでの、よく晴れた早朝(日の出前(午前6時過ぎ)から午前7時30分ぐらい)に見られるそうです。

|

« 愛媛県の「真穴みかん」 | トップページ | オオクワガタの幼虫が顔を見せました »

22◆ とちぎの山登り&自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/7323802

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉山の雲海(栃木県茂木町):

« 愛媛県の「真穴みかん」 | トップページ | オオクワガタの幼虫が顔を見せました »