« 「らあめん厨房どる屋」(栃木県宇都宮市) | トップページ | 名代にぼしラーメン時代屋 »

2005年12月23日 (金)

オオクワガタ幼虫の様子

IMG_2233  最近、仕事から帰ると、オオクワガタ幼虫の菌糸ビンを見るのが日課になっています。

  食痕が出ていない菌糸ビンが2本あって、その様子が気になっています。

  今日(12/23)は、幼虫No5が菌糸ビンの側面に顔を出していました。元気な顔が見られた時は、満足感でいっぱいになります。長男に見せたところ、喜んでくれましたが、長女や妻は、「うぇーー、きもい」と一言。

  食痕が出ていない菌糸ビンの方は、今日も変化なし。また、明日の楽しみにとっておくことにします(死んでいないことを祈って)。

【オオクワガタ幼虫のこれまでの経緯(12/23時点)】
○ 幼虫No1は、孵化してから125日、菌糸ビンに投入してから118日目。食痕も徐々に増えていて順調です。

○  幼虫No3~8は、産卵木から割り出して(1齢)、菌糸ビンに投入してから76日目。幼虫No4、5、6、7は、菌糸ビンに食痕を確認。順調です。残る幼虫No3と8は、いまだに菌糸ビン側面に食痕が見えません。引き続き、ちょっと心配です。

○ 最近、菌糸ビン内に青かびが発生していて、少しずつ広がっているのが、ちょっと気になっています。

○ 幼虫No2は途中で死んでしまったため欠番になってます。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

|

« 「らあめん厨房どる屋」(栃木県宇都宮市) | トップページ | 名代にぼしラーメン時代屋 »

82  オオクワガタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/7792847

この記事へのトラックバック一覧です: オオクワガタ幼虫の様子:

« 「らあめん厨房どる屋」(栃木県宇都宮市) | トップページ | 名代にぼしラーメン時代屋 »