« 横浜家系・元町家(栃木県宇都宮市)のラーメン | トップページ | クワガタの材割り採集に出かけようかな? »

2006年1月 6日 (金)

宇都宮東武百貨店・恒例の「古書の市」

IMG_2513 毎年、正月恒例の宇都宮東武百貨店の第54回「古書の市」に行ってきました。

 何軒かの古本屋が古書を持ち寄って20万冊も揃えている大規模な古本市です。

 栃木県では、最近、「ブック・オク」という古本屋が流行っているせいで、昔からの古本屋が減っています。「ブック・オフ」は、最近出版された本を中心に扱っているので、20年以上も昔の古本は、中々手にする機会がありません。古い本って、今では当たり前のことを詳しく書いてあったりして、結構いいものがあるんですよね。

 東京の神田に出かけてばかりもいられないので、この「古書の市」は、とても楽しみにしています。

 今日は、どうしても手元に置いておきたくて、「とちぎけん再発見~その地域性を探る~(昭和54年、栃木県発行)」を1,050円で、また「ふるさとの味、おふくろの味(昭和53年、栃木県農業者懇談会発行)」を525円で買ってしまいました。ちょっと、渋すぎるかな?

 1月2日から9日まで開催しているので、また行ってみようと思います。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

|

« 横浜家系・元町家(栃木県宇都宮市)のラーメン | トップページ | クワガタの材割り採集に出かけようかな? »

35◆ 栃木あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/8033351

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮東武百貨店・恒例の「古書の市」:

« 横浜家系・元町家(栃木県宇都宮市)のラーメン | トップページ | クワガタの材割り採集に出かけようかな? »