« オオクワガタ幼虫・残り5匹の菌糸ビン交換完了 | トップページ | 本「栃木の鳥獣 カラー百科」 »

2006年2月12日 (日)

教育を買わざるを得ない状況は、おかしい

IMG_2878  2月8日の読売新聞に「小中で「国数理」授業増、学力低下受け…中教審部会」という記事が載りました。

 記事によると、「文部科学相の諮問機関、中央教育審議会の教育課程部会は8日、小・中学校で「国語」と「算数・数学」、「理科」の授業時間増を求める審議経過報告書案をまとめた。近く、最終決定する。一昨年12月に公表された国際学力調査結果で、日本の子どもたちの学力低下が判明したことを受けた措置。文部科学省は今後、学習指導要領の見直しに反映させる方針で、「ゆとり教育」の転換は「国語」と「理数」重視で進みそうだ。・・・・・授業時間数についても具体的に検討する必要があると、時間増を求めた。」とのこと。

 わが家の長男(小6)、長女(小4)は、このゆとり教育で育った世代です。教科書は、絵や写真が多く、よっしーの30数年前の教科書とは違って、絵が多くて、極端に文字が少ない。

 去年から、学習塾に通い始めていますが(うちの家計はキツキツです。授業料はもう少し安くしてー)、長男の小学校のクラスでも半分以上は、何らかの学習塾に通っているそうです。教科書を見て、「このままではまずい」と気がついた親が多いからなのでしょうか。

 高校受験、大学受験のレベルは昔から変わらない。それでもって、義務教育のレベルが下がっている。となれば、その不足分を学習塾などで補わなければ、希望する学校には行けない。つまり、経済的に余裕がなければ、希望する高校・大学にいけないということ本来、なされてしかるべき教育をお金で買わざるを得ないというのは、おかしいことだと思います

 ただでさえ子供が減っているのですから、その人的資源をフルに活用しないと、日本が衰退するは確実です。学校における教育と本人のやる気があれば、受験は何とかなるというように教育の質・量をちゃんとしたものにしておくべきでしょう

 塾に通いはじめたのはいいが、一向に遊びモードから抜けられない、わが子の将来は・・・。あー、心配だなーー。ゆとり教育で育てられてしまった子供を持つ親は、もっと、しっかりしないとだめですね。

 ※ 写真は本文と直接関係ありません。宇都宮市内の大手の塾です。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

|

« オオクワガタ幼虫・残り5匹の菌糸ビン交換完了 | トップページ | 本「栃木の鳥獣 カラー百科」 »

60◇ 日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よっしーさんこんにちは。 あずき大王です。
私の子供の長男は4年生、次男は2年生です。来年には3男も小学生になりますので、この子達の教育費と家計を考えると少し憂鬱になります。
確かに子供たちの教科書を見てみると、カラフルになっているなとは思いますが、必要な内容で満たされているかは?です。
長男も学童が終わるので、4月からは塾かなという状況です。

投稿: あずき大王 | 2006年2月12日 (日) 17時08分

 あずき大王さん、こんばんわ。

 うちの小学校では、やはり5年生ぐらいから塾に行く子が増えるそうです。
 あずき大王さんと同じく、教育費がどんどん増えていくと思うと、本当に憂鬱になってしまいます。
 まっー、そうは言っても、あんまり心配しすぎてもしょうがないから、お互い楽観的に考えるようにしましょう(^_^;)。

投稿: よっしー | 2006年2月13日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/8617484

この記事へのトラックバック一覧です: 教育を買わざるを得ない状況は、おかしい:

« オオクワガタ幼虫・残り5匹の菌糸ビン交換完了 | トップページ | 本「栃木の鳥獣 カラー百科」 »