« オオクワガタ幼虫・菌糸ビン交換(体重22グラム) | トップページ | 高根沢町「元気あっぷ村・あやめ」のそば »

2006年2月 4日 (土)

オオクワガタ幼虫・菌糸ビン交換後に暴れてしまった

IMG_3022  2月1日に菌糸ビンの交換を行ったオオクワガタ幼虫、1匹が暴れ出してしまいました。体重22グラムの幼虫No1です。

 2月2日には、ポリボトルの底をひたすら掘り進みました。そのため、写真のように、底の周囲の菌床は攪拌されています。

 BE KUWA 16(月刊むし10月増刊号)の中の記事「ゼロからはじめる巨大オオクワガタの育て方」によると、「(ビン交換時に重要なのは)、交換後すぐにフタをしないことです。酸欠によってビン内を暴れ回り、急激に体重を減らしてしまうことを防ぐためです。フタを開放したままにするとキノコバエが発生しますので、サラシ布をビンのサイズに合わせて切ったものを被せて輪ゴムで止めます。1週間ほど経過すると幼虫も落ち着き、ビンの上部も適度に乾燥してきますので、サラシ布をとってフタをします。」と書かれてありました。

  この記事を読んで、早速、フタを外して、テッシュを被せたのが功を奏したのでしょうか。2月3日には、場所を少し上に移動して、何とか落ち着いたようです。次回以降、気をつけたいと思います。

 なお、同じように菌糸ビン交換した幼虫No5は、暴れることなく、静かにしています。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

|

« オオクワガタ幼虫・菌糸ビン交換(体重22グラム) | トップページ | 高根沢町「元気あっぷ村・あやめ」のそば »

82  オオクワガタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/8495256

この記事へのトラックバック一覧です: オオクワガタ幼虫・菌糸ビン交換後に暴れてしまった:

« オオクワガタ幼虫・菌糸ビン交換(体重22グラム) | トップページ | 高根沢町「元気あっぷ村・あやめ」のそば »