« 毎日新聞「とちぎ発信箱」が終わり残念 | トップページ | ギラファノコギリクワガタの幼虫(No2)がついに蛹化 »

2006年3月22日 (水)

東池袋 大勝軒 アピア戸祭店の「あつもり」

東池袋 大勝軒 アピア戸祭店の「あつもり」   東池袋 大勝軒 アピア戸祭店(栃木県宇都宮市)の「あつもり」を食べてきました。

  東池袋の「大勝軒」で修業した店長が作る、「あつもり」。いわゆるつけ麺(この店では「もりそば」と言ってます)の温かいバージョン。麺は茹でたてで少し温かく、つけ汁も、温めてあります。冬用の「温かい・つけ麺」です。

 麺は、太くてプリプリ。スープは、独特で、甘酸っぱい味。このスープの味、とても気に入ってます。妻子は、スープが苦手だそうで、食べに来る時は、いつも一人です。美味しいのになーーー。

 スープも、スープ割りにして、全部飲み干しました。ごちそうさまー。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

|

« 毎日新聞「とちぎ発信箱」が終わり残念 | トップページ | ギラファノコギリクワガタの幼虫(No2)がついに蛹化 »

25◆ とちぎの食・食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

Uターンしてきて大勝軒系を食べたくて行ってきたのですが、スープが違いすぎてがっかりです。

アレンジし過ぎというよりオリジナル過ぎです。

オリジナルで勝負するなら名乗らなければよいのに。

投稿: えも | 2008年1月 2日 (水) 16時14分

>えもさん

 池袋店とそんなに違うんですか・・(^_^;)。
 私は、あの味、気に入っているんですけどね。

 今となっては、本店の味を確かめることができないのが残念です。

投稿: よっしーえもさんへ | 2008年1月 2日 (水) 16時44分

違いますね。

ちなみに「東池袋大勝軒」の名前は数日しか修行しなくてもFC展開の店舗は名乗っています。

山岸大勝軒系のスープは県内だと「花の季」が近いように感じました。

ちなみに東池袋大勝軒復活しましたよ。山岸さんはアドバイザー的な役割ですが。

池袋には他に南池袋大勝軒(やや脂多くなっている)や麺屋ごとうがありますのでこちらでも山岸大勝軒系のスープは味わえると思いますよ。

投稿: えも | 2008年1月10日 (木) 19時26分

>えもさん

 スープは、「花の季」に近いんですか。ということは、かなり違いますねーー(^_^)。

 来週、東京に行く予定なので、東池袋大勝軒、ちょっと考えてみたいと思います。

投稿: よっしーえもさん | 2008年1月12日 (土) 05時42分

ちなみに3店のなかだと麺屋ごとうを贔屓にしてました。

他にも
新宿御苑:大勝軒 十五夜
富士見台:富士見台大勝軒
もお奨めです。

投稿: えも | 2008年1月15日 (火) 14時38分

>えもさんへ

 さすが、いろいろ行かれてますねーー(^_^)。
 東京行き、ちょっと怪しくなってきましたが、仕事で行ったりすることもあるので、携帯のメモに複写しておきました。
 ありがとうございました。

投稿: よっしー-えもさんへ | 2008年1月15日 (火) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/9210350

この記事へのトラックバック一覧です: 東池袋 大勝軒 アピア戸祭店の「あつもり」:

» 大勝軒に大行列 [アキラの日記]
1961年から46年間続いてきた東池袋の大勝軒が3月20日をもって閉店するようです。最後の味を求めてか、ものすごい数の人達が行列を作っています。100人はいるでしょう。 東池袋 大勝軒 アピア戸祭店の「あつもり」 よっしーの散歩 さらば東池袋大勝軒!というか... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 16時32分

« 毎日新聞「とちぎ発信箱」が終わり残念 | トップページ | ギラファノコギリクワガタの幼虫(No2)がついに蛹化 »