« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の20件の記事

2006年4月29日 (土)

東京出張

東京タワー  4月27日は、東京(浜松町)に出張してきました。今週は出張が3日もあり、連休前、バタバタした1週間になりました。不在にしていた分、デスクに資料が山積みになっていたので、連休明けを考えると、ちょっとブルーになりますが、あまり考えずに連休を楽しむことにします。

 帰りの新幹線で、ふと思ったのが、「東京に住むなら3年間が限度かな。長い間、住むなら、自然豊かな栃木がいい。」ということ。

 栃木が故郷ということを差し引いても、自然豊かなのがいいですね。道が空いていれば、15分車を走らせれば、鬼怒川でヤマメ釣りができるんですから・・・(最近、ボウズ連発ですが・・(^_^;))。

 わが家の連休の予定は、まだ決まっていません。いつものように、出かけても近場。遠出はしないでしょう。

 自由になる隙間時間に、本流ヤマメと再会するため、鬼怒川に出かけてこようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

デジタル一眼レフを購入

Cannon EOS Kiss digital  ついに買っちゃいました。デジタル一眼レフ。

 機種は、「Cannon EOS Kiss digital」です。最新の「Cannon EOS Kiss digital N」も少し考えたのですが、予算の関係から我慢。

  ヤフオクで、本体のみ38,000円で落札。

  FDレンズも使いたかったので、FD->EOSアダプター(近代インターナショナル、9,000円)も購入。

コップ   写真は、キスデジに、アダプターでNFD50 F1.4を付けた状態です。

  コップの写真は、この組み合わせで撮影したもの。結構、きれいに撮れてると思いませんか。「アダプターに補正レンズが入っているので、ポワっとした写真になる」ということが掲示板に書かれてありましたが、十分な写りに満足しています。

 さすがに絞り開放では:モヤッとした写真になりますが、少し絞れば、御覧の通り。ちなみに、コップの写真の撮影データは、「F2.8、1/15、ISO800、三脚使用」。

パンジー   ちょっとピントの山がつかみにくいのが難点ですが、何とかなりそうです。

  フィルムを気にせず、バシバシ撮影できるって最高です。

  EOS用のレンズも、EFレンズ(28-105mm)・1本、タムロン(28-300mm)・1本、シグマ・2本あるので、久しぶりに、いろいろと撮影して楽しんでみようと思います。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

自治会の総会

愛媛県松山市・大街道  先日、自治会の総会に出席してきました。それも議長として。

  これまで議長は、自治会でも有名な長老の方がやってたそうで、その方は、20年間も務められたとか。

 3月に、会長さんから、「自治会の役員も年長者が多いので、ずっと若返りを図りたいと思っていたんです。今年は、是非、よっしーさんに議長をお願いしたい。」とのラブコール。なんだかんだで、結局、議長をやるはめに。

 総会は、シャンシャン総会かなーーと思っていたら、油断大敵。

 会場(約40名)からの質問はほとんどなく、議事は順調に進んでいたのですが、終盤になって、執行部から意見や大したことのない事務連絡が出てくる始末(敵は身内にいました(^_^))。その意見や事務連絡が、これまた要領を得ないので、会場から質問が。その質問への執行部の回答が、さらに要領を得ないので再質問、という悪循環。ドタバタ劇状態へ(うちの会社では、こんなこと、絶対あり得ませーーーん(^_^))。

 議長役は、会社で時々やっていますので、こじれそうな話の交通整理に専念し、何とか仕切って、やっとのことで終了。

 会長さんから、「事務局からあんな意見が出てくるとは思ってなかった。けど、よくまとめてくれて本当に助かったよ。来年も、よろしくね。」なんて言われて、喜んでいいのか、悲しんでいいのか・・・(^_^;)。

※ 写真は、本文と関係ありません。先月、妻子が帰省した時に撮ってきた、愛媛県松山市の大街道の様子です。電車は、普通の路面電車(伊予鉄)と坊ちゃん列車。この写真を見ていたら、大街道入り口にあった、FASTというビリヤード場に、通っていたことを想い出しました。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

オオクワガタ幼虫(No5、6)の菌糸ビン交換

オオクワ幼虫(No5)  4月22日(土)、飼育しているオオクワガタ幼虫7匹のうち、幼虫No5とNo6の食痕が広がってきたので、菌糸ビンを交換しました。

  体重を計ると、幼虫No5(雌)が22g(2/1時点で21gだったので、+1gの成長)、幼虫No6(雄)が20g(2/1時点で16gだったので、+4gの成長)でした。

  思ったほど成長していなかったので、ちょっと、がっかり。

  再び、ミリオンの菌糸ビンに投入しました。

  他の5匹も菌糸ビンの食痕の様子から、近いうちに、交換することになりそうです。

〔参考データ、2006年4月22日現在〕
    オオクワガタ幼虫No1    : 孵化243日、菌糸ビン投入238日
    オオクワガタ幼虫No3-8 : 1齢確認 & 菌糸ビン投入196日

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

デジタル一眼レフ

 最近、【デジタル一眼レフ】に、触手が伸びつつあります。

 釣りに行って、魚の写真を撮る時に、どうしてもコンパクトデジカメだと、ピントが合わせずらい。マクロで、魚の目にピントを合わせて撮影するためには、デジタル一眼レフが必要ではないかと思い込んでます。

 候補は、よっしーが持っているカメラは、キャノンのマニュアルカメラ(F-1N、A-1(2台)、AE-1P(2台)等)が中心。買うとすれば、メーカーはキャノン

 さらには、財布にやさしい価格の機種。

 となれば、ヤフオクで、型落ちになりますが、「キャノン EOS KISS DIGITAL」に照準を絞って、入札しようかということになります。

 レンズは、標準ズームとマクロレンズで十分でしょう。現在持っているタムロン28-300ミリAF FOR CANNONが使えるのも助かります。

 さらに、できれば、FD-EOSアダプターもゲットして、15本ぐらいあるマニュアルキャノンのFDレンズもデジカメで使えればなーーと、夢が広がっていきます。

 ちょっと、泥沼にはまりそうで怖い・・・(^_^;)。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

自家製ラーメン・キング餃子「彩花」

彩花のラーメン  「自家製ラーメン・キング餃子 彩花(さいか)」に行ってきました。店は、宇都宮市街地の清住通りを北に行ったところにあります。

 今日は、ラーメン(550円)です。

 スープは、醬油系でさっぱり味。このスープはとても気に入っています。麺は手揉み。太くて縮れていて、シコシコ、歯ごたえ十分です。肉厚のチャーシューでボリューム満点。

 テープルには、辛味噌、ラー油が置いてあって、お好みで少しずつ入れると味が変わって楽しめます。どんな加減で入れたらいいか、店内の張り紙に書いてあるので、試してみてください。ラー油を少し入れるのが好きです。

 ちなみに、よっしーの家族に、ここのラーメンは好評で、休日には、時々来ています。

 彩花の連絡先は、宇都宮市松原3-5-17、電話028-622-6368です。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

ブログは秘密

桜の花びら  みなさんは、ブログをやっていることを周囲に知らせてますか。

  普通は、みんなでワイワイやった方が楽しいので、教えたりしていると思いますが、実は、よっしーはブログのこと誰にも話していません。家族ぐらいには、話そうかなーと思ったこともあったのですが、いまだに秘密。

 先日も、妻に、「最近、ネットに夢中なんだね。ところで何やってんのーー。」なんて聞かれて、あわてて「ブログの実験中なんだ。」なーーんて適当なことを言ってごまかしてます(^_^;)。

 秘密にしている理由は、「自分だけの世界を持っていたいから。」

 ブログで情報発信しているってこと自体、とてもいいことです。いい事を秘密にしているので、精神的な余裕が生まれ、元気の源になるんです。何気ない普段の生活に張りが出てくるのもいいですね。また、ブログでの様々な人との出会いは、普段の付き合いとは別なので、とても新鮮です。そのうち、ブログで知り合った人と、オフ会で交流できたらいいなーーなんてことも考えています。

 最近、さすがに、妻には、ごまかしずらくなってきたので、話すのも時間の問題と思っていますが、その他の職場の知人には、これからも、「秘密」でやっていくつもりです。

※ 写真は、近所の公園で、雨が降った後に散った桜の花びら。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

鬼怒川本流ヤマメ(33cm、尺ヤマメ)!ルアーで今季2匹目(2006/4/16)★

 鬼怒川本流ヤマメ(33センチ、尺ヤマメ)を、ルアーで釣りました。今季2匹目です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日(2006/4/16)、午前9時30分、長男を塾に車で送った後、午後1時の迎えまでに少し時間があったので、一人、鬼怒川本流へ。

 釣りの準備は、前日に東古屋湖から帰ったままなので、車にセット済。着替えて、すぐ出発です。

ミノー(シュガーディープ、ショートビル85F、アユカラー)  前日の夜に少し雨が振って、道路は湿っています。曇り空。時々、車のフロントガラスに小さな雨粒が付く、少し肌寒い天気。

 午前10時には、ホームグランドの鬼怒川(塩谷町)に到着しました。

 鬼怒川は前日の雨なのか雪代の影響かは分かりませんが、ほんの少し濁りが出てます。水量も少し多い感じ。川底のノロは流されて、きれいになってます。

 支度をして川原に降りると、目に入ってきたのは、とうとうと流れる鬼怒川本流から飛び上がるヤマメの雄姿。30センチ以上はあります。5分に1回ほどの間隔で派手なジャンプを繰り返しています。こんなことってあるんですね。興奮のテンションが一気にヒートアップ。

 はやる気持ちを押さえつつ、ルアー選択。

 まずはスプーン(チヌーク、7グラム、緑銀)。ジャンプしていた場所の上流に降り立ち、ダウンストリームにキャスト。ゆっくりリーリング。徐々にヤマメのジャンプしていた流れに近づけていきます。それを察知したのか、ヤマメのジャンプする場所が少し下流に移動。追いかけるようにスプーンを上流から流します。5~6投してもノーバイト。

 あまり執拗に攻めるのは得策でないと判断して、スプーンを諦め、すかさずミノー(シュガーディープ、ショートビル85F、アユカラー、写真参照)にチェンジ

 再度、上流に戻り、ダウンストリームにキャストし、ゆっくりリーリング。その間も、ヤマメのジャンプは続いてます。

  10投ぐらい投げた時、スウィング気味に流して、下流に流れきったミノーをゆっくり直引きしてくると、岸から3メートルぐらい流れで、「ググン、ブルッ、ブルッ」と激しくバイト!

 本流の強い流れの中で、盛んに頭を振って抵抗している魚のインパクトが、ロッドを通じて強烈に手元に伝わります。水中でギラギラッと輝く銀色。水面にバシャバシャと躍り出る魚体。竿を立てながら必死でリールを巻き上げます。

鬼怒川本流ヤマメ 33cm(2006.4.16)  なんとか手元まで引き寄せ、ランディングネットを背中から取り出そうとしましたが、こんな時に限って、何かに絡んで下ろせません。

 シングルフックで、かかりが浅いのではないかという不安が頭をよぎりましたが、仕方なく、後ずさりしながら、岸に抜き上げました。バレなくて良かったーー。

 ミノーの後ろのフックが、口の脇にしっかりとかかってました。すぐに、ランディングネットを取り出し、暴れるヤマメを水中に入れ、ふーーーっと深呼吸。

 今年2匹目の鬼怒川本流ヤマメ。メジャーをあてると33センチ。いわゆる尺ヤマメ3月4日に釣った鬼怒川本流ヤマメは32センチだったので、自己最高更新です。

鬼怒川本流ヤマメ 33cm(2006.4.16)  今回は、前回のパーマーク付きの個体より、明らかに体 高が高く幅広の立派なスタイルです。パーマークは、どんな角度から見ても見えません。

 精悍な顔つきも相まって迫力が違います。雑誌「Gijie」で見ている、サクラマスの面構えに近い、目の回りのはっきりした窪みと目つき。満足度150%です。

 しばらくして、落ち着いてから、ミノーやスプーンをキャストしましたが、反応はありません。ジャンプするヤマメも見えなくなったので、もしかしたら、ジャンプしていた個体を釣ってしまったのかもしれません。

 長男の塾の迎えがあるので、午前11時30分には終了。浅瀬で写真撮影した後、ゆっくりリリースしました。

鬼怒川本流ヤマメ 33cm(2006.4.16)  鬼怒川本流ヤマメの虜です。

【関連記事】 

鬼怒川本流ヤマメ・38cm!(2007/7/31)

念願の鬼怒川本流スーパーヤマメ(45cm)ゲット!(2007/6/23)



 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年4月18日 (火)

ギラファノコギリクワガタ幼虫No1・蛹室作り開始

ギラファノコギリクワガタ幼虫№3  4月15日(土)、ギラファノコギリクワガタ幼虫No1(雌)が、ようやく、ビンの底に蛹室を作り始めました

 4月8日のマット交換後、ビンの底でじっとしていたと思えば、また坑道を掘ったりしてましたが、なんとか落ち着いたようです。

 この幼虫、体重の少ない(2006年4月8日時点で14グラム)雌なので、スペア的な存在ですが、とにかく無事に成虫になってほしいと思います。

〔ギラファノコギリクワガタ幼虫(3匹)のデータ(2006年4月18日現在)〕

  1齢幼虫発見278日目、ビン投入242日目。

【幼虫No1(雌)】発酵マットビン     4本目  7日目(3本112日、2本77日、1本46日)
【幼虫No2(雌)】発酵マットビン     3本目113日目(2本69日、1本60日)
【幼虫No3(雄)】発酵マットケース 3箱目119日目(2箱63日、1本60日)

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

「蔵」のそば

「蔵」  よっしーが、宇都宮市の中心市街地で「おいしいそばを食べるところは?」と聞かれたら、真っ先に答えるのが、「蔵(くら)」です。

 宇都宮の飲み屋街「泉町通り」の一番西の端にある、御覧のとおり本物の「蔵」を使用した「そば屋」です。

 今日は、昼定食(もりそば+天丼、1000円)。そばは、国産(北海道産等)を使用しています。その日使用しているそば粉の産地を壁に張っています。地元産のそば粉でないのが残念ですが、以前、ご主人に聞いたところ、「地粉はなかなか手に入らない」んだそうです。

「蔵」のそば  茹でたてのハリのあるそばを、美味しくいただきました。

 「蔵」の連絡先は、 宇都宮市泉町7-13、電話028-625-6709(定休日は日曜日と祭日)。 駐車場は店の北側にあります。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

東古屋湖でヤマメ2匹(2006/4/15)★

ヤマメ23センチ  先週、長男(中1)と那珂川中流部に行ってボウズだったので、帰りの車中で約束した東古屋湖(栃木県塩谷町)に、4月15日(土)の午後、長男と一緒に行ってきました。

 現地に着いたのが正午。管理事務所で釣り券を購入。ボートも借りたかったのですが、既に和船以外は貸し出し中。和船は、二人で漕がねばならず、少し大きな舟なので、諦め陸釣りに

  最初は、事務所前でルアーをキャストしましたが、反応はありません。周囲の人も釣っている様子がなかったので、キャンプ場の反対側(西側)の岸に空いている場所に移動。

  二人でキャスト開始。
  すぐに、よっしーがスプーン(シルバー、5グラム)をフォール中にバイト。最初のヤマメを釣り上げました。長さ23センチ。御覧のとおり、かなり痩せてます。あまり餌がないのか、放流したばかりの個体なのか。

 その後、よっしーに2回バイト。うち1回は、目の前でバラシ。20センチ前後のニジマスでした。長男にはバイトなし。

よっしー・長男・東古屋湖にて   キャンプ場側の岸には、ボートを浮かべてフライで釣っている人と餌釣りの人がいましたが、かなりの頻度で釣ってました。40センチ前後の魚(ニジマス?)も釣っていたようです。小さな魚はリリースしていました。かけ上がりになっていて、いいポイントのようです。

  場所を変え、キャンプ場下流部。よっしーが、スピナーでヤマメ小(20センチ弱)を追加。 長男は、相変わらずバイトなし。後半は、よっしーが長男に付きっ切りで、アドバイスしたりして手伝ったのですが、結果は出ませんでした。

  帰りに、事務所前の岸釣り(ルアー)で、釣っている人を見ていたら、管理釣り場のような小さなスプーンで小さなニジマスを釣ってました。夕方になると、事務所前でも結構釣れるんですね。

 次回は、もっと早く来て、ボートで釣ってみようと思います。

【感想】
 長男に釣らせてあげたいと思って出かけた東古屋湖。その長男にはバイトもなかったので、残念だったのですが、本人は、半日ルアーを投げていて、そこそこ満足しているようでした(^_^;)。

 よっしー自身、大きなやつが釣れないかなーーという期待をしてました。しかし、ヤマメ2匹に終わり、不完全燃焼。いくら放流しているとは言え、簡単には釣れないことがよく分かりました。

 帰り、助手席で眠る長男を横目に見ながらの運転中、ちょっと思ったのが、やっぱり、釣れなくてもいいから、鬼怒川本流でキャストしている方が楽しいってこと。東古屋湖では、自然では釣れないような大物を釣ってみたいとは思いますが、広々とした鬼怒川本流で、大物狙いでルアーを投げている爽快感は最高です。

  ただ、それも、よっしーが、これまで十分釣りを楽しんできたから。長男には、まだまだ釣り上げる楽しみが足りないので、しばらくは東古屋湖や管釣に付き合うことになりそうです。

【おまけ】
 東古屋湖で、オシドリの雄と雌が、上空を飛んでいきました。越冬中のペアだと思いますが、もしかしたら、ここの付近で繁殖しているのかもしれません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

那珂川中流部でL・F(2006/4/15)

那珂川でルアー・長男  4月9日(日)、いつも一人で釣りに出かけていますが、たまにはということで、4月から中学生になる長男とルアーフィッシングに。

 場所は、那珂川中流部、那須烏山市の富谷橋付近から谷浅見までの間。天候は晴れ時々曇り、北風が極めて強く、釣りには厳しい、あいにくの天候。




 午後1時30分から、二人で黙々とスプーンやミノーをキャストしましたが、長男に1回バイトがあったのみ(本人申告)。



サケの稚魚?



 やっぱり無理かと二人で足元の岸辺を見た時、小さな魚がフラフラ泳いでいるのを発見。長男で手ですくう と、いとも簡単に手のひらの中に。御覧の魚。ちょっと口に傷があります。放流されたサケの稚魚と見ましたが、いかがでしょう。

 すぐに、川に放しましたが、流れに身を任せて、ヨロヨロと岸ずたいに泳いでいきました。

 ふと思ったのが、「この魚って、ヤマメの餌になっちゃうんじゃない?」ってこと。

 早速、長男と「ヤマメはサケの稚魚を食べているかもしれない」のではないかと盛り上がり(^_^)、早速シルバーのミノーでキャスト。しかし、努力の甲斐なく、バイトなし。

 結局、午後3時30分に終了し、釣果なしでした

 よっしー一人なら、ボウズも我慢できるのですが、長男には、ちょっと厳しいかなーと反省(^_^)。
 まずは釣りの楽しみを教えねばということで、車の中で、次回、東古屋湖か湯ノ湖に出かけることを約束して帰ってきました。

〔おまけ〕
 先日に続き、ヤマセミが1羽、川面を跳ぶ姿を見ることができました。長男は、ヤマセミを初めて見たので、「大きいねーーー」と驚いていました。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (2)

2006年4月12日 (水)

「とちひめ」を堪能

とちひめ  4月9日(日)、長男(中学1年)と車で那珂川に向かう途中、道端の「南那須観光いちご園」の看板が目に入りました。

  よっしー「釣りに行く前に、とちひめ食べてからいくか。」

 長男「うん。とちひめ、美味しいんだよねーー。」

 そんな訳で、寄り道決定。

  南那須観光いちご園に着くと、すぐ店に入り、いつものカップに入った「とちひめ」がないか探しました。

手作りジャムパン  すると、ありました、ありました。1カップに中サイズ3個と大1個のとちひめが入って120円。残りが5カップになっていたので、大きな粒が入ったカップを2つキープ。さらに、今日は、製造・販売している・特性のジャムパン(100円)2個も購入。

 店先のベンチで「とちひめ」と「ジャムパン」にかぶりつく親子は、ちょっと目立っていたかもしれません(^_^;)。

 今年1月29日以来の「柔らかくて、甘い、とちひめ」を2人で堪能しました。

 ジャムパンも御覧のとおり、いかにも手製のいちごジャムが入っていて、甘さも程々で、本当においしいパンでした。人気商品のため、1人2個までしか買うことができませんので注意してください。

 「南那須観光いちご園」へは、前回(2006年1月29日)の「ついに、いちごのとちひめゲットーー!」を参考に行ってみてください。

〔注意〕 とちひめの写真、大きいいちごの下に、中ぐらいのものがあって、その上から、マクロモードで撮影しているので、遠近感が強調され、少し大きめに写っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

ギラファノコギリクワガタ幼虫No1(雌)のマット交換

ギラファノコギリクワガタ幼虫No1
 4月8日(土)、ギラファノコギリクワガタの幼虫No1(雌)が、マットの中をウロウロしていて、いっこうに蛹室を作ろうとしません。

  前回のマット交換から、112日も経っていて、マットが緩んで蛹室が作りにくくなっている可能性もあると思い、マット交換することに。



  掘り出して、体重を計ると14グラム。2005年12月18日時点で18グラムあったので、4グラム減少。あれだけ、ウロウロしていたら、体重も減るのも仕方ありません。しかし、何が原因なのでしょうか。


ギラファノコギリクワガタ幼虫No1

  体色が少し黄色くなっているので、新しい環境に早く馴染んで、蛹室づくりが始まってくれるといいんですが・・・。

  マットは、成長目的ではないので、市販のクヌギマットを利用し、あまりガチガチの固詰めにはせず、程々の固さに。ビンの容量は650CCにサイズダウン。

 翌日(4/9)、交換後のビンを見ると、幼虫No1は、ビンの底に移動し、早速蛹室らしきものを作り始めています。



  ちなみに、他の蛹化した幼虫No2(雌)とNo3(雄)は、蛹の色も茶色っぽくになって、尻をピクピク振ったりして、元気にしています。


〔ギラファノコギリクワガタ幼虫(3匹)のデータ(2006年4月8日現在)〕


ギラファノコギリクワガタ幼虫No1

  1齢幼虫発見271日目、ビン投入235日目。

【幼虫No1】発酵マットビン     4本目  0日目(3本112日、2本77日、1本46日)
【幼虫No2】発酵マットビン     3本目106日目(2本69日、1本60日)
【幼虫No3】発酵マットケース 3箱目112日目(2箱63日、1本60日)

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

那珂川中流部の下見(2006/4/8)

那珂川中流部  4月2日(日)、那珂川町(旧馬頭町)から那須烏山市(旧烏山町)にかけての那珂川中流部に、ルアーフィッシングの下見に行ってきました。

 那珂川は、鬼怒川と違って、川のスケールが大きいことや、河岸が断崖になっているところもあり、どこが良いポイントなのかわかりません。とにかく、一度行って、本流ヤマメ&サクラマスがいそうな場所を探そうと出かけてきました

 ところどころに、流れ込み、トロ、瀬があって、本流ヤマメがいそうなポイントがありましたが、特に良さそうだったのが那珂川町深沢の大松橋上流の流れ込み、那須烏山市谷浅見の本流が蛇行しているところ、落石の上流部

 谷浅見と落石には、餌釣りの釣り人が数名。餌釣りの人をチラホラ見かけただけで、全体的に鬼怒川より釣り人が少ない感じ。那珂川の方が、他の釣り人も気にせず、ゆっくり釣りを楽しめそうです

 那珂川は、ダム(頭首工)がなく、ヤマメが海に降りることができるため、サクラマスが釣れるようなので、サクラマス・チャレンジに来てみようと思います

〔おまけ〕
 キャラッ、キャラッという懐かしい声に振り向くと、川面の少し上を一直線に飛んでいくヤマセミの姿。一日で2回も会うことができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

バカうまラーメン花の季

バカうまラーメン(小)

 JR宇都宮駅西口に、「バカうまラーメン・花の季」の2号店があります。本店は、宇都宮市新里町で、宇都宮インター方面で、なかなか行けないのですが、この駅西口店には、ちょくちょく出かけています。

 というのも、飲み会帰りの最後の仕上げにちょうどよい「バカうまラーメン(小)420円」があるからです。

 女性を意識して、このメニューが出来たのだと思っていますが、よっしーは、飲み会の帰り、ラーメン1杯はちょっと多過ぎる、少しでいいからラーメンが食べたいといった時に、この「小」がちょうどいいんです。

 最近、飲み会が続いたため、続けて2回も行ってしまいました。

 バカうまラーメンは、醬油トンコツのスープ、機械打ちの麺。それに、トロトロチャシューの組合せ。宇都宮で有名なラーメン店のラーメンを飲み会後に食べるなんて、申し訳ない気もしますが、ちょっと癖になっています(^_^;)。

 花の季は、宇都宮の5本の指に入る超有名店です。本店(宇都宮市新里町)は、ちょっと市街地からはずれていますが、こちらもお薦めです。土日は、大変な混雑で、並ぶこと必須なので、できれば平日がお薦めです。
 「バカうまラーメン花の季(本店)」の連絡先は、栃木県宇都宮市新里町1606-13、電話028-665-5517

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

愛媛県宇和島産ネーブル

愛媛県宇和島産ネーブル  愛媛県松山市の親戚から、よく柑橘類を送ってもらうのですが、先日、「愛媛県宇和島産のネーブル」が届きました。

 子供達はネーブルが大好き。皮が剥きにくいので、妻の皮むきサービスが必須ですが・・・。

 確かに、皮が薄くて、剥きにくいので、子供には難しいかもしれません。ネットで検索したら、皮を剥かずに、輪切りや短冊切りにして食べる方法が載っていましたので、今度、やってみようと思います。

 ジューシーで、酸味が少なく、程良い甘さのネーブル。香りもいいですよね。家族で、美味しくいただきました。

 そういえば、宇都宮のスーパーでネーブルってあまり見かけないなーと思い、妻に聞いてみたところ、「宇都宮で売っているの見たことがない。」と言ってました。やっぱり。栃木県では柑橘類の生産がほとんどなく(那須烏山市(旧烏山町)国見に、本州最北端のみかん園があります)、食べる習慣も少ないので、流通量も少ないのかもしれません。

 JA全農えひめのページで調べてみると、愛媛県のネーブルの生産量は、1,880t(平成16年度)、全国第4位、シェア13%だそうです。ちなみに、全国第1位は広島県、2位は和歌山県、3位は静岡県。愛媛県では、少しずつ生産量が減ってきているのが残念ですが、いつまでも美味しいネーブルの生産を続けてほしいと思います。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

鬼怒川支流、スプーンでヤマメ(22センチ)(2006/4/1)

ヤマメ・22センチ  家族が、春休みを利用して、松山に帰省していることをいいことに、4月1日(土)は、一日釣りをしてきました。

 天気は、ピーカンの快晴。天気のあまりの良さに、本日解禁の中禅寺湖に行こうかなーとも考えたのですが、寒さ対策に不安を感じ、鬼怒川本流に決定。

 最初に行ったのが、いつもの鬼怒川上平橋付近(塩谷町)のポイント。午前8時30分からスプーンで開始。その後、ミノーも試しましたがノーバイト。午前10時30分に、次の場所に向け移動。

スプーン  鬼怒川佐貫頭首工上流部に行こうと車を進めましたが、途中、鬼怒川本流ではなく、支流の小さな川を発見。水量が多く、いい感じがしたので様子を見ることに。

 第1投目。下流に向けて、スプーン(3グラム)をキャスト。ゆっくりリトリーブ。流れ込みの水泡がたっているところで、「グッグーン、グッグッ、ブルブル」とヒット。久しぶりの感触。手応えでヤマメと直感。目の前5メートルのところでヒットしたので、やりとりする間もなく、すぐにネットイン。

 1ケ月ぶりのヤマメとの対面に、脳内をアドレナリンが、ドクドクとかけめぐりました。たまらない、この瞬間(^_^)。しばし、一人、満足感に浸りました。

 気を取り直し、長さを計ると22センチ。まずまずのサイズ。使用したスプーンの色は、表がウグイス色(金の点々あり)、裏が金色のもの。釣れる時は、いとも簡単に釣れるもんです。

 早速、写真撮影を開始。まずは、お決まりのネットに入れた写真。この日持ってきたデジカメ(キャノン パワーショットA20)は、ピントがどこに合っているか分かりにくいので、マクロモードにして、画面の中心をヤマメの眼に合わせてフォーカスロック、構図を変えて撮影。液晶が小さく確認しずらいので、ひたすら連写。30枚は撮影したでしょうか。数打てば当たるで、御覧のとおりの写真が撮れました。

 次に水中写真。何枚か撮影したものの、水中だと、やはりフレーミングやピントがうまくいきません。難しいですねーー。あまり長い時間、ネットに入れておくと、魚へのダメージが大きくなるので、水中写真をあきらめ、リリースすることに。

 元気に泳いで、流れに戻っていきました。その後、場所を変えて、チャレンジしましたが、2度目の幸運は訪れず

鬼怒川・佐貫  続いて、第三 ラウンド。昼食後に、鬼怒川佐貫頭首工上流部へ

 餌釣り師1名が入っている瀬で、12時30分から開始。ルアー(スプーン、ミノー)でキャスティングを繰り返しましたが、バイトなし。大谷川合流部を含め、場所を数カ所変えてみましたが全く反応ありません。午後5時に終了。

 鬼怒川本流ではボウズでしたが、支流とはいえ、久しぶりにヤマメに出会えて、満足した一日になりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

ふれあいの郷しおや

ふれあいの郷しおや  少し前になりますが、2006年3月に、栃木県塩谷町にある「ふれあいの郷しおや(ふれあいのさとしおや)」に行ってきました。

 農産物直売所や農村レストランって、単独で設置されていることが多いのですが、ここは併設されています。農村レストランでそばを食べた後に、農産物直売所で買い物をすることができるので、よっしーは、とても気に入っています。

 この日は、妻と一緒。時間が早かったこともあって、最初に農産物直売所で買い物


ふれあいの郷しおや・そば打ち



 よっしーは、その間、そばを打ちを見学。慣れた手さばきで、次から次へと手際よく打ってました。そば粉はもちろん塩谷町産のそばを使用しているそうです(張り紙あり)。

 午前11時30分に、農村レストランに。天ぷらもりそば(650円)を二つ注文。よっしーの分は大盛り(200円)。

ふれあいの郷しおや・そば  出てきたそばは、香りプンプン、打ちたて、茹でたてで、シャキシャキしています。そばの味が口の中にグワーッと広がり、最高の気分。天ぷらも地元の野菜を使用しているそうで、時々、そば汁につけながら、美味しくいただきました。妻も、「こんなに美味しいそば、久しぶりーー」と喜んでいました。ちょっとポイントを上げることができたようです。

 土日は、大変混んでいますので、お昼の時間帯を前後にずらして行った方がいいと思います。10人ぐらい並んでいることもあります(名前を予約簿に記入して待つことになります。順番が来ると店のおばちゃんが名前を呼んでくれます)。

 場所は、大変分かりやすく、鬼怒川の上平橋(栃木県塩谷町)を目指していけば、橋の塩谷町側(北側)にあります。駐車場も広いので、ゆっくり休憩できるのがいいですね。

 「ふれあいの郷しおや」の連絡先は、塩谷町上平7052、0287-46-0478です。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

鬼怒川・佐貫頭首工上流、ルアーで挑戦(2006/3/26)

鬼怒川・佐貫  3月になってから、鬼怒川本流でルアーフィッシングに出かけていますが、釣果は3月4日のヤマメ(32センチ)1匹のみ。これはこれで十分過ぎるほど満足したのですが、いつも同じ場所なので、少々中だるみ気味。

 気分転換が必要と思い、3月26日(日)の午後、普段通っている、塩谷町から宇都宮市にかけての鬼怒川中流域ではなく、鬼怒川第1級ポイントと呼ばれる「佐貫頭首工上流部(栃木県塩谷町)」に行ってきました。

 去年、長男と釣りの様子を見に来ていたので、だいたいの感じはつかめていたのですが、さすがにシーズンということもあって、釣り人の姿が目につきます

 佐貫頭首工上流部の荒瀬に入ることにしました。水深1メートル程度で、流れが早く、小さめのミノーでは、泳いでくれそうにありません。85ミリのミノーで午後1時30分にスタート。しかし、何投やっても、いっこうに反応はありません。さらに、他のスプーンも試してみたのですがバイトなし。

 この場所をあきらめ、さらに上流の大谷川合流地点に場所を移動。先客は6人程ルアーマンが3名(スプーン使用者が2名、スピナー使用者が1名)

 ここでも、ミノー、スプーンを試すも、いずれもノーバイト。

 他のルアーマンの釣り方を観察すると、スプーンを正面から下流方面(ダウンクロスストリーム)にキャスト。竿先でコントロールすることもなく、ゆっくりリーリング。この繰り返し。派手なアクションは加えていませんでした。

 よっしーは、スプーンの場合、・アップクロスにキャストし、竿先でフォール&リフトを加える「ボトムバウンシング」を多用している。また、リーリーングスピードが少し早いことが違いました。今後、他のルアーマンの方法でも攻めてみようと思います。

鬼怒川のネコヤナギ  夕暮れまでやっていたかったのですが、用事があったので、仕方なく午後4時に終了。釣っていた時間は2時間半。どうしても、休日の細切れの時間を見つけて釣りに出かけているので、長時間粘ることができないのが残念です。

 手ぶらも寂しいので、ネコヤナギが綺麗だったので、背景に大谷川合流地点を入れた写真を撮って帰ってきました。

 結局、ボウズでしたが、人気のポイントで、他のルアーマンの釣り方も観察することかできていい気分転換になりました。時間に余裕のある時、また行ってみようと思います。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »