« 上野タックルアイランド「トラウト・アイランド」 | トップページ | アトラスオオカブト・人工蛹室の作り方 »

2006年6月17日 (土)

鬼怒川(宇都宮地区)でバラシ1(2006/6/17)

鬼怒川・阿久津大橋  2006年6月17日(土)、午前5時半~7時、鬼怒川(宇都宮地区)にルアーフィッシングに行って来ました。

  天候は晴れ、川は前日の雨でかなり増水しています。

  あと2日くらい経って少し水量が減ったら、丁度良い感じの状況です 。

  先に入っていたルアーマン(ミノーイング)に聞いたところ、アタリはないとのこと。

  せっかく来たので、少しキャストすることに・・・。

  ルアーは、シュガーディープ・ショートビル85F。

 ダウンクロスで投げた2投目、少し濁った水中から、これまで感じたことのないような激しい手応え。感覚的には40センチ以上の鬼怒川スーパーヤマメ?。「きたーーー!」と思った瞬間、バレて、ミノーが水中から飛び出てきました。

シュガーディープ・ショートビル85F  巻き戻してミノーを見ると、前のフックの1本が45度位開いてました。中サイズのフックだったことを後悔。

 心臓をドキドキさせながら、すぐに大きいフックに交換(写真は交換後のもの)。再チャレンジしましたが、その後は全くバイトなし。

 午前7時に終了しました。

 近いうち、また来てみようと思います。目指せ、40アップの鬼怒川スーパー尺ヤマメ!

PS  釣り具店で聞いたところ、今年の鬼怒川では、かなりの数の大型ヤマメが釣れていて、なんと「48センチのスーパーヤマメ」も上がっているそうです。

|

« 上野タックルアイランド「トラウト・アイランド」 | トップページ | アトラスオオカブト・人工蛹室の作り方 »

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー)」カテゴリの記事

コメント

お互い、バラシですね(>_<)
17日でも釣りになったんですね。
何にしても、僕はサイズより
鬼怒川鱒類ボウズ脱却が先決です(^_^;

投稿: shoji | 2006年6月19日 (月) 23時18分

>shojiさん

ブログ読みました。奥さんすごいですね。うらやましーーー。
 鬼怒川本流は、最近、私もボウズ連発なので、そろそろ釣りたいところです。
 お互い、頑張りましょう。私は、骨折を治すのが先ですが・・・(^_^;)。

投稿: よっしー | 2006年6月20日 (火) 21時22分

ガマン出来ずに投稿します
ポイントがすぐわかってしまうような
写真の掲載はやめて下さい
釣具店でも詳細なポイントはあんまり書いてないでしょ?
場荒れ覚悟でブログしてるんですか?
内容が面白いだけに残念です。

投稿: 栃木県人 | 2006年6月21日 (水) 19時29分

>栃木県人さん

 はじめまして。

 いつも読んでいただきありがとうございます。

 さて、ポイントの写真の件ですが、まず、最初に基本的なスタンスとして、私はブログを読んでいただいて、多く方に鬼怒川に釣りに来てもらいたいと考えていることを申し上げたいと思います。

 その上で、鬼怒川に釣りに来ていただくためには、まず概観を知っていただくことが必要と考え、ポイントの雰囲気が分かる写真を掲載することにしています。

 その次に、そのポイントが、はっきりわかる写真にするかどうかについては、鬼怒川のポイントでだれでも知っている有名な場所(佐貫上流部、小林橋上流、上平橋上流、阿久津大橋下流、鬼怒グリーンパーク、岡本頭首工、柳田大橋、石井大橋等)は、基本的に公開されているものとして(書籍、雑誌、他のHPでも十分すぎる程、紹介されていますし、釣り具店でも、すぐ教えてくれる有名なポイント)、周辺の構造物も入っている分かりやすい写真を掲載しています。

 ただし、それ以外のマイナーな場所については、簡単には特定できないよう(鬼怒川にこまめに足を運んでいる人は分かるかもしれませんが)、構造物とかが写らない写真にしたり、文章表現を曖昧にして掲載することとし、狭い小さなポイントに釣り人が集中するようなことがないよう配慮しています。例えば、鬼怒川(塩谷町)や鬼怒川支流の記事等です。

 このようなスタンスは、大半の他のHPやブログと同様にしているつもりです(マイナーなポイントも細かく掲載しているHPもありますが、当ブログでは、一定の配慮が必要と考えています)。

 より多くの方に読んでいただき、鬼怒川の釣りを楽しんでいただくための情報として、今の程度の内容の記事をこれからも掲載していきたいと考えていますので、御了解していただけたらと思います。

投稿: よっしー | 2006年6月23日 (金) 05時10分

こんにちは あいさつもなく失礼しました。
よっしーさん太っ腹ですね私だったら狙っている
ポイントの魚の正体がわかるまではほかの人には
教えることが出来ません。
ただ上の写真でポイントがわかってしまったので
書き込みしました。
凄腕のかたに攻められたら 私の腕では釣り上げられる魚は残っていないでしょう。
海の回遊魚だったらいいのですが
大きいヤ○メはそんなにたくさんいないでしょう
ひげのある黒い大きな魚はたくさんいるみたいですが。
これからも活躍を期待しております。
いきなりのキツイ書き込み申し訳ありませんでした

投稿: 栃木県人 | 2006年6月24日 (土) 14時09分

>栃木県人さん

 有名なポイントには、日の出の時間帯には、かなりの気合の入ったルアーマンが来ていますし、夕マズメには、フライマンが多数詰めかけています。ただ、このような方々が、大物を釣り上げているところを、なかなか見ることがないほど、魚はスレています。

 大勢のプロ級の釣り人のプレッシャーがかかっている中で、私のルアーに反応してくれるだけで、ありがたいことだと思っています(^_^)。

 このブログの情報を通じて、栃木の自然、美味しいお店の情報を知っていただき、大勢の方に栃木に来てもらえたらと考えていますので、これからも、よろしくお願いします。
 

投稿: よっしー | 2006年6月25日 (日) 05時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/10564837

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼怒川(宇都宮地区)でバラシ1(2006/6/17):

« 上野タックルアイランド「トラウト・アイランド」 | トップページ | アトラスオオカブト・人工蛹室の作り方 »