« 鬼怒川支流、ルアーで初カワムツ&初ウグイ(2006/7/7) | トップページ | お気に入りの「キヤノネットGⅢQL17」 »

2006年7月14日 (金)

鬼怒川本流(塩谷地区、バラシ3)(2006/7/9)

鬼怒川(塩谷町)・水中  2006年7月9日(日)、午前9時過ぎに、長男を学習塾に送った後、少し自由な時間ができたので、鬼怒川本流(塩谷地区)に行ってきました。

  午前10時30分に現場に到着。釣りが終わり、引き上げようとしていた車の後ろに付けました。

  その釣り人に、会釈してから、準備を始めていると、話しかけてきました。年齢は60歳半ば、少し痩せていて、顔は釣りで真っ黒に日焼けしています。

○釣り人
  「ルアーって釣れるの。」

○よっしー
 「なかなか釣れません。上手な人は、結構釣れるそうなんですが・・・。」

○釣り人
 「俺は、餌釣りでヤマメを狙っているんだけど、今日は、20センチ1匹だけ。この辺りには、大きなヤマメがいて、いつも仕掛けを切られちゃうんだよねーー。ミチイト0.8号、太くすると、アタリがなくなるから、この太さでやっているんだ。この前も、下流に100メートル下っていっても、最後はイトを切られて終わり。中々釣れないねーー。30センチぐらいなら釣れるんだけど、40センチを超える大物は、本当に取り込みが大変だよーー。」

○よっしー
 「すごいですねーー。ルアーでかかれば、ラインが太いし、リールもあるから、釣り上げやすいんだろうけど・・・。今までの最高は33センチなんですよ。」

○釣り人
 「ミャク釣りで、大きなクロカワムシを餌にしてやっているけど、餌には反応しないのに、目印にガバッとデッカイ・ヤマメが襲いかかってくる時があるんだ。こういう時って、ルアーならかかるんだろうね。」

 あれやこれや、釣り人と大型ヤマメの話で盛り上がって、10分程話し込んでしまいました。最近、釣り人との雑談が楽しみの一つになっています。

 天候は曇り時々雨。瀬の中でウェーディングしての釣りです。川の水(デジカメ+ウォタープルーフで水中撮影)は、御覧のとおり、雨の影響、それともダムの放流なのか、少し濁っています。

 ルアーは、「D-コンタクト 63(アユカラー)」、シングルフック。

 10投ぐらいした後、流れきったミノーを下流から引いてくるとバイト、すぐにバレました。大きさは25センチぐらい。その後、同じ場所で、またバイト。今度のヤマメは水面にジャンプ(きれいにジャンプした姿が、今でも目に焼きついています)し、バレました。大きさは25センチ程度。

 その後、ポイントを変えて、やはりバラシ1。これまた25センチぐらい。30センチを超えた幅広の尺ヤマメの手応えとは、明らかに違います。

 午後0時30分に終了。結局、バラシ3という結果になりました。

 憧れの40センチオーバーの鬼怒川スーパーヤマメへの道は、まだまだ続きそうです(^_^)。

|

« 鬼怒川支流、ルアーで初カワムツ&初ウグイ(2006/7/7) | トップページ | お気に入りの「キヤノネットGⅢQL17」 »

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー)」カテゴリの記事

コメント

栃木県人です こんばんは

よっしーさん いい経験を積み重ねていますね。

自分が困った時 その釣り人の経験(知識含む)による判断でその魚をゲット出来ることでしょう。

経験と知識とても重要です。

場数を積んだ方には簡単な事かも知れませんが。

なぜばれたのか、なぜUターンしたのか永遠のテーマですね。

私ももっと経験が必要だと思っております。

投稿: 栃木県人 | 2006年7月14日 (金) 21時16分

>栃木県人さん

 目の前でUターンしていく魚。よく見る光景ですが、本当にバイトするかしないかは何なのか。答えは出ません(^_^)。

 私も、もっともっと経験を積みたいと思っています。

投稿: よっしー | 2006年7月15日 (土) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/10910712

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼怒川本流(塩谷地区、バラシ3)(2006/7/9):

« 鬼怒川支流、ルアーで初カワムツ&初ウグイ(2006/7/7) | トップページ | お気に入りの「キヤノネットGⅢQL17」 »