« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の16件の記事

2006年9月28日 (木)

早朝の日光戦場ヶ原

早朝の日光戦場ヶ原   2006年9月24日(日)、群馬県の丸沼に行く時、午前5時30分頃、日光戦場ヶ原(栃木県日光市)を通りました。

  遠くに、薄く霧がたなびいて、きれいだったので、車を降りて、しばらく眺めていました。思わず写真をパチリ。

 けど、かなり肌寒くて、とても半袖ではいられません。ジャンバーを慌てて着ました。

  翌日の新聞を見たら、この日、日光では初霜・初氷を記録したそうです。どうりで寒かった訳です。

  あと2~3週間もすると、紅葉の季節の到来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

本「バス釣り裏ワザBOOK」

本「バス釣り裏ワザBOOK」   JR宇都宮駅の駅ビルの本屋に行った時(書店は2階に移りました)、目にとまったのが、「バス釣り裏ワザBOOK(つり人社)」。

  鬼怒川本流ヤマメを狙って、鬼怒川通いを続けた今シーズン。もう少し、ルアーフィッシング・テクニックの幅を広げていたいと思っていたので、思わず「裏ワザ」というタイトルに惹かれてしまいました。

  ページをめくると、バスフィッシングでは普通なのかもしれませんが、トラウト関係の雑誌ばかり読んでいるよっしーにとって、かなり刺激的な内容。

  ビックベイト、メタルジグ、トップウォータープラグ、ソフトベイトのチューニングの数々。

  ざっと見た感じ、トラウトにすぐ使えるワザは、「赤マジックでカラーチューン(P25)」、「ミノーのサスペンドチューン(P47)」、「お気に入りルアーをお気に入りカラーに塗替え(P55)」、「シンキングミノーをフォーリング専用ルアーに(P56)」・・・。

  他にもよっしーが知らないだけで、鬼怒川本流ヤマメに使えるワザがあるかもしれません。

  見ているだけで楽しくて、即買しちゃいました。

  「バス釣り裏ワザBOOK」は、現在、発売中。
 2006年8月31日、釣り人社発行。
 1800円(税込)、(ISBN4-88536-281-4 C9475 \1714E)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

この秋の楽しみ方

コーヒー(スタバ)  鬼怒川が禁漁になって一段落。

  さて、この秋~冬は、何をしましょう。

 まずは釣り。11月末までは「丸沼」通いです。紅葉に囲まれた山上湖での釣り。今から考えただけでも、ぞくぞくするほど楽しみです。最高の気分だろうなーー(^_^)。

 丸沼禁漁後は、管釣かな。今年は、新しい管理釣り場にも挑戦してみます。ルアーの海釣りにも触手が伸びています。

 次は写真。毎年恒例になっている紅葉の撮影。やっぱり日光中禅寺湖に写る紅葉の写真を、これでもかーーと言うほど撮りたいですね。

 それから、今、ちょっと気になっているのが、渓流のイワナやヤマメの写真。うまく撮影できるか、全く自信がありませんが、EOS KISS digitalにPLフィルターや望遠レンズを使ってチャレンジする予定です。イワナの産卵シーンなんか撮れたら最高なのですが・・・、水中写真は、かなり難しそうです。

  クワガタ・カブトシム関係は、引き続き長男の飼育のサポート。

 ギラファノコギリクワガタは、最近、ペアリングを始めました。うまく産卵してくれるでしょうか。

 アトラスオオカブトやオオクワガタも元気にしています。アトラスオオカブトの幼虫(6匹)は、卵から孵化して、1年以上経ちますが、まだ蛹化していません。成虫になるのは、いつになるのでしょうか。

 また、秋と言えば、食欲の秋。美味しいツマミに美味しいお酒っていうのもいいですね。

 本も読みたいし、美術館にも行きたーーい。あー、やりたいことてんこ盛りの秋(^_^)。

  仕事がだんだん忙しくなってきますが、仕事の疲れも吹き飛ばず勢いで、元気に栃木ライフを楽しんじゃおうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

本「渓流の超大ものが釣れる人、釣れない人」

 鬼怒川も禁漁になってしまったので、来年の解禁までは研究モード。

 今日は、少し前に読んだ、「渓流の超大ものが釣れる人、釣れない人~大型の遡上魚を釣りたい人へのヒント集~(細山長司著、釣り人社、950円+税)」を紹介します。

 以前、紹介した 「渓流のヤマメが釣れる人、釣れない人~大ヤマメが釣りたい人へのヒント集~(細山長司著、釣り人社、950円+税)」と同様、餌釣りの内容ですが、鬼怒川スーパーヤマメをルアーで狙っているよっしーにも、参考になる内容です。

 本文から、ちょっと紹介してみます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 【大ヤマメの季節ごとの動きがわかる人、わからない人(本文34ページ)】

 「ヤマメは同じところにじっとしていない。冬の間は、大淵などの深いところに身を潜め、雪代が終わるころに、そこを出て、川を徐々に上りはじめる。・・6月末から7月の梅雨の頃の増水を利用して上るのだ。8月、9月の台風の増水の後もさかんに上る(本文を一部簡略化して記載。詳細は、本を御覧になってください)」

[よっしーコメント]
 佐貫頭首工より上流では、さらに上流を目指して鬼怒川や大谷川を上っていくことは想像できます。

 しかし、鬼怒川の場合、3ケ所頭首工があって、一番よく行く塩谷町近辺の鬼怒川は、佐貫と岡本の頭首工に挟まれています。

 こういう場所でも、大ヤマメは上流目指して、上っていくのでしょうけれど、どこまで上っていくのでしょうか。

 岡本付近のヤマメが上流に移動するのはわかりますが、上平橋あたりがせいぜいではないか、なんて思いますが・・・。さらに上流、日光市の小林橋あたりでしょうか。

 盛夏の今、ヤマメ達は、どこに行ってしまうのか。また、産卵は、どこでするのでしょう。

 佐貫頭首工と岡本頭首工の間に棲息している本流ヤマメの生態を、詳しく知りたくなってきました。

 【サクラマスのポイントがわかる人、わからない人(本文58ページ)】

 「大石の頭が最高のポイントだ。・・・逆に石裏の2つの流れが集まるところとか、石の横はヤマメの好ポイントである。同じ大石周りでも、『サクラは頭』、『ヤマメは横と下』と覚えておくといいだろう。」

[よっしーコメント]
 あまり大きな石があるポイントを攻めたことがないのですが、先日、鬼怒川で出会った地元の餌釣り師も同じことを言っていました。とにかく、デカイヤマメは、石の頭に陣取るって。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 主な内容は、次のとおり。
 
PART1 本流大もの釣りのロマンがわかる人、わからない人

PART2 ヤマメとサクラマス釣りの違いがわかる人、わからない人

PART3 大もの釣りと超大もの釣りの仕掛けの違いが分かる人、わからない人

PART4 サクラマスの釣り方がわかる人、わからない人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

ギラファノコギリクワガタ・ペアリング開始

ギラファノコギリクワガタ・ペア  2006年9月18日(月)から、ギラファノコギリクワガタのペアリングを開始しました。

 ギラファノコギリクワガタの雌雄は、去年、卵から育てたもの。2006年の5~6月に、雄1匹(90ミリ)、雌2匹(49ミリ、49ミリ)の計3匹羽化したのですが、その後、雌1匹は、雄と一緒に入れた時に、「首チョン」されて死亡(いわゆる雌殺し)。結局、残ったのはこのペア。

 仲がいいようで、餌を入れると、いつもこのようなメイトガードをしています。

  去年は、よっしーが飼育していましたが、今年は、長男(中学1年)がチャレンジ。去年の経験を踏まえて、長男をうまくリードしていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

鬼怒川本流、今シーズン最後のチャレンジ(2006/9/18)

鬼怒川上平橋(塩谷町)  2006年9月20日(水)から、鬼怒川本流のヤマメ(サクラマス)釣りは禁漁。

 9月16日(土)から18日(月)までの3連休が実質的には最後のチャンスです。

  空いた時間を見つけて、早朝、日中、夕方と、佐貫(栃木県塩谷町)、上平橋(塩谷町)、岡本大橋(宇都宮市)に足を運びましたが・・・。中々、思い通りにはいかないものです(^_^;)。

  上平橋で出会ったルアーマンの、「9月15日に上平橋で、ミノーで37センチの本流ヤマメをキャッチ」という情報が、唯一の成果。

   9月18日(月)の雨の早朝、キャスティングの後に、「1年間お世話になりました。来年もよろしく。」とお礼を言って、帰ってきました。

  来年こそ、鬼怒川スーパーヤマメ(35センチ以上)に会いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

どる屋の「鯛だしほっぺた焼豚麺」

どる屋の「鯛だしほっぺた焼豚麺」  秋雨が続いていましたが、今日(9月15日)は久しぶりに晴れ。

  夏の暑さも一段落。美味しいラーメンが食べたくなって、昼休み、「らあめん厨房どる屋(栃木県宇都宮市)」に行ってきました。

  店外に並んでいる人は3人。5分程待って店内へ。

  店内の壁に張ってあるメニューを見ると、毎日、限定1食から4食しかない「鯛だしほっぺた焼豚麺(800円)」がまだ売り切れていません。ラッキー!

どる屋の「鯛だしほっぺた焼豚麺」   「鯛だしほっぺた焼豚麺」は、塩ラーメンに別皿で焼き豚が付きます。焼き豚は、さくら市の養豚業者から仕入れたほっぺたの肉で作ったもの。とても香ばしくて、脂ものっていてマイウーです(^_^)。今日は大盛り(+100円)にしたので、ボリューム満点。

  よっしーのこのラーメンの食べ方は、まず、ラーメンをそのまま食し、ラーメン&スープの味を確認。

 続いて、焼き豚の味わいます。次に、少しずつ焼き豚をラーメンに入れながら、焼き豚の味をスープに混ぜつつ、段々まろやかになっていく味を楽しみながら食べていきます。

 食べ方は人それぞれだと思いますが、よっしーは、この食べ方が気に入っています。

  店内にあるチラシを見ると、新横浜ラーメン博物館主催「ラーメン登竜門」準優勝、鬼怒川あさやホテル主催「郷土料理コンクール」銀賞と書かれています。いろいろと受賞しているすごい店なんですね。

 おっとそれから、次の「鮎だしラーメン」は、9月23日~25日だそうです。もしかしたら、これが今年最後になるかもしれないので、じっくり味わってこようと思います。

  らあめん厨房どる屋の連絡先は、栃木県宇都宮市中央2-8-6、電話028-649-5917。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

屋形船

屋形船から見たお台場の夜景   東京で、屋形船に乗ってきました。

  浜松町から歩いて3分。屋形船「竹内」(03-3432-8648)にお世話になりました。料金は10,500円/人。

  船遊びって、栃木にはないので、いつ来ても新鮮です。こういう文化(遊び)がある東京って、さすがだなーーと感心しきり。

  料理は、途中、天ぷら(アナゴ、キス等)を出してくれるのですが、雰囲気もあって、とっても美味い!。ついつい、ビールに手が伸びてしまいます。

  宴会が落ち着いたところで、船の外に出て、お台場、レインボーブリッジの夜景を楽しみました。涼しい海風にあたりながら、揺れる船の上で、ぼーっと夜景を見ていると、時間を忘れそうです。

  そろそろ家族を連れてこないと怒られそうですが・・・、子供達がもう少し大きくなってからにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

アトラスオオカブト幼虫のマット交換

アトラスオオカブト幼虫   2006年9月10日(日)、長男(中学1年)がアトラスオオカブト幼虫のマット交換するのを手伝いました。

  前回交換したのが、7月29日だったので、1ケ月以上経っています。

  8月から、長男が飼育することになって、「そろそろ交換しないとヤバイんじゃない。」と言ってきたのですが、部活や夏休みの宿題、期末テストの勉強で、全く手が回らず。

  あまりに何もしないので、仕方なく、「じゃ、明日(9月10日)、手伝ってやるから、一緒にクワガタとカブトの世話をしよう。」と言って、ついに実現しました。

  蓋を開けると、幼虫は1匹減って6匹に。6匹は元気そうで、すぐに歩き回ります。

  色は黄色が濃くて、蛹化間近と思わせるような状態になっています。

  新しいマットに幼虫6匹を放し、マット交換を終えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

鬼怒川(佐貫)&田川釣行(2006/9/11)

 鬼怒川本流の尺オーバーのヤマメを釣りたくて、鬼怒川通いを続けています。

  2006年9月9日(土)、鬼怒川禁漁( 9月20日から禁漁)まであと10日。

  鬼怒川の佐貫上流部(栃木県塩谷町)に出撃してきました。

  午前8時から10時過ぎまで、スプーン(9グラム、青銀)をキャスト。気合いとは裏腹に、全く反応なし。

 敢えなく撃沈。ボウズでした(^_^;)。

 このままでは寂しいので、来年のことも考え、田川上流部(栃木県宇都宮市)に様子を見に行きました。

 川幅は5メートル程。一昨日の雨で、少し濁ってます。いい感じのササ濁り状態。

ヤマメ 瀬で、小型のスプーン(4グラム、金)をダウンクロスにキャストして、ただ巻きしてくると、すぐにバイトがありました。

 少しして釣り上がってきたのは、御覧のチビヤマメ。

 この調子で、瀬や流心を下から釣り上がって、1時間程(午前11時~正午)の間に合計4匹のチビヤマメを釣ることができました(小さいので全てリリース)。

 途中1度だけ、川を覆う木の下の深場で、25センチクラスのいい手応えのヤマメ(?)のバイトがありましたが、残念ながら、バラシました(^_^;)。

【今日の釣果】ヤマメ4匹(いずれも20センチ程度のチビヤマメ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

ノカンゾウの花

ノカンゾウ  「ノカンゾウ」という名前が、肝臓とかゾウを連想させるので、少々地味に感じてしまいますが、よっしーは、この花を見る度、懐かしい幼稚園時代を思い出します。

 今から35年程前のこと。よっしーが幼稚園生の時。八幡山公園(栃木県宇都宮市)に遠足に行った時に見つけたきれいな花。あまりにも、きれいだったので、根っこごと自宅に持ち帰り、庭に植えました。その後、10年以上、毎年、夏に、庭で派手なオレンジ色の花を咲かせていました。それが、ノカンゾウ。

 母が、「あなたが幼稚園生の時に持ち帰ったノカンゾウだよー。」と随分長い間聞かされました(^_^;)。

 幼稚園生の時に、「きれいな花だから、家に持って帰ろう」と思ったことに少し驚きます。虫は好きだったのですが、植物には、それほど執着がなかったので。余程、きれいに見えたんでしょう。

 田舎の田んぼに何気なく咲いていたノカンゾウ。畦の雑草は、刈られてしまうのですが、この一輪だけ、残っていました。

 農家の方にも、大事されているようで、ちょっとうれしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

盛岡出張

盛岡駅前  久しぶりの出張で、盛岡に行ってきました。

 駅に降り立つと、宇都宮より気温が低く、少し肌寒い感じです。半袖ではなく、長袖のシャツで来れば良かったと、ちょっぴり後悔。

 仕事が終わった後、同僚と夜の盛岡市内に繰り出しました。

 まずは、ホテルのフロントで紹介してもらった和食居酒屋「酒肴屋(さかなや)」で、三陸沖でとれた美味しい刺し身と地酒を堪能。いい気になって、ちょっとお酒を飲みすぎちゃいました。

 仕上げは、盛岡名物の「じゃじゃ麺」。映画館通りに近い「香醤」という店です。

 うどんに、キュウリ、ネギ、味噌が盛ってあって、これに好みの調味料(酢など)を加えていただきました。うどんと味噌のコラボレーション。ニンニクとショウガも効いていて、やみつきになる味です。

 小さな店ですが、客がひっきりなしに入ってきますので、どうやら、有名店だったようです。

 冷麺も食べたかったのですが、お腹いっぱいで諦めました。盛岡には、初めて泊まったのですが、とても気に入りました。2~3泊したいところですが、次の仕事があるので、翌日の朝に、後ろ髪引かれる思いで、盛岡を出発し、青森に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

丸沼(群馬県)、ルアーでニジマス5匹(2006/8/29)★

丸沼(群馬県)   2006年8月29日(金)、残っていた最後の夏休み。

 群馬県の丸沼へ、のんびり一人釣りに出かけました。

 午前11時に丸沼到着。天気は曇り。丸沼は薄い霧に包まれています。湖畔の木々には、色付き初めている葉もちらほら。水温は20度。水中に手を入れると、かなり温く感じます。陸は秋の走り、水中はまだ夏のまま。

 まずは、岸からスピナー(小、銀)で開始。岸から10メートルの浅瀬、3投目でバイト。いいファイトです。やりとりを楽しみながら、寄せてきて、そのまま岸に引き上げました。

レインボートラウト  御覧の赤いラインのはっきりした、ヒレピンのニジマス。大きさは30センチ。ブルーバックレインボーもきれいですが、このような赤いラインのはっきりしたレインボートラウトも、野性味があっていいですねーー。じっくり写真撮影した後、リリース。

 正午からは、ボートを借りました。

 ボート乗り場から、カニの鼻、エラ沢、八丁下、発電所前と少しずつ移動しながら、ボートを進めていきます。移動する時は、手漕ぎトローリング。しかし、バイトはありません。時々、ライズしていますが、それほど多くはありません。

丸沼(群馬県) 毒蛇の岩付近の岸寄りのところに、ボートを停め、15グラムのスプーンを底に沈め、リフト&フォールを繰り返していると、念願のバイト。手応えからすると、30センチサイズ。しかし、残念ながら、水面に上がって来る前にバレてしまいました。かなり深かったのですが、魚種は何でしょう。南側の深場でのバイトは、これだけでした。

 釣りを始めた時は、時々、雨の降る曇り空でしたが、午後4時頃には晴れ間が出てきました。

 ボート乗り場方面に戻って来ると、牛舎跡の沖合で、スプーン(8グラム、赤銀)にヒット。御覧のレインボートラウト(30センチ)。こちらは放流物のようで、尾びれの角は丸まっていました。

レインボートラウト  午後5時過ぎから、牛舎跡とカニの鼻を結んだラインから北側(ボート乗り場方面)の比較的浅いところで、スプーン(7グラム、赤銀)を投げていると、バイトがあります。どうやら、浅瀬に集まっていたようです。続けざまにレインボートラウトを3匹キャッチ。全て30センチクラス。こんな感じで、いつも釣れると気持ちいいんですけどねーー。

 午後6時にボートを降りました。

 秋が深まってくると、丸沼は本番を迎えるそうです。これからが楽しみです。

【今日の釣果】レインボートラウト(ニジマス)5匹

【おまけ】今日見た野鳥リスト

ミサゴ

 先月からいつも見かけます。どうやら居ついているようです。

ノスリ

 夕方に、上空を旋回していました。この付近で、繁殖しているのでしょう。

ササゴイ

 毒蛇の岩付近の岸辺で、トンボをくわえ、歩いていました。こんなに標高の高い湖にもいるんですね。この野鳥は夏鳥なので、まもなく、南方へ渡っていってしまいます。もしかしたら、渡りの途中だったのかもしれません。

アサギマダラ

 こちらは野鳥ではなく野蝶(^_^;)。湖面の少し上空を何匹も飛んでいました。この蝶もまもなく南に渡ります。虫なのに、南へ渡る習性を持っている不思議な蝶です。

 7月~8月に鳴き声が聞けた、メボソムシクイ、センダイムシクイ、コマドリの声は聞こえませんでした。南へ渡っていったのかもしれません。

 自然の生き物達は、一足早く秋を感じているようです。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

鬼怒川大渡橋(子ヤマメ5匹)(2006/9/5)★

ヤマメ  2006年8月28日(木)と29日(金)、延び延びになっていた残りの夏休みを取ることができました。

  午前中、どこに行こうかなーーと、ボーっと考えていて、浮かんできたのが、鬼怒川佐貫頭首工上流部。

  午後1時に、大渡橋に到着。天候は快晴。気温はかなり上がっています。30度は超えていたのではないでしょうか。

 まずは、塩谷町側の支流でスプーン(5グラム、緑銀)で挑戦。クロスストリームにキャスト。ただ巻きしてくると、すぐにバイト。1投目で、御覧の子ヤマメをゲット。その後も、キャストを続けると、バイトが続きます。1時間余りの間に、子ヤマメ5匹。日中なのに、よく釣れます。バイトは10回以上。おチビちゃんばかりですが、久しぶりのヤマメとの対面を楽しみました。

 食いが渋くなってきたので、午後2時30分には、ポイントを鬼怒川本流に移動。

 三ツ岩は、バイトなし。常トロ、大谷川合流部は、鮎釣り師が占領。途中、瀬でちょこちょこ竿を出しましたが、こちらも無反応。大谷川下流部にも足を伸ばしましたが、こちらも同じ。本流は本当に厳しいですね(^_^;)。

 午後5時には終了しました。

 今度は、先客(鮎釣り師)の少ない、早朝に来てみようと思います。

【今日の釣果】ヤマメ5匹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

手打ちラーメン・みうら(栃木県上河内町)

手打ちラーメン・みうら(栃木県上河内町)  仕事で、午前中に栃木県の北部に出張した帰り、久しぶりに「手打ちラーメン みうら(栃木県上河内町)」に寄ってきました。

 この店に来ると、「手打ち中華」や「ワンタンメン」をよく食べるのですが、今日は、初めて「味噌ラーメン(650円)」をたのんでみました。

 ラーメンが来て、驚いたのは、中央に載っている「生ニンニクのかたまり」。これを食べると午後の仕事が少し心配です。

 けど、ピリカラ味噌味とニンニク、食欲をそそるコンビネーション。決断するのに時間はかかりませんでした。ニンニク臭いおやじでいいじゃないかーー! 思い切って食べちゃえーー\(^_^)/。

手打ちラーメン・みうらの味噌ラーメン  ピリカラ味噌にニンニクの風味、いいですねーー。太いシコシコの縮れ麺がこのスープによくマッチしています。思いっきり、完食していまいました。

 「味噌ラーメン」お薦めです。

 周りのお客さんは、手打ち中華、ワンタンメン、塩、味噌と、結構、満遍なく注文されている様子。それぞれ美味しいのでしょう。あと、ラーメンに餃子を付けている人が結構いました。

 今度は、塩ラーメンに挑戦してみましょう。

【「手打ちラーメン みうら」の連絡先】
 栃木県上河内町下小倉946-2、電話028-674-4551

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

「よっしーの散歩」オープンしてから1年が経ちました

丸沼でルアーでニジマスを釣っている長女(小5)  2006年9月3日で、よっしーの散歩がオープンしてから、ちょうど1年

 ブログのタイトルを何にしようか悩んでいた、1年前が懐かしく思えます。

 いろいろなことに興味があってチャレンジしていくことが好きなので、一つのテーマに絞るようなタイトルにせずに、結局「よっしーの散歩」とネーミングしました。

 暇な時にネタを考え、仕事が終わった後、自宅で焼酎水割りを飲みながら、パソコンに向かう日々。とても充実した毎日を過ごしています

 周りの同じ年齢の同僚を見ていると、仕事好きの人、スポーツに熱中している人、酒ばかり飲んでいる人、子供のスポーツに夢中になっている人、パチンコ好きの人・・・、いろんな人がいます。でも、なんかいまいち盛り上がりに欠ける感じ。

 ブログをやっているよっしーが、一番イキイキしているように思えます

 みんなもやったらいいのにと思いますが、ブログやっていることを公言していませんので、そうも言えません(^_^;)。もっとも、ブログやHPに関心のある人なら、そんなことを言われる前に、何か始めていますね。

 「よっしーの散歩」も、1年前の開設当初は、クワガタ関係の記事がメイン。

 2006年8月からクワガタ飼育を長男(中1)がするようになって、最近は、もっぱら釣りネタばかりですが、おかげさまで、アクセス件数も順調に伸びて「34,000」件とちょっと

 当時、目標としていた、「1日当たりのPV(ページビュー)500件」も、時々、超えるようになってきました。

 これからも、ブログ「よっしーの散歩」とよっしー、二人三脚で元気いっぱい、頑張っていきますねーー。みなさんにも楽しんでいただけるよう、書き続けますので、よろしくお願いしまーすm(_ _)m。

〔写真〕 丸沼でルアーでニジマスを釣っている長女(小5)です。

人気blogランキング
↑ブログランキングに参加中。よろしければ、“ポチッ”と1クリックお願いします!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »