« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の11件の記事

2006年10月25日 (水)

支那そば彩華(しなそばさいか)

塩ネギラーメン(支那そば彩華)  先日、家族で、「支那そば彩華(しなそばさいか)」(栃木県宇都宮市)に行ってきました。最近、休日は、よっしーと長男、妻と長女と別々に行動することが多かったので、久しぶりの家族揃っての外食。

 ここでは、しょうゆ味と塩味のラーメンが楽しめますが、よっしーのお気に入りは、「塩ネギラーメン(750円)」。

 御覧のとおり、やわらかチャーシュー、炒めたネギ、ストレートの細麺を旨味の詰まったスープといっしょにいただくと旨味が口の中に広がり、最高の気分。

 家族は、醬油ラーメンや醬油チャーシューメンを注文。こちらのスープも味わいましたが、まろやかで、いい出汁が出ていました。今度は、醬油ラーメンを食べてみようと思います。

 支那そば彩華の連絡先は、住所: 栃木県宇都宮市針ケ谷1-21-6、電話: 028-655-7578。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

東古屋湖の様子(2006/10/21)

東古屋湖  2006年10月21日(土)、ちょっと時間ができたので、東古屋湖(栃木県塩谷町)に行ってきました。

  御覧のとおり、かなり減水しています。水面下の所々に草地が見えていたので、少し増水しつつあるようです。

  餌釣りの人が目立ちますが、ルアーやフライをやっている人はチラホラ。

  目の前のルアーマンが、50~60センチサイズのレインボーを釣り上げているところを見ていたのですが、さすがにこの大きさになると迫力があります。

  来る11月5日(日)には、「東古屋湖スーパーレインボートラウト・トーナメント」の開催が予定されています。是非、ビックレインボーにチャレンジしてみてください。

 よっしーは、長男と相談してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

ルアーロッド、トップガイドで折れて、自分で修理

 折れた部分を修理したルアーロッドを持って、長男が管釣で使っていたら、今度は、いきなり、トップガイドの真下で折れてしまいました(^_^;)。

 トップガイド付近にあった小さな傷から折れたようです。

 近所の釣具店に持参し修理をお願いしたところ、最近、トップガイドの修理が相次いで(管釣シーズン突入のせいでしょうか)、1個450円のものしかないとのこと。安いものは200円だそうです。

 ルアーロッドは、先日のお手軽修理で、折れた部分をつなげて修理したばかり。まもなく新品を購入予定。少し使った後は、記念に取っておく予定なので、今回の修理に、あまりお金をかけたくありません(「450円ぐらいいいじゃないか」、なーんて声が聞こえてきそうですが(^_^;))。

 先日のロッドが折れた時と同様、またしても、自分で修理(リペア)することにしました。

~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~

ルアーロッドの修理。修理後のトップガイトと精密ドライバー (1) 用意するものは、カッター、精密ドライバー(マイナス)、アロンアルファ(瞬間接着剤)、ミシン糸。

(2) 最初に、元のトップガイドを使えるようにするため、カッターでトップガイドに付いた塗料や補強材を削り取ります。

(3)  トップガイドは金属製です。そこに差さっているロッドの残りの部分をカッターで切り取ります。ここまでは、簡単に進みます。

(4)  次の作業に手間がかかります。トップガイドをまた使えるようにするには、トップガイドの中に残った古いロッドを取り除く必要があります。トップガイドの中に入るサイズの精密ドライバー(マイナス)を突っ込んで、グリグリ回しながら、古いロッドを少しずつ削り、掻き出していきます。

 よっしーは、テレビを見ながら作業を続けて、1時間くらいで、掻き出すことができました。これで、ようやくトップガイドを、ロッドを差し込むことが可能になりました。

(5)  ここからは簡単です。トップガイドとロッドの先端にアロンアルファを付けて接着。乾燥後、補強のために、接続部分をアロンアルファの付けながら、ミシン糸(黒)でグルグル巻きにします。乾燥後、表面が接着剤で白くなるので、マジック(黒)で塗って出来上がりです。

~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~

  釣具店で修理しても、同様なので、ミシン糸のグルグル巻がちょっと綺麗にまけませんでしたが、機能的には、まずまずの出来だと思います。

  トップガイドの中に残った、古いロッドを精密ドライバーで削り出すのに手間がかかるのが難点です。しかし、元のトップガイドが使える点は、デザイン上、釣具店で修理するより(色違いのトップガイドになる場合があります)、いいかもしれません。

〔備考〕  これから修理しようとする方は、あくまで自己責任の上、チャレンジしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月18日 (水)

みどりフィッシングエリア(2006/10/14)

みどりフィッシングエリア   2006年10月14日(土)、長男と「みどりフィッシングエリア(栃木県大田原市)」に行ってきました。先週に続いての釣行。今回も、よっしーは、サポート役に徹しました。

  午前8時に到着。天候はくもり、風はなし。釣り人は、かなり入っています。

  ルアーは、長男お気に入りのシケイダー(セミルアー)からスタートしました。

  朝のうちは、魚の活性が高いためか、時々バイトがあります。開始してから、30分後には、30センチのレインボーを釣り上げました。この個体、写真のとおりヒレピンで、うれしくなりました\(^_^)/。

ニジマス(30センチ)   その後は、ほとんどバイトなし。ルアーも、マイクロスプーン、ミノー、クランクなどをローテーションしましたが、かなり食いが渋く、午前10時と午後1時の放流直後と終了間際に、30センチサイズのレインボーがヒットしただけ。

  天候くもり、風なし、さらには、多くの釣り人ということで、魚のコンディションはあまりよくなかったようです。

 それでも長男は、何とか釣ることができたので、満足してくれたようです(^_^)。

 帰宅後、釣ってきたニジマスを塩焼きにして、家族で食べました。
ニジマス(30センチ)アップ
  ここのニジマス、身が赤くて、サケのような感じで、とても美味しいんです。隣接する養殖場で、餌に工夫がされているようです。

【今日の釣果】レインボートラウト(ニジマス)4匹、バラシ2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

ルアーロッドが折れて、修理にチャレンジ

 先日、長男と管釣りに行った時、よっしーが誤って、長男のルアーロッドを踏んで、先端から2番目と3番目のガイドの中間でポキッ!、折っちゃいました。長男が半年前に、小遣いを貯めて買った大事なロッド(新品で3千円ほどの安価なものですが・・・)。いやー、参りました(^_^;)

 長男には、いいロッドを買ってあげる約束をしましたが・・・。折れてはいるものの、そのまま捨てるのももったいない。しかし、しっかりした修理をすると高くついてしまう。自分で簡単に修理(リペア)できないかと考え、ちょっと実践してみたら、まずまずの出来に仕上がりましたので、報告したいと思います。

 なお、あくまでも素人のお手軽修理法ということで、厳密に元通りの性能が発揮できる保証はありません。補強に金属棒を使うので、耐久性が劣る可能性も大です。「折れてしまったロッドを、そのまま捨ててしまうよりはマシ」程度に考えてください。

きちんと修理したい場合は、専門のショップ(ネットで検索したら載ってました)に相談してください。

~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~

ルアーロッドの修理、ダブリクリップ、ペンチで伸ばした把手(金属棒)(1) 用意するものは、ダブルクリップ1個とアロンアルファ(瞬間接着剤)、ペンチまたはプライヤー2個。

(2) 最初に、ダブルクリップの把手を外します。次に、ペンチ(またはプライヤー)2本を使って、把手をまっすぐに伸ばします。この金属棒、折れたロッドの中空になったところに差し込むものなので、ダブクリの把手でなくてもOKです。たまたま机の引き出しにあって、太さと強度が丁度良さそうなので、これにしました。ホームセンターで、適当な強度の金属棒(太さは、折れた部分のロッドに挿せるサイズ)があればベストです。なるべくなら、ロッド素材の強度と同じものがいいと思います。金属棒はちょっと固すぎですね(細めのピアノ線とかいいかもしれません)。まっすぐに伸ばしたら、長さが、4~5センチ程になるよう、ペンチで両端をカットします。

(3) 次に、金属棒の半分の長さ(2センチ)にアロンアルファを塗って、折れたロッドの片方の中空になったところに差し込みます。しばらくして、乾燥したら、残った半分にも同様にアロンアルファを塗って、残りのロッドを差し込みます。

(4) 継ぎ目がしっかりとするよう、表面にアロンアルファを3重に重ね塗りしました。アロンアルファは乾燥すると白くなって、目立ってしまうので、乾燥後に、黒マジック(竿と同じ色)を塗って出来上がりです。

~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~

折れた部分を修理したルアーロッド  ロッド自体が、安価で重めだったせいか、金属棒が入っていても、あまり違和感はありません。ロッドの先端を持って、しならせてみても、素人目には、ほぼ普通の状態に見えます。

 金属棒の端とロッドの継ぎ目に、負荷がかかった時の強度&耐久性が心配ですが、あくまで新品の竿が来るまでのピンチヒッターとして、長男に使ってもらう予定です。

  その後は、思い出の品として、長男が大事に保管すると言ってました(^_^)。まー、折れたままより、元の形に戻っていた方が保管しておくにも気持ちいいでしょうから、少しは役立ったようです。

〔備考〕  これから修理しようとする方は、あくまで自己責任の上、チャレンジしてくださいね。よろしくお願いしまーーす。

【追伸】 2007年2月4日

 その後、5回程の釣行にこのロッドを使っていて、問題なかったのですが、2007年2月4日、海ルアーで根がかりした時に、少し強くロッドをあおったら、第2ガイドの上でポキンと折れてしまいました。修理したところではなかったので、ロッド自体が傷んでいたようです。
  トップがなくなってしまいましたが、固さ&長さが、海ルアー(メバリング)にちょうどよくなったので、引き続き使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

カレーショップ フジ(宇都宮市)

カレーショップ フジ  ランチに、宇都宮市内のカレー店の老舗「カレーショップ フジ」に行ってきました。


 よっしーが小学生の頃(今から、30年程前)からある店。当時、近所の友達のお母さんがこの店で働いていたので、母と一緒に来て、カレーを食べたのを覚えています。ちなみに、創業39年だそうです。


 店に入ると、席に空席はほとんどないほど賑わっていて、一番奥の席に案内されました。


 お腹が空いていたので、今日は、ボリュームのある「カツカレー(サラダ付、730円)」です。

カレーショップ フジのカツカレー 熱々のカツの上に、ベーシックなビーフ味のカレーがかけてあります。ご飯とカレーとカツ、そして上にかけてあるソースの味が、よく合っています。

 小学生時代にも同じカレーを食べていたんだなーと懐かしく思いながら、美味しくただきました。


 カレーショップ フジの連絡先は、住所: 宇都宮市江野町1-8、TEL: 028-634-8361です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

長男と丸沼釣行(2006/10/9)

丸沼   2006年10月9日(月)、長男と丸沼に行ってきました。

 午前6時、丸沼着。天気は晴、朝のうち時々やや強い風が吹いていましたが、正午頃には、風も弱くなり、絶好の行楽日和。正午過ぎには、湖畔に観光客の姿が目立ちました。

   今日は、ボートは使わず、一日陸っぱりでの挑戦です。もちろん、ビックサイズのレインボートラウト狙いです。

 早朝(午前6時)の丸沼の水温は17~18度。流入している川の水温が冷たいので、計ってみると、なんと10度。

 流れ込みにポイントを絞り、ルアー(スピナー)のキャストを始めると、3投目にバイト。30センチクラスのニジマスのようです。寄せてきて、長男にランディングネットですくってもらうとしたら、目の前でバレてしまいました。うーーーん残念(^_^)。

  その後は、反応なしが続きます。長男は、バイトもないので、ルアーのキャストに疲れて、ぼーっとすることが多くなってきました。

 ポイントを変え、15時30分頃に、再度、よっしーが、同様のサイズをバラシ。レインボーのようでした。

  午後5時までは、バイトもなく、終了。結局、ゲットしたのは、小さなウグイ1匹だけ。

  近くの餌釣りの人が、30センチサイズのニジマスを時々釣り上げていました。また、午後5時過ぎ、ボートから降りてきたルアーマンが、5匹程(30センチクラス)キープしていたので、舟釣りも、まずまずだったようです。

 丸沼へのチャレンジは、まだまだ続きます。

  あと、これから丸沼に行かれる方は、朝と夕方、かなり冷え込むので注意してください。ダウンジャケットでちょうどいい感じでした。

【本日の釣果】バラシ2(30センチサイズのレインボー)、ウグイ1匹

【おまけ】

  紅葉は、先週の風で、緑の葉のうちに落葉してしまった様子。まだ始まったばかりなのですが(来週あたりが見頃)、今年の紅葉は、ちょっと望み薄かもしれません。

 本日、ベイトタックル初デビュー。2~3回キャスト後、お決まりのバックラッシュ。ブレーキの効かせ方が弱かったようです。重いルアーが安心してキャストできるのはありがたいことです。しかし、途中から、キャストの練習する余裕はなくなり、いつものスピニングでひたすら、投げまくっていました(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

みどりフィッシングエリアでニジマス10匹(2006/10/7)

みどりフィッシングエリア   2006年10月7日(土)、三連休の初日、長男のルアーフィッシングの練習のため、みどりフィッシングエリア(栃木県大田原市)に行ってきました。よっしーは、釣らず、完全なサポート役。


  午前7時30分に現地入り。強い西風のせいか、思ったほど釣り人はいません。


  ルアーは、マイクロスプーン(2グラム)からスタート。


ニジマスを釣り上げている長男   10分後、幸先よく、アカキンのスプーンで、ニジマス(25センチ)をゲット。ボウズを逃れ、一安心(^_^)。


  周囲のルアーマンは、マイクロスプーンやクランクの人が多いようです。


  その後も、30~40分に1匹の割合で釣り上げ、午後2時30分の終了までに、10匹のニジマスを釣り上げました。最大は36センチ。40センチオーバーを目指していたのですが、そう思っているように、簡単にはいきませんね。


  ヒットルアーは、マイクロスプーン、スプーン(4グラム)、クランク(SSR)、シケイダーでした。

ニジマス(30センチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

ベイトリール「アブ アンバサダー4601 C3」を購入

アブ アンバサダー4601 C3  2007年のシーズン、鬼怒川本流、中禅寺湖、丸沼で、ヘビー級のルアーをジャンジャン投げて、大型トラウト(鬼怒川本流スーパーヤマメ)をゲットするぞ! いうことで、ただいま、よっしーのベイトタックル計画進行中です。

 今日、その第一弾として、ヤフオクで、ベイトリール〔アブ アンバサダー(Abu Garcia ambassadeur) 4601 C3〕を購入。

  近いうちにベイトロッド、続いてヘビー級ルアーを揃えていく予定です。

  新しい道具を揃えていく時って、ワクワクして楽しいんですよねーー。

 「そんなハードなタックルで釣れるの?」なんて、職場の釣り好き同僚の声にも耳も貸さず、突き進んでいっちゃいまーーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

どる屋「栃木の鮎香りねぎらーめん」

どる屋・鮎らーめんの鮎   2006年9月25日(月)、今年最後の「鮎らーめん」を食べに、どる屋(栃木県宇都宮市)に行ってきました。


    店に入ると、カウンターに、「鮎」が3匹並べられていて、いい感じです(普段は、鯛だしなので「鯛」が置いてあります)。


   鮎らーめんの時は、写真のメニューのとおり、通常のメニューはありません。


どる屋・鮎らーめん・メニュー  今日は、「栃木の鮎香りねぎらーめん」の焼き豚1枚入り(750円)の醬油味(大盛り)にしました。


 麺とスープは、いつもの「固め、普通」。


   鮎らーめんの時は、塩味ばかりだったのですが、今日は醬油味。


   塩も美味しいのですが、醬油は、鮎だし味のスープがとてもまろやかです。


 大田原市の白美人ねぎ(はくびじんねぎ)もシャキシャキしていて、固めの麺やスープとよく合ってました。


 スープも飲み干して、ごちそうさまーーー(^_^)。


どる屋・鮎らーめん   らあめん厨房どる屋の連絡先は、栃木県宇都宮市中央2-8-6、電話028-649-5917。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

初バス in多田羅沼(栃木県市貝町)(2006/9/30)★

 2006年9月30日(土)、長男と一緒に管釣りに行く予定だったのですが、前日飲み過ぎて、思いっきり寝坊(^_^;)。

  管釣りを諦め、長男とキャスティングの練習&バス狙いで、多田羅沼(たたらぬま、栃木県市貝町)に行ってきました。

 午後1時に多田羅沼到着。釣り人はいません。 一番奥のキャスティングしやすいところで、長男にルアーのキャスティングをコーチ。長男もだいぶルアーに馴れてきましたが、まだまだです。

 練習が一段落してから、分かれて、自由に釣ることに・・・。

 実は、よっしーにとって、これが生まれて初めてのバスフィッシングになります。

 木が水面に覆い被さっている場所や水草の周りに、ペンシルベイトをキャストし、ドッグウォーキング&スケーティング。ポイントを変えながら釣り歩きました。 このボサ回りへのキャスティングは、今年の夏、渓流でさんざん鍛えたので、まずまずの感じでキャストできます。

 しばらくして、水草の周りをドッグウォークさせてくると、いきなり、バシャっと水面が割れてヒット。豪快です。今でも、バイトした時のシーンが、目に焼きついています。

ブラックバス in多田羅沼(栃木県市貝町)  岸に寄せてくると、30センチサイズのブラックバス

 長男を呼んで、バスを持たせて記念撮影。 長男は、バスに初めて出会って、ニコニコしながら、「すごく大きな口だねーー。小さい歯がエラの内側まで付いていたよーー。」と喜んでました。

  夕方、長男を病院に連れて行かなくてはならないので、午後2時には終了し家路に着きました。

 しかし、今回のトップでの釣りって、本当にスリル満点でした(^_^)。「バシャッ」とルアーに襲いかかる瞬間が見えるんですから・・・。
 バスフィッシングに、はまる人の気持ちがよく分かりました。

【今日の釣果】ブラックバス1匹(30センチ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »