« りんご狩り(栃木県矢板市長井、渡辺りんご園) | トップページ | 丸沼で50センチオーバーのニジマスをルアーでゲット(2006/11/19)★ »

2006年11月18日 (土)

汚れたルアーをピカールで磨いて復活!

ピカール  ルアー、特にスプーンやスピナーは、しばらく使っていると、うっすらと汚れてきて、そのうち徐々に小さなサビが浮いてきます。汚れて、輝きが落ちてくると、釣れそうな気がしなくなるので、小さなサビも進行しがち。

 使った後、全てのルアーの汚れを丁寧に拭き取っておけば、長持ちするのは分かっていますが、ちょっと億劫で、せいぜい乾燥させるぐらい。

 汚れたルアーを復活させる修理(リペア)法はないかと考えていて、思いついたのが、ピカール(金属磨き)で磨くこと。

 昔、バイクを磨くのに使っていた、ピカールで磨き上げるのです。早速、近くのホームセンターで買ってきました(値段は258円)。

 乾いた布にピカールを少し付けて、ブルーのアワビ張のスプーンの裏側を磨いたところ、汚れが見る見るうちに落ちて、元の輝きを取り戻しました。御覧のとおり完全復活です。

 表面はあまり磨くと良くないと思い、少し擦っただけ。それでも、輝きが違う感じです。

ピカールで磨く前のスプーン 汚れていたスプーン、スピナー(ブレード)を15個ほど出してきて、磨き上げました。

 磨いていて、気になったことが、いくつかあります。

○ 小さな錆びは取れますが、錆びが大きくなると取れません。そんな時は、カッターの刃なんかで、錆びをざっと落してから磨くと綺麗に磨けました。それでも落ちない酷い錆びは諦めるしかないかも・・・。

○ 金色のスプーンに多いのですが、銀色の材質のものに、薄く金色のメッキを施したものがあります。ピカールで磨くと、金色のメッキが剥げて、銀色になってしまいます。材質が銀色か金色か見分けるのには、まずは、ルアーの隅をピカールで磨いてみて、色が変化するか確認してから、本格的に磨いた方がいいでしょう。ただ、汚れた金色メッキのままよりは、ピカピカのシルバーの方が良いという方は、一気に磨いて、銀色のルアーにしちゃっうのもありかも。よっしーは、何個かのルアーの裏側を、ゴールドからシルバーに変えてしまいました(^_^;)。

ピカールで磨いた後のスプーン ○ メッキではなく、薄くコーティングが施してあるスプーンもありました。このコーティングは、少しずつしか取れません。よっしーの場合、1個ありましたが、酷い汚れを取っただけにしました。コーティングが付いているところと取れてしまったところが、まだらになってしまいました。

○ メッキ、コーティングをピカールで取ってしまうため、恐らくルアーは、サピに弱くなっていると思われます。長く使うためには、こまめにチェックし、時々、磨いて、サビの拡大を防いでください。

|

« りんご狩り(栃木県矢板市長井、渡辺りんご園) | トップページ | 丸沼で50センチオーバーのニジマスをルアーでゲット(2006/11/19)★ »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/12727367

この記事へのトラックバック一覧です: 汚れたルアーをピカールで磨いて復活!:

« りんご狩り(栃木県矢板市長井、渡辺りんご園) | トップページ | 丸沼で50センチオーバーのニジマスをルアーでゲット(2006/11/19)★ »