« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の13件の記事

2006年12月31日 (日)

アブ ガルシア カーディナル302Mを購入

「アブ ガルシア カーディナル302M(Abu Garcia cardinal 302M)」   久しぶりに、宇都宮市内のある釣具店に行ったら、新品のスピニングリールの「アブ ガルシア カーディナル302M(Abu Garcia cardinal 302M)」が、3,717円で売ってるのを発見。この価格でスペアスプールが付いています。超お買い得商品。

 どうしよーかなーーー、なんて思いながら、ルアーコーナーをのぞいていると・・・、横から「どーもー」の声。誰かなーと振り向いたら、なんと黄鮒さんでした(^_^)。

 東古屋湖の話とか、少し雑談した後、

よっしー
 「アブのカーディナルが売っているんだけど・・・」。

黄鮒さん
 「このリールいいですよ。私も使っているけど、鬼怒川本流は十分いけます。新型だし。」

 その後、黄鮒さんと別れてから、ルアーを物色しながら、少し考え・・・・・、やっぱり買っちゃいました。

 8lbのナイロンラインを巻いて、来シーズンの鬼怒川本流、中禅寺湖、丸沼に使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

今日の東古屋湖(2006/12/29)

 2006年12月29日(金)、無料開放・初日の東古屋湖(栃木県塩谷町)に行ってきました。

東古屋湖  宇都宮から、東古屋湖に向かう途中、車から見える、男体山や鶏頂山は、冬型の気圧配置の影響で、雪雲がかかっています。山はかなりふぶいているようです。

  東古屋湖に13時30分着。

 風花が混じった、もの凄い風。水は濁っていて、波しぶきが立っています。そんな中、ルアーや餌釣りをしている人がポツリポツリ。どう見ても、釣れる気配なし(^_^;)。

  せっかくだからと、スプーンを投げてみます。時々、強く吹く風で立っているのもやっとの有り様。

雪の東古屋湖   14時頃になると、雪雲がかかり始め、もの凄い、横殴りの強風と吹雪になり、釣りを諦めました。

  流れ込みの水は、濁っていないので、一昨日の大雨と強風によるフォールターンオーバーで、水が混ざって濁ってしまったのでしょう。これじゃ、魚の活性は上がりません。

  禁漁前のせっかくの無料開放日なのですが、大晦日あたりに釣りになるかどうか・・・って感じです。

  無料開放日のお約束、ゴミ拾いをして、帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

北風正高商店(愛媛県双海町)の「ちりめん&いりこ」

北風正高商店(愛媛県双海町)の「ちりめん&いりこ」  愛媛県松山市の親戚から、「ちりめん」と「いりこ」が届きました。

 いつもの伊予市双海町の北風正高商店のもの。ダンボールに何袋も詰め込まれてます。子ども達も大喜び、早速、パクついてます。

 ちなみに、愛媛県双海町って、瀬戸内海に沈む夕日が見られることで有名なところ。「夕日コンテスト」なんていう写真コンテストも開かれています。

北風正高商店(愛媛県双海町)の「ちりめん&いりこ」 もちろん、海もきれい。そんなところで捕れた小魚を、さっと湯がいて、干してできたのが、この「ちりめん」と「いりこ」。

 よっしーは、これまで、2回程、北風正高商店に行ったことがあります。

 店の中には、大きな箱に入った様々な種類や大きさの「ちりめん」と「いりこ」が並んでいて量り売り。気に入ったものを選んで購入します。

 確か、以前行った時に写真を撮ったことを思い出し、デジカメ写真を保存しているDVDを探していたら、2年前の夏に行った時の写真がでてきました。店の感じが分かるでしょうか。

北風正高商店(愛媛県双海町)の「ちりめん&いりこ」 愛媛の親戚宅に行くと、夕食時、必ずこの「ちりめん」を手でつまんで食べながら、「まずは、ビール」。

 「ちりめん」の少ししなっとした食感と、口の中に広がる「旨味と程良い塩味」。ビールのツマミに最高です。



北風正高商店(愛媛県双海町)の「ちりめん&いりこ」  今日も、早速、一杯やらせてもらいました(^_^)。

 北風正高商店の連絡先は 愛媛県伊予市双海町上灘5841-1、電話 089-986-0312。地方発送も受け付けているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

ルアーで54センチのニジマス in東古屋湖(2006/12/24)★

東古屋湖  2006年12月24日(日)、東古屋湖(栃木県塩谷町)に行ってきました。

  長男と一緒に行くはずだったのですが、風邪をひいてしまったため、よっしー一人での釣行。今年(2006年)、東古屋湖は3回目のチャレンジです。

  天候は晴、北西~南から吹く風が、時々強く吹いています。水温8度。

  午前9時スタート。陸っぱりです。

 事務所前の放流地点(事務所前の西側の岸)では、ルアーマンが数名いて、30センチサイズのニジマスを頻繁に釣り上げていますが、そこには行かず、まずは、ブラウントラウト狙い。岸際を攻めますが、反応ありません。

 午前10時過ぎに、ブラウンを諦め、事務所前に移動。放流地点からは少し離れているので、陸っぱりの釣り人は2名程。

 スプーン(黒金、7グラム)をキャストし、カウントダウン。表層から徐々に、ルアーの泳層を下げていきます。

 6~7投目ぐらいの時、かなり深いところから、リトリーブしてくると、待望のヒット!

54センチのニジマス in東古屋湖  湖の底の方で、ヘッドシェイクを繰り返しています。

 ラインはナイロン8ポンド、スピニングタックル。ドラグがギー、ギーと鳴ります。慌てて、緩めだったドラグを調整しながら寄せます。かなりの重量感。

 暴れつつも、水面に浮き上がってきた白い魚体は、ビックサイズのニジマス(レインボートラウト)。これが東古屋湖名物のスーパーレインボーかと思いながら、岸に寄せます。

 水際で最後の抵抗をしましたが、なんとかネットイン。

 ビトンビトンと、少し暴れると魚体がネットから飛び出てしまうので、落ち着いて写真が撮れません(早く、大きなサイズのネットを購入します)。

54センチのニジマス in東古屋湖  何とか、写真撮影。体調を計ってみると54センチ。60センチオーバーとはいきませんでしたが、東古屋湖、3回目にして、50オーバーのニジマスを釣ることができました\(^_^)/。

 今日はクリスマスイブ。この1年、ボウズにめげず、鬼怒川本流に通ったよっしーへの、サンタのプレゼントなのでしょうか?(^_^;)

 その後、5~18グラムの様々なスプーンをローテーション。午前中は、3回程バイトはありましたが、コツッ、ブルッという感じ。かかりが浅く、フッキングしません。 

 周囲では、小さめのスプーンを使っているルアーマンが、時々30センチサイズのニジマスを釣り上げてました。

 午後は全く音沙汰なし。午後4時に終了。

 東古屋湖、3度の正直で、グッドサイズのニジマスに初めて会うことができて、満足の一日でした。

 12月29日~31日の3日間は、東古屋湖は無料開放(ゴミ拾いが条件)だそうです(1月から禁漁)。

 長男の体調が回復していれば、あと1回ぐらい行ってみようと思います。

【今日の釣果】 ニジマス1匹(54センチ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

今時の小学5年生女子のクリスマスプレゼント(2006年)

 小学5年の長女には、去年のクリスマスの前、つまり小学4年生の時に、サンタは親であることを教えました

 長女は、クラスの中で、何でも知っていることで通っているそうなので、早めに教えてあげた方がいいかなーと思って・・・。

 今年は、そんな訳で、既にクリスマスプレゼントを買ってあげてます。

長女(小5)へのクリスマスプレゼント・KAT-TUNのシングル・僕らの街で  「美脚ジーンズ」と「KAT-TUNのシングル・僕らの街で」。

 小学5年で、美脚ジーンズはないだろうと思ったのですが、FKD(福田屋)に行った時に、とても気に入ったそうで、妻が買ってあげました。

  翌日から、喜んで学校へ着ていってますcoldsweats01

  KAT-TUNのシングル「僕らの街で」は、先週終了したドラマ「たった一つの恋」の主題歌。

 こちらも「小学5年生が見るテレビじゃないし、そのうち飽きちゃうかも?」なんて思っていましたが、結局、長女は、全ての放送を見てましたcoldsweats01

 クラスでも、「たった一つの恋」は女子の間で話題だったそうです。

 ここ数日、長女が、「僕らの街で」のCDを、いつも流しているので、耳にこびりついてしまいました。

 なんか懐かしいメロディだなーーと思ったら、作詩・作曲が小田和正だそうです。納得。

  少しほっとしたのは、長女が交換日記をやっている5人の女の子グループのうち3人は、まだ、サンタを信じていること。

 今となっては、後の祭ですが、少し教えるのが、早かったかなーーと、ちょっと後悔しています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月21日 (木)

タックルベリー神田南口店

タックルベリー神田南口店の地図  オールド・ベーシックスプーンを求め、休日に、はるばる東京まで出かけてきました。

 東京の釣り具店はあまり詳しくないので、今回は、事前にHPで調べた上野駅近辺の店を回ることにしました。

 最初に訪れたのは、JR神田駅南口にある、「タックルベリー 神田南口店」。

 店の床面積が少ないためか、思った程、中古ルアーがありません。宇都宮店の方が品揃えは豊富な感じです。

 せっかく来たので、中古ルアーコーナーを物色してみると・・・。

 お目当てのオールド・ベーシックスプーンはありません。

タックルベリー神田南口店で購入したメタルジグ  しばらくして、目にとまったのは、ホプキンスのメタルジグ。まだ、メタルジグでトラウトを釣ったことはありませんが、ベイトタックルになってから、重いルアーを派手に遠投したいと衝動にかられること度々なので、釣れるかどうかは二の次で、ミノー2個とともに買いました。

 次は、以前も行ったことのあるJR御徒町駅近くの「トラウト・アイランド」です。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

らーめん厨房・どる屋「鶏とごぼうの秋の麺」

 昼休みに、久しぶりに、「らーめん厨房 どる屋(栃木県宇都宮市)」に行ってきました。

らーめん厨房・どる屋「鶏とごぼうの秋の麺」  並んでいる時に、店の前にあるチラシを見ると、「鶏とごぼうの秋の麺(750円)」が始まってます。

  店内に入って、早速、その「鶏とごぼうの秋の麺」の大盛り、麺はいつもの固め、スープの油の濃さは普通で注文。

  塩味のスープに、きざんだトウガラシが少し入っていて、ちょっとピリッとします。その上に、鶏肉、ごぼう、白美人ねぎ、煮卵。固めの細麺とともに、美味しくいただきました。

  どる屋の冬と言えば、「ねぎにらのラーメン」。このメニューが登場するのは、年明けからだそうです。

  それから、チラシに、10月に開かれた「ふるさと栃木フェア」というイベントで、どる屋が出した「栃木の鮎らーめん」が「うまいもの大賞」を受賞したことが書いてありました。

 鮎らーめん、美味しいですからねーー(※「鮎らーめん」の店での提供は、今年は終了。再登場は、来年5月)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

東古屋湖、ルアーでニジマス(34センチ)(2006/12/16)★

  2006年12月16日(土)、黄鮒さん、よっしー、よっしーの長男の3人で東古屋湖(栃木県塩谷町)に行ってきました。

  天気は、晴時々曇り。12月中旬とは思えないような暖かい日。東古屋湖は、11月上旬以来ですが、かなり水位が増えてます。

 午前9時からスタート。陸っぱりです。

  最初にバイトがあったのは黄鮒さん。けど、掛かりが浅くて、バレてしまったそうです。うーーん、残念。

  次にポイントを移動。ここで、よっしーが、大チョンボをやらかしました。

  何とスピニングロッドで、ルアーをキャストした時に、誤って、後ろに立てかけておいたベイトロッド&リール(先日、購入したばかりの「アブ アンバサダー4601C ガンナー」)を引っかけて、目の前(5メートル)の水中に落してしまいました。

 水中に沈んでいくロッド&リール。見たくない光景です。やがて、水中のロッドは全く見えなくなりました。

 沈んでいった付近の水中からは、小さな泡がプクプクと出ています。おそらく、ベイトリールから出ているのでしょう。沈んだ場所は、岸から5メートル程。水深は2~3メートル。

 いやー、参りました(^_^;)。

  お昼前だったので、落ち着くため、昼食にすることに・・・。

アンカーで救出したロッド&リール 昼食後、よっしーは、「マス釣りならぬ、ロッド&リール釣り」をすることに・・・(^_^;)。

 管理事務所で、ロープとアンカーを借りて、水中にアンカーに投げ入れること3回。ロッドがアンカーに掛かり、コルクグリップが見えた時は、大物を釣り上げた気分でした。良かったーー、助かったーー\(^_^)/。道具を貸してくれた管理事務所の方に感謝です。

 午後1時30分から、ようやく、黄鮒さんと長男に合流し、釣りを再開。

 さーーて、釣ろうかなと思ったら、長男の「釣れたよー」の声。黄鮒さんがニジマス(30センチサイズ)、ゲットです。綺麗なヒレのニジマスでした。ルアーはスプーン。さすがです。

ニジマス(34センチ) しばらくして、午後2時過ぎ、今度は、よっしーです。ニジマス、34センチ。7グラムのスプーンでした。

 さらに、続いて、黄鮒さんに、30センチサイズのニジマス。長男がランディングネットですくおうとした瞬間、残念ながら、バレてしまいました。写真は、バレる直前のもの。

黄鮒さんをサポートする長男
 その後はバイトも遠のき、午後5時に終了。

  周囲の状況ですが、餌釣りの人が一番多かったのですが、時々大物も混じって、いい感じでした。

 それと、ボートでフライをやっていた方が、時々、大物を釣り上げているのが目立ってましたね。陸っぱりのルアーは、数人いたのですが、あまり釣れている様子はありませんでした。

 今日は、よっしーの「魚釣りではなく、ロッド&リールを釣る」という情けないハプニングで、黄鮒さんには、いろいろ迷惑をかけてしまいましたが、とりあえずニジマス1匹釣ることができて、楽しくかつ思い出深い週末を過ごすことができました。

 東古屋湖の禁漁は1月から。

 黄鮒さんに刺激を受けて、ボウズだった長男が釣る気満々になっているので、12月中にもう1回ぐらい行ってみようと思います。

【本日の釣果】 ニジマス1匹(34センチ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

アブ ガルシア アンバサダー4601c ガンナーを購入

アブ ガルシア アンバサダー 4601c ガンナー(Abu Garcia ambassadeur 4601c Gunnar)   宇都宮市内の中古釣具店に、長男のクリスマスプレゼントを買いに行った時、同じ棚にあった「アブ ガルシア アンバサダー 4601c ガンナー(Abu Garcia ambassadeur 4601c Gunnar)」に目が止まりました。

 小さな傷がある中古。左ハンドル、値段は4,980円。ちょっと高いかなーーと思ったのですが、予備のベイトリールが欲しかったので、長男とリールと一緒に、カゴに入れてしまいました(^_^;)。

 どうもカメラの時もそうですが、腕前より先に、道具収集が先行してしまう癖は、中々なおらないようです(^_^;)。

【後日談】

 鬼怒川で、リールのテストをしてきました。キャストすると、スプールから、少し大きめの音がします。飛距離は、問題ありません。まー、中古なので、仕方ないとは言え・・・、やや「しまった」って感じです(^_^;)。

 分解・調整できないかネットで調べてみたのですが、アブガルシア・ベイトリールのスプールからの異音に関する記事は少なく、ちょっと自分の手に負えそうにありません。

 うーーーん、なんかいい方法はないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月10日 (日)

一足早いクリスマスプレゼント「ベイトリール・キャスプロ(リョービ)」

 11月下旬のある日のよっしー家での会話。

 よっしー「今年のクリスマスプレゼント、何がほしい?」

 長男「ベイトリールがほしいんだけど・・・、使い方難しいんでしょう? 値段も高そうだし、無理だよねーー。」

 よっしー
「使い方は練習すれば大丈夫だよ。まー、値段は、新品だと無理だけど、中古ならあるかもね。今度探しておくよ。」

RYOBI(リョービ)の「Caspro(キャスプロ) METAL T300L」  という訳で、長男(中学1年)に、クリスマスプレゼントに、ベイトタックルを買ってあげることになり、先日、宇都宮市内の中古釣具店に行くと・・・、ありました、ありました。

 RYOBI(リョービ)の「Caspro(キャスプロ) METAL T300L」が3,980円。ツインブレーキ、ピッチングレバー付き。ギヤ比6.2、ボールベアリング6個、糸巻量12lb・100メートル。

  まー、この値段なら、プレゼントにしても、いいだろうということで、中古のシマノのベイトロッド「BASS ONE XT 1581-2、SHIMANO(1,500円)」とセットで、クリスマスプレゼントにしました。

 今度、うまくキャスティングできるよう、練習に連れていってあげようと思います。

【後日談】

 早速、よっしー一人で、このたタックルのテストに、鬼怒川に行ってきました。ルアーの代わりに付けた7グラムのオモリ、狙ったポイントに、かなり正確にキャストできます。

 あまりに使いやすいのにびっくり。ロッドの柔らかさとリールがマッチしているようです。長男用にするのが勿体なくなりました(^_^;)。

 スプールコントロールネジは、クラッチを切った後、オモリが徐々に落ちる程度に調整。何回か試した感じでは、ブレーキ調整ダイヤルは、レベル3が丁度いい感じでした。シューーーーと音を立てて、目標にオモリが飛んでいくのは爽快です。

 ちなみに、レベル0でキャストしたら、とんでもないバックラシュになりました(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年12月 9日 (土)

雑誌、Troutist(トラウティスト)、vol16「特集・スプーンと、大物と」

雑誌、Troutist(トラウティスト)、vol16「特集・スプーンと、大物と」  釣りの雑誌は、最近は、書店で立ち読みする程度で、あまり買わないのですが、「特集、スプーンと、大物と」というタイトルに、思わず目を奪われて、「Troutist(トラウティスト)、vol16」を買ってしまいました(なんと1,800円!)。

 今シーズンの丸沼で、スプーンの底力を知り、もっともいろいろなスプーンを使ってみたいと思っていたところだったので、まさにグッドタイミングの企画。よっしーが雑誌にリアクションバイトしたって感じ(^_^;)。

 特に興味があったのが、オールド&ベーシックなスプーン。今回の特集では、これらスプーンの特徴が詳しく解説してあります。

 外国産では、「アブ」のトビーに始まり、「パラバン」のサラマンダーやバッハスペシャル、「エッピンガー」のダーデブル、「ルブレックス」のオーラック、オークラ、クサモン、さらに国産では、テッペンスプーン、クルセイダー、チヌーク、プリスプーンなどが、きれいな写真とともに紹介されています。

 この記事を読んで、トビーとバッハスペシャルがとても欲しくなりました。

 外国産のルアーの新品は、宇都宮市内の釣具店には、並んでいないので、まずは、中古釣具店で探してみようと思います(それともヤフオクか?)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

ともなりそば処・信生庵(栃木県矢板市)

ともなりそば処・信生庵(栃木県矢板市)  矢板市への出張の帰り、矢板市の川崎城址公園にある、ともなりそば処・信生庵(しんじょうあん、栃木県矢板市)で昼食。

 いつも、ここでは、「ひたしそば」(750円、温かい汁に、冷たいそばと天ぷらを付けて食べる)」を頼むことが多いのですが、今日はさっぱり食べたかったので「だいこんそば」(650円)にしました。

 もりそばに、細かく切ったダイコンが載っているもので、ダイコンとそばを適当に混ぜながら食べるもの。ダイコンのしゃりしゃり感とともに、そばの美味しさが楽しめます。

ともなりそば処・信生庵(栃木県矢板市)・だいこんそば そばは、もちろん地粉。公園内にあるので駐車場も広くて便利です。

 最初に行かれる方は、まずは、「ひたしそば」(ボリュームが欲しい方は、大盛りの「大ひたしそば」)を食べてみてください。

 ともなりそば処・信生庵の連絡先は、栃木県矢板市川崎反町59-1、電話0287-43-4466(定休日・火曜日)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ペンシルベイト「CHICO BOCA(チカ ボッカ)」

 ぶらっと宇都宮市内の中古釣り具店に行ってきました。

 何か掘り出し物ないかなーと、ルアーコーナーを覗いていると、一番下の目立たない所に、大きめのペンシルベイトが下がっています。

 良く見ると、口のところに赤の溝があります。

 もしやと思い、手に取ってみると、背中に「CHICO BOCA(チカ ボッカ)」のロゴ。

ペンシルベイト「CHICO BOCA(チカ ボッカ)」   新品を注文する程ではありませんが、雑誌なんかで見て、気になるルアーってありませんか。この「チカ ボッカ」、よっしーにとってのまさにそれ。

  カップ部の形状、特に赤く切れ込んだスリット。イワシの干物を彷彿させるスタイルが頭の片隅にいつもこびりついていました。

 気になっていたものに、やっとめぐり合えた時の嬉しいことといったらありません。中古なので、たったの250円。もちろん即買いです。

  自宅に戻り、大きさを計ってみたら10センチ、重さは15グラム。

  本棚から引っ張り出してきた雑誌には、「このペンシルベイト、水平からやや尻下がり。ただ巻きでは、ヨロヨロ泳ぎ、アクションを加えると、カップ部の特徴から、スプラッシュしながら、ドックウォークしてアピール。北海道で、トラウト・フィッシングで使われている。」なーーんて書いてありました。

  「ところで、よっしーさん。買ったはいいけど、栃木で、何をターゲットにチカ・ボッカを使うの? 」って声が聞こえてきそうです。

 答えは「・・・・・・(^_^;)」。

 そういう物ってあるじゃないですかーーー。ただ欲しくなるものって。

 まー、飾っておく程でもないので、来年、中禅寺湖あたりで使ってみようと思います。

 2007年の4月の中禅寺湖で、ベイトタックルで「チカ・ボッカ」を投げているルアーマンを見つけたら、声かけてみてください(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »