« スーパーブッシュ(SUPER BUSH) | トップページ | 宇都宮市立スケートセンターで初滑り »

2007年1月26日 (金)

北那須・白河フォレスト・スプリングス釣行(2007/1/25)

北那須・白河フォレスト・スプリングス 【日時】 2007年1月25日(木) 7時~17時

【場所】北那須・白河フォレスト・スプリングス(福島県西白河郡西郷村金子石16、TEL0248-25-3535)

【水温】4℃(計測しそびれたため、HPに掲載されていた当日の水温を転記)

【天候】晴時々曇り

【風向】北東の風、時々強く吹いてました。

【釣果】 計6匹、レインボートラウト(ニジマス)5匹(35cm~45cm)、ブラウントラウト1匹(30cm)

【タックル】 スピニングタックル(ロッド:7'9"、リール:ダイワ1500、ライン:ナイロン6lbクリア、ルアー:スプーン(2~7グラム、赤金、オレンジ金、緑金、緑銀等))

【レポート】

 職場の釣り好き同僚が、2月末の芦ノ湖特別解禁に行くと言って、盛り上がっています(よっしーは都合で行けず)。

 その練習のため、平日に休暇を取って、北那須・白河フォレスト・スプリングに行くことになり付き合ってきました。

 よっしーは、なんと2週続けての白河フォレストになります(^_^;)。

 午前7時前に現地着。開場前に来ていた釣り人は5~6人。

ブラウントラウト30センチ(北那須・白河フォレスト・スプリングス) 今日は、サードポンドの流れ込みからのスタートです。

 スプーン(3グラム、赤金)をキャストすると一発でヒット。朝一はさすがに高活性です。

 顔を見せたのはブラウン・トラウト(30cm)。きれいなヒレピン。

 スプーンのカラーは、「赤」&「緑」系が良いようで、赤系では、赤金、オレンジ金、緑系では緑金、緑銀の3~5gに反応があります。

ニジマス45センチ(北那須・白河フォレスト・スプリングス)   御覧のいい顔のレインボー・トラウト(本日最大の45cm)は、オレンジ金、5グラムのスプーンで釣りました。流れの中をスプーンをゆっくり引いてきたらガツンときました。左右に走りましたが、ドラグや竿さばきでいなして、無事ランディング。

  ニジマスの識別が分からないため、ノーマルニジマス/ドナルドソン/スチールヘッド/カムループなのかは不明です。よく走ったところからすると、スチールヘッド(またはカムループ)なのでしょうか・・・。

 流れ込みには、かなりの魚が集まっているようで、他のポイントより釣れてました。

ニジマス45センチ(北那須・白河フォレスト・スプリングス)  午前10時30分には、サードポンドの川沿いの場所で放流。すぐそこに入った2名のルアーマンは、かなりの大物(60センチサイズ)をゲット。

 午前11時過ぎに、待望の50~60cmクラスのレインボーがヒット。しかし、寄せてくる途中に痛恨のバラシ。フックのかかりが浅かったようです。

 正午までに、30~45cmサイズのレインボー・トラウトを5匹とブラウントラウト1匹(30cm)を釣りました。

 正午の時点で、サードポンドで釣っているのは、よっしー含めて7名のほぼ貸し切り状態。

 平日の釣りって、のんびりできて最高ですね。

 そこそこ釣ったので、午後からはファーストポンドに移動することに・・・。

 ファーストポンドには先客6名。

 流れ込み付近やその対岸から、スプーン、ミノーをキャスト。かなりいろいろやってみたのですが、1回ブルッとバイトがあっただけ。

 午後4時に、サードポンドに戻りました。

 こちらの池は、釣り人は皆帰ってしまい誰もいません。

 流れ込みからキャストしますが、今日は、マス達の活性が高くなる気配はなし。

 そんな中、午後4時30分過ぎ、ルアーをやっている同僚が、気合で61cmのレインボーをゲット。ミノーをがっぷりくわえてました。

 午後5時に終了。

 結局、よっしーは、午前中に釣った6匹のみ。全て流れ込み&表層(水面下40~50センチ)。流れ込み以外でも、いろいろとチャレンジしましたが、ほとんど反応なし。かなりシブーい感じでした。

 流れ込み以外で、マイスロスプーン、クランク、ミノーで見事釣り上げている方もいましたが、この時期、流れ込み以外のポイントをルアーで攻略するのは、かなり難しいと思いました。まー、そこが面白いところなのかもしれませんが・・・(^_^;)。

|

« スーパーブッシュ(SUPER BUSH) | トップページ | 宇都宮市立スケートセンターで初滑り »

13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣」カテゴリの記事

コメント

今日は仕事です(苦笑)

いいレインボーですね~
多分、スチール系だと思います。

>流れ込み
確かに魚は多いですよね。
ただ、トラブルも多くて・・・
平日ならいいかもしれません。

>流れ込み以外
何回か行きますと、ポンドの流れや魚の付き場がわかってくると思います。
基本的には、河川流入による「本スジ」付近は魚が絶えずついています。
フローティングプラグなどで大まかな流れは確認したほうがいいです。

>上のポンド
私はこちらの方がわかりやすいと思います。
岩と岩の間が狙い目です。

人が少ないようでしたら、金系のスプーンによるラン&ガンが最も確実だと思います。

投稿: t-fuku | 2007年1月27日 (土) 12時29分

>t-fukuさん

 こんにちは。

 なるほど「流れ込み、土日はトラブル」ですか。ありそうですね(^_^)。
 厳寒の平日だから空いていたのかもしれません。

 金系スプーンのランガンは、今度行った時早速、やってみようと思います。

 コメントとt-fukuさんのブログのおかげで、少しずつ白河FSの攻略法のイメージが分かってきました。

 

投稿: よっしー | 2007年1月28日 (日) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/13668518

この記事へのトラックバック一覧です: 北那須・白河フォレスト・スプリングス釣行(2007/1/25):

« スーパーブッシュ(SUPER BUSH) | トップページ | 宇都宮市立スケートセンターで初滑り »