« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の10件の記事

2007年3月26日 (月)

中禅寺湖の解禁初日に出撃!

アブ・ガルシア・アンバサダー・4601C3   2007年4月1日(日)、いよいよ中禅寺湖が解禁します。

 よっしーは、職場の同僚と一緒に、自身初めてとなる解禁日の釣行にチャレンジ。 前日の午後に現地入りして、まず下見。そのまま立木の駐車場あたりで車中泊。

 午前1時頃に駐車場を出発し、徒歩で山側を奥まで入る予定です。

 装備は、いろいろ悩んだあげく、ターゲットを大型レイクトラウトに絞り、きれいすっぱりスピニングタックルを諦め、ベイトタックル一本。

 ロッドはミディアムライト6'6"のベイトロッド、リールは、アブ・ガルシア・アンバサダー・4601C3、ラインはナイロン16lb、スプーンは7~20グラムまでの様々な種類を揃えました。

 これだけしっかりしたタックルなら、70センチ以上のレイクトラウトがヒットしても、耐えられるのではないでしょうか。

 タックル準備しているだけで、気分は既にデカ・レイク・ゲットモードに突入!

 2006年6月の中禅寺湖特別解禁で初めて釣ったレイクトラウトは41センチ。今回、この記録を思いっきり超えられればなーー、なんて夢を見ています。

 中禅寺湖は、まだまだ寒さが厳しいので、しっかりした防寒対策をしなければなりません。かなりの装備になってしまいますが、年に1度のお祭りですし、気合い入れて行ってこようと思います。

 中禅寺湖の解禁日に行かれるみなさん、お互い大自然の中の豪快なトウラト・フィッシングを思いっきり楽しんできちゃいましょう\(^_^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

栃木SCオフィシャルサポーターズクラブに入りました

 皆さん、「栃木SC」って知ってますか?

 栃木県宇都宮市を本拠地とするサッカークラブ「栃木サッカークラブ(通称:栃木SC(とちぎエスシー)」のこと。

 県内の方は、最近、地元新聞にも活躍が紹介されていることもあって、ご存じの方も多いと思いますが、県外の方には、馴染みがまだ薄いかもしれません。

2007年栃木SCオフィシャルサポーターズクラブ入会案内  パンフレットに記載されていたチームの紹介を引用してみますと・・・、

 「栃木SCは、栃木県を代表するクラブチームとして2000年より日本フットボールリーグ(JFL)に参戦しています。昨シーズンは、18チーム中7位という結果で、リーグ戦を終えました。天皇杯では、チーム初、Jリーグ所属クラブを撃破し、4回戦進出という活躍をしました。今シーズンは悲願のJFL優勝を目指し、髙橋高監督のもと、選手スタッフ『一枚岩』となって目標にチャレンジいたします。」

 よっしーは、サッカー観戦が大好き.4年に1度のワールドカップサッカーなんて、いつも燃え上がってお祭騒ぎ。

 今年から、栃木SCは、JFL優勝を目指して気合い入れるそうなので、そろそろ地元の住民の一人として本格的に応援しようと「2007年栃木SCオフィシャルサポーターズクラブ入会案内」を取り寄せました。

 長男に相談したところ、是非入会したいということで、我が家を代表して、長男が個人会員B(3,000円/年)に入ることに。

 個人会員Bに入ると、会員限定タオルマフラー(写真)とオリジナルスタジアムクッション(携帯座布団です)を第1戦・第2戦の会場で受け取ることができます。

 よっしー家は、1・2戦とも行けそうにないので、着払いで申し込んだところ、すぐにタオルとクッションが届きました。3,000円でタオルとクッションも頂けるなんて、なんか申し訳ない程、お得感たっぷりです。

 これから、栃木県内にJ1チームが誕生することを夢見て、家族で応援しようと思います。

 参考までに、「2007栃木SCオフィシャルサポーターズクラブ」の会員の種類と会員特典は次の通りです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○個人会員A-10,000円、年間パスポート1枚、会員限定タオルマフラー1、オリジナルスタジアムクッション1

○個人会員B- 3,000円、会員限定タオルマフラー1、オリジナルスタジアムクッション1

○団体会員 -30,000円、ホームゲームチケット30枚、会員限定タオルマフラー2、オリジナルスタジアムクッション2

○ジュニア(中学・高校生)-5,000円、年間パスポート1、会員限定タオルマフラー1

○キッズ(小学生以下)-3,000円、年間パスポート1、会員限定タオルマフラー1、特製キッズバッジ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【問い合わせ先】

 株式会社 栃木サッカークラブ 郵便番号320-0024 栃木県宇都宮市栄町1-15 栃木開発センター4F、電話028-600-5555、FAX028-600-5559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

東古屋湖、ボートで完敗!(2007/3/16)

【日時】2007年3月16日(金) 8時~16時

【場所】東古屋湖(栃木県塩谷町)

【天候】曇り後晴

【水温】4~5度

【風】午前中・微風、午後・北西の風やや強い

【釣果】サクラマス2匹(30センチ前後)

【タックル】 スピニングタックル(ロッド:7'9"、リール:アブ・カーディナル302、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スプーン(5~14グラム)等)

【レポート】

 2007年3月16日(金)、休日出勤の代休。

  先日、58センチのニジマスを釣って気をよくしている東古屋湖へ。

  東古屋湖では初めて、ボートフィッシングにチャレンジ。

 今日のターゲットは、もちろん年越しのヒレピン・スーパーレインボー。放流物ではなく、元気なデカマスが釣りたいんです。

 まずは、事務所前。

 大きめレインボーが時々ライズしています。

 これはいけるかとライズ・リングを狙い、スプーンをキャストしますが、反応ありません。

 時間はあるので、まずは、ダムサイト方面へ。

 表層からボトムまで、ルアー(スプーン、ジグ)で攻めますが、これまた無反応。

 徐々に、事務所前、キャンプ場前とボートを進めます。

 先客のボートの多くは、キャンプ場前に集まっています。

 移動中は、手漕ぎトローリング。

 キャンプ場前で、トローリングしていたスプーンのロッドが、グーッとしなりました。一瞬、ドキっとしましたが、リーリングしたら小物.30センチほどのサクラマス(銀毛したヤマメ)。

 キャンプ場前でもトローリングしていたルアーロッドがしなりましたがバラシ。

 今日は、漁協の予定にはなかったのですが、午前10時に、キャンプ場前&事務所前で放流が行われました。

  キャンプ場前の陸っぱりでやっているルアーマンは、かなり頻繁にいいサイズのニジマスを釣り上げています。

  「今日、狙っているヤツはこれではない」と言い聞かせつつも、「ちょっと釣りたいなーーー」と情けない自分が顔を出してきて、気がついたら、キャンプ場付近にボートを止めてスプーンをキャストする自分がいました(^_^;)。

 バイトが頻繁にありますが、しっかりフッキングしません。フックが鈍っているかと交換しても、バラシ連発。手応えは40センチ前後といった感じ。

 1時間程して、「やっぱり俺は、ヒレピン・スーパーレインボー狙いだーーー!」と気を取り直し、キャンプ場対岸から事務所前まで移動しながら、表層からボトムまでスプーンで攻めましたが、30センチサイズのサクラマスを1匹追加しただけ。

 午後3時にボートを降りました。

 その後、キャンプ場前の陸っぱりで再挑戦してみましたが、どういう訳か5回バラシで、敢えなく終了。

 完敗でした(^_^;)。

【今日の釣行を振り返って】

○ 釣れているのは、放流地点(キャンプ場前、事務所前)だけ。年越しのマス達は、どこに行ってしまったのか。水温がまだ低く(4~5度)、活性が高まっていないのかもしれません。

○ 朝の事務所前のライズしていたマスを釣るには、フライで釣るしかないのでしょうか?

○ ボウズを恐れず、作戦・テストを貫徹できる人間になりたいと思っている一方で、それほど強くもないのが本当の自分。
 まー、趣味なので、そこまで追い詰めなくてもーーと言う声が聞こえてきそうですが、理系人間の研究魂が、ムックリと時々顔を出してきてしまいます。
 これを解決するには、ひたすら釣りの経験値&レベルを上げること。引き続き、修行に励みまーーす(^_^)。

○ 2週間後には、いよいよ中禅寺湖が解禁。これからは、鬼怒川本流に通いつつ、湖沼は中禅寺湖がメインフィールドになる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

清流の郷かすお(栃木県鹿沼市)の「もりそば」

清流の郷かすお(栃木県鹿沼市)  栃木県鹿沼市にある「清流の郷かすお(せいりゅうのさとかすお)」に行ってきました。

 この店は、今日が初めてです。

 農産物直売所を入って、店の奥にレストランがあります。

 手前の農産物直売所には、年配の主婦らしきお客さんが4~5人、レストランには、お客さんはいませんでした。平日の午後1時前を少し回って、遅く行ったせいかもしれません。

 午前中、お茶を飲み過ぎたせいか、それほどお腹も空いていなかったので、「もりそば(600円)」にしました。

清流の郷かすお(栃木県鹿沼市)の「もりそば」 そばを持ってきた女性の方に「このそばは、地粉ですか」と聞いたら、「もちろんです.ここはそばの産地ですから」と自信たっぷりにお答えいただきました(^_^)。

 出てきた「そば」は、見た目にもよっしー好み。ピカピカ輝いて、そばの臭いがプンプンしてます。 麺は細く、しかも茹で加減も良く、少し固め。 久しぶりに、シャキシャキっとしたキレのある美味しいそばをいただきました。

 「清流の郷かすお」の連絡先は、栃木県鹿沼市下粕尾1308-1(旧粟野町)、電話0289-83-0012、大越路トンネル北側の県道15号「鹿沼足尾線」のT字路の角です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月13日 (火)

栃木のあゆ、香魚たまり煮「かほり」(懐石 岡崎)

栃木のあゆ、香魚たまり煮「かほり」(懐石 岡崎)  知り合いから、たまり醤油で煮た鮎の頂き物、その名も【栃木の鮎、香魚たまり煮「かほり」】。

 たまり醤油で煮た鮎が丸ごと1匹、真空パックされてます。

 鮎の風味と旨味が、たまり醤油といい感じで調和していて、とても上品な味。

 そのままいただいてもいいですし、お酒のつまみには、もってこい。ご飯のおかずにもよく合います。

 いかにも甘露煮という、醤油が効き過ぎて甘辛いものとは、明らかに違います。

  製造者を見て納得しました。

 「懐石 岡崎」は、年に1回ほど行っている、お気に入りの店。あの繊細な味の料理を出されるご主人が、作っている商品となれば、様々な工夫・試行錯誤を経て、開発されたもののはずです。

 しかし、こういう商品を作っているなんて全然知りませんでした.最近行ってなかったからなーーー(^_^;)。

 【栃木の鮎、香魚たまり煮「かほり」】は、東武宇都宮百貨店1階の物産コーナーで売っているそうです。

 ちょっと値段(735円、税込)が高めなので、毎日、自宅でいただくという訳にはいかないと思いますが、贈物とかお土産なんかには、丁度いいのではないでしょうか。

 「懐石岡崎の連絡先」は、宇都宮市戸祭台49-1、028-625-9191です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

ニジマス(58&57cm)in東古屋湖(2007/3/7)★

【日時】2007年3月7日(水) 9時~16時

【場所】東古屋湖(栃木県塩谷町)

【天候】晴

【風向】微風

【釣果】計6匹、ニジマス3匹(58cm、57㎝、40㎝)、サクラマス3匹(30センチ前後)

【タックル】 スピニングタックル(ロッド:7'9"、リール:ダイワ1500、ライン:ナイロン6lbクリア、ルアー:スプーン(5g、緑金、黒金など))

【レポート】

○ 2007年3月7日(水)、休暇が取れたので、東古屋湖へ出撃。

○ 午前9時に到着。既に湖面には釣りのボートが浮かんでいます。事務所前の陸っぱりの釣り人は、5~6人程。東古屋湖は3月3日に解禁したばかりですが、さすがに平日なので混んでません。

○ ボートを借りようか迷った挙げ句、結局、陸っぱり。

○ 岸とほぼ並行にスプーン(緑金、5グラム)をキャストしカケアガリを狙います。

○ 10数投目、底スレスレをただ引きしてくると、根がかったような手応えの後、水中でグッ、グングンとヘッドシェイク。いきなりきました\(^_^)/。

 かなり大きいと見えて、湖底の同じ場所で暴れてます。中々上がってきません。

ニジマス(58cm)in東古屋湖 6ポンドラインなので、大丈夫と思いながらも、万が一のことを考え、慎重にドラグを調整。

 しばらくして水面に顔を出したのはジャンボ・ニジマス(レインボートラウト)。

 水面に出てからは、それ程抵抗することもなくネットイン。

 御覧のとおりすごい体高のあるニジマスです。

 サイズを計測すると「58センチ」。惜しい!、もう少しで60センチに届いたのに・・・
(^_^;)。それでも東古屋湖自己最高サイズに大満足です\(^_^)/。

○ その後は、スプーン(黒金、5グラム)で、ほぼ同じサイズの57センチと40センチのニジマス、さらに、スプーン(青銀、7グラム&10グラム)で、サクラマス3匹(いずれも30センチ程)を追加。

○ ニジマス3匹のうち、58センチと57センチのヒレは丸い個体。40センチのものは、ヒレが回復途中で、かなりきれいな個体でした。こいつは、フォール中のスプーンにヒットして、ジャンプ3回&横に走ったりと、すごく元気が良かったので、年越しものかもしれません。


○ 釣れた時間は、午前中にニジマス3匹&サクラマス2匹、午後はサクラマス1匹のみ。夕マズメにチャンスがあるかと思いきや、午前中のようにはいきませんでした。正直言って、午後のキャスト&リーリングの繰り返しは、ちょっとしんどかったです(^_^;)。

○ 周囲(ボート&陸っぱり)では、サクラマスが時々釣れてました。デカニジマス(スーパーレインボー)が上がっているのは、2回見ただけ。もっとバンバン釣れてると思ったんですが・・・、予想外のシブさでした。

○ 帰る途中、事務所前の浅瀬でスプーンを遊び半分でキャストしたところ、2回バイトがありました。うち1回は、いい感じの手応え(40センチクラス?)。さすがに放流地点なので、事務所前の魚影は濃いようです。

○ しかし、本命の60センチオーバー・年越し・ヒレピン「東古屋湖スーパーレインボー」は、どこにいるでょうか。まだ深場で、大人しくしているのかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

宮内いよかん(愛媛県興居島産)

宮内いよかん(愛媛県興居島産)  愛媛県の親戚から、毎年恒例の「宮内いよかん(愛媛県興居島産)」が送られてきました。

 興居島(ごごしま)って、松山市沖の瀬戸内海(伊予灘)にある小島。

 松山市の高浜港から、フェリーで10分程のところにあります。

 飛行機で松山に行くと、着陸時に松山市沖に浮かぶ小さな島が、その「興居島」。野球の巨人軍にいた西本投手の出身地としても有名です。

 昔、興居島へは、海水浴や釣りに行きました。夏、一日中海水浴を楽しんだり、冬は岸沿いの海草際でアイナメを釣ったり、浜辺で投げ釣りをやったり・・・、楽しい思い出ばかりです。

 早速、夕食後、伊予柑を頂きました。

 ほどほどの甘味と酸味.果汁は滴り落ちるほどたっぷり、とってもジューシー。甘みだけではなく、酸味も意外にあって、食べると体がシャキッとする感じがいいです。

 冬場はどうしても果物が少なくなるので、子供たちも大喜び。すぐにパクついてました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

東古屋湖解禁日(2007/3/3)の様子

東古屋湖解禁日(2007.3.3)   2007年3月3日(土)、東古屋湖(栃木県塩谷町)が解禁になり、様子を見てきました。

 現地到着は午前9時40分。

 湖面にボート、事務所前の岸からは、ルアーと餌釣りの人。ただ、思った程の人出ではありません。

 岸釣りの人のフラシやビクには、ニジマスやサクラマスが目立ちます。ルアーフィッシングの人には、キャッチ&リリースの人も目立ちました。

 しばらく観察していると、一番数を釣り上げているのは、陸っぱり餌釣り、次いで、陸っぱりのルアー、最後がボート。ボートはもっと釣れると思っていたのですが、予想外です。

 大物はやはりルアーに分があるようで、陸っぱりのルアーマンが、時々、50~60センチサイズのニジマスを釣っていました。使用ルアーは、5グラム前後のスプーン。

 他のポイントの様子は分かりませんが、事務所前で釣れていたのは、もしかしたら、朝一、放流があったのかもしれません。

 東古屋湖に行く途中の「荒川のC&R区間」、こちらも大勢の釣り人で賑わっていました。

 いよいよトラウト・フィッシングのシーズン到来です。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 2日 (金)

2007年の初ヤマメ in西鬼怒川(2007/3/2)

【日時】2007年3月2日(金) 16時~17時

【場所】西鬼怒川(栃木県上河内町)

【水温】-(未計測)

【天候】晴

【風向】無

【釣果】ヤマメ1匹(20cm)

【タックル】 スピニングタックル(ロッド:5'4"、リール:ダイワ1500、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スプーン(赤金、4グラム))

【レポート】

 2007年3月2日(金)、午前中から気合い入れて仕事をやったので、昼過ぎには、何とか一区切り付けることができました。

ヤマメ(西鬼怒川) 最近、あまり休んでいなかったので、午後少し休暇をもらい、いざ、鬼怒川へ。

 ちなみに、よっしーの車には、いつでも出陣できるよう、着替えからタックルの全てが常備。自宅に帰らなくても、すぐに釣りに行けるようになっています(^_^)。

 まずは、鬼怒川本流(さくら市)。スプーンで攻めますが、ノーバイト。

 今日は、できれば、2007年シーズン初物を釣りたいんですよねーーー。

 鬼怒川本流を諦めて、西鬼怒川(上河内町)へ。

 西鬼怒川には、今年も解禁前にヤマメが放流されています。けど、どこで放流されたから憶えていません。何とかなるだとうと、上河内町の西鬼怒川に入りました。

 川幅が狭く、流れがあります。

 この時期、ヤマメは瀬にあまり出ていないのではないかと思い、流れが比較的緩やかなところ探して、スプーンをキャストしますが、反応ありません。

 次に、少しの流れのあるところを攻めます。スプーンをダウンストリームにキャストしただ引きを繰り返します。ポイントを変えて3投目に待望のバイト!

 ブルブルッと、かわいい手応え。ランディングするときれいな20センチ程のヤマメ。いいですねーー、この自然な色合い、パーマーク。

 今シーズンの初ヤマメ、めでたくゲット\(^_^)/。

 写真を撮影した後、リリース。元気に流れに戻っていきました。

 この調子で、今シーズンも、じゃんじゃん釣ろうと思いまーーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

一人で「鬼怒川解禁式」

鬼怒川(さくら市)  ついに、今日(2007年3月1日)、鬼怒川が解禁しました。

 2007年シーズン、鬼怒川にお世話になる初日なので、一人で解禁式をしてきました。

 出勤前の早朝、午前6時から、ベイトタックルに10グラムのスプーンを付けて、「今年もよろしく」と心の中で念じながら、ブワーーンと20投ほどキャスト。

 内心、もしかして「釣れちゃったりして・・」なーーんて思いながら投げてましたが、もちろん釣れません(^_^;)。

 あくまで今日は、「式」です。時間がないところ、「ただ釣りたい」一心でキャストしている訳ではありませんからね! あくまで神聖な「セレモニー」。ちょっとくどい・・・(^_^;)。

 今年、鬼怒川中流域は、河川工事をやっているところが多く、その影響が心配されてます。

 そうは言っても、全くいない訳はないでしょうから、いつか出会える鬼怒川スーパーヤマメに思いを馳せて、気合い入れて鬼怒川通いを続けまーーす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »