« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の14件の記事

2007年4月29日 (日)

夕マズメに「ルアー1キャスト・即バイト」(2007/4/29)★

 ゴールデンウィーク2日目の2007年4月29日(日)。

 午前中は、毎年恒例の自治会総会で議長役。

 午後は、家族で宇都宮市内へ買い物。

 16時過ぎに、やっと自由の身になりました。

 釣りって、経験して覚える部分もあるので、時間があれば、なるべく川に行くようにしています。

 この時間からだと、遠方には行けないので、いつもの西鬼怒川や里川へ。

 現地到着17時、ゴールデンタイムに入りつつあります。

 さすがに夕マズメです。ポイントに入って、ルアー(スプーン、4グラム、銀or赤金)を1キャストして即バイトが3回もありました。

ヤマメ(22センチ)  うち1回は、ボサ回りの攻めにくそうなところに、スプーン(4グラム、アカキン)をピンポイントでキャストしたら、ほとんど着水と同時にバイト。こんなこともあるんですね。

 初めての経験に、夕暮れの川原で、ヤマメ(22センチ)を手に持ちながら、一人ドキドキしてました(^_^;)。

 結局、1時間程で、ヤマメ3匹(22センチ、20センチ、18センチ)、バラシ2(18センチサイズ)。

 明日(2007.4.30)は、家族で日光方面に日帰り旅行の予定なので、釣りには行けそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

2007シーズンはスロースタートで幕開け(3月~4月の釣りを振り返って)

中禅寺湖  2007年3月1日に鬼怒川と東古屋湖が解禁してから今シーズンスタート。

 中禅寺湖と丸沼の解禁が続き、ちょうど2ケ月が経過。

 この2ケ月を振り返ってみました。

 まずは鬼怒川本流

 2006年は、3月と4月に尺オーバーの鬼怒川本流ヤマメを1匹ずつゲット。今年は、4月に26センチのヤマメ1匹だけ。去年は、5月以降、大物バラシもありましたが、結局全く釣れず。今年は3~4月の不調を5月から一気に挽回です。

 次に東古屋湖

 解禁後はまずまずの釣果。3月中旬以降、水温低下に伴いマスの活性も低下し、ボートでボウズをくらいました(^_^;)。4月中旬に雨で入った濁りが取れて、もう少し水温が上がってくる5月ゴールデンウィーク以降がチャンスと思われます。

 ただ、よっしーは、例え釣れなくてもネイティブ・トラウト大好き派。当分は鬼怒川本流とか中禅寺湖が最優先です。次回、東古屋湖に行くのは、ヒレピン年越しレインボーが爆釣したという情報が入った時か、子ども達にせがまれた時ぐらいになるでしょう。

 続いて、中禅寺湖

 解禁日から、何回か出掛けていますが、未だに「ボ」を更新中。当分続きそうな気配が漂っています(^_^;)。

 まずは「初物・1匹」という目標を掲げて、めげずに通おうと思います。

 唯一、滑り出し好調だったのが丸沼の解禁

 管釣状態だったボート置き場周辺での爆釣は横に置いておいて、湖中央付近での1時間に1匹というコンスタントな釣果に、ちょっとほっとしました。
 しかし、丸沼でのターゲットは、あくまで50センチ以上のデカ・ニジマス.これに甘んじることなく、チャレンジ続けます。

 そんな訳で、2007シーズンはスロースタートで幕開けになりました。

 5月以降はいよいよ本格シーズンに突入です。

  「鬼怒川本流・スーパーヤマメ」と「中禅寺湖・レイクトラウト」にメイン・ターゲットを絞りつつ、時々「丸沼」etcって感じで、栃木でのルアーフィッシング・ライフを思いっきり楽しもうとと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

麺らいけんの「煮ちゃーしゅー麺」

 「麺らいけん(めんらいけん)」に行ってきました。

 この店、以前は、宇都宮市内にあって、昼休み、時々行っていたのですが、芳賀町に店が移ってからは、今日が初めて。

 平日、出張中の正午過ぎ。10分程並んで店内へ。

麺らいけんの「煮ちゃーしゅー麺」  この店の売りは、なんと言っても「さっぱり味の塩ラーメン」。

 「煮チャーシュー麺(1枚入り、550円)」を注文。

 あっさり塩味のスープにシコシコ平打ちの麺、それにトロトロ厚切りの煮チャーシュー。わき役は半熟煮卵と刻みネギ。

 相変わらずのさっぱりした塩ラーメン&ボリュームあるトロトロチャーシューの旨さに大満足。

 ここは地元でも超有名店。土日に行かれる時は、長時間並ぶ覚悟が必要です。

 「麺らいけん」の連絡先は、栃木県芳賀郡芳賀町西水沼2211-3、電話028-678-1888

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

今季初、鬼怒川本流ヤマメ(26センチ)をゲット!(2007.4.24)★

【日時】2007年4月24日(火) 午前5時~6時

【場所】鬼怒川小林橋下流(日光市(旧今市市))

【天候】曇り

【水温】8度

【風】 なし

【釣果】ヤマメ1匹(26センチ)

【タックル】スピニングタックル(ロッド:6'0"、リール:アブ・カーディナル302、ライン:ナイロン12lb、ルアー:スプーン(7.7グラム、赤銀))

【レポート】

 夜、ふと目が醒めて、時計を見ると午前3時30分。

 しばらく布団の中で、うとうとしてました。そのうちが「釣り」のことが頭に浮かび、だんだん考えが膨らんできて・・・、「よーーし、仕事前のチョイ釣りに行くぞ!」ってことに(^_^;)。

 善は急げ。ドタバタと身支度をして、いざ出発。

 朝早く、時間に余裕があったので、宇都宮から少し遠い、日光市(旧今市市)の鬼怒川・小林橋の下流へ。

 天気はどんよりした曇り空。

 最初にミノー(85センチ)をダウンクロスにキャスト。5回投げても、反応なし。

 次はスプーン。さーて、どれにしようかとルアーケースを見ていたら、先日、宇都宮市内の釣具店で買ったものが目が入りました。強い流れの中でもよく泳ぎそうな菱形タイプのスプーン・レイピア(7.7グラム、赤銀)。

 さっそく、このスプーンをダウンクロスにキャスト。

 1投目は反応なし。・・3投目も反応なし。そろそろ交換しようかなーー、なんて思いながら投げた5投目。

鬼怒川本流ヤマメ(26センチ)  着水地点から少し引いてきたところで、いきなり「グッ、グン!」とバイト。

 久しぶりの手応え。

 サイズはそれほど大きくない感じ。

 流れの中で、銀色の魚体がチラッと見えます。

 バラしたくないので、アワセを入れて、がっちりとセットフック。

 今日はライン12lbの超強力タックル。かなりの大物が釣れても大丈夫だという安心感もあって、ゆっくりと余裕を持ってリーリング。そして、無事ランディングネットへ。

 サイズは26センチ。ちょっと物足りない感ですが、鬼怒川本流ヤマメに変わりはないということで、めでたく「初物」と認定!

 2007年3月1日の解禁後、今季初となる鬼怒川本流ヤマメ、ようやくゲットしました\(^_^)/

 これをきっかけにステップアップして、目標「40センチオーバーの鬼怒川本流スーパーヤマメ・ゲット!」に、早くたどり着きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

丸沼のルアー・フライ限定特別解禁日釣行(2007/4/21)★

【日時】2007年4月21日(土) 4時40分~11時30分

【場所】丸沼(群馬県片品村)

【天候】曇り

【水温】4度

【風】南東の弱い風が時々吹いてました

【釣果】ニジマス15匹(40センチ×2匹、30センチサイズ×13匹)

【タックル】
(1) スピニングタックル(ロッド:7'9"、リール:アブ・カーディナル302、ライン:フロロカーボン4lb、ルアー:スプーン(5~7グラム))

(2) ベイトタックル(ロッド:ミディアムライト6'6"、リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・4601C3、ライン:ナイロン16lb、ルアー:スプーン(7~10グラム)

【レポート】

2007年丸沼解禁日の様子   2007年4月21日(土)、丸沼「ルアー・フライ限定特別解禁」に黄鮒さんと行ってきました。

 午前4時30分、湖畔亭で釣り券&ボート券を購入。

 曇っているせいか、それほど寒くありません(ただし、服装は冬装備)。

 薄暗い中、久しぶりに見る丸沼。岸辺の所々に雪が残っています。水位が大幅に減っているため(満水時から5メートル程)、環湖荘前の道路からボート乗り場までは、かなり距離があります。

 ボート乗り場に着くと、先に釣り券を買った陸っぱりやボートの人が、既に釣り始めていて、バシャバシャとあちこちで水しぶきを上げています。

 はやる気持ちを抑えつつ、急いで支度をして、午前4時40分から実釣スタート。

ニジマス・40センチ、in丸沼(2007.4.21)  岸から少し離れたところにボートを停めて、スピニングタックルで、スプーン(5グラム、赤金)をキャスト。最初のうちは、コツッとかブルッといったショートバイトが続きましたが、ようやくフッキング。

 ヒレピンのきれいな40センチのニジマス(レインボートラウト)です。2007シーズン丸沼の初物に感謝しつつ、リリースして、続きを狙います。

 回りのボートや陸っぱりも完全な管釣・爆釣モード。次から次へとニジマスを釣り上げています。

イケメン・ニジマス・40センチ、in丸沼(2007.4.21)  さらに、30センチサイズのニジマスが何匹かゲットした後、いい手応えで釣れてきたのは、40センチのいかつい顔付になる、ちょい前のニジマス。放流物とはいえ、中々のイケメンです。

 その後、30センチサイズのニジマスを何匹か釣り上げ、午前6時頃で「管釣・爆釣モードの丸沼」はほぼ終了。
 この時間までの釣果はニジマス10匹。

 しかし、こんなに釣れる丸沼を見たのは初めて(^_^;)。直前に放流したばかりのニジマスがボート置き場付近の岸沿い溜まっているとはいえ、解禁日初日しか見られない光景に驚きました。

 引き続き、ボート置き場周辺で放流マスを狙う、釣り人もたくさんいますが(結局、帰る時まで、ずっとボート置き場で釣っている人も大勢いました)、やはり丸沼の売りは「野生化したニジマス」。

 午前6時過ぎ、年越しのヒレピン・レインボーに再会するため、ボートをダムサイト方面に進めました。移動中は、ベイトタックル(スプーン)で、手漕ぎトローリング。

 放流マスを相手にせず、最初からダムサイト方面に行っているボートもいます。ターゲットは、ビックサイズのニジマスやブラウン・トラウト、イワナ、サクラマス、ブルックトラウトと思われます。

 いずれのボートも岸沿いに集まっているので、空いている湖の中央付近をベイトタックルで攻めてみることにしました。

 ボート置き場と違って、ダムサイト方面は静寂が漂っています。 時々、釣れている人を見かけますが、いつもの「簡単には釣れない丸沼」です。安心したような、不安なような・・・(^_^;)。

ヒレピンのニジマス・30センチの尾びれ、in丸沼(2007.4.21) しばらくして、スプーンに待望のヒット。元気のいいジャンプを繰り返してネットに入ったのは、30センチサイズのニジマス。ヒレがピーーンとしていて、締まったプロポーション。

 野生化したヒレピン・レインボーに敬意を表して、キスデジ(PLフィルター付き)をリュックから取り出して撮影。

 尾ビレも御覧のとおり、きれいに再生しています。PLフィルターで水面の光を反射が消せたので、水中のシャキッとした胸ビレや背ビレ、腹ビレ等も、うまく撮れました\(^_^)/。

ヒレピンのニジマス・30センチ、in丸沼(2007.4.21)  シャンとした丸沼らしいニジマスに再会できて、喜びもひとしお。

 その後も、エラ沢とタラワンドを結んだ線から南側のダムサイトの間を攻め続け、大体1時間に1匹のペースで、ジャンプ連発の元気なニジマス(30センチサイズ)を4匹追加。


 合計15匹を釣って、午前11時30分に終了しました。

 丸沼らしい野生化したニジマスに再会できて、また、解禁日の管釣・爆釣モードの丸沼を初めて経験できて、最高の一日になりました。

 黄鮒さん、アドバイス&車の運転、本当にいろいろとお世話になりました。今シーズンもよろしくお願いしまーーす。

 帰りに環湖荘の大物賞のホワイトボートを見ると、イワナ(54センチ)の記録。いつかはここに名前を載せたいものです。

 それから、今日は、ルアーフィッシング雑誌の「Gijie(ギジー)」や「Angling(アングリング)」の方々が来ていました。どんな記事が出るか楽しみです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

PLフィルター購入

CPL(サーキュラーPL)フィルター+Canon EOS Kiss digital  釣った魚を水際に置いて、写真を撮る時、水面の反射が邪魔になる時があります。

 そんな余計な反射光をカットしてくれるのが「PLフィルター」。

 よっしーは、以前、風景写真をやっていたこともあって、キャノンのマニュアルレンズ(FDレンズ)の口径に合わせて、4枚のPLフィルターを持っていますが、キスデジ(Canon EOS Kiss digital)の標準ズームレンズに装着できるものは持ってませんでした。

 今シーズンは、ルアーフィッシングに本格的にチャレンジする最初の年。

 キスデジを川や湖等のフィールドに持っていくのはちょっと勇気がいりますが(カメラを水中に落したらオワリ)、ゲットしたトラウトのきれいな写真を撮りたーーいという欲求が勝って、ついにオークションで口径58ミリのケンコーのCPL(サーキュラーPL)フィルターを購入しちゃいました。

 フィルターを手でクルクル回して、水面の反射がなくなる位置を見つけながらの撮影で、出来上がった写真は、余計な反射が消えて、さすがにきれいな仕上がり。

 これから、このPLフィルター&キスデジに活躍してもらおうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

中禅寺湖釣行(2007/4/15)

 2007年4月15日(日)の午前中、西鬼怒川で久しぶりにヤマメと対面。

 さて、午後はどうしようーーーと、鬼怒川の河川敷で昼食を食べながら思案。

  候補として浮かんできたのは、荒川C&R(キャッチ&リリース区間。人がたくさんいるのがちょっと嫌だなーー)、東古屋湖(今日はスーパーレインボー大会、午後なら少しは空くかもしれないが、こちらも混んでそう)、鬼怒川本流佐貫(スーパーヤマメは、まだあまり上がっていないらしい)、大谷川(解禁したばかり)、中禅寺湖(釣れる可能性は低いけど、夕マズメで一発逆転満塁ホームランか)。

 こんなふうに、どこに釣りに行こうかなんて考えている時が、一番楽しいんですよねーー。

 ヤマメを西鬼怒川で久しぶりに釣ったので、次なるターゲットは・・・「デ・カ・マ・ス?」、となれば「中禅寺湖」しかありません。

 午後3時、中禅寺湖(金谷ワンド)の畔に立つ、よっしーがいました(^_^;)。

中禅寺湖  釣り始めて、しばらくすると、風が強くなってきて「本つが」へ移動。

 途中、歌ケ浜(立木観音前)の駐車場で、雲の切れ間から差す日の光が、湖面をスポットライトのように照らす風景に遭遇.心が洗われるようなシーンです.思わず車を停めて、キスデジでパチリ。

 こういう景色が見られるのも、中禅寺湖のいいところ。

 本つがに入ると、フライマン4名、ルアーマン3名。

 午後6時過ぎに雨が降ってくるまでスプーンをキャスト。

 しかし、結果はいつものようにノーバイト(^_^;)。

 釣れない釣行記ばかりエントリーするのは、ちょっと気が引けるのですが、「中禅寺湖でデカマス・ゲット!」という最高の瞬間へのプロローグということでお付き合いくださいm(_ _)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

久しぶりのヤマメ(2007/4/15)

【日時】2007年4月15日(日) 10時~10時30分

【場所】西鬼怒川(栃木県宇都宮市(旧上河内町))

【天候】晴

【釣果】ヤマメ1匹(22cm)

【タックル】 スピニングタックル(ロッド:5'4"、リール:ダイワ1500、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スプーン(黒金、4グラム))

【レポート】

 午前9時、まずは鬼怒川本流(宇都宮市)。餌釣り師が2名.ちょっとルアー(スプーン&ミノー)をキャストしてみましたが、当然のように反応なし。

 最近、中禅寺湖や鬼怒川本流でボウズばかりくらっていて、全然、魚釣っていません(^_^;)。

 鬼怒川本流を攻め続けるのではなく、可愛くてもいいから、ヤマメに会いたくなって、西鬼怒川に向かいました。

 解禁直後に行って、チビヤマメを釣ったポイントに入り、スプーン(黒金、4グラム)をダウンにキャストし、ただ引きすること7回。

ヤマメ(22センチ、2007/4/15、西鬼怒川) もうスプーンに慣れてしまったかなと思ったら、バイト!

 大物ではないため、それ程やりとりすることもなく、ランディングネットへ。

 ヤマメ(22センチ)。ヒレピン&きれいなパーマーク。いいですねーーー。やっぱりこれですよーーー\(^_^)/。

 久しぶりに出会ったヤマメなので、浅瀬に置いて、持ってきたキスデジ(キャノン EOS Kiss Digital)で写真を撮らせてもらいました。

ヤマメ(22センチ、2007/4/15、西鬼怒川) 実はこのキスデジ、先日購入したばかりのPLフィルター付き。フィルターを回して、水面の反射をコントロールしながらの撮影です。

 久しぶりのヤマメに、まずまずの写真も撮れて満足度120%。

 リリース後、再び同じポイントに入ってみましたが、さすがに追加はありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

中禅寺湖釣行(2007/4/11)

 2007年4月11日(水)の午後、休暇をもらえることになり、中禅寺湖に行ってきました(いつでもどんな釣り場でも行けるよう、車の中に全ての準備が整っています)。

 宇都宮から高速道路を走っていると、徐々に雨が降り出し、中禅寺湖に着く頃にはみぞれ混じりに・・・。

 平日なので、超有名ポイントであるフランス大使館前にも1名だけ。広々したところで、のんびり釣りができるって最高です。

 午後2時から、いつものベイトタックルでのスプーニング。

 表層のただ引きから、カウントダウンで徐々に深いところまで探っていき、最後はボトムでのフォール&リフト。

 ポイントは、本つが、金波前、金谷ワンド、岸ケ淵を点々としてみましたが、反応ありません。

 途中、みぞれ混じりの雨は、気温が下がり雪に変わりました。

 雪降る湖畔で、手がかじかみながらキャスト&リーリングの繰り返し。これもデカマスと出会うまでのプロローグと信じつつ続けましたが、バイトもなく、寂しい結果(ボウズ)になりました(^_^;)。

 中禅寺湖のデカマス・ゲットへの道は、まだまだ続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

愛媛特産「じゃこ天」

愛媛特産「じゃこ天」  じゃこ天(じゃこてん)は、愛媛県の特産品。

 瀬戸内や宇和海でとれた小魚を骨、皮ごとすり身にして、植物油で揚げたものです。

 見た目は、さつま揚げに似ていますが、じゃこ天は材料が小魚のすり身。魚の旨味たっぷりです。

 少しガスレンジ(火)で炙った後、大根おろしを添えて、醤油をたらして食べるのがお気に入り。美味しいですよーーー。

 朝食のおかず、酒の肴なんかにもってこいです。

 メーカーは何社かありますが、よっしーは、谷本蒲鉾のものをよく買っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 8日 (日)

釣りなし家事の日曜

満開の桜(宇都宮市)  普段の日曜日は、天気が悪くなければ、どこかに釣りにでかけてます。

 4月7日(土)の夜には、「明日の日曜は、朝一で鬼怒川本流、日が昇ってきたら里川、午後は中禅寺湖」なーんて考えていたのですが、朝起きると、妻が風邪でダウン。

 めったに熱を出さないのに、38度以上もあります。

 さすがに、この状態で釣りに行っていたら、愛想を尽かされることは確実(^_^;)。

 炊事&洗濯の「釣りなし家事の日曜」になりました。

 家事の合間、投票に行ったり、近くの公園に散歩に行ったり・・・。写真は、公園でほぼ満開の桜をキスデジで撮影したもの。

 さて、今日の晩御飯、何にしようかなーー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 7日 (土)

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ  2007年4月7日、土曜日の午前中、ちょっと時間ができたので、近場の里川へ。

 もちろんヤマメに会いたくてでかけたのですが、どうやら、ご機嫌斜めのようで、ルアーを追って来るだけで、バイトしません(^_^;)。

 ぷらぷらしながら、帰りにふと田んぼ脇の土手をみると、ヒメオドリコソウの見事な群落。

 こんなに群生しているのを見たのは初めて。

 ヤマメにフラれて、少し落ち込んでいたよっしーを、ヒメオドリコソウのかわいい花達が癒してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

慈光寺の夜桜

慈光寺の夜桜  宇都宮市内でも有名な慈光寺(栃木県庁東側)の夜桜を見てきました。 

 雨上がりだったので、他に夜桜見物の人はいません。

 貸し切り状態での、満開の夜桜見物。ラッキーです。

 なんか、いいことありそうな予感(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

2007年中禅寺湖解禁日釣行(2007/4/1)

【日時】2007年4月1日(日) 5時~17時

【場所】中禅寺湖(栃木県日光市)

【天候】晴時々曇り

【水温】2~4度

【風】午前中は強い西風。正午過ぎまで、やや強い西風が吹いていましたが、午後2時過ぎから収まりました。

【釣果】なし(ボウズ)

【タックル】ベイトタックル(ロッド:ミディアムライト6'6"、リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・4601C3、ライン:ナイロン16lb、ルアー:スプーン・7~20グラム)

【レポート】

  2007年3月31日、午後7時に立木観音の駐車場に着くと、既にそれらしき車が多数。また、料金所手前の駐車スペースに行ってみると、満車状態でした(^_^;)。

 しかし、車より天気が問題。激しい雨の中、時々雷が鳴り響いています。

 携帯でヤフーモバイルの天気予報を見ると「午前0時過ぎに雨が上がる見込み」。

 午後11時になると、雨が上がりましたが、代わって、もの凄い西風が吹き出しました。時折吹く突風で、車体がグワングワンと揺れます。
 立木の駐車場から湖を眺めたら、水しぶきを上げて、波が次から次へと打ち寄せています(ここは、どこの北国の時化の海か(^_^;))。かなりヤバイ! このままじゃルアーキャストなんて無理。

 天気予報では、強風は、明日の正午まで吹き続けるらしい。

 同僚2人と相談した結果、山側へはリスク(遭難するかも?)が大きいということで、金谷ワンド・スロープ前にポイント変更することに決定。

 行ってみると、こちらは、少し山を背負っているため、あまり強い風は吹いていません。

 既に車が駐車していますが、それほど多くはなく、湖畔に行き、場所をキープ。午前0時から車の中で仮眠することにしました。

 午前3時起床し準備開始。スタンバって、午前5時の解禁合図の花火を待ちます。

 山側の松ケ崎や大日崎には、カンテラの光がチラチラ見えます。あの暴風雨の中、山道を歩いて行ったんですね。凄いなーー。

 午前5時の打ち上げ花火を合図にルアーキャスト開始。

 金谷ワンド・スロープ前は、すぐ前がドン深で、スプーンをキャストすると、メチャクチャ沈みます。

 開始してすぐ、横にいた同僚がヒット。それほどのサイズではないと思っていたのですが、水面に浮いてきたら、バシャバシャ大暴れ。ビックサイズのようです。すぐさまネットを持って、サポートに駆けつけました。

ブラウントラウト・59センチ(2007/04/01、中禅寺湖解禁日)  ランディングしようとすると暴れ、すくい損ねること2回。3回目にしてようやくネット・イン。

 暗がりの中、目を凝らしてみると、体側に斑点が目立つ「デカ ブラウン」。思わず「すげぇー!」と声が出てしまいました。長さを計ると59センチ。

 よっしーは、ネイティブのビックサイズのブラウントラウトを見たのは初めて。大感動\(^_^)/。上顎の縁に付いたキズがこれまでの戦歴を物語っていて、迫力十分。かっこいいーー!

 そうこうしている間にも短いゴールデンタイムの時間は刻々と進んでいます。見とれている場合ではないと、我に返り、ルアー・キャストを再開。

 1度、ブルッというショートバイトらしき手応えがありましたが、フッキングに至らず。

 周囲のルアーマンが2人、50センチサイズのマスを釣り上げていますが、私には、バイトがありません。

 だんだん日が昇ってきて午前7時。この頃になると、魚の気配は完全に消えました。

 その後は、うんともすんとも言わない中禅寺湖に変身。

 金谷ワンドの見える範囲の釣り人は12人、うちマスをゲットできたのは3人だけ。マス・ゲット率は2割5分。これが現実。

2007年解禁日の中禅寺湖 正午までに、同僚をはじめ他の釣り人も、少しずつ帰り始めましたが、残って粘ることに・・・。

 午後2時過ぎには、西風も弱まって、波もなくなり、穏やかな天気になりました。

 気温も高く、ダウンジャケットは暑くて着ていられません。ポカポカ天気の中、遠くの雪を被った山々を眺めながら、ルアーをキャスト。気分は最高です。釣れればなお良しですが・・・(^_^;)。

 他のポイントも回りましたがノーバイト。午後5時終了。

 レーク岡甚のホームページを見ると、デカブラウンやデカレイクが釣れているようで、羨ましく見入ってしまいました。

 いつかはデカマスをゲットするぞという決意を新たに、中禅寺湖を後にしました。これからも頑張りまーーす! 


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »