« 那珂川チェック(2007/7/8) | トップページ | アブ・ガルシア・アンバサダー・4601c3でバックラッシュ連発の顛末 »

2007年7月14日 (土)

鳥海山の眺めが雄大な訳は?

鳥海山(2007/6/3)  2007年6月3日、山形県酒田市に行った時、すぐに目に入ってきたのが、まだ雪の残る「鳥海山」。

 その雄大さ、本当に素晴らしいの一言に尽きます。

 しかし、この景色、栃木と何かかが違う。それが何のかすぐ分かりません。

 ちょっとして、あーなるほどと気付いたのは、前を遮るものがないということ。つまり、高圧線の鉄塔や目立つ建物が全くないのです。

 栃木は、東京への電力供給の要所となっているようで、至る所に高圧線が引かれ、それを支える鉄塔がそびえ立っています。

 以前、山の風景写真を撮ろうとして、あちこちウロウロした時、いつも高圧線が邪魔になって、いいポイントを探すのに苦労したことを思い出しました。

 栃木は、東京に近くて大変便利で経済的にも発展しています。その発展と引き換えに、雄大な景色を犠牲にしているという訳です。

 高圧線を地中に埋めることもできないですし、どうすることもできませんが、雄大な鳥海山の景色を見てしまうと、栃木の景色、もう少し何とかならないものかと思ってしまいました。

|

« 那珂川チェック(2007/7/8) | トップページ | アブ・ガルシア・アンバサダー・4601c3でバックラッシュ連発の顛末 »

22◆ とちぎの山登り&自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/15752121

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山の眺めが雄大な訳は?:

« 那珂川チェック(2007/7/8) | トップページ | アブ・ガルシア・アンバサダー・4601c3でバックラッシュ連発の顛末 »