« サーモン・ルアーフィッシング用「タコベイト&フック」の自作(2007/9/30) | トップページ | 霧ケ岳山村文化体験村の「もりそば」 »

2007年10月 3日 (水)

アブ・ガルシア ホーネットスティンガー HSC-682MHを購入(2007/10/3)

アブ・ガルシア ホーネットスティンガー HSC-682MH  福島県木戸川、請戸川でのサーモンフィッシングを控えて、心配事が一つ。それは「ロッド」です。

 いつもの6.6フィートのダイワのミディアムライトのベイトロッド(TEAMDAIWA-S ZERO ZR662MRB)では、70~80センチのサケには、ちょっとパワー不足ではないでしょうか。

 通常、サーモン・ルアーフィッシングには、8~9フィートのシーバスロッド(スピニングタックル)をチョイスする方がほとんど。

 シーバスロッドにしようか、よりパワーのあるベイトロッドにするか・・・、悩んだ挙げ句、こだわりのベイトロッドを極めることに決定!

 だって、ベイトタックルって、使っていて楽しいし、安心感抜群で、大好きなんです(^_^)。

 HPやブログを検索しても、ベイトタックル(バスロッド)でサーモン・フィッシングしている人はほとんどいませんが、こういうヤツがいてもいいでしょう。

 サーモンフィッシングだけではなく、中禅寺湖や丸沼、鬼怒川本流でのデカマス・デカヤマメにも使いたいということで、いつものロッドより少し長めの「アブ・ガルシア ホーネットスティンガー HSC-682MH」を購入しました。

 テーパーアクションはファースト、ルアー:1/4~1・1/2オンス、ライン:10~30lb。

 今年のサーモン・ルアーフィッシングは、「ホーネットスティンガー」でチャレンジしてきまーーす。

|

« サーモン・ルアーフィッシング用「タコベイト&フック」の自作(2007/9/30) | トップページ | 霧ケ岳山村文化体験村の「もりそば」 »

14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/16652912

この記事へのトラックバック一覧です: アブ・ガルシア ホーネットスティンガー HSC-682MHを購入(2007/10/3):

« サーモン・ルアーフィッシング用「タコベイト&フック」の自作(2007/9/30) | トップページ | 霧ケ岳山村文化体験村の「もりそば」 »