« 北海道の釣り総合誌「North Angler's(ノースアングラーズ) 2007年11月号」を即買! | トップページ | 2007年請戸川サーモン・ルアーフィッシングのタックル準備完了(2007/10/24) »

2007年10月20日 (土)

2007年請戸川・サーモン・ルアーフィッシング用のセルフペイント・スプーン(2007/10/20)

 様々なHPやブログ、雑誌の情報、2007年10月10日の木戸川サケ有効利用調査でのつたない経験を総合すると、木戸川や請戸川で使われるサーモン・ルアーフィッシングのオーソドックスなルアー&テクは次のようになります。

「スプーン(赤、15グラム~25グラム)にタコベイト(赤またはピンク、サイズは1.5~2号)を付けて、デッドスロー&ノーアクションで底スレスレをユラユラ泳ぐようにリーリング」

 タコベイトを付けた時のスプーンには、底をとるためのシンカーの役割とタコベイトにアクションを付ける役割があり、通常のトラウト・ルアーフィッシングで求められるキビキビとしたローリングやウォブリングは求められません。

 河口の緩い流れの水底で、赤いルアーが、ゆったりウネウネ、ウォブリングすればいいとなると、スプーンやミノーはもちろん、メタルジグ、クランク、バイブレーション、スピナー、スピナーベイト、バズベイト、ワーム、各ルアーのトレーラー等、様々な可能性が頭の中に浮かんできます(さすがにトップは、ショアならともかく、ストリームでは厳しいでしょう)。

 諸先輩達が、いろいろと試した結果、タコベイト付きスプーンやミノーが最も実績が高くなっている訳で、他のルアーが爆釣するという確率は低いのかもしれませんが、珍しいルアーで釣るというのも楽しみの一つなので、いろいろ思案中です。

 それはそうと、「ゆったりウネウネ、ウォブリング」で、最初に思いついたのが、保管用ルアーケースに眠っている2軍スプーンの活用です。

請戸川・サーモン・ルアーフィッシング用のセルフペイント・スプーン+自作タコベイト  2007年10月10日の木戸川サケ有効利用調査では、赤くペイントしたスプーン(アドロワ、20グラム)にタコベイト(赤)を付けてチャレンジしたところ、サーモンが時々チェイスしてくるのを目撃。

 来る2007年10月下旬の請戸川サケ有効利用調査に向けて、さらにいくつかのスプーン(20グラム)やメタルジグをセルフペイントしてみました。

 今回はちょっと凝って「赤ベースに黒点とラメ」という超豪華版(^_^)。

 鬼怒川でのスイミングテストでも、いい感じで、ユラユラ泳いでいました。

 これで釣れたら、登録抹消されていた選手が、再び脚光を浴びて大活躍するようで、楽しくなります。

 請戸川では、自作タコベイト付きのオールドルーキー達に、檜舞台でホームランを量産してもらうことにましょう\(^_^)/。

|

« 北海道の釣り総合誌「North Angler's(ノースアングラーズ) 2007年11月号」を即買! | トップページ | 2007年請戸川サーモン・ルアーフィッシングのタックル準備完了(2007/10/24) »

14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/16820368

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年請戸川・サーモン・ルアーフィッシング用のセルフペイント・スプーン(2007/10/20):

« 北海道の釣り総合誌「North Angler's(ノースアングラーズ) 2007年11月号」を即買! | トップページ | 2007年請戸川サーモン・ルアーフィッシングのタックル準備完了(2007/10/24) »