« 2008年、よっしーのルアーフィッシング計画 | トップページ | 2008年東古屋湖の解禁前調査に参加! »

2008年2月18日 (月)

オリジナル釣り情報データベース(桐ver9)によるパターンフィッシングの開拓

 みなさん、釣り情報の管理はどのようにやっていますか?

 ノートや手帳に記録したり、パソコンに入力したり、記憶にとどめたり・・・、人によっていろいろな方法があると思います。

 よっしーの場合、パソコンのデータベースソフトで管理しています。

 使っているソフトは「桐ver9」。

 日時、場所、天候、風、水温、ポイントの様子、釣果等、釣った情報はもちろん、オデコだった場合も全て入力。

 最初は、エクセルに入力していたのですが、すぐに重くなって、使い物にならなくなってしまいました(使い方が悪かったのかもしれません)。

 桐は、テキスト(文字)の管理がスムーズで、3年分のデータ(540件)を入力しても、ファイルサイズが1MBと、コンパクトで、シャカシャカ動くのが気に入っています(ブログの記事も桐で管理していて、560件の記事が1.2MBというファイルサイズで管理できてます)。

 また、自分の釣り情報にとどまらず、ブログやHP、雑誌の情報も入れてます。

 特にブログは、シーズン中、ヤフーやグーグルのブログ検索で旬の情報を簡単に見つけられるので大変重宝しています(釣り雑誌は一定のまとまった情報として価値はありますが、実釣には、直近の生の情報が何といっても役立ちます)。

 情報を集めた後は、それを分析して、いかに自分の釣りに役立てるか。

 自分以外の情報は、細かいポイント等の情報が分からない場合がほとんどですが、釣った日とその時の川や湖の様子が分かると、大体の傾向が掴めてきます。

 そんな傾向をもとに、自分なりの戦略を組み立てて、実釣を繰り返していくと、考えた通りに、釣れたりすることが時々出てきます。

 こうなれば、しめたもの。

 あとは、このパターンを微調整をしていけば、答えが、だんだん炙り出されてきます。

 また、一つのパターンが見つかればOKというのではなく、さらなる次のパターンというように、開発・発展させていくことも大事だと思っています。

 フィールドやトラウト達の状況変化で、様々なパターン・フィッシングが存在しているのではないでしょうか。

 新たなパターンの開拓を目指す、よっしーの2008年・ルアーフィッシングが、間もなくスタートします。

|

« 2008年、よっしーのルアーフィッシング計画 | トップページ | 2008年東古屋湖の解禁前調査に参加! »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

よっしーさんのブログを拝見していると、自分に何が足り無いのかを痛感します。目標設定が曖昧な為、計画も無く行き当たりばったりの釣行になってしまってます。結果に対するチェックや反省もないまま、5年近く本流釣行をしています。当然の事ながら、お寒い結果だけが・・・。今年からは自分でも出来るやり方で何か考えてみるきっかけになりました!ありがとうございます!よっしーさんは仕事だけじゃなくて、釣りの世界でもPDCAサークルを上手く回転させているんですね!関心しました。自分も那珂川に釣戦してますが、本命は未だに釣れてません、お互いに頑張りましょう!

投稿: 釣馬鹿夫婦 | 2008年2月18日 (月) 22時49分

>釣馬鹿夫婦さん

 悲しいかな、PDCAサークルは、仕事柄、染みついてしまっています(^_^;)。

 根っからの理系ということもありますが、若い頃から職場で徹底的に仕込まれたせいで、趣味にまで波及しちゃったようです。

 ただし、趣味は、あくまで趣味ですから、私のようにやるのが全てではありませんし、やはり、その人が楽しければ、それで十分なのではないでしょうか。

 私の記事は、こんなに拘って、アプローチしているやつもいるんだという程度に読んでいただければと思います。

 那珂川は、いろいろ情報集めていますが、鬼怒川と違ってかなり難しそうですね。

 おそらく鬼怒川以上に「オデコ」ばかりではないかと、ちょっと心配していますが、まー、それも楽しみの一つと割り切っています。試行錯誤しながら、ステップアップしていく過程が楽しいんですよねーー。

 お互い、楽しんじゃいましょう\(^_^)/。

投稿: よっしー->釣馬鹿夫婦さん | 2008年2月19日 (火) 19時46分

はじめまして。三四郎と言います。
私は釣りはやらないのですが、
"データベース桐 ブログ"
で検索していたら、こちらがヒットしまして、ちょっとうれしくなって書き込んじゃいました。

釣りの管理を桐でやられる、すばらしいですね~。
私は、個人的には家計簿レベルです。

[釣れる確率][水流速度][風景の良さ][静かさ]~
[雰囲気]という感じで、項目に数値を入力しておいて、
#横合計([釣れる確率],[雰囲気])÷【指定した項目数】だと、釣り場の総合平均値が求められます。

また、ちょくちょく顔を出させていただきますね。
どうもお騒がせしました。cat

投稿: 三四郎 | 2008年6月 5日 (木) 00時19分

>三四郎さん

 桐って、本当に動作が軽くって、気に入っています。

 DOS的な感覚が残っているも、シンプルでいいですね。

 これからも、たまに遊びにきてくだいね。

投稿: よっしー-三四郎さん | 2008年6月 5日 (木) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/40160685

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナル釣り情報データベース(桐ver9)によるパターンフィッシングの開拓:

« 2008年、よっしーのルアーフィッシング計画 | トップページ | 2008年東古屋湖の解禁前調査に参加! »