« よっしー専用&鬼怒川本流ヤマメ用ハンドメイド・ミノー作りを始めます | トップページ | 栃木県内で初めてアカショウビンの声を聞きました(2008/6/20) »

2008年6月17日 (火)

トップ(セミルアー)でニジマス(43&38cm) in大尻沼(2008/6/14)★

 トップ(セミルアー)で、ニジマス(43センチ)が釣れました!

【日時】2008年6月14日(土) 10時30分~17時

【場所】大尻沼(群馬県片品村)

【天候】晴れ

【風】 やや強い南西の風

【釣果】よっしー:ニジマス1匹(43センチ)、バラシ3
      長男  :ニジマス1匹(38センチ)

【タックル】 スピニングタックル[ロッド:ダイワ・シルバークリークS・7'9"、リール:アブ・カーディナル302、ライン:ナイロン8lb、ルアー:セミルアー等]

【レポート】

大尻沼(2008/6/14)   2008年6月14日(土)、丸沼の下流にある大尻沼に長男(中3)と行ってきました。

 大尻沼は、ルアー・フライのボートのみ(陸っぱり禁止)、キャッチアンドリリース、完全予約制(環湖荘 0278-58-2002)で、菅沼と交代で隔年で解禁になるフィールドです。

 よっしーは、初釣行になります。

 午前10時に、丸沼の環湖荘で受付。料金は、入漁料2,100円/人、ボート代3,200円。今回は2名+ボート1艘で計7,400円。

 受付のお兄さんに様子を聞くと、「今日の申込みは満杯状態です。みなさん受付は済んでいて(既に釣っている)、お客さんが最後になります」。

 ビリでした(^_^;)。

■「スタートから沈黙続き」

 ここでのターゲットは、ネイティブのニジマス(レインボー・トラウト)とブラウン・トラウトになります(ブルックもいるそうです)。

 午前10時30分から、ボートを漕ぎ出しました。

  ボートは一番奥の丸沼ダムの方に集まっています。

  初めてでポイントがよく分からないので、手漕ぎトローリングをしながら、奥までボートを進めます。

 みなさんボートを岸近くにつけて、岸際をフライで狙っています。

 岸際ばかりに魚が集まっていることは考えられないので、邪魔にならないところにアンカーを下ろして、2人でスプーンやミノーをキャストし始めました。

 正午まで頑張っても沈黙したままです。

 時々、岸際のフライマンが釣り上げているのが目に入ります。

 どうやら、魚達は私達のルアーに見向きもしてくれないようです。

 ここを諦め、下流のボート置き場を目指して、ポイントを転々としながらキャスティング&トローリングしてみても、ノーバイトが続きます。

 この時点で、かなりの高確率で「オデコ」になることを覚悟しました(^_^;)。

■「トップでニジマス・ゲット!」

 午後2時過ぎ、全然釣れなくて、長男も少し飽きてきたので、岸際にボートを停めて、ベイトタックルのキャスティング・レッスンを始めることにしました。

 基本的な使い方を少し教えた後、長男に自由に練習させることにして、よっしーは、どうしたら釣れるか作戦を練ることに・・・。

○ スプーン、ミノー、スピナーで全くダメ。

○ 釣っている人はほとんどがフライマンで、皆岸際狙い。

○ 岸際をゆっくりエレキでボートで移動しながら、木陰をフライで順々に攻めている、湖版テンカラ釣りのようなフライマンもいます。

○ 周りの森からはエゾハルゼミの鳴き声。

○ 水面には小さな虫が多数、それを狙うライズが時々・・・。

 なーーんて状況を頭の中で一つ一つ確認していたら、「ニジマスの場合、どんなにサイズが大きくなっても、虫しか食べない状態になることがある」ということと、さらに「セミルアーによるトップ」という方法に気がつきました。

 早速、長男が持っていたセミルアーに付け替えて、岸際1メートル程の木陰の水面にキャスト。

 ホットケして3分ぐらい経った時、いきなり「バシャ!」と水しぶき。

 水面での激しいバイトに、鳥肌ゾクゾク、心臓ドキドキです(^_^)。

 来るもんですねーーー。

 フッキングはしなかったものの、「セミルアーによるトップ」にようやく辿り着きました。

 「今日はトップだ、セミのホットケだ!」と長男に言いながら、すぐに同じポイントにキャストして、ボートの上から、親子二人で、水面のセミルアーをじーーっと凝視します。

 この雰囲気、ウキ釣りに近いものがあって、懐かしい感じがします(^_^;)。

 しばらくして、ジュポッ!とセミルアーが水中に引き込まれて、フッキングした魚が水面でバシャバシャ!と大暴れ、ついにヒット!
トップ(セミルアー)でニジマス(43cm) in大尻沼(2008/6/14)
 岸際でかかったので、潜って水際の草や木に絡まないよう早めに寄せます。

 よっしーの大尻沼の初物は、トップによる43センチのニジマス(レンインボー・トラウト)でした。

 リリースするまでのほんの僅かな間、野生化した顔つき、先の尖ったきれいなヒレ、引き締まったプロポーション、山上湖の素晴らしい魚体を愛でて、至福の時間を楽しみました。 

 さーーてと、次は長男の番です。

 よっしー一人、いい思いをする訳には行きませんから・・・。

 同じポイントで時々ライズが見えているので、まだ魚は散っていないようです。

 再びセミルアーのホットケを始めてから15分ぐらいした時、ガバッと水しぶき!

トップ(セミルアー)でニジマス(38cm) in大尻沼(2008/6/14)  またまた来ました!

 長男は、管釣でトップに慣れているせいか、余裕でリーリングしてます。

 後ろで見ているよっしーの方が、バラさないか、心配で慌てているくらいです。

 こちらも、御覧のとおりきれいな38センチのニジマスでした。

トップ(セミルアー)でニジマス(38cm) in大尻沼(2008/6/14)  今度は、よっしーが水際で魚を支えて長男が撮影。

 長男は、トップで釣ったのが嬉しいのか、デジ一眼で自由に撮れるのが嬉しいのか、ひたすらシャッターを押し続けていました(^_^;)。

  リリースした後、ボートの上で、持ってきた水筒のお湯でコーヒーを作って、二人で祝杯を上げました。

 その後は、同じように岸際をトップ(セミルアー等)やミノーなどで狙いましたが、よっしートップ(セミルアー)でニジマス(38cm) in大尻沼(2008/6/14) にバラシが3回あっただけ。

 それでも、バラシうち1回は、かなり面白いトップ用ルアーによるものだったので、今後につながる大きな収穫になりました。

 午後5時にタイムオーバー。

■「感想」

 よっしーは、目指すルアーフィッシングとして、

 ◇第一の目標「きれいなストーリーを描く」

 ◇第二の目標「ネイティブの大物(50センチオーバー)を釣る」

 ◇第三の目標「トップで釣る」

  という3つの目標を掲げています。

 今日は、第一&第三の目標を達成したことになります。

 50センチ以上が釣れれば、全ての目標をクアリする「グランドスラム」となりましたが、そうそう簡単には行かないものです。

 それでも、何といっても憧れの「トップ」で、しかも親子で、ネイティブのニジマスを釣ることができたので大満足です。

 水面でガバッと派手なバイトの瞬間は興奮度&刺激度120%。

 「トップによるトラウト・ルアーフィッシング」って、本当に最高です。

|

« よっしー専用&鬼怒川本流ヤマメ用ハンドメイド・ミノー作りを始めます | トップページ | 栃木県内で初めてアカショウビンの声を聞きました(2008/6/20) »

07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます!

よい状況判断でしたね~

それにしても大尻沼といえど、簡単には釣れないんですね・・・

投稿: t-fuku | 2008年6月17日 (火) 08時30分

>t-fukuさん

 スプーンを使う方は、管釣用の3~5グラム程度のものを使う方が多いようです。

 私は、フィールドで管釣スプーンを使うのに抵抗があるので、7グラム以上のスプーンしか使わなかったので、釣れなかったみたいです。

 また、後で分かったのですが、大尻沼はドライフライでレインボーやブラウンが釣れることで有名なフィールドのようです。

 ただ、セミルアーで釣ったという報告は、ググッても出て来なかったので、珍しい方なのかもしれません。

 ドライフライで釣れるなら、ルアーでトップでやっても釣れるでしょうから、私は、セミ以外のトップで、またチャレンジしてみようと思っています。

投稿: よっしー->t-fukuさん | 2008年6月17日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/41558414

この記事へのトラックバック一覧です: トップ(セミルアー)でニジマス(43&38cm) in大尻沼(2008/6/14)★:

« よっしー専用&鬼怒川本流ヤマメ用ハンドメイド・ミノー作りを始めます | トップページ | 栃木県内で初めてアカショウビンの声を聞きました(2008/6/20) »