« 那珂川(烏山地区)で初ニゴイ60cm(2008/7/27) | トップページ | ベイトタックル用ハンドメイド・ミノー(No11~15)が完成 »

2008年7月30日 (水)

セルロースセメントの白濁除去法

 コーティング剤をセルロースセメントに変更して、いきなりトラブル発生です。

 バルサ・ミノーをディッピィングした後、ミノーを見ていると、どんどん白く濁っていくではありませんか。

 半日経った後、ミノーを見てみると、ミノーは白く濁ったままコーティングされてました。

 ウレタンコートではこんなことなかったのに・・・。

 調べてみると、セルロースセメントに含まれているシンナーの気化して乾燥するスピードが早いため、ミノーの熱が気化熱で奪われて冷えた時に、瞬間的に結露が起きて、同時に固まってしまい、白濁(つまり水分)してしまうそうです。

 湿度が高い梅雨時や夏場は、白濁減少が起きやすいとのこと。

ラッカーうすめ液  よっしーは、ディッピィング作業は、臭いがきつくて、屋外でやっているので、湿度をコントロールできません。

 それじゃということで、HP検索してみると、この白濁問題については、みなさん苦労されているようで、いろいろな対応法が書かれてました。

 主な方法は、こんな感じです。

(1) セルロース・セメントをリターダーで2倍に希釈してディッピィングに使用。

(2) 白濁したところにハケ等でリターダーを塗る。

 なんか、もっと手っとり早く、白濁を除去できないかと探していたら、あるHPに「ラッカーうすめ液にドブ漬けすれば、きれいに取り除くことができる」と書かれているのを発見(すいません、メモしか取らなかったので、どなたのページか分からなくなってしまいました)。

 早速、近所のホームセンターに行って、「ラッカーうすめ液S(アサヒペン、400円程度)」を買ってきて、白濁したミノーをドブ漬けすると、あっと言う間に白濁が消えました。

 乾燥後、確認すると、白濁が除かれただけで、塗膜に変化はないようです。

 また、白濁したままドブ漬を繰り返した後でも、ラッカーうすめ液に漬ければ、白濁を取り除くことができました。

 セルロースセメントは、その日の湿度の状況によって、白濁したり、しなかったりですが、この「ラッカーうすめ液・ディッピングによる白濁除去法」で、高湿度の夏場でも、安心してミノー作製を続けることができるようになりました。

|

« 那珂川(烏山地区)で初ニゴイ60cm(2008/7/27) | トップページ | ベイトタックル用ハンドメイド・ミノー(No11~15)が完成 »

17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/42009952

この記事へのトラックバック一覧です: セルロースセメントの白濁除去法:

« 那珂川(烏山地区)で初ニゴイ60cm(2008/7/27) | トップページ | ベイトタックル用ハンドメイド・ミノー(No11~15)が完成 »