« シャロークランク1号、完成してはみたものの・・・ | トップページ | 愛媛県伊予市特産「唐川ビワ」 »

2008年7月 3日 (木)

ハンドメイド・ミノー、4本作製中

ハンドメイド・ミノー、4本作製中  毎晩、夕食後のミノー作りが日課になっています。

 バルサを削ったり、サンディング(サンドペーパーで削る)したり・・・。

 現在、作製中のハンドメイド・ミノーは4本。

 うち2本は、アルミホイルを貼った後のウレタンコーティング剤のディッピィングまで進んでいます。

 最初なので、ベストモデルを探すため、作る度にサイズ&シンカーの重さ&位置を変えています。

 また、徐々にバルサを薄く削っても、コーティングすると強度が保てることが分かってきたので、ミノーの幅を薄くなってきました。最も薄いNo4のミノーは幅11ミリ、長さ85ミリです。

 ミノー作りで、一番大変なのは、何といってもウレタンコーティング剤のディッピィング作業。

 ディッピィングの手間自体は大したことありませんが、乾燥させるのに半日以上必要なので、時間がやたらとかかります。

 ディッピィング回数は、バルサ成形後に8回、ホイルを貼った後に8回、さらにペイントした後にも6回と合計22回も繰り返すことになります(様子を見て、ディッピィング回数を少し減らす予定です)。

 朝起きたら、薄くサンディングしてディッピング、帰宅したらまたディッピングの日々が続いています。

 まだ4本なので、大した作業ではないものの、ミノーの数が多いと結構大変な作業になるのではないでしょうか(ハンドメイド・ミノーの値段が高い理由(手間&時間)が分かりました)。

 この調子で行けば、最初のミノーのカラーリングが今週末にまとめて行えそうなので、鬼怒川本流デビューは、7/14の週になりそうです。

 はてさて、うまく泳いでくれるでしょうか。

|

« シャロークランク1号、完成してはみたものの・・・ | トップページ | 愛媛県伊予市特産「唐川ビワ」 »

17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/41720907

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドメイド・ミノー、4本作製中:

« シャロークランク1号、完成してはみたものの・・・ | トップページ | 愛媛県伊予市特産「唐川ビワ」 »