« ハンドメイド・ミノーのペイントって難しい! | トップページ | ハンドメイドミノーでニジマス(40cm) in 男鹿川C&R区間(2008/7/18)★ »

2008年7月17日 (木)

ベイトタックルで鬼怒川本流スーパーヤマメを狙うためのハンドメイド・ミノー暫定仕様

ハンドメイド・ミノーNo3号~No7号  やっと、ハンドメイド・ミノーNo3号~No7号が完成しました。

  鬼怒川でスイミングテストしてみたところ、いずれのタイプも、まずまずの仕上がり。

 No4、No6、No7(写真で一番手前のミノー)のミノーなんかは、強い流れの中をリーリングしても、暴れ出すこともなく、いい泳ぎをしていたので、最高の時合に使えばスーパーヤマメが釣れそうな感じです(「釣れそう」なんて思っている、今が、一番幸せなのかも(^_^;))。

 唯一、どんなにアイを調整しても、クルクル回転ばかりしていたのがNo3のミノー(写真で一番奥のミノー)。

 厚さがあって、棒状に近い形状にも関わらず、シンカーを中心部近くに設置してしまったので、水中で姿勢が維持できなかったようです。

 それでも、結構ラフに作ったミノーが、こんなにしっかり泳いでくれるのに、本当にびっくりしました。

 また、鬼怒川のプールやストリームで泳ぎを確かめていると、サイズやシンカー位置による泳ぎへの影響などが、少しずつ分かってきて、とても勉強になります。

 特に、シンカーの位置と数は、これまで安定感を重視して、シンカーを中心部に2個置いていたのですが、思った以上にウォブリングが抑制されていたので、これから作るミノーは、シンカーを基本的に1個にしようと思います。

 こんな感じで、あれやこれやと、いろいろ試している過程が楽しいんですよねーーー。

 まだミノー作製は始まったばかりですが、7本のミノーのスイミングテストの結果、ベイトタックルで鬼怒川本流スーパーヤマメを狙うためのハンドメイド・ミノー暫定仕様(ヘビーシンキング)は、こんな感じになってきました。

~~~~~~

【よっしーミノーの暫定仕様(ヘビーシンキング)】

○ サイズは、長さ85~90mm.高さ20~22mm、幅10~12mm。

○  重さは15~20g。内蔵するシンカーは1個(2個だとウォブリングが少なく、ややゆったりした泳ぎになります)。

○ 本体はバルサ、カラーはアユカラー。

○ このミノーを使うタックルは、いつもの鬼怒川本流用ベイトタックルになります(ロッド:6.6フィート、リール:Abuアンバサダー4601c3、ライン:ナイロン14lb).多くの方が使われているスピニングタックルでは、私のミノーは、ヘビー過ぎて使えないでしょう(^_^;)。

~~~~~~

 これからは、この暫定仕様の範囲内で、少しずつ、サイズや重量を変えたタイプ作って調整していって、最終的な「よっしーミノー」の仕様を決めたいと思います。

 ちなみに、先日作ったNo1のミノー(長さ92mm、高さ24mm、幅16mm、重さ30g)という超デカ・ミノーも、意外にいい泳ぎをしていたので(特に瀬の中でいい泳ぎをしてました)、これをやや軽量化したタイプや、ベイトタックルでは攻めにくいポイントも多くなってきたので、軽量化したスピニングタックル用のヘビーシンキング・ミノーも作る予定です。

 それにしても、鬼怒川中流域は超・超・超渇水で、どうしようもない状態です(^_^;)。

 今年は、このまま釣れずに終わってしまいそうです。

|

« ハンドメイド・ミノーのペイントって難しい! | トップページ | ハンドメイドミノーでニジマス(40cm) in 男鹿川C&R区間(2008/7/18)★ »

17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/41888079

この記事へのトラックバック一覧です: ベイトタックルで鬼怒川本流スーパーヤマメを狙うためのハンドメイド・ミノー暫定仕様:

« ハンドメイド・ミノーのペイントって難しい! | トップページ | ハンドメイドミノーでニジマス(40cm) in 男鹿川C&R区間(2008/7/18)★ »