« 模型店でハンドメイドミノーのリップ用ポリカーボネイト板を購入 | トップページ | YSミノー誕生~~ハンドメイドミノーのイニシャルは「YS」~~ »

2008年9月 1日 (月)

丸沼でグッドサイズ(47cm)のレインボー(2008/8/31)★

 夏が終わりつつある丸沼で、ハンドメイドミノーを使って、グッドサイズのレインボートラウト(47cm)を釣ることができました。

【日時】2008年8月31日(日) 正午~17時

【場所】丸沼(群馬県片品村)

【天候】曇り時々晴れ

【水温】未計測

【 風 】弱い南西の風

【釣果】レインボートラウト(ニジマス)3匹(47センチ、35センチ、30センチ)

【タックル】ベイトタックル〔ロッド:ダイワ・チームダイワS・6'6"、リール:アブ・アンバサダー4601c ガンナー、ライン:トライリーンXL ナイロン14lb、ルアー:ハンドメイドミノー(85mm、16g、アユカラー)&(85mm、18g、アユカラー)〕

【レポート】

 鬼怒川や那珂川は、毎日降る雷雨で大増水。とても釣りに行ける状況ではありません。

 天気が不安定という予報で、ちょっと心配ですが、最近、仕事がハードなので、どこかで釣りでもして、リフレッシュしたい気分です。

 「川」がだめとなると「湖」になります。

 中禅寺湖、湯ノ湖、丸沼、川俣湖、五十里湖、東古屋湖・・・・、今日はボートで一人のんびり釣れる丸沼に行くことに決定。

丸沼 ■山岳マラソン

 正午前に、丸沼に着くと、環湖荘の前では、何やらイベントが開かれています。

 環湖荘の受付で聞くと「山岳マラソン」だそうです。

 いつもの静まり返った丸沼と違って、女性MCの声が、あたりに響き渡っていて、ロッドを持ってウロウロしている人が、ちょっと場違いな感じです(^_^;)。

■序盤は苦戦

 正午からボートでスタート。

ハンドメイドミノー&アンバサダー  先客のボートは5艘ほど。陸っぱりの餌釣りの人は、エラ沢に2名いるだけ。ガラ空きです。

 ルアーは、もちろんハンドメイドミノー(85mm、16g、アユカラー)。

 ベイトタックルでも、遠くまでかっ飛んで行くので、キャストしているだけで気持ちよくなってきます。

 これで釣れれば最高なんだけどなーなんて思いながらキャストを繰り返します。

 ポイントを点々としながら移動するものの、午後1時30分までノーバイト。

■ドラマは「毒蛇の岩」にあった!

 発電所の放水口前にはボート2艘が張りついていて、時々コマスを釣り上げています。

 流れ込みにいる魚の活性は高そうです。

 邪魔にならないよう、少し離れた毒蛇の岩に陣取ることにしました。

 ここ毒蛇の岩は、あの開高さんがデカ・レインボーを釣り上げた有名なポイント。

 よっしーもいつかここでデカニジを釣り上げて、「ブラボー」と叫んでみたいのですが、なかなかそう思い通りにはいきません(^_^;)。

 ハンドメイドミノーを岸沿いにキャストして表層を引いてきたら、ミノーの後ろをチェイスしてくるコマスが1匹。

 おっ、おっ、来た来た、食いつけ、食いつけと念じながら、リーリングしてくると、ボートの5メートルほど手前のところでヒット!、ヤッター!

 タックルが超頑丈なので、ファイトを楽しむ間もなく、難無くランディング(^_^;)。

 35センチの放流物のレインボーでした。

 放流物ですが、ハンドメイドミノーに食いついてくれた、記念すべき魚に感謝、感謝です。

 この一匹で、ハンドメイドミノーでも釣れることが分かり、俄然やる気が出てきました。

 リリースして、休む間もなく、キャスト再開。

 このミノー、ただ引きでは、普通に安定して泳ぎますが、グリグリ&ジャークを入れると、姿勢が極端に不安定になって、小魚が狂ったような泳ぎになります。

 重目のシンカーを潰して入れてあるので、ウォブリングが極端に激しくなるようです。

 この超ド派手な泳ぎが良かったのかどうか、5投目にゴツン! ついに来ました。

 今度は、コマスではありません。

 ベイトロッドが大きくしなります。手元に伝わってくる感触から、大物間違いありません。

 そのファイトの凄まじさは、少しきつめに締めたアンバサダーから出る「キュー、キューーー」というドラグの音で分かります。

 ヘッドシェイク、横走りと、久しぶりの素晴らしいファイトを堪能して、ようやくネットインしたのは、50センチちょい手前、47センチの綺麗なビック・レインボー(ニジマス)\(^_^)/。

 テールのフックを、がっぷりくわえてます。

レインボートラウト47センチ in丸沼(2008/8/31) しばらく、ボートの上で一人、ネットの中でその素晴らしい容姿をながめて、幸せな時間を過ごしました。

 こういうレインボーが釣れるから、丸沼にはまってしまうんですよねーー。

 いつもならすぐ写真を撮影するのですが、あまりにいい顔つきだったので、タックルと一緒に浅瀬で完璧な写真を撮ろうとしたのが運の尽き。

 この後、撮影しようとエラ沢に着いた時には、なんと虫の息でした。

 少しエラが動いていますが、残念ながら、ほとんど昇天しそうな目での撮影となりました(T-T)。

 最高の写真を撮って、部屋に飾ろうと思っていたのに・・・、残念です。

 これからは釣ったらすぐに撮影して、浅瀬で撮影する場合は、少しでも早く行くようにしようと思います(魚は持ち帰って、家族で美味しくいただきました)。

レインボートラウト30cm in 丸沼(2008/8/31)  その後は、タラワンドで、さらに重いハンドメイドミノー(85mm、18g、アユカラー)で30センチのコマスを1匹ゲット。

 このハンドメイドミノー、意外に実力があるのかもしれませんね(^_^;)。

 雲行きが怪しくなってきたので、午後5時に終了しました。

■感想

 ハンドメイドミノー&ベイトタックルで、初めてデカマスを釣ることかできて、記念すべき一日になりました。

丸沼  最近、あまり魚を釣っていなかったこともあって、こうして記事を書いていて、ファイトのシーンを想い出すだけで、気持ち良くなってきます(^_^)。

 これからもハンドメイドミノーに磨きをかけて、トラウトやサーモン・フィッシィングを思う存分楽しんでいきたいと思います。

|

« 模型店でハンドメイドミノーのリップ用ポリカーボネイト板を購入 | トップページ | YSミノー誕生~~ハンドメイドミノーのイニシャルは「YS」~~ »

06□ 栃木の釣り・丸沼」カテゴリの記事

コメント

( ̄▽ ̄)b完璧♪

投稿: 黄鮒 | 2008年9月 1日 (月) 21時36分

こんばんわ。

おめでとうございます。
見事に結果を出されましたね。

この週末も関西に戻っておりましたが、
鬼怒川は、増水濁流のままですね。

残り少し、ラストスパート、頑張りましょう!

投稿: kawashimogawaspecial | 2008年9月 1日 (月) 22時39分

川でも湖でも、素晴らしい性能ですね~

ボディ形状もあると思いますが、やっぱりヘビーウエイトは効いてそうですね。

私にも作ってください!

といいたいのですが、投げられるロッドがありません・・・(笑)

投稿: t-fuku | 2008年9月 2日 (火) 12時56分

>黄鮒さん

 こんなに大きいレインボーが釣れると思っていなかったので、正直びっくりしました(^_^)。

 このハンドメイド・ミノーとベイトタックルのコンビは、もしかすると、とんでもない可能性を秘めているのかもしれないと、一人盛り上がっています\(^_^)/。

投稿: よっしー->黄鮒さん | 2008年9月 2日 (火) 22時02分

>kawashimogawaspecialさん

 どうもありがとうございます。

 このミノーで、鬼怒川でスーパーヤマメが先に釣れるはずでしたが(^_^;)、丸沼レインボーが先になってしまいました。

 鬼怒川は、相変わらず、増水モードですが、残り3週間、鬼怒川チェックを続けて、私も最後まで頑張りたいと思います。

投稿: よっしー-kawashimogawaspecialさん | 2008年9月 2日 (火) 22時03分

>t-fuku さん

 ヘビーウェイトですが、市販品にないくらい極薄の作りで、ウォブリング&ヒラ打ちが派手なのが特徴です。

 スピニングタックルだと、ちょっとしんどい重さです。ヘビーなベイトタックルで、ダイレクトにルアーを動かして、誘った時の泳ぎが効いているようです。

 今度、お会いした時、見てみてください(^_^)。

投稿: よっしー->t-fuku さん | 2008年9月 2日 (火) 22時07分

( ̄ー ̄)面白くなってきましたね♪

投稿: 黄鮒 | 2008年9月 2日 (火) 22時49分

>ヘビーウェイトですが、市販品にないくらい極薄の作りで、ウォブリング&ヒラ打ちが派手なのが特徴です。

コメントを読む限り、犀川の本流でもいい仕事してくれそうです。

リールはカルカッタ200があるので、ロッド買おうかな?(笑)

投稿: t-fuku | 2008年9月 3日 (水) 12時12分

>黄鮒さん

 トラウト・ベイト派ってあまりいないので、市販されることはないのでしょうけれど、おそらく「ベイト用ヘビーシンキングミノー」ってのもありなんでしょうね。

 売られないから、自分で作るしかないのですが・・・(^_^;)。

投稿: よっしー->黄鮒 さん | 2008年9月 3日 (水) 22時38分

>t-fukuさん

 久しぶりにベイトロッド、買っちゃってください(^_^)。

投稿: よっしー->t-fukuさん | 2008年9月 3日 (水) 22時39分

二日に、涸沼川、本日、大芦川にいってきました。釣果は・・・・・・・です。大芦は、すでに、魚が少ないようです。今回の、リーサルウェポン アレキサンドラを使ったのですが、ただ巻きだと、あまり、アクション(ウオブリング)*いったい小さいオはどうやって入力するんだー???*しないようなきがしたのですが??僕だけでしょうか??やはりDコがいいのかな?? 今年は、もう残り少ないので、あせっているぽんです。

投稿: こんにちわ ぽんです | 2008年9月 4日 (木) 17時28分

>ぽんさん

 アレキサンドラって、店頭で見たことがありますが、良さそうなミノーですね。

 ハンドメを始める前までは、ミノーは、Dコン85・アユばかりでしたが、この泳ぎは結構気に入っていました。

 本流&湖とも、禁漁間近ですが、今シーズン・ラストの中禅寺湖釣行も狙っているところです。

ピンクの婚姻色のホンマスなんて、釣れたら感動もんでしょうねーー(^_^)。

投稿: よっしー->ぽんさん | 2008年9月 4日 (木) 22時35分

アレキサンドラは、かなり今、注目のミノーです。しかしながら、かなりDコンはいいとおもいます。根がかりおおいですけど・・・ハンドメイドはかなり魅力ありますよね 以前 ラバージグ、最近も、フライは、へたくそながら、巻きました。よっしーさんは、あまりお金をかけずにーとおっしゃっていましたが、これは!!!お得というもは、ありましたか  よくタックルボックスを、工具入れで代用するとかありますが、僕がおもうに、トラウト含めライがかなり、たかいなーとおもい、最近は、500mまきのラインを使ってます。アメリカに比べると、馬鹿みたいに高いみたいです。釣りは、他の趣味に比べると、お金のかからない、経済的な、といわれますが、ルアーや、へら、鮎などはどうかなーと思います。さらに今年はガソリンが!!!!!ですので、遠征なども、つらい年ですね  へらも、浮きを、ハンドメイドしたりする方がいるので、ルアーを、ハンドメして、それで釣ってみるのは感動するでしょうね  ぼくは、せっかちでめんどくさがりなので、できないとおもいます。

投稿: ぽんです | 2008年9月 5日 (金) 18時27分

>ぽんさん

 ラインは、ベイト&スピニングタットル共に、トライリーンのXLかXTを愛用しています。

 強度も確かですが、300メートル巻きで、国産100メートルとほぼ同じ価格(1500円程度)で格安なのも気に入っている理由です。

 ただ、トライリーンを扱っている釣具店は、宇都宮市内では、東京街道沿いにある「B.B.MAX宇都宮店」だけです。バス・メインの店ですが、いろいろ面白いルアーが売っているので、時々通っています。

 あと、タックルの小道具関係は、100均ショップの小道具入れケースを使っています。こんな感じかなーー(^_^)。

投稿: よっしー->ぽんさん | 2008年9月 5日 (金) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/42349042

この記事へのトラックバック一覧です: 丸沼でグッドサイズ(47cm)のレインボー(2008/8/31)★:

« 模型店でハンドメイドミノーのリップ用ポリカーボネイト板を購入 | トップページ | YSミノー誕生~~ハンドメイドミノーのイニシャルは「YS」~~ »