« 鬼怒川・川治地区(2008/9/23) | トップページ | 大自然の中でルアーフィッシングを楽しむために~~4年目の先輩からビギナーへのアドバイス~~ »

2008年9月27日 (土)

魚皮貼りYSミノー

 ベイトタックル用ヘビーシンキングのYSミノー、基本設計は、だいたい完成の域に達しつつあります。

 泳ぎはほぼ満足できるレベルになってきたので、お次はカラー・バリエーション、シルバーベースのアユカラーばかりでしたが、少し違うカラーのミノーも揃えたくなってきました。

  そんな時、宇都宮市内の釣具店で目に止まったのが、海釣り用の「厳選魚皮 オーロラ ハゲ皮(619円)」。

 光線の角度によって、ナチュラルなホログラムのように、薄い虹色に輝く魚皮。

 結構いけそうじゃないですかーーー。

  「この魚皮をミノーに使ったら、ワカサギ・カラーのようになるんじゃないか」なーーんてことが頭に浮かんだ瞬間には、手にとってレジに向かっていました(^_^;)。
魚皮貼りYSミノー
 早速、この魚皮を貼ったYSミノー(ヘビーシンキング、86mm、16g)を作ってみました。

 さすがに、単純シルバーのものより、艶かしさアリアリの仕上がりです。

 リアルさより、派手なアクションで釣りたいという感覚があるので、あまりリアルなミノー作りにはまるつもりはありませんが、少しはこういうミノーがあってもいいでしょう。

 「ワカサギと間違った、デカニジがガブリ!」なんてことを妄想しているだけで、気分良くなってきます。

 まずは、秋の丸沼で、ネイティブ・レインボーに効くか試してこようと思います。

|

« 鬼怒川・川治地区(2008/9/23) | トップページ | 大自然の中でルアーフィッシングを楽しむために~~4年目の先輩からビギナーへのアドバイス~~ »

17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等)」カテゴリの記事

コメント

またまた、凄いの作りましたね~

>派手なアクションで釣りたい
カラーに関しては、アユの他に、ゴールド系はいかがでしょうか?

それも単色ではなく、
・ベースゴールド、バック蛍光ピンク、ベリーレッド
とか、
・ベースゴールド、バック蛍光ピンク、ベリーブラック
とかが、シルバーベースの物よりもアピールでき、

朝夕や濁りが強い時にシルバー(アユ)とは違った効果が期待できると思います。

もちろん、個人的な好みもあるので、ご参考まで。

投稿: t-fuku | 2008年9月27日 (土) 10時35分

>t-fukuさん

 すでに「ゴールド」のカッティングシートを購入済です.販売最小単位が50㎝×1メートルだったので、ミノー作りには、とんでもない量のストックがあることになります(^_^;)。

 今のところ、ゴールド系は、オーソドックスに、

・ベースゴールド、バック・レッド
・ベースゴールド、バック・ブラック、ベリーレッド

 って感じのものを作ろうと思っていました。このノーマル系を作った後、教えていただいたカラーも、参考にして作ってみようと思います。

 「蛍光ピンク」ってのも良さそうですね(^_^)。 

投稿: よっしー->t-fukuさん | 2008年9月27日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/42606187

この記事へのトラックバック一覧です: 魚皮貼りYSミノー:

« 鬼怒川・川治地区(2008/9/23) | トップページ | 大自然の中でルアーフィッシングを楽しむために~~4年目の先輩からビギナーへのアドバイス~~ »