« サーモン用YSミノーのニューカラー「蛍光ピンク&蛍光グリーン」 | トップページ | そろそろ東古屋湖も気になり出しました »

2008年10月25日 (土)

サーモン用YSミノーのフック自作(2008/10/25)

 2007年の福島県木戸川&請戸川、新潟県荒川でのサーモンフィッシングでは、初めての経験ということもあって、ベーシックな「スプーン+タコベイト」でチャレンジ。

 みなさんが使われている基本的なルアーということもあって、グッドサイズのサーモンを釣ることができました。

 2008年は、請戸川(11月)&荒川(12月)のサーモンフィッシングに参加することにしていますが、今年は、ハンドメイドのYSミノーで釣ることをテーマにしています。

  サーモン用YSミノー(90mm、28g)の作製の方は、順調に進んでいて、休日となると、ディッピィングやペイントに明け暮れています。

サーモン用YSミノーのフック自作   一方、ミノーに付けるフックですが、実は、サーモン用の大きめのフックはあまり持っていません。

  ミノーがハンドメイドなので、フックも自作することにしました。

  自作といっても、フロロラインでアイを付けるだけのお手軽自作です。

  用意するものは、丸セイゴ20号(餌用.ルアー用で使っているリングの付いてないフック)、フロロライン4号(フロロハリス)、ミシン糸、瞬間接着剤、ペイント用塗料(釣具店で売っているもの)ぐらいです。

 作り方は至って簡単。

 フロロラインで輪を作って、それをミシン糸でフックに巻き付け、結び目を瞬間接着剤で固定します。瞬間接着剤が乾燥した後にペイント(赤)して出来上がりです。

 気をつけることは、ミノー用ということで、アイの位置をミノー用に縦にするくらいでしょうか。

 サーモン用でなくても、フックのサイズを落とせば、通常のトラウト用のフックも作ることができますね。

 11月の請戸川に向けて、予備も含めて、20本ぐらいは作っておこうと思います。 

|

« サーモン用YSミノーのニューカラー「蛍光ピンク&蛍光グリーン」 | トップページ | そろそろ東古屋湖も気になり出しました »

14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/42900579

この記事へのトラックバック一覧です: サーモン用YSミノーのフック自作(2008/10/25):

« サーモン用YSミノーのニューカラー「蛍光ピンク&蛍光グリーン」 | トップページ | そろそろ東古屋湖も気になり出しました »