« サーモン用のセルフペイント・スプーン(2008/11/11) | トップページ | 速報・請戸川サーモン・ルアーフィッシング(2008/11/15)★ »

2008年11月13日 (木)

2008年請戸川サーモン・ルアーフィッシングのタックル(2008/11/13)

 いよいよ11月中旬の福島県請戸川サケ有効利用調査から、計3回におよぶ2008年のサーモンフィッシングがスタートします。

 今日は、初戦の請戸川で使う主なタックルを紹介します。

-----------------------------------------------------------------

2008年請戸川サーモン・ルアーフィッシングのタックル 【ロッド】

 ロッドは、去年から使っているアブ・ガルシアのホーネットスティンガー HSC-682MH。

 大物にも余裕で耐えられるパワーを備えています.今年も頼むぞー!

【リール】

 ベイトリールのアブガルシア・アンバサダー4601c3と4601ガンナー。

 両機とも、全分解して、汚れを拭き取り、きれいにグリスアップ済です。

【ライン】

 ナイロンラインのトライリーンXL(16lb)。

 しなやかで適度に伸びがあるバークレイのナイロンライン。サーモンの激しいファイトをしっかり受け止めてくれます。

【ルアー】

 2008年サーモンフィッシングの目標は「YSミノーで釣ること」です。

 メインルアーは、この日のために作りためたハンドメイドのサーモン用YSミノー(93mm、28g)、カラーは、アカクロ(赤べこカラー)、メタリックレッド、蛍光ピンク、蛍光グリーン、アユ etc。

 準備まで時間があったので、釣り上げるサーモンの数以上にミノーが揃っちゃいました。

 ただ、請戸川は、サーモン用YSミノーのデビュー戦となるので、内心、期待半分&不安半分って感じです。

 「例え釣れなくてもYSミノーで一日通すぞ!」といきたい気持ち山々ですが、そこまで強気でいける自信がありません。ちょっと情けないか?(^_^;)

 そんな訳で、YSミノーで全く反応がない時のために、オーソドックスなサーモン・ルアーとして、セルフペイントしたスプーン(20~30g)も用意しました。

 スプーンを使う時は、自作タコベイトhttp://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2007/09/post_91e6.htmlを付ける予定です。

----------------------------------------------------------------

  「頑丈なタックルで、デッカイ・ルアーをドバーンと投げて、ファイト溢れるサーモンを釣り上げる」、繊細なトラウト・ルアーフィッシングと違って、あまり細かいことを気にせず、豪快な釣りを楽しめるのが、サーモン・フィッシングの魅力です。

 2007年の請戸川では、突如発生した台風による増水の影響で、サーモンの活性も上がらず、メス1匹(80cm)釣るのが精一杯でしたが、今年は、腕がパンパンにくらい釣りまくって、心ゆくまで堪能してきたいと思います。

|

« サーモン用のセルフペイント・スプーン(2008/11/11) | トップページ | 速報・請戸川サーモン・ルアーフィッシング(2008/11/15)★ »

14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/43092919

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年請戸川サーモン・ルアーフィッシングのタックル(2008/11/13):

« サーモン用のセルフペイント・スプーン(2008/11/11) | トップページ | 速報・請戸川サーモン・ルアーフィッシング(2008/11/15)★ »