« サーモン用YSミノーの黒点付き「蛍光ピンク&蛍光グリーン」 | トップページ | サーモン用のセルフペイント・スプーン(2008/11/11) »

2008年11月 9日 (日)

東古屋湖釣行(2008/11/9)

東古屋湖釣行(2008/11/9)  2008年11月16日(日)の「秋の釣り大会(スーパーレインボートラウトトーナメント)」に向けて放流が増えている東古屋湖。

 大会は、予定があって参加できないので、2008年11月9日(日)に様子を見に行ってきました。

  正午前に東古屋湖到着。

 周囲の紅葉が水面に映えて、とてもいい雰囲気です。

  その湖面には多くのボート、岸沿いにはたくさんの釣り人、東古屋湖は大賑わいです。

  様子見だけの予定でしたが、ボートの人が、豪快にデカマスを釣り上げているのを見て、急遽、午後券を買うことにしました。

 スピニングタックルで、YSミノー(14g、アユ)、スプーン(チヌーク7g、ベスパ5g等)で表層から下層まで通しますが、ショートバイトもチェイスもなし。

  ヤバイなーーーと思い始めた、午後4時、スプーンをキャストしてリーリングを開始した途端、ドラグが鳴き出しました。

  フォール中にバイトすることもあるので、慌ててドラグを調整します。

  元気のいいファイトに、久しぶりの手応えを楽しみます。

  すると、最初に水面に上がってきたのは、なんと「スプーン???」。よく見ると、スプーンにラインが絡まっていて、そのラインの先にデカ・レインボーが掛かっていました。

 ラインブレイクして逃げていたレインボー付きのラインを釣ったということ(^_^;)。

  引き寄せて、ラインを手に取ると、50cmオーバーのレインボーが、いきなり猛ダッシュ、そして「プチンッ」とラインを切って、逃げていきました。

 今日の魚の反応は、これだけ。

 丸沼で2回、東古屋湖で1回と、3回続けての「オデコ」に、長男(中3)から「お父さんは、魚を釣ろうという思いが強すぎるから、釣れないんだよ。無心が大事なんじゃないの」なんて言われる始末(当たってるかも?)。

 後から他の釣り人に聞いた話では、やはり午前中の方が良かったようで、午後はさっぱりだったそうです。

|

« サーモン用YSミノーの黒点付き「蛍光ピンク&蛍光グリーン」 | トップページ | サーモン用のセルフペイント・スプーン(2008/11/11) »

12□ 栃木の釣り・東古屋湖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/43062138

この記事へのトラックバック一覧です: 東古屋湖釣行(2008/11/9):

« サーモン用YSミノーの黒点付き「蛍光ピンク&蛍光グリーン」 | トップページ | サーモン用のセルフペイント・スプーン(2008/11/11) »