« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の14件の記事

2009年2月28日 (土)

いよいよ2009年解禁

アブ・アンバサダー4601とYSミノー  朝起きて、新聞を見ると、世の中どこも大変な話ばかりですが、「釣り」や「ブログ」を楽しむことができる今の自分の環境に感謝しながら、日々、過ごしています。

 趣味を楽しむどころではない方も、大勢いらっしゃますから・・・。

 さて、明日(2009年3月1日)、いよいよ鬼怒川&那珂川本流が解禁になります。

 毎年、この日は、緊張感・ドキドキ感があって、期待&夢が膨らむ格別の日です。

 よっしーは、いつものベイトタックル(アブ・アンバサダー4601c3&ガンナー)に加え、新たに戦力となった「YSミノー(85~90mm、10~20g)」で、「スーパーヤマメ・サクラマス(那珂川)ゲット」という目標に、一歩ずつ近付いていければなーーと考えています。

 いい結果が出る、出ないに関わらず、大自然の中でロッドを振ることができる幸せをかみしめながら、今年もトラウト・ルアーフィッシングを楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

YSミノー「フローティングタイプ(F)」

YSミノー「フローティングタイプ(85mm、9g、F)」  YSミノーの「フローティングタイプ(F)」が完成しました。

  「内蔵するウェイトを重くしなければ、フローティング・ミノーは自然にできるはず」と思っていた通り、一発で仕上がりました。

 長さ85mm、ウェイト9g、カラーは、アユとクロキンの2本です。

 通常、ハンドメイド・ルアーのマニュアル本を見ても、バルサ製のハンドメイド・ミノーは、フローティングが基本に書かれているので、私のように、ヘビーシンキングからスタートして、スローシンキング → サスペンド → フローティングと逆順で作っていく人も珍しいのかもしれません。

 フローティングで、根がかりする可能性も低いので、鬼怒川&那珂川本流、中禅寺湖、丸沼など、様々なフィールドの表層を攻める時に活躍してくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

アカサカ釣具店(栃木県佐野市)

 用事があって、栃木県佐野市に出かけた時に、以前から気になっていた「アカサカ釣具店」に行ってきました。

アカサカ釣具店(栃木県佐野市)  ルアーやフライ用品がとても充実していますし、よっしーお気に入りのアンバサダーも置いてあります。

 それと、店の中心に店員さんが入っているカウンターがあるのですが、常連さんと女性の店員さんが、親しげに話しているアットホームな雰囲気も、とても気に入りました。

  宇都宮から離れているので「常連」という訳にはいきませんが、近くに行った時は、必ず寄るようにしたいと思います。

【アカサカ釣具店の連絡先】
 栃木県佐野市大町3026、TEL 0283-22-0298
  http://akasaka-shop.jugem.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

東古屋湖解禁前漁獲調査(2009/2/22)★

 2009年2月22日(日)、東古屋湖解禁前調査に参加してきました。

 事前にネットなどで収集した「2/19の関係者による解禁前調査で爆釣した」との情報もあって、否が応にも期待が高まります。

 よっしーの今日のテーマは「YSミノーでデカマスを釣ること」。

 YSミノーは、長さ85~90mm、ウェイト10~20gということで、メイン・タックルはベイトタックル(ナイロンライン 14lb)になります。

 YSミノー・東古屋湖スペシャル(60mm、7g)やスプーン(5g~)を使うために、予備はスピニングタックル(ナイロンライン 6~10lb)も用意しました。

 調査の方法は、釣った時間とポイント、魚の大きさを調査用紙に記録して、キャッチ&リリースするというもの。

 午前8時30分、ボートでt-fukuさんとスタートしました。

 朝一の水温は2度。この水温だと、漁協の事前説明通り、トウラトは、水底(4度)にへばりついていそうです。

 周囲の方は、管釣風ライトタックル方がほとんどです。

  開始早々、事務所前の周りの舟が、グッドサイズのレインボーを釣り上げ始めました。

 よっしーは、ベイトタックル+YSミノー(長さ85mm、ウェイト14g)で、表層から順に底まで流していきます・・・が、反応ありません(^_^;)。

  東古屋湖スペシャル(60mm、7g)も投入しますが、こちらも変わりなし。

  周囲では、時々、釣り上げている様子が見られるものの、爆釣というほど釣れていないようです。
サクラマス 30cm in東古屋湖(2009/2/22)
   今日はトラウトの活性が下がっているようです(一昨日に降った雪の影響でしょうか)。 

 

午前9時30分過ぎに、ベイトタックルで投げていたチヌーク(青銀、17g)に、30センチのサクラマスが1匹かかっただけ(サクラマスは、こんなでっかいスプーンでも釣れるんですね)。

  ポイントを下流のダムサイト方面に移動しますが、こちらもサッパリ。

東古屋湖・キャンプ場手前   正午前、キャンプ場手前に移動したところ、ここは結構、頻繁に釣れています。

 みなさん、管釣タックルで3グラム以下のスプーンで攻めているようですが、よっしーは、今日、持ってきた最軽量スプーンは5グラム。

 スピニングタックルで、ベスパ(黒金、緑金、5g)やYSミノー・東古屋湖スペシャル(60mm、7g)を交代しながら投げていたら、ベスパ(緑金、5g)に40センチクラスのバイトがありましたが、惜しくもバラシ。

 午後2時過ぎ、「調査終了時間が、1時間延長されて午後3時30分に変更」とのアナウンスが入りました。

 少し風が吹いてきて、水面にさざ波がたって、いい雰囲気になってきました。

 もしかしたら、夕マズメ前、活性が少し高まったトラウトがシャローに再び入ってくるかもと考え、ボートを事務所前に移動したら、t-fukuさんの一投目に待望のヒット。

ニジマス(45センチ)   上がってきたのは、体高のある見事な45センチのレインボーでした。

 いやーー、お見事!

 その後、t-fukuさんが少し小ぶりなレインボーを釣り上げたところで、調査が終了しました。

 結局、よっしーは、サクラマス1匹。「YSミノーでデカマスを釣る」という目標とは、程遠い結果となりました

  「オデコ」はしょっちゅうで、慣れているとは言え、現実は厳しいですね。

 自宅に戻って、長女(中1)に話したら、「ショボッ」と言われたり、長男(中3)には、「お父さんは釣り欲が強すぎるから、釣れないんじゃないの? もっと力を抜いた方がいいんじゃないの」なんて言われる有り様(意外に当たっているかも?)。

  「1年の釣りの計は、初釣りにあり」なーーんてことがないことを祈っています(^_^;)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

2009年東古屋湖・解禁前漁獲調査のルアー(2009/2/18)

 ちょっと前に、「手段が目的化。ハンドメイドミノー作りの方が面白くて、釣りのテンションがいまいち高まらない」なんてことを書いていましたが、目の前にエサ(釣り)をぶら下げられると、とたんに元気が出てきました。

 仕事から帰ると、2009年のシーズン初釣行となる「東古屋湖・解禁前漁獲調査(2009年2月22日(日)」の準備を黙々とやっています。

YSミノー(85-90mm) さて、その最初のターゲットとなる東古屋湖・レインボーは、この時期、底にベッタリ張りついていることが多く、普通は底を取りやすいスプーンでの釣りがメインになります(詳しくは、「2008年初釣行「東古屋湖解禁前漁獲調査」でニジマス2匹(55センチ&40センチ)(2008/2/22)」を参照)。

 ルアーは、これまでならスプーン(5~20g)・オンリーでしたが、今年は「YSミノー」をメインとして、スプーンをサブにする予定です。

 YSミノーは、オフシーズン中に作りためた「長さ・85~90mm、ウェイト・10~20g」のヘビーシンキング、スローシンキング、サスペンドの3タイプ。

 ただ、この時期、85mmのバルサ・ミノーに、東古屋湖でどれほど反応があるか・・・、水温も低く、活性もそれほど高くない、となると、かなり厳しくなるのではないでしょうか。

YSミノー・東古屋湖スペシャル(60mm、7g) そこで、急遽、ちょっと小ぶりなYSミノー(60mm、7g)を作ってみました。

 底にいるレインボーを攻められて、ポーズを入れた時に水中姿勢があまり崩れない「スローシンキングタイプ」、さらに、カラーは東古屋湖でよく釣れているスプーンの色合いを真似てみました。

 トラウト用ミノーで、こういう色合いは、ちょっと珍しいかもしれません(家族に見せたら、「信号機みたい」と笑われました)。

名付けて「YSミノー・東古屋湖スペシャル」。

 ちなみに、写真一番上のブルーのものは、豪華なアワビシート貼りです(初めて使いました)。

 このミノーで釣れると面白いんですけどねーーー。

 調査当日は、「オデコもOK」って感じで、久しぶりの釣りを楽しんできたいと思います。

 ・・・とかなんとか言いながら、内心は、やっぱり「デカマス釣りたーーい!」です(^_^;)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

「ダイヤルアップ」から「光」へ

 皆さんは、インターネットへの接続は、どんな回線を使われていますか?

 よっしーは、なんと「ダイヤルアップ」なんです。 ダイヤルアップだと、通信スピードが遅いので、大きなサイズの写真を使っているブログを見ることができませんし(画面表示に時間がかかる)、プログラムのインストールもほとんどできません。

 よっしーの散歩に掲載している写真が小さめ(400×300)なのは、接続スピードが遅くても、快適に見るための工夫だったりします。

 このことを職場の同僚に話すと、結構びっくりされます。

  それでも、ニフティの2,000円/月と電話料1,500円/日で、せいぜい毎月3,500円ぐらいで済むというコスト的なメリットもあって、ダイヤルアップのまま使い続けてきました。

 先日、長女が、通信教育を始めることになったのですが、それがインターネットを使うことが条件になっているタイプで、ADSLか光回線でないとできないことが判明。

 「本人はやる気満々」です。

 この状態で、「そんな通信教育はやめて、普通に参考書や問題集買って頑張ればいいんじゃないの」なんて言う勇気はありません(^_^;)。

 まず最初にADSLを考えてみました。

  調べてみると、自宅から中継基地まで距離が離れているため、接続スピードが契約通りに上がらないことがわかりました。

 いろいろ考えた末、将来的なことも考えて「光回線」にすることに決定。

 長女の通信教育に時間が取られてパソコンが使えなくなる不安が、ちょっとあったりしますが、インターネット環境が快適になるので、「よっしーの散歩」の方は、確実に、この恩恵に授かることになります。

  ただ、ブログの方は、よっしーの頭の中が「光」ではなく「アナログ」状態なので、これまで通り、マイペースでの更新になります。

 パソコンのように、一気に頭の回転を早くする方法があると、いいんですけどねーーー(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

2009年東古屋湖・解禁前漁獲調査に当選

 2月13日(金)の夜、帰宅してパソコンのメールをチェックすると、「未読メール1通」の表示が目に飛び込んできました。

 最近、あるメールが来ることを期待しているので、少しドキドキしながら開いてみると・・・、差出人は「2009解禁前漁獲調査事務局」。

 もしかすると・・・・、ヤッターーー\(^_^)/。

 2009年2月22日(日)に開催される東古屋湖・解禁前漁獲調査に見事「当選」しました。

 何倍かは分かりませんが、相当な競争率だったはずなので、本当にラッキーです。

 よっしーは、この調査が、2009年のシーズン初釣行になるので、ちょっと気合い入れて参加してこようと思います。

 さーーて、早速、タックルの準備に取りかかることにしまーーす。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

YSミノー「サスペンドタイプ」が完成

サスペンドタイプのYSミノー  YSミノーにも少しずつ、新しいタイプが増えてきました。

 これまで作ってきたタイプは「ヘビーシンキング」、「スローシンキング」とくれば、お次は、「サスペンドタイプ(水中でとどまる)」です。

 スローシンキングタイプのバルサのボディをそのままに、ウェイトを少し軽くしてみたところ、うまい具合に、サスペンドするYSミノー(85cm、12g)が出来上がりました。

 と言っても、実は最初はフローティングにするつもりだったのですが、リップを付けた時に、その重さで、サスペンドタイプになってしまったというのが、本当のところです。

 水中に漂っているか(サスペンド)、少しずつ沈むか(スローシンキング)の境って、すごく微妙なんですね。

 サスペンドタイプなので、ストップ&ゴーをした時、スローシンキング以上に姿勢が安定していて、メリハリの効いた泳ぎを続けることができます。

 中禅寺湖、丸沼、東古屋湖などの湖で、トラウトの活性が高く、表層を気にしている時に活躍してくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

しもつかれ、美味しいですよーー

しもつかれ  栃木の有名な郷土料理と言えば「しもつかれ」。

 いつも行くスナックのママさんからの頂き物です。

 見た目はあまりよくありませんが、いろいろな食材から出たダシがたっぷり効いていて、美味しいんですよねーーー。

 お酒にもよく合います。

 子供達は苦手ですが、私や妻は大好物です。

 写真は、ちょっとパサついた感じに写っていますが、これは冷凍していた「しもつかれ」を、常温で解凍中のものを撮影したためです。

 少し置いておいたら、いつもの「しもつかれ」に戻って、美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

ゴールドボディのYSミノー

ゴールドボディのYSミノー  トラウト用ミノーのボディ・カラーと言えば、「シルバー」か「ゴールド」が定番です。

 よっしーの経験では、スプーンもミノーも、シルバー系の方が成績が良かったこともあって、これまでYSミノーも「シルバー」しか作っていませんでした。

 2009年から那珂川本流サクラマスにチャレンジしようと思っているのですが、「サクラマスにはアカキンが効く」という話を聞いたので、「ゴールド」ボディのYSミノーを作ってみました。

 ボディ・カラーを変えるだけなので、そんなに難しいこともありません。

 出来上がったのは、「バック:黒~赤、ボディー:金、ベリー:銀」と「バック:黒、ボディー:金、ベリー:蛍光ピンク」の2本。 いずれも、ベイトタックルでも使える「サイズ:85cm、重さ:15g、スローシンキングタイプ」。

 ゴールドベースのミノーは、那珂川本流サクラマスのみならず、湖(中禅寺湖、丸沼など)でも活躍してくれそうなので、少しずつ増やしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

2009年のルアーフィッシング計画

 あと1ケ月程で、いよいよ解禁ですね。

 よっしーは、2005年5月5日からルアー・フィッシングを始めたので、2009年5月で丸4年、5年目のシーズンに入ります。

 ここで、毎年、シーズン開幕前の恒例になっている、よっしーの「2009年ルアーフィッシング計画」を紹介したいと思います。

~~~~~~~~~~~

鬼怒川年券 【鬼怒川&那珂川本流】

 鬼怒川本流(宇都宮地区)が、よっしーのホームグラウンドです。

 自宅から車で10~15分程で行けるとあって、シーズン中は、コンディションが良い時だけを狙って、仕事前&後のチョイ釣りすることも度々です。

 2008年の鬼怒川本流では、「バラシ3回だけ」の見事な完敗でした。他でも、ほとんど釣れた話を聞かなかったので、正真正銘の「絶不調」だったようです。

 この状況から、1年で復活するのは厳しいかもしれませんが、粘り強く通って、2009年は、2年ぶりに鬼怒川スーパーヤマメ(40cm以上の本流ヤマメ)の顔を拝みたいと思います。

 また、那珂川本流は、2008年はサクラマス&スーパーヤマメ狙いに通いましたが、釣果はデカ・ニゴイのみ。

 こちらは、まだ顔さえ見ていないので、初物を釣ることが目標です。

【中禅寺湖&丸沼】

  2008年、中禅寺湖は完璧な「オデコ」、丸沼は、目標の50cmにちょっと及ばなかったものの、47cmのレインボー・トラウトを釣ることができました。

 2009年の解禁は、中禅寺湖が4月上旬、丸沼が4月下旬ですので、今年は、YSミノーで攻め続けて、中禅寺湖ではレイクトラウトかブラウントラウト、そして丸沼では50cm以上のレインボーをゲットしたいと思います。

【東古屋湖・川俣湖・五十里湖など】

 東古屋湖は、宇都宮から近くて手軽に釣りが楽しめるのが気に入っています。

 また、距離は遠くなりますが、去年、時々、出かけた川俣湖や五十里湖などにも、今年も時々足を伸ばしたいですね。

【サーモン・フィッシング(福島県、新潟県)】

 3年目となるサーモン・フィッシング。2009年も、福島県の木戸川&請戸川、新潟県荒川のサーモン・フィッシングに申し込みます。

【その他】

 新たに那珂川&涸沼川のシーバスにチャレンジする予定です。

~~~~~~~~~~~

 続いて「月別の計画」です。

  フィールドのコンディションや情報によって変わってきますが、今のところ、こんな感じで考えています。

~~~~~~~~~~~

2009年2月の那珂川 【3月】 那珂川本流がメイン。時々、鬼怒川本流、東古屋湖。

【4月】 那珂川本流がメイン。時々、中禅寺湖、鬼怒川本流、丸沼。

【5月】 那珂川&鬼怒川本流、中禅寺湖&丸沼。

【6月~7月】 鬼怒川&那珂川本流がメイン。時々、中禅寺湖、丸沼。

【8月~9月】 丸沼、鬼怒川&那珂川本流、茨城シーバス。

【10月~11月】 丸沼、サーモン(福島県)、茨城シーバス。

【12月】 サーモン(新潟県)、東古屋湖。

~~~~~~~~~~~

 2009年は、鬼怒川本流(スーパーヤマメ)は、シーズン中の仕事前・後のチョイ釣りはいつもの通りですが、メインシーズンを6~7月に絞ることと、この時期以外は、那珂川本流の機会を多くして、本格的に那珂川サクラマスを狙いたいと考えています。

 さらに、新たに茨城シーバス(那珂川&涸沼川)をスタートする予定です。

 どんな結果が出るか分かりませんが、2009年も栃木県内外のフィールドを元気に駆け回りたいと思いますので、応援、よろしくお願いしまーーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

土曜の朝は「にっぽん 釣りの旅(NHK衛生第2放送)」

 よっしーの土曜の朝の楽しみは、午前8時からNHK衛生第2放送でやっている「にっぽん釣りの旅http://www.nhk.or.jp/tsuri/)」。

 俳優などの有名な方が、地元の名人と一緒に釣りを楽しむという30分番組です。

 ガイド訳となる名人も地元の方が中心で、テレビ慣れしていない方も多く、ほのぼのした感じですし、テクニックや釣果偏重になることもなく、「釣りに対するこだわりや思い」などの周辺部分に光を当てながら、のんびり釣りを楽しむ雰囲気が気に入っています。

 また、釣れない時(最初のうちはたいてい釣れません)、ゲストがつぶやいたり、ぼやいたりするのですが、その様子から、性格や考え方などの人間性が見て取れるのも面白いところです。

 魚がヒットしたとたん、テンションの高い音楽がかかったりする「釣り=ハンティング」の賑やかな民放番組に馴染めない、「釣り=自然と人間のコミュニケーション手段 or 芸術 or のんびり・ゆったりくつろぐ手段」志向の方に、ピッタリの番組ではないでしょうか。

 ちなみに、2009年1月31日の番組では、女優の黒田さんが、地元の釣り名人、小林さん姉妹(45~50歳くらいの方)と一緒に、東京湾でスミイカ(コウイカ)の舟釣りをする様子が紹介されていました。

 釣りの方も面白かったのですが、名人姉妹が、「昔、バードウォッチングに凝っていて、今は釣りに夢中」と、よっしーと経歴が全く同じなことに共感しちゃいました。

 オフシーズンはもちろん、3月解禁後でも、天気が悪くて釣りに行けない土曜日は、是非御覧になってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

手段が目的化?

 「家族と自然の中をドライブするために、4WD車を買ったが、車好きになってしまって、車を汚したたり傷つけるのが嫌で、街乗りにしか使わなくなってしまった」

 「いい写真を撮ろうとカメラやレンズを買ったが、カメラやレンズをコレクションすることが好きになってしまい、撮影しなくなってしまった」

 「トラウトを釣りたくて、フライを巻きはじめたが、綺麗なフライを巻くことの方が楽しくなってしまって、釣りに行かなくなった」

 まー、こんな感じのいわゆる「手段が目的化」してしまったという話がよくあることは、皆さんご存じのとおり。

 どうやら、最近、よっしーも、ちょっとこのアブナイ傾向が出てきているようなんです
(^_^;)。

 去年(2008年)までは2月ともなると、「釣りの禁断症状が出てきて、3月解禁が待ち遠しくてしょうがない」という状態になっていたのですが、今年は「待ち遠しい」という感じより、むしろ「もう少し解禁が遅れないか」とさえ思ってしまうのです。

 よっしーの散歩を御覧になっていただいている方には、すぐにお分かりですね。

 そうなんです。

 「トラウトを釣りたくて、ハンドメイドミノー作りを始めたけど、カッコイイ・ミノーを作ることが好きになって、釣りに行きたくなくなってしまった」 のです。

 机の上でバルサを削ったり、ディッピィングやペインティングを繰り返しながら、少しずつ、ミノーの形を整える作業、鬼怒川でのスイミングテストで、水中を艶かしく泳ぐYSミノーを見る、こういった一連の作業に、かなり充実感を感じるようになっています。

 「釣り欲 < ハンドメ欲」という状態なんです。

 これって、かなりヤバイんじゃないでしょうか(^_^;)。

 こんな感じで、ハンドメイド・ビルダーになっていく方もいるのでしょうけれど、よっしーは、ビルダーになるつもりはありませんし、やっぱり「釣り」がメイン・・・のはず(あまり、決めつけない方がいいのかな?)。

 2月中は、ハンドメ欲がこれ以上高まらないよう、釣り雑誌を読んだり、鬼怒川のポイントチェックをしたりして、釣り欲を高めていって、3月解禁を無事迎えられるようにしたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

YSミノーに「スローシンキングタイプ」が登場!

 これまで、YSミノーは、ベイトタックルで投げやすいウェイト(15~20g)にできることや、水に浮くどうか、ウェイト&ボディーとのバランスを気にする必要がないということもあって、ヘビーシンキングタイプ(HS)ばかり作ってきました。

YSミノー・スローシンキングタイプ  作り始めて半年経って、ようやく、納得できるものを量産できるようになってきたので、少し違ったタイプにチャレンジしてみました。

  ヘビーシンキングより、軽く浮力のある「スローシンキングタイプ(SS)」です。

 出来上がったのは、

○設計No91 【93cm、19g、魚皮貼+アユマーク付、バルサ製(写真奥)】

○設計No92 【85cm、15g、魚皮貼+アユマーク付、バルサ製(写真手前)】

 ヘビーシンキングタイプは、リーリングを止めると、ストーンと水底に落ちていってしまいますが、このスローシンキングタイプは、鬼怒川のプールでテストしてみたところ、フラフラ、ヒラヒラとゆっくり沈んで行きます。

 ストップ&ゴーをしても、水中姿勢が維持されていて、連続したきれいな泳ぎを繰り返してくれるのがいいですね。

 鬼怒川や那珂川本流ヤマメはもちろん、中禅寺湖や丸沼などの湖で、それほど深くないシャローやカケアガリの表層~中層を、アクションを織りまぜながら攻めるのに向いていそうです。

 いろいろなシチュエーションに使えそうなので、3月の解禁までに、少し量産しておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »