« シーバスが気になる(2009/1/31) | トップページ | 手段が目的化? »

2009年2月 2日 (月)

YSミノーに「スローシンキングタイプ」が登場!

 これまで、YSミノーは、ベイトタックルで投げやすいウェイト(15~20g)にできることや、水に浮くどうか、ウェイト&ボディーとのバランスを気にする必要がないということもあって、ヘビーシンキングタイプ(HS)ばかり作ってきました。

YSミノー・スローシンキングタイプ  作り始めて半年経って、ようやく、納得できるものを量産できるようになってきたので、少し違ったタイプにチャレンジしてみました。

  ヘビーシンキングより、軽く浮力のある「スローシンキングタイプ(SS)」です。

 出来上がったのは、

○設計No91 【93cm、19g、魚皮貼+アユマーク付、バルサ製(写真奥)】

○設計No92 【85cm、15g、魚皮貼+アユマーク付、バルサ製(写真手前)】

 ヘビーシンキングタイプは、リーリングを止めると、ストーンと水底に落ちていってしまいますが、このスローシンキングタイプは、鬼怒川のプールでテストしてみたところ、フラフラ、ヒラヒラとゆっくり沈んで行きます。

 ストップ&ゴーをしても、水中姿勢が維持されていて、連続したきれいな泳ぎを繰り返してくれるのがいいですね。

 鬼怒川や那珂川本流ヤマメはもちろん、中禅寺湖や丸沼などの湖で、それほど深くないシャローやカケアガリの表層~中層を、アクションを織りまぜながら攻めるのに向いていそうです。

 いろいろなシチュエーションに使えそうなので、3月の解禁までに、少し量産しておこうと思います。

|

« シーバスが気になる(2009/1/31) | トップページ | 手段が目的化? »

17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/43926969

この記事へのトラックバック一覧です: YSミノーに「スローシンキングタイプ」が登場!:

« シーバスが気になる(2009/1/31) | トップページ | 手段が目的化? »