« 道の駅思川の「ざるそば」美味しいですよ | トップページ | 部分日食 in 宇都宮(2009/7/22) »

2009年7月20日 (月)

川俣湖釣行(2009/7/20)

川俣湖  2009年7月20日(月)、柳の下のニ匹(6/257/12)に続く三匹目のドジョウを探しに、川俣湖(栃木県日光市栗山地区)へ。

 午前9時30分、いつもの手漕ぎボートでスタート。

 川俣湖は、水温21度、水位は先週よりさらに落ちて、色も少し褐色がかっています。

 何らかの植物プランクトンが水温上昇とともに、増殖しているようです。

 前日、レイクトローリングをしていた方が、ダムサイト方面で40センチクラスのサクラマスを何匹か上げたという話を聞きましたが、よっしーは、レインボー狙いなので、馬沢方面に向かいました。

 ポイントに向かうまで、手漕ぎトローリングをしばらくやってみましたが、反応なし。

 ライズもほとんどありません。

 水位が落ちたせいで、先週良かったポイントも様変わりしていました。

 YSミノー、スプーン、スピナーを投げて、1回ショートバイトがあっただけ。

湖面の気泡 気分転換しようとポイント移動している時に、水面に泡が立っているところを発見しました。

 流れ込みに近づくほど、その数が多くなってきます。

 もしかして、温泉?と思い、近くに行って臭いを嗅いだり、手を付けてみましたが、特に臭いはなく、温かくもありません。

 枯れている沢の前に泡がたくさんあったので、どうやら、地下水が吹き出しているようです。

 満水の時の水面は、今日の水面から10メートルぐらい上になるので、泡があっても、水面に出るまでに分散して分からなくなるのが、水位が下がっているので、はっきり分かるんですね。

 もしかして、泡の近くに魚が集まっているかもと、スプーンやYSミノーで攻めてみましたが、これも通用せず。

 今日のニジマスは、ご機嫌斜めのようです。

川俣湖の立木  釣りを半分あきらめ、上空を見ると、トビよりスマートな大型のタカ。良く観察すると、翼下面が白い、ミサゴでした。

 ミサゴって、栃木県内ではそうそう見られる野鳥ではないので、ちょっと得した気分になりました。

 その後は、水位が下がっていることを利用したポイントチェック。

 川俣湖って、水中に立木があるポイントが多いことがよく分かりました。

 こういうところで、スプーンを沈めると間違いなくロストしそうです。

 午後4時30分までやって、結局、ショートバイト1回だけの「オデコ」

 先週の絶好調に気をよくして、柳の下の三匹目のドジョウを狙いましたが、そうそううまくは行きませんね(^_^;)。

 それでも、一日、大自然の中で、のんびりボートに揺られて、リフレッシュ&元気満タンになりました。

ヤマホタルブクロ 【おまけ「草花」】

 道端でひっそりと咲く「ヤマホタルブクロ」と思われる花を見つけました。

【おまけ「観察野鳥」】
 アオバト(S)、ミサゴ(S)、ヤブサメ(S)、キビタキ(S)

 いつものように山奥からアオバトの鳴き声が響いていました。

 ミサゴは、川俣大橋付近の上空で目撃(いつか、川俣湖でクマタカを見たいなーー)。

 ヤブサメの「シシシシシ・・・・」という声を久しぶりに聞くことができました。 

|

« 道の駅思川の「ざるそば」美味しいですよ | トップページ | 部分日食 in 宇都宮(2009/7/22) »

08□ 栃木の釣り・川俣湖」カテゴリの記事

コメント

~(´ー`~)

腕が悪いか、状況が悪いか……

連休明けで、
大谷川最上流に行ってみたんですが、
さっぱり
水温は13度くらい(安物で正確ではない)
水量はまあまあ

釣れる気配もなし
梅雨明けしたはずが、毎日どんよりだし、
そういうわりには降雨がないし、
困ったもんですね。

川俣湖でも水温20度なんて、
想像もつきません

投稿: マンスール | 2009年7月21日 (火) 12時46分

>マンスールさん

 栃木では雨がほとんど降らず。西日本は豪雨で災害。

 あまり偏らず、適度に降ってほしいと思っているのですが・・・、困ったものですね。

 今年は渇水続きなので、遡上していない本流ヤマメが、一気に動くこともあるかもしれません。

 私は、まだ、諦めた訳ではなく、来るべきチャンスを狙っています。

 お互いここは一踏ん張り。粘り腰で頑張りましょう。

投稿: よっしー→マンスールさん | 2009年7月21日 (火) 21時54分

こんにちは。
私も日曜日に菅沼に行きました。
結果は、爆釣でした。
途中で数えるのをやめましたが、25匹は軽く行ったと思います。
周りはそんなに釣れていないようでしたが、なぜか調子が良かったです。
ルアーマンがあまりいないのがよかったのかもしれません。午前中は貝張りのスプーンに、午後は2gぐらいの黒か茶色のスプーンが大あたりでした。
先週は4匹だったのに、一体なんだったのでしょうか???

投稿: ろったん | 2009年7月22日 (水) 22時20分

>ろったんさん

 菅沼って、解禁日以外は、意外にすれていて、朝一フライでないと釣れないと聞いているので、25匹は、とても立派な釣果だと思います。

 私は、軽量スプーンは5gまでしか使わないので、もし私が行っていたら、午前中、ちょっと釣れたくらいで、午後は完全に「オデコ」だったかもしれません。

 ニジマスは、小さいルアーの形態は何でもよくて(とは言っても形や色で差が出ます)、大きなルアーはリアルさが求められると言われていますが、このパターンにバッチリはまったのではないでしょうか。

 周りが釣れていない時の爆釣って、なんか得した気分で気持ちいいんですよねーーー。

 おめでとうございます。

 それからお隣の丸沼で、先週、ルアーとフライでデカ・ブラウンが上がっていますhttp://www2u.biglobe.ne.jp/~marunuma/oomono.htm。

 こちらも面白そうですよ。

投稿: よっしー→ろったんさん | 2009年7月23日 (木) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/45688960

この記事へのトラックバック一覧です: 川俣湖釣行(2009/7/20):

« 道の駅思川の「ざるそば」美味しいですよ | トップページ | 部分日食 in 宇都宮(2009/7/22) »