« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の16件の記事

2009年8月30日 (日)

初診に3時間~済生会宇都宮病院~

 2009年7月の人間ドックで「要精密検査」とされていた部分の診察を受けるため、8月のある日、済生会宇都宮病院に行ってきました。

 済生会宇都宮病院は、家から近いこともあって、家族が、時々お世話になっています。

 よっしーは、あまり病気をしない方なので、来たのは随分久しぶりで、今回は、初診扱いになります。

 午前10時30分に総合受付の窓口に申し出てから、「内科受付→検尿→診察(3分、人間ドックの再検査なので短時間で済みました)→血液検査→料金支払いが終了」したのが、午後1時30分。

 なんと「3時間」もかかりました。

  待っているだけで、結構疲れました(^_^;)。

 こんな待ち時間にも関わらず、これだけ大勢の患者さんが集まって来るということは、周辺の病院の診療科目が減ってきている、多少遠くても安心してかかれる病院に通いたいとか、いろいろあるようですが、1ケ所に患者が集中すると、重度の患者の診察が遅れる可能性があるなど、病院のあり方として、あまり好ましい状況ではないようです。

 診察待ちしている時、壁に「混雑回避のため、近所の病院で十分な方は、紹介状を出すので申し出てほしい」旨の案内が貼ってあって、「なるほど、そりゃ、そうだ」とうなずきながら読みました。

 今回は、お世話になりますが、これからは、軽い病気なんかは、他の病院で診てもらうようにします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

大好きな「森田屋総本店(栃木県佐野市)の中華そば」

森田屋総本店  栃木県佐野市は、「佐野ラーメン」で有名で、たくさんのラーメン店があります。

 よっしーが、「佐野ラーメンで、どの店が好き?」と聞かれて、一番に挙げるのが「森田屋総本店」。

 今から20年以上前、社会人になったばかり頃、先輩に初めて連れてきてもらった佐野のラーメン店がここで、それ以来、ファンになっています。

 2009年8月、久しぶりに行ってきました。

 オーソドックスに、「中華そば(600円)」を注文。

森田屋総本店(栃木県佐野市)の中華そば  しょうゆベースのスープに、軟らかめの手打ち麺、そして少し塩味の効いたチャーシューと、今風のコッテリ系のラーメンとは違う「さっぱり味」です。

 新人だった頃の懐かしい記憶をあれこれ思い出しながら、昔から変わらない「中華そば」を美味しくいただきました。


【森田屋総本店の連絡先】

HP :http://www.geocities.jp/moritaya_sano/
所在地:栃木県佐野市堀米町70
電話 :0283-22-2318

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

アンバサダー5601C4・デビュー in 丸沼(2009/8/24)

アンバサダー5601C4のデビュー戦 in 丸沼(2009/8/24) 2009年8月24日(月)、最後の夏休み。

 買ったばかりのベイトリールを抱えて、一路「丸沼(群馬県片品村)」へ。

「アンバサダー5601C4」のデビュー戦になります。

 コンディションは、晴れ、時々やや強い北風(半袖では肌寒くて凍えるようです。ウィンドブレーカーを着てました)、水温18度。

 記念すべき1投目は、もちろんYSミノー(85mm、14g、魚皮貼りアユカラー)。

 いつものように、タラワンド、エラ沢、毒蛇の岩とボートを進めながら、キャスティングを繰り返していきます。

 ここで「アンバサダー5601C4」の第一印象です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【良く飛ぶ】

 レベルワインダーにベアリングが入っていて、ルアーをキャストすると、とても気持ちよく飛んでいきます。

 ちょっと気になったのは、いつになくバックラッシュが多かったこと。風のせいかもしれません。おかげで、スプールの幅が広くて、バックラを直しやすいことも分かりました。

【ルアーが泳ぐのが早い(ハイスピード仕様)】

 5601C4は、ハイスピードギア(6.3 : 1)を採用しているので最大ライン巻取77cm、一方、ノーマルギア(5.3 : 1)の4601C3は60cm。

 この違い、思っていた以上に強く感じました。

 普通に巻いていても、ルアーの泳ぐスピードが早いのです。

 泳ぎに幅を持たせることができるので、流れのない湖等の止水域で活躍してくれそうです。

【思ったほど重くない】

 5601C4の重量(280g)は、4601C3(260g)より、20g重くなっています。

 少し重さを感じますが、疲れに違いが出るほどではありませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕暮れの丸沼(2009/8/24)  アンバサダーのメカや機能の違いについて、まだ、あまり勉強していないので、この程度の違いしか感じることができませんでした。

 これから、いろいろと研究していきたいと思います。

 さて、釣果の方ですが、最後まで粘ってみたものの、いつものように「オデコ」(^_^;)。

 スピニングタックルでスプーンとかも投げてみても、チェイスする姿さえ見ることができず、完敗でした。

 他のみなさんも、苦戦していたようです(一度、陸っぱりのフライマンが大物を釣り上げたのを目撃.魚の暴れ具合からして、50cm前後の大物のように見えました)。

 デビュー戦を大物で飾ることはできませんでしたが(そうそううまく行きませんよね)、「アンバサダー5601C4」との新たなドラマを、ゆっくり、少しずつ楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

新戦力加入「アブ・ガルシア・アンバサダー5601C4」

 よっしーが愛用しているベイトリールは、アブ・アンバサダーの4601C3と4601C ガンナーの2台。

 鬼怒川・那珂川の本流や、中禅寺湖・丸沼・川俣湖などの湖でのトラウト・ルアーフィッシングでは、この2台でほぼカバーしています。

 一方、一昨年から始めたサーモン・フィッシングと、今年から始めた涸沼でのシーバス・フィッシングでは、この2台では物足りない感もあって、5000番クラスのアンバサダーの購入を考え始めていました。

 具体的には、「5000番クラスの左ハンドルのアンバサダーで、ソルト&ハイスピード仕様、なるべく新しいモデルで、持っていてうれしくなるような機種」となります。

アブガルシア・アンバサダー5601C4  この条件を満たす機種は、ずばり「アブガルシア・アンバサダー5601C4(Abu Garcia ambassadeur 5601C4)」以外にありません。

 さらに、我が家の大蔵省からの「中古で1万円以下」に当てはまるものをオークションで探し続け、他の方に落札され逃したりしながらも、先日、ようやく落札(8千円)できました。

 届いた「アンバサダー5601C4」の最初の印象は「とっても綺麗」、ただ「外見が綺麗でも中身がボロボロ」という心配もあります。

 早速、全分解してみたところ、ギアやドラグ・ワッシャーなどの部品に汚れや傷がなく、また、分解した形跡さえも見当たらず、全く新品同様でした。

  この値段で、ほぼ新品の5601C4を入手できて、本当にラッキーでした。

 今、パソコンの横に置きながら、この記事を書いていますが、新しい道具を手にした充実感と、新たなドラマへの期待が高まって、久しぶりにドキドキ・ワクワクしています。

 いつになっても、欲しいものを手に入れた時って、気分いいものですね(^_^)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

「フィッシュ・クリッパー(OGK・大阪漁具)」を購入

 よっしーは、今年(2009年)から、涸沼・那珂川のシーバスにチャレンジ開始しています(まだ1回しか行ってませんが・・・(^_^;))。

フィッシュ・クリッパー(OGK・大阪漁具)  シーバス・フィッシングでは、ランディング・ネットではなく、機動性の高い「魚の口を挟んで釣り上げるグリップ」を使われている方が多く、最近、だんだん触手が伸びてきました。

 ただ、有名なボガグリップやスタジオオーシャンマークのグリップは、15,000円~20,000円以上と、とても気軽に買える代物ではありません。

 以前、知り合いが購入した格安グリップは、「グリップ力が弱くて大物を使った時に、ハズレてしまって使えなかった」ことを聞いていたので、「手頃な値段で、グリップ力が強く、錆びにくいステンレス製、さらにユーザーの評価が高い」ものを探し続けて、たどりついたのが「OGK(大阪漁具、プロックス)のフィッシュ・クリッパー」。

フィッシュ・クリッパー(OGK・大阪漁具)  ナチュラムのネット販売で計2,305円(本体1,780円+送料525円)でした。

 バネも強さも十分ですし、品定めする時に一番気にしていたグリップ先端の形状も、ボガやオーシャンのように、しっかりホールドできる形(格安品の中には、先端が丸まっているものが結構ありましたが、ちょっと心もとないんですよねー)になっています。

 当分、このグリップで修行を重ねたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

サーモン用YSクランク・蛍光ピンクバージョン

サーモン用YSクランク・蛍光ピンクバージョン(2009/8/21)  少しずつ作り続けている「サーモン用YSクランク」。

 今回作ったものは、これまで作ったものより、ちょっと小ぶりなタイプで、長さ55mm、重さ15g、スローシンキング.カラーは蛍光ピンクにしてみました。

 ボディーの蛍光ピンクは、缶スプレー(TAMIYA COLOR 蛍光ピンク PS-29)で塗っているのですが、塗料とセルロースセメントとの相性がとても良く、綺麗に仕上がりました。

 前回作った蛍光レッドのYSクランクは、同じ方法で塗装すると、表面に必ずヒビ割が発生していたので、塗料とセルロースセメントの相性の違いが、仕上がりに大きく影響を与えることが分かって、少しびっくりです。

 また、完成後、浴槽で泳ぎを確認したら、ぎりぎりフローティング・タイプになっていました。

 サーモンは「底狙い」が基本で、「表層狙い」ではちょっと厳しいので、リップに板オモリを張り付けて、スローシンキングに調整しました。

 まだまだ本番は先ですが、いろいろなバージョンのサーモン用YSクランクを揃えていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

夏休み、家族揃って「ディズニーシー」へ

 病み上がりもなんのその、お盆を過ぎたウィークデー、家族で「ディズニーシー」に行ってきました。

 平日と言っても夏休み中、さすがに家族連れで大賑わいです。

 絶叫系アトラクション・フリークのよっしー一家は、ファストパスを取ったり、気合い入れて並んだり(最長90分)して、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」、「海底2万マイル」、「レイジングスピリッツ」、「ストームライダー」と、次々乗りまくりです。

ブラヴィッシーモ! 並んでいる時間は、かなり退屈ですが、「並ぶ時間が長くても、乗っている楽しい時間はほんの一瞬。これって『釣り』と同じではないか」とか、「ディズニーシーの園内でルアーを投げたら、シーバスが釣れるんじゃないか」なんてくだらないことを考えたり、子供達とおしゃべりして暇潰しをしていると、意外なほど、辛く感じません。

 狙っていた「タワー・オブ・テラー」と「センター・オブ・ジ・アース」は、90~120分待ち、ファスト・パスの時間も半日後の状態で、こちらは次回のお楽しみです。

 子供達も大きくなったので、親があれこれ先導することがなくなって、後から付いていくぐらいなので楽になる一方、ちょっと淋しい気分にもなりました(^_^;)。

 最後に、夜のメディテレーニアン・ハーバーで行われる「ブラヴィッシーモ!(見応えのあるショーでしたよ)」を見て、帰宅の途に。

 ディズニーシーも、夜になると気温も下がってきて、とても過ごしやすくなります。秋が少しずつ近づいてきているんですね。

 我が家も、今日を最後に、夏休みモードから通常モードに、スイッチ・チェンジです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

2009年荒川サーモン・フィッシングは9/1から募集開始(2009/8/17)

 荒川鮭(サケ)有効利用調査委員会のホームページに、平成21年度調査の募集要領が公開されました。

◆受付期間:平成21年 9月 1日(火)から 9月30日(水)

◆調査期間:平成21年11月10日(火)から12月20日(日)

 だそうです。

 応募方法は、今のところまだ明らかにはなっていません。 

 昨年のようにネット申込み(他の申込み方法も可能です)がメインになる可能性もありますので、8月末頃になったら、ホームページを気にして見ていた方が良さそうです。

 よっしーは、スタートした年(2007年)から参加させていただいていますが、今年も、無事当選して、荒川サーモンフィッシングを堪能してきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

健康のありがたさ

 ようやく熱が下がって、パソコンに向かう元気が出てきました。

 というのも、昨日の午後から突然の発熱、夜には38度7分まで上がり、夜は高熱で1時間毎に目覚めてしまう状態でした。

 午前4時30分、朝焼けの東の空。

 普段なら、この時間、鬼怒川に出撃する時間ですが、当然のようにその元気もありません(出かけたら、家族から見放されること確実です(^_^;))。

 今は熱も下がって、頭痛も取れて、なんとか明日から普通の生活に戻れそうです。

 健康で元気に釣りに出かけられることの有り難さをしみじみ感じました。

 先月、人間ドックで「要精密検査」と言われていたにも関わらず、忙しさにかまけて病院に行っていなかったのですが、早めに行きたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

真夏の管釣「みどりフィッシングエリア」(2009/8/12)

 お盆で広島県からやってきた、親戚の小学5年生の男の子、趣味が「釣り」ということで、どこかに連れていってほしいとせがまれました。

 普段は、海や池で餌釣りやルアー釣りをしていて、素人ではないそうです。

みどりフィッシングエリア  それでも事故があったら大変なので、ネイチャーフィールドを諦め、気軽に行ける管釣「みどりフィッシングエリア(栃木県大田原市)」に決定。

 2009年8月12日(水)、天候は晴れ、水温17度。

 地下水を利用していて、真夏でも高水温にならず、1年中釣りができるのが売りの管理釣り場です。

 午前9時から午後3時まで、親戚の小学5年の男の子と、よっしー長男(高校1年)で、スピニングタックル+ルアー(マイクロスプーン、セミトップ等)で合計ニジマス5匹。

ニジマス35cm in みどりフィッシングエリア(2009/8/12)  観察していると(よっしーはガイド役)、上手な方は、マイクロスプーンを沈めてデッド・スローで引いていました。

 よっしーの長男が釣った2匹は、いずれもセミトップだったので、表層に意識のあるマスもいるようです。

 男の子の方は、35~40㎝のニジマス3匹(マイクロ・スプーン1.5~3g、暗色系カラー(黒、茶、オリーブ))の手応えを堪能できて、帰りの車の中でも終始ご満悦でした。

 この時期に管釣に行ったのは初めてでしたが、フィールドが厳しい真夏に、手軽に「トラウト・フィッシング」を楽しむには、もってこいの場所のようです。

ニジマス35cm in みどりフィッシングエリア(2009/8/12) 残り少ない夏休み、たまにはお子さんと管釣に行かれてみてはどうでしょうか。

 ただ、この「みどりフィッシングエリア」のように日差しを遮るものがない管釣では、帽子や日焼け止めはもちろん、十分水分を補給して、熱中症にならないよう注意して楽しんでくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

台風9号で鬼怒川は大増水(2009/8/12)

鬼怒川(阿久津大橋)(2009/8/12)  2009年8月12日(水)の早朝の鬼怒川(阿久津大橋)、台風9号の影響で大増水です(現在は増水ピークから減水中)。

 これで、各ポイントの状況も変わりそうです。

 禁漁まで時々様子を見に行く予定ですが、よっしーの今シーズンの鬼怒川本流ヤマメも、ほぼ「THE END」です(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

湖でのウグイのルアーフィッシング(2009/8/9)

川俣湖(2009/8/9)  2009年8月9日(日)、川俣湖へ行ってきました。

  水量が大幅に減っているので、普段は湖底のポイントを歩いて水際まで行くことになります。

  水温は22度、天候は曇り。

 川俣湖は、水温上昇と減水のため、トローリングをしている人もおらず、またマス系のライズもなく、静まり返っています。

 午後2時スタート、陸っぱりからのルアーフィッシングです。

 お手軽釣行ということで、スピニングタックル+スピナー(ブレットン5g)&スプーン(7~10g)です。

ウグイ(15cm)  岸際で、時々、小さな魚が水面に群れて、バシャバシャやっています(後でウグイの群れであることが判明)。

  スピナーをキャストし始めると、すぐに岸際でウグイのオチビちゃんがヒット。

 その後、ポイントを転々としながら、釣り歩いても、どういう訳かウグイが連発です(^_^;)。

 岸際の水面に群れているウグイの近くに、スピナーを通すと、かなりの確率で釣れます。

 ニジマスがチェイスしてくる気配もないので、ここは「ウグイ研究家」に徹して、どんな感じでヒットしてくるのか観察してみると、突然、水底から急浮上してスピナーに襲いかかってくるんですね。

 ダラダラ追尾してきてヒットするのかと思っていたので、ウグイの攻撃的な一面を発見して、ちょっとびっくりしました。

ウグイ(25cm) 同じポイントで何匹も釣れることはありませんが、ポイントを変える度にヒットしてきて、2時間で、10匹(15~25cm)ぐらい釣りました。

 25センチもあると、ちょっとした手応えがあって楽しめます。

 中禅寺湖や丸沼でも、小さめのスプーンやスピナーでウグイが釣れることがありますが、こんなにまとめて釣ったのは初めてです。

 途中、ニジマスが釣りたくてスプーン(7~10g)やYSミノーを投げましたが、こちらにウグイはかかりませんでした(ニジマスも釣れず)。

 せっかくウグイのルアーフィッシングの観察&研究したので、整理してみました。

~~~~~~

【湖でのウグイのルアーフィッシング】

○ 時合は、ウグイの活性の高い時。今回は夏(8月)の川俣湖(栃木県日光市)で水温22度(高水温)の岸際。日中、ウグイの群れが水面に落ちた虫等を追って、時々、バシャ、バシャとライズしている時でした。

○ ルアーは軽量スピナー。今回は、ブレットン(5g、シルバー)を使用。

○ アクションは、スピナーをキャストして水面に落ちたら、すぐにリトリーブを開始して、表層をゆっくりリトリーブしてくると、「ブルッ、ブルッ」と向こうアワセでヒットします。

 岸と並行にキャストして、カケアガリ沿いに引いてくるのが一番釣れるパターンでした。

 ウグイのルアーフィッシングでは、「ウグイの鼻先を通すために水底にスピナーを沈めてから泳がせると良く釣れる」と言われていますが、底に沈めると、根がかりしてルアーをロストする心配がありますし、表層でも十分釣れますので、あまり沈めない方がいいでしょう。

○ 釣り人には、外道の代表選手として相手にされないウグイですが、小さなお子さんに湖で釣りを楽しませてあげたい時、岸際に群れているウグイを発見したら、スピナーを投げて、ゆっくりリトリーブしてみてください。

 元気なウグイ達が、お子さんの遊び相手をして楽しませてくれるはずです。

~~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

YSミノーの挑戦は続く

YSミノー(85mm、15g、アユ、ヘビーシンキング)  ベイトタックル・フリークのよっしーが、ベイトにマッチした本流用ミノーが少ないということで、2008年から作りはじめたハンドメイドの「YSミノー(長さ85mm、ウェイト14~15g、バルサ製ミノー)」。

 2009年、鬼怒川本流のスーパーヤマメや那珂川本流のサクラマスを狙いたいと、気合い入れて投げ続けていますが、ただいま「オデコ」街道、ばく進中です(^_^;)。

 先日の涸沼でのシーバス狙いでも、いい結果は出ていません。

  今シーズン、YSミノーの後をチェイスしてくるトラウトを見たのは、川俣湖レインボーのみ。足元まで追ってきて、くるっと反転して深場へ戻っていきました。

 釣りでは、釣れないとポイントを次々変える「チョイ釣り派」と、じっくり腰を据えて粘る「ジックリ派」がいて、どちらが釣れるかと言えば、「チョイ釣り派」と言われています。

 その日のコンディションに合わせて、ポイントや釣り方を変えていくことが釣果に結びつくんですね。

 YSミノーも現在の仕様にこだわらず、様々な仕様をテストしていけば、少しずつ改善していくのではないかと思う一方、「本流ベイト用ヘビーウェイトのハンドメイド・ミノー」というコンセプトに、こだわっていきたいという気持ちがあるのも事実。

 そんなこんなで心が揺れつつも、ここは結論を急がず「石の上にも3年」、頑張って、使い続けてみようと思います。

 写真は、最近、作ったばかりのYSミノー(85mm、15g、アユ、ヘビーシンキング)です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

HP紹介「さよなら、アンバサダー」

 部品数も少なく、自分で簡単にフル・メンテナンスができる「シンプル・イズ・ザ・ベスト」を地で行くベイトリール、それが「アブ社のアンバサダー」です。

 よっしーの「アンバサダー4601c3」も、5~6回使用した後は、全部バラして、オーバーホールしながら大事に使い続けています。

  栃木県内の本流や湖、フレッシュ・ウォーター(淡水)で使っていますが、少し前から、2009年から始める那珂川・涸沼のシーバス・フィッシングにも使いたいと考えています。

 シーバスでアンバサダーを使おうとした時に不安なこと、それは「ソルト対策(防錆)」です。

 ルアーはともかく、スプリットリングやフックなんかは、海で使った後、きれいに水を洗って塩分を取り除いておかないと、たちまち錆が浮いてきてしまうので、海水の腐食の強さは凄まじいものがあります。

 4601c3は、ソルト仕様にもなっているので、少しは安心できるものの、それでも、海水で使うと意外なところに錆びが出て、故障しないか心配です。

 そのアンバサダー(5500や5600)をソルトで使いながら、防錆対策のポイント、さらには様々なチューニングを紹介しているホームページを見つけました。

 「さよなら、アンバサダー(http://homepage2.nifty.com/crenogin/ambassadeur/toppage.htm)」です。

さよなら、アンバサダー タイトルから「アンバサダーにさよならして、違うものを追い求めている」かの印象を受けますが、さよならしているのは「90年代の迷走したアンバサダー」だそうです。

 HP冒頭にある、Crenoginさんあいさつ」には、「できれば90年代の迷走を清算し、正常な進化の道に戻って欲しい。そして作り手からも使い手からも愛され続けるリールであって欲しい。そんな思いを、ただ心に願うだけでなく、自らも情報発信してみよう。それがこのサイトの目的です。」と、アンバサダーへの熱い思いが伝わってくる文章が綴られています。

 ソルトで使い続けながらの評価、不具合があれば自分でチューニング、さらに部品がなければ、自分で作ってしまうと、なかなか素人には真似できないことにもチャレンジされていて、とても読みごたえのあるホームページです。

 アンバサダーを愛用されている方にとっては、役立つ情報満載ではないでしょうか。

 4601c3(5600c3と基本的に同じ仕様と思われます)の防錆対策ですが、錆に注意しなければならないのは、スプリングワッシャー2枚だけ(http://homepage2.nifty.com/crenogin/ambassadeur/09sea-08.htm)とのことで、ちょっと安心しました。

 このようなページがあるということは、ユーザーにとって、本当にありがたいことです。

 少し前に、よっしーの散歩にバナーを貼りました。また、相互リンクもさせていただいています。

 アンバサダーを使っている方、または関心のある方は、是非、御覧になってみてくださいね。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007~2016年・お気に入り釣行記

 2005年5月5日から始めたルアーフィッシング。

 最初の2年間(2005~2006)はほとんど釣れませんでしたが、2007年から、少しずつビックサイズのメモリアル・トラウトが釣れるようになってきました。

 特に気に入っているベスト釣行は次のとおりです。

【お気に入りベスト13釣行】

★YS-minnowΔtypeで鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)が釣れました(2013/06/28)

川俣湖で桜模様の大イワナ(51cm)に出逢う(2015/04/25)

★YSミノーで鬼怒川スーパーヤマメ(42cm)を釣ることができました(2010/07/11)  

★禁漁直前の「婚姻色の浮き出た大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)

★念願の鬼怒川本流スーパーヤマメ(45cm)ゲット!(2007/06/23)  

スーパーイワナの楽園 in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2015/08/30)

★YSクランクでイワナ(42cm) in 鬼怒川上流の渓流(2013/08/18)  

★中禅寺湖で初ホンマス45cm!(2007/06/06)  

★待望の丸沼ブラウン58cm(2009/11/28)  


★生まれて初めての超爆釣! 2013年東古屋湖解禁前漁獲調査(2013/02/23)

★年越しヒレピン・レインボー(58cm)&サクラマス(50cm) in 東古屋湖(2012/06/19)

★荒川サーモン(3匹) in 新潟県荒川サケ資源有効利用調査(2014/12/13)

★請戸川サケ有効利用調査でサーモン7匹(2008/11/15)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 次は、フィールド別に分けたものです。

 特に、思い出深い釣行には、「◆」マークを付けてあります。

  

【栃木の釣り・鬼怒川本流ヤマメ】

○歴戦の勇士・鬼怒川本流ヤマメ34cm(2015/08/22)

◆YSミノー(70mm)で鬼怒川本流ヤマメ(35cm)を釣りました(2015/05/30)
 

◆YS-minnowΔtypeで鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)が釣れました(2013/06/28) 


◆YSミノーで鬼怒川スーパーヤマメ(42cm)を釣ることができました(2010/07/11)


◆鬼怒川本流ヤマメ・38cm!(2007/07/31)

◆念願の鬼怒川本流スーパーヤマメ(45cm)ゲット!(2007/06/23) 

○鬼怒川本流ヤマメ(31cm)ゲット!(2007/06/22) 

○鬼怒川本流ヤマメ(33cm、尺ヤマメ)!ルアーで今季2匹目(2006/04/16) 

○鬼怒川本流ヤマメ(32cm、尺ヤマメ)を釣りました(2006/03/04)


【栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流】

◆スーパーイワナの楽園 in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2015/08/30)

◆禁漁直前の「婚姻色の浮き出た大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)

◆2016シーズン・4匹目は「川俣の大イワナ(45cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2016/09/18)

◆YSクランクでイワナ(42cm) in 鬼怒川上流の渓流(2013/08/18)

○YS-minnowΔtypeでヤマメ(32cm) in 鬼怒川上流の渓流(2013/08/17)

○YSミノーでイワナ(36cm)ゲット! in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/23) 

○イワナ2匹(37cm、28cm) in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/16)



【栃木の釣り・渓流・里川】


○YSミノーでヤマメ(35cm) in 男鹿川(2011/09/10)

○ニジマス(37センチ) in 宇都宮市内の里川(2008/05/24)

○ヤマメ29センチ in 宇都宮の里川(2008/04/06)

 

【栃木の釣り・中禅寺湖】

○2015中禅寺湖特別解禁でチビブラウン(2015/05/23)

◆2014中禅寺湖特別解禁「ブラウントラウト&レイクトラウト」(2014/05/24)

◆中禅寺湖で初ホンマス45cm!(2007/06/06)
 

○2007年中禅寺湖解禁日釣行(2007/04/01)

◆中禅寺湖特別解禁(岸釣り)レポート(レイクトラウト&ブラウントラウト)(2006/06/03)


【栃木の釣り・丸沼、菅沼、大尻沼】


○丸沼敢闘賞「ブラウントラウト(41cm)」(2015/11/07) 

○2012年ラスト丸沼で「レインボー祭」!(2012/11/24)

○第2回丸沼釣り大会~終了後、YSミノーで丸沼レインボーゲット!~(2011/11/12)

○丸沼レインボー(42cm)(2010/08/21)

◆待望の丸沼ブラウン58cm(2009/11/28)

○2009年丸沼ルアー・フライ限定特別解禁日(2009/04/25)

◆丸沼でグッドサイズ(47cm)のレインボー(2008/08/31)

○トップ(セミルアー)でニジマス(43&38cm) in大尻沼(2008/06/14)

◆ブラウントラウト(48センチ)&ニジマス(43センチ)等 in 丸沼ルアー・フライ限定特別解禁日(2008/04/26)

○菅沼でニジマス5匹(2007/09/15) 

○丸沼のルアー・フライ限定特別解禁日釣行(2007/04/21)

○丸沼で50センチオーバーのニジマスをルアーでゲット(2006/11/19)

○丸沼(群馬県)、ルアーで「ブルーバックレインボー(ニジマス)」(2006/08/09)

○長女(小5)が、丸沼(群馬県)でルアーでニジマス3匹!(2006/08/01)


【栃木の釣り・川俣湖】

◆友人達の前でイワナ(45cm)を釣って大興奮! in 川俣湖(2015/05/01)

◆川俣湖で桜模様の大イワナ(51cm)に出逢う(2015/04/25)

YS-minnowΔtype(311モデル)で川俣レインボー(40cm)を釣ることができました(2015/04/19)

◆初・川俣サクラマス(40cm) ~川俣湖釣行(2012/06/23)~

◆43cmのイワナをキャッチ! in 川俣湖(2012/04/21)

○川俣湖でニジマス2匹(2009/09/19)

○ニジマス2匹(40&48cm) in 川俣湖(2009/9/13)

◆ニジマス50cm in 川俣湖(2009/07/12)

◆川俣レインボー(53cm) in 川俣湖(2009/06/25) 


【栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム)】

◆ネイティブ極太レインボー(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/10/13)

○ハンドメイドミノーでニジマス(40cm) in 男鹿川C&R区間(2008/07/18)



【栃木の釣り・東古屋湖】

◆YS-minnowでイワナ(46cm) in 東古屋湖(2015/07/03)

◆東古屋湖解禁前漁獲調査レポート(2015/02/21)~~期待通りの釣果に大満足!~~

◆2014年は東古屋湖スーパーレインボーで好スタート!~~2014年東古屋湖解禁前漁獲調査(2014/02/22)~~

◆生まれて初めての超爆釣! 2013年東古屋湖解禁前漁獲調査(2013/02/23)

◆年越しヒレピン・レインボー(58cm)&サクラマス(50cm) in 東古屋湖(2012/06/19)

○雨の東古屋湖でスーパーレインボー2匹(2011/05/29)

◆爆釣!東古屋湖解禁前漁獲調査(2011/02/19)

○2008年初釣行「東古屋湖解禁前漁獲調査」でニジマス2匹(55センチ&40センチ)(2008/02/22)

○ニジマス(58&57cm)in東古屋湖(2007/03/07)

○ルアーで54センチのニジマス in東古屋湖(2006/12/24)


【栃木の釣り・他の湖沼&管釣】

○トップでブラックバス45cm in 渡良瀬遊水池(2007/06/09)

○北那須・白河フォレスト・スプリングス釣行(2007/01/25) 


【県外の釣り・サーモン(福島県・木戸川&請戸川、新潟県荒川、茨城県久慈川)】
 

◆荒川サーモン(3匹) in 新潟県荒川サケ資源有効利用調査(2014/12/13)

◆久慈川サーモン(65cm) in 茨城県久慈川サケ資源有効利用調査(2013/11/02)

○ピッカピカの阿賀野川サーモン~新潟県阿賀野川サケ有効利用調査(2012/11/17)~

○2009年新潟県荒川サーモン釣行~長男・初サーモンゲット!~(2009/12/12)

○2009年木戸川サーモン釣行(2009/11/21)

◆請戸川サケ有効利用調査でサーモン7匹(2008/11/15)

◆荒川で80センチのサーモン&他3匹ゲット(2007/12/22)

◆新潟県荒川でサーモン(メス・77㎝)!(2007/12/08) 

◆サーモン(80cm)ゲット! in 請戸川サケ有効利用調査(2007/10/28) 

○木戸川サケ有効利用調査で初サーモン、ゲット!(2007/10/10) 


【県外の釣り・トラウト、海ルアー等】
 

○赤川釣行(2007/06/03) 

○平潟漁港、海ルアーで根魚「クロソイ」(2007/01/27)

○海・ルアーでアイナメ in日立港(新堤防)(2006/01/04)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【関連記事】

○2016年お気に入り釣行

○2015年お気に入り釣行ベスト5

○2014年お気に入り釣行ベスト5

○2013年お気に入り釣行ベスト6

○2012年お気に入り釣行ベスト5

○2011年お気に入り釣行ベスト3

○2010年お気に入り釣行ベスト3

2009年のルアーフィッシングを振り返って~お気に入り釣行ベスト5~

○2008年のルアーフィッシングを振り返って~お気に入り釣行ベスト5~ 

○2007年のルアーフィッシングを振り返って~お気に入り釣行ベスト10~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

涸沼シーバスに初挑戦(2009/8/1)

涸沼(2009/8/1)  2009年8月1日(土)、今年から始めることにしていた茨城県涸沼のシーバスに初挑戦してきました。

 涸沼は、投げ釣りやルアーでシーバスを狙っている人で賑わっています。

 結局、午後10時から午前1時までやってノーバイト。

 初めてですから、こんなもんでしょう(^_^;)。

 それでも、月明かりが湖面に反射する幻想的な涸沼、岸際に漂うおびただしい数のボラの稚魚、それを狙って沖合で時折ボイルするシーバスを見ていたら、多くのアングラーを惹きつける「涸沼シーバス」の魅力が、少し分かってきました。

 今回はスピニングタックルを使ったのですが、釣り続けていてると、やはり少し物足りなくなりました。

 重目のルアーは、やはりベイトタックルでキャストするのが気持ちいいんですよねーー。

 次回は、ベイトタックル(アンバサダー4601c3)にも、お供してもらうことにします。

 2009年8月1日、新しく「涸沼シーバス」を開始する記念の日となりました。この後、どんなドラマが待っているのでしょうか。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »