« YSミノーの挑戦は続く | トップページ | 台風9号で鬼怒川は大増水(2009/8/12) »

2009年8月10日 (月)

湖でのウグイのルアーフィッシング(2009/8/9)

川俣湖(2009/8/9)  2009年8月9日(日)、川俣湖へ行ってきました。

  水量が大幅に減っているので、普段は湖底のポイントを歩いて水際まで行くことになります。

  水温は22度、天候は曇り。

 川俣湖は、水温上昇と減水のため、トローリングをしている人もおらず、またマス系のライズもなく、静まり返っています。

 午後2時スタート、陸っぱりからのルアーフィッシングです。

 お手軽釣行ということで、スピニングタックル+スピナー(ブレットン5g)&スプーン(7~10g)です。

ウグイ(15cm)  岸際で、時々、小さな魚が水面に群れて、バシャバシャやっています(後でウグイの群れであることが判明)。

  スピナーをキャストし始めると、すぐに岸際でウグイのオチビちゃんがヒット。

 その後、ポイントを転々としながら、釣り歩いても、どういう訳かウグイが連発です(^_^;)。

 岸際の水面に群れているウグイの近くに、スピナーを通すと、かなりの確率で釣れます。

 ニジマスがチェイスしてくる気配もないので、ここは「ウグイ研究家」に徹して、どんな感じでヒットしてくるのか観察してみると、突然、水底から急浮上してスピナーに襲いかかってくるんですね。

 ダラダラ追尾してきてヒットするのかと思っていたので、ウグイの攻撃的な一面を発見して、ちょっとびっくりしました。

ウグイ(25cm) 同じポイントで何匹も釣れることはありませんが、ポイントを変える度にヒットしてきて、2時間で、10匹(15~25cm)ぐらい釣りました。

 25センチもあると、ちょっとした手応えがあって楽しめます。

 中禅寺湖や丸沼でも、小さめのスプーンやスピナーでウグイが釣れることがありますが、こんなにまとめて釣ったのは初めてです。

 途中、ニジマスが釣りたくてスプーン(7~10g)やYSミノーを投げましたが、こちらにウグイはかかりませんでした(ニジマスも釣れず)。

 せっかくウグイのルアーフィッシングの観察&研究したので、整理してみました。

~~~~~~

【湖でのウグイのルアーフィッシング】

○ 時合は、ウグイの活性の高い時。今回は夏(8月)の川俣湖(栃木県日光市)で水温22度(高水温)の岸際。日中、ウグイの群れが水面に落ちた虫等を追って、時々、バシャ、バシャとライズしている時でした。

○ ルアーは軽量スピナー。今回は、ブレットン(5g、シルバー)を使用。

○ アクションは、スピナーをキャストして水面に落ちたら、すぐにリトリーブを開始して、表層をゆっくりリトリーブしてくると、「ブルッ、ブルッ」と向こうアワセでヒットします。

 岸と並行にキャストして、カケアガリ沿いに引いてくるのが一番釣れるパターンでした。

 ウグイのルアーフィッシングでは、「ウグイの鼻先を通すために水底にスピナーを沈めてから泳がせると良く釣れる」と言われていますが、底に沈めると、根がかりしてルアーをロストする心配がありますし、表層でも十分釣れますので、あまり沈めない方がいいでしょう。

○ 釣り人には、外道の代表選手として相手にされないウグイですが、小さなお子さんに湖で釣りを楽しませてあげたい時、岸際に群れているウグイを発見したら、スピナーを投げて、ゆっくりリトリーブしてみてください。

 元気なウグイ達が、お子さんの遊び相手をして楽しませてくれるはずです。

~~~~~~

|

« YSミノーの挑戦は続く | トップページ | 台風9号で鬼怒川は大増水(2009/8/12) »

08□ 栃木の釣り・川俣湖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/45891805

この記事へのトラックバック一覧です: 湖でのウグイのルアーフィッシング(2009/8/9):

« YSミノーの挑戦は続く | トップページ | 台風9号で鬼怒川は大増水(2009/8/12) »