« 雑木林の紅葉 | トップページ | 住めば愉快だ宇都宮! »

2009年11月28日 (土)

待望の丸沼ブラウン58cm(2009/11/28)★

 2009年禁漁間近に迫る丸沼で、待望のブラウントラウト(58cm)を釣ることができました。

【日時】 2009年11月28日(土) 6時~12時

【場所】 丸沼(群馬県片品村)

【天候】 曇り時々晴れ

【水温】 12度(意外に高い)

【風】  無風、のち時々やや強い北~北東の風

【釣果】 ブラウントラウト 1匹 (58cm)

【タックル】

(1) スピニングタックル
  ロッド:シルバークリークS・7'9"、リール:ダイワ・エンブレムZ1500、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スプーン(5g~10g)

(2) ベイトタックル
  ロッド:ミディアムライト6'6"、リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・5601C4、ライン:ナイロン16lb、ルアー:YSミノー(85mm)

【レポート】

 2009年11月28日(土)は、少し前から、余程のことがない限り、丸沼釣行と決めていました。

 しかし、前日の夜、急な仕事が入ってしまい、やむなく夜遅くまで残業。

 これでは、早起きできません。

丸沼・釣り券 午前0時、「まー、朝早く、起きられなければ、丸沼は午後からでもいいやーー」と、半ば諦めて寝床へ。

 ふと目が覚めて、枕元の時計を見ると午前2時50分(幸運・その1)。

 まだ3時間しか寝ていないのにも関わらず、頭の中に「丸沼」という言葉が浮かんだとたん、眠気が一気に吹っ飛びました。

 午前3時15分に自宅(栃木県宇都宮市)を出発して、午前4時50分には、丸沼に到着。

 駐車場には、すでに6~7台の車。さすが禁漁直前の週末です。

 夜空を見上げると、宇都宮では見られないような小さな星まで瞬いています。きれいですねーー。

 朝まで、まだ時間があるので、窓越しに、時々走る流れ星を見ながら、しばらく仮眠することにしました。スピニングタックル

 1時間ほどして、隣でゴソゴソと支度を始めるフライマンの音で目醒めました。

 あたりは、まだ真っ暗です。気合い入ってますねーー。

 こうなってくると、そのまま寝続けることもできず、少しずつ準備を始めることに・・・。
  
 丸沼に着くまでは、陸っぱりにしようと思っていたのですが、餌釣りやフライマンの数が、予想以上に多そうなので、ボートを借りることにしました(幸運・その2)。

 午前6時、スタート。

 ボート置き場の少し沖合で、放流物と思われる魚の散発的なライズ&モジリが見られます。

 水温が下がってくるこの時期の早朝は、ネイティブ・レインボーがシャローに集まっている可能性があります。

 ボートで近づいて、ライズ周辺に、スピナーやスプーンを打ち込んでも反応はありません。

 活性の高いレインボーなら、速攻でヒットするはずなんですけどねーーー。

 どうやら、ライズ&モジリの主は、マイクロスプーンにしか反応しない放流物のようです。

 ボート置き場付近を諦めた後、カニの鼻~エラ沢と左岸寄りにボートを進めていくのが、いつものパターン。

ベイトタックル この時、ふと来る途中、夜のうちから餌釣り師がエラ沢に陣取っていたことを思い出し、いつもと反対の「牛舎跡を経由してタラワンドへと進む右岸コース」を行くことにしました(幸運・その3)。

 牛舎跡に続いて、まだ誰も攻めていないタラワンドへ。

 狙いは、「早朝、岸際のカケアガリに寄っている高活性のネイティブ・レインボー」。ボートから岸に向かって、スピニングタックルでスプーンをキャスティングしながら、表層を攻めていきます。

 1投目、偏光グラス越しに、スプーンを追いかけてくる「青っぽい魚影」を発見。外人さんの「水色の瞳」を彷彿させるようなシャインブルーが、こちらに向かって、一直線に近付いてきます。

 目の前まで追尾してきて、くるっとUターン。40cmクラスのブルーバックのレインボーでした。こんなに派手な色合いの魚がいるんですね。

 例え釣れなくても、アプローチの正しさが分かって一安心。俄然やる気が出てきました。

丸沼(2009/11/28) 午前7時過ぎ、ボートを岸沿いにゆっくり移動させながら、スプーンを投げていると、突然、強烈なバイト

 
表層直下をクネクネ泳ぐスプーンに、底から急浮上したモンスターが襲いかかった瞬間です。

 続いて、重量感たっぷりのヘッドシェイク。大物に間違いありません。

 ライン(ナイロン6lb)を、もう少し太くしておけば良かったと思っても、後悔先に立たず。

 この状況でランディングまで持ち込むためには、ロッドさばきはもちろん、ドラグを使いこなすしかありません。

 すかさずドラグをやや緩めに調整。底へ潜ろうとする度にドラグが鳴り響き、ラインが出て行きます。

 一気にラインが引き出されないように、スプールに左手を添えてコントロール。

 ボートの下に潜られても、ロッドを舳先を回して切り抜けます。

ブラウントラウト(58cm)in丸沼(2009/11/28) 少しずつ魚影が見えてきました。

 体の色は「やや赤味がかった黄土色」。レインボーではない?、もしかしてブラウン?

 釣れれば、丸沼・初ブラウンです。

 何としても釣り上げたい!

 ボートに寄ってきては底へ突っ込む猛ダッシュを繰り返すこと4~5回。

 悪戦苦闘の末、ようやくネットに入ったのは、「ブラウントラウト」

 メジャーをあてるとサイズは「58cm」

ブラウントラウト(58cm)in丸沼(2009/11/28)  待望の「丸沼ブラウン」、しかも目標にしていた50cmを超える大物。

 夢か、幻か、はたまた現実か・・・


 2006年7月30日から始めた丸沼通い。3年4ケ月経った今日(2009年11月28日)で、通算33回目の釣行になります。

 3回続けてオデコをくらったりしても、諦めずに通った甲斐がありました。

 開高さんばりに、「ブラボー!」なんて叫ぶ余裕は全くなし。ボートの上で、ただただ放心状態・・・・・・。

丸沼(2009/11/28)  正気に戻って、貴重な経験をかみしめるように、釣り上げるまでのことを考えていたら、少なくとも幸運が3回重なっていたことが分かりました

 「釣りは、運、勘、根である」と言ったのは開高健。

 「運」って、本当に大事ですね。

 この後は、完全に気が抜けてしまって、ボート漕ぎながら、あちこちフラフラ・・・。

 正午頃には、睡眠不足や前日の残業の疲れが出てきて眠くなってきたので、早めに切り上げることにしました。

 帰り際、「立木の森」沿いの道端に車を止めて、丸沼へ一礼。

 最高の思い出をありがとう。来年もよろしくーー!


【追伸】

丸沼(2009/11/29)(1) 周りの様子


 ボート置き場左岸の岸沿いに、放流したと思われる魚(ニジマス?)が群れていて、そこに陣取っていたフラインマンは、ほぼ入れ食い状態でした。

 他に、陸からの餌釣りの人がレギュラーサイズのニジマスを釣っているのを数回見た程度で、大半のアングラー(ルアー&フライ)は、苦戦していたようです。

(2) 開高健没後20年

 来る2009年12月9日に、開高健没後20年を迎えます。

 開高氏が、ルアー(アブ・トビー10g)でビック・レインボー(65cm)を釣ったことで有名な丸沼。

 そのポイントは、「毒蛇の岩」と名付けられ、第一級ポイントとして、今でも存在し続けています。

 いつかは毒蛇の岩で、ビックレインボーを釣ってみたいですね。

|

« 雑木林の紅葉 | トップページ | 住めば愉快だ宇都宮! »

06□ 栃木の釣り・丸沼」カテゴリの記事

コメント

\(≧∇≦)/うぉおお!デカブラウンすげー!!!

投稿: 黄鮒 | 2009年11月28日 (土) 23時24分

おめでとうございます!
シーズン最後に、通い詰めたご褒美が出ましたね(笑)

投稿: mi-stream | 2009年11月29日 (日) 07時28分

>黄鮒さん

 幸運に恵まれて、奇跡が起きました(^_^;)。

 これもひとえに、黄鮒さんのアドバイスのおかげだと思っています。

 丸沼ブラウン、ちょっとイメージが分かりましたので、来シーズンは、YSミノーで釣ることを目標に頑張りますねーー。

投稿: よっしー→黄鮒さん | 2009年11月29日 (日) 12時39分

>mi-streamさん

 昨日の今日ですから、また行きたかったのですが、今日の午前中は、自治会の行事でした(さきほど終わりました)。

 ちょっと計算してみたら、丸沼釣行33回の釣り券が、平均4千円かかっていたとすると、これまで合計「13万円」ぐらいかかっていることになります。

 「運&勘&根」を支えるためには、お金もかかるということですね(^_^;)。

投稿: よっしー→mi-streamさん | 2009年11月29日 (日) 12時40分

こんにちは。
おめでとうございます!
文面を通じて喜びが伝わってきました。
丸沼ですね? スプーンですね?
ボートから岸に向かってですね?

来シーズン、遠征を企てています。
いつもやってる海釣りもいいのですが、
あぶらびれのある魚が釣りたいのです。

投稿: Crenogin | 2009年11月29日 (日) 13時14分

>Crenoginさん

 こんばんは。

 ネイティブ・トラウトは、私が最も愛するターゲットですが、海なし県に住んでいる者から見ると、気軽にソルトが楽しめるCrenoginさんが羨ましかったりします(^_^)。

 こちら栃木近辺では、今シーズン釣りができるのは、丸沼が明日(11/30)まで、また東古屋湖が12月末までとなっています(他に管釣はたくさんあります)。

 ネイチャーフィールドに初めてチャレンジして、楽しめる可能性が高いのは、4月上旬の中禅寺湖解禁と、4月下旬の丸沼解禁もしくは大尻沼の解禁でしょう。

 中禅寺湖解禁は、毎回「オデコ」をくらっていますが、それでも釣れる可能性は高いですし、丸沼や大尻沼は、放流されたニジに混じって、ネイティブ化したレインボーが楽しませてくれます。もちろんブラウンの可能性も解禁日は高いです。

 ベイトタックルを使った釣りでは、鬼怒川本流ヤマメが一番楽しめるのですが、川のコンディションに徹底的に左右されますので、日程を決めた釣りでは、かなり難しいと思います。

 大したことはできませんが、何かお手伝いできることがあれば、声をかけてくださいね。

 私の方は、12月中旬に、アンバサダー5601C4で、新潟県荒川のサーモンにチャレンジしてきます。

投稿: よっしー→Crenoginさん | 2009年11月29日 (日) 17時35分

よっしーさん、ありがとうございます!
強い味方、心強いです。
やっぱり中禅寺湖か丸沼ですよね。
5月のGW明けに決行の予定です。
すぐ釣れなくてもいいんです。何年かかけて、
釣れるまでの過程が楽しいから。
だから断然ネイチャーフィールドの、
ネイティブトラウトがいいです。
長期戦で頑張ります。

投稿: Crenogin | 2009年11月30日 (月) 01時56分

デカイ、ブラウンですね~

おめでとうございます!

次は、東古屋湖ですか?
スーパー級をお願いします!

投稿: t-fuku | 2009年11月30日 (月) 08時28分

>Crenoginさん

 少しずつ、一歩ずつ、目標(ビック・トラウト)に近付いていく過程が楽しいんですよねーー。

 私は、来年4月の中禅寺湖や丸沼の解禁には、ほぼ間違いなく行くと思いますので、5月頃には、直近の情報とかも入っていると思います。

 何か分からないことがあれば、気軽に聞いてくださいね(メールもOK)。

投稿: よっしー→Crenoginさん | 2009年11月30日 (月) 22時06分

>t-fukuさん

 こんばんは。

 何とか、ようやく、幸運にも、釣ることができました(^_^;)。

 丸沼ブラウンは長男に先に釣られていましたし、「いつか釣りたい」と思い続けていた魚なので、本当に嬉しかったです。

 東古屋湖は、11月の大会前に放流したデカ・レインボーが、今でも釣れているようです。

 12月中旬に新潟県荒川へ今年最後のサーモン釣行がありますので、東古屋湖(12月末までOK)は、その後に行こうと考えています。

投稿: よっしー→t-fukuさん | 2009年11月30日 (月) 22時07分

こんばんわ。
やりましたね、おめでとうございます。
丸沼には結局行ってませんが、今更ながら、行きたくなりました(笑)。

こちらは、アオリイカのシーズンからメバルシーズンに変わりつつあり、私的には面白いシーズンになってきました。

この分では、サーモン釣行記も期待できそうですね。

投稿: kawashimogawaspecial | 2009年11月30日 (月) 22時22分

>kawashimogawaspecialさん

 こんばんは。

 アオリイカ、メバルですか。いいですねーー。

 丸沼は、湖の大きさがほどほどで、ローボートでも十分楽しめますし、レインボー、ブラウン、イワナ、サクラマス、ブルックと魚種が豊富なのも気に入っています。

 といっても、kawashimogawaspecialさんのところから、いらっしゃるには、ちょっと大変ですね。来年、出張でこちらに来た時に、ロッド持参というのは、どうですか?(^_^;)。

 荒川サーモンは、12月中旬を予定していますが、既に、絶好調になっています。

 ちょっと、ピークが早いかな?って感じで、行く時までに、サーモンが残っているか心配しています(^_^;)。

投稿: よっしー→kawashimogawaspecialさん | 2009年11月30日 (月) 22時57分

おめでとうございます。
丸々して重そう!!
シーズンの締めくくりに相応しい魚ですね。
うらやましいです。

投稿: ichi | 2009年12月 1日 (火) 09時35分

 ichiさん、こんばんは。お久しぶりです。

 今回は、本当にラッキーでした。

 ブラウンを釣ろうなんて、これっぽっちも思ってなくて、水温が低下した早朝に、シャローに回遊してくるレインボーを狙っていたのですから・・。

 ブラウンって、忍者のような魚と言われますが、どこからともなく現れて、激しくヒットする様は、「忍者」という呼び方がピッタリだと思いました。

 今年のルアーのブラウンの大物賞は、70センチが出ています。

 丸沼には、まだまだスーパーヘビー級のブラウンが潜んでいますので、これからも粘り強く通おうと思います。

 ichiさんも一緒に頑張りましょうね。

 2010年、来年4月の解禁日が楽しみですね。

投稿: よっしー→ichiさん | 2009年12月 1日 (火) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/46884070

この記事へのトラックバック一覧です: 待望の丸沼ブラウン58cm(2009/11/28)★:

« 雑木林の紅葉 | トップページ | 住めば愉快だ宇都宮! »