« 2010年東古屋湖解禁前漁獲調査に当選 | トップページ | 2010年のルアーフィッシング計画 »

2010年2月21日 (日)

Gijie休刊に思う

 雑誌「Gijie(ギジー)」が、2010年4月号をもって休刊するそうです。

 5年前にルアーフィッシングを始めた時には、とってもお世話になっていたのですが、コマーシャル色が強くて、実際の「釣り」とギャップが大きいことに、少し興醒めしてからというもの、全く買ってませんでした。

 それでも、ルアーフィッシングの専門誌がなくなると言うのは、なんとも寂しいものです。

 このタイプの雑誌は、「鱒の森」しかなくなりますが、よっしー的には、「ノースアングラーズ」のような雑誌があるといいと、いつも思っています。

 ルアー・フライを区別せず、疑似餌の分野を横断するような自由な発想のもと、新しい釣法やルアー、さらには、アマチュアのベテランの方の釣りを紹介するような雑誌です。

 そして、釣果至上主義ではなく、釣りを「文化」として捉えるような視点があれば、なおよしです。

 しかし、こういう状況になってくると、否が応にも、釣り関係のHPやブログの役割が重要になってきます。

 「雑誌がなければ、まずはネットで調べてから。」となるからです。

 拙い文章で、あまり内容のない「よっしーの散歩」ですが、少し気合いを入れ直して、しっかり書いていきたいと思います。

 「釣り」関係のブロガーの皆さん、一緒に頑張りましょう!

|

« 2010年東古屋湖解禁前漁獲調査に当選 | トップページ | 2010年のルアーフィッシング計画 »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

賛成!
釣りは文化ですよね。頑張りましょう!

投稿: Crenogin | 2010年2月21日 (日) 22時13分

>Crenoginさん

 「釣り=漁(または狩猟)」という観点だけでは、自然にも優しくありませんし、何と言っても楽しくなくなるので(趣味に厚みが出てこない)、長続きしないと思うんですよねーー(^_^;)。

 今回のギジーの件は、ちょっと寂しい話ではありますが、一方で、HPやブログを持っている私達の役割が増して、さらに、やり甲斐が出てきているということでもあります。

 お互いフィッシングライフを楽しみながら、元気に頑張っていきましょうね(^_^)v。

投稿: よっしー→Crenoginさん | 2010年2月22日 (月) 19時51分

ご無沙汰です。
先月から、休刊の話を聞いていましたが、先月号にも
何も書いてなかったので半信半疑でしたが、
今月号も最後のページに書いてあっただけですね。
休刊する時ってそんなものですかね?
まぁ立ち読みしかしてなかった奴が偉そうなこと
言えませんが・・・
ちょっと寂しいですね。

投稿: shoji | 2010年2月22日 (月) 23時41分

>shojiさん

 こんばんは。

 お久しぶりです。コメしていませんが、いつもshojiさんのブログは読ませていただいています(^_^)。

 以前、釣り人口のうち、トラウト・ルアーフィッシングって、とっても少ないという話を聞いたことがあります。

 「簡単に釣れませんし、釣った魚もあまり美味しくないということで、ディープに楽しむ方はいるものの、底辺の広がりがない」ということのようです。

 そんな大人をターゲットにした雑誌ですから、かなり苦しい経営だったのではないでしょうか。

 ここ数年の丸沼解禁、中禅寺湖解禁の様子を見ていると、経済情勢の悪さも影響して、釣り人がどんどん減ってきていますので・・・。

 ただ、私は、どんな時代になっても、「釣り」は、自然の中でのんびり楽しむには、最高の趣味ではないかと思っています。

 釣果至上主義ではなく、「バードウォッチングするような感じで、釣り&魚との出会いを楽しむ」という感覚です。

 いろいろ厳しいことばかりですが、あまり振り回されず、気長にやっていきたいと思っています。 

投稿: よっしー→shojiさん | 2010年2月23日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/47624738

この記事へのトラックバック一覧です: Gijie休刊に思う:

« 2010年東古屋湖解禁前漁獲調査に当選 | トップページ | 2010年のルアーフィッシング計画 »