« 果汁たっぷり、興居島産「宮内いよかん」 | トップページ | 「お菓子の工房めるしー」のシュークリーム »

2010年2月13日 (土)

スプーンが気になる

 ヒラヒラ、クネクネ泳いで、トラウトを誘惑する「スプーン」。

 2009年11月に丸沼ブラウン(58cm)を釣ってから、頭の中から「スプーン」が離れません。

ダイワ・クルセイダー  形、ベンド、カップ、ウェイトの違いで泳ぎがどう変わるのか・・・。手持ちのいろいろなスプーンを風呂場に入れては、スイミングテストを繰り返しています。

 一見同じような形のスプーンでも、泳ぎに違いがあることが、よく分かりました。

 おかげで、YSミノーの製作には、全く手が回っていません(^_^;)。

 釣具店に行っても、立ち寄るのは「スプーン」コーナーばかり。

 先日、ウェイトの割に薄くて幅広ボディの「ダイワ・クルセイダー(10g、シルバー)」を購入してきました。

 値段は、300円ちょっと。安給料のサラリーマンには、本当にありがたい価格設定です。

 「クルセイダー」と言えば、数あるスプーンの中でも、定番中の定番。ウィローリーフタイプの筆頭に上げられる有名なスプーンです。

 新製品には、チャレンジ&開拓する楽しみがありますが、このように、歴史を刻んだスプーンの安心感も、大好きです。

 すでに3個ストックしているので、今回買ったものはマイ・カラー用になります。

 さーて、どんな色に塗りましょうかねーーー。

|

« 果汁たっぷり、興居島産「宮内いよかん」 | トップページ | 「お菓子の工房めるしー」のシュークリーム »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

よっしさんへ
現在、市販されているスプーンは、星の数ほどあります。しかし、釣り人はその中から選んで魚を釣るわけですから大変です。止水・流水と条件が変わればよっしーさんの言う通り、悩みは消えませんね。
はなのお勧めは、ライトニング・ウォブラ―です。特に
古いタイプのハンマー模様は、止水・河でヒットが高いです。はな

投稿: はな | 2010年2月14日 (日) 11時39分

>はなさん

 「ライトニング・ウォブラーのハンマー・タイプ」ですか。

 確か、細長くて、テールの方が厚くなっていて、値段が高めのスプーンですよね。

 スプーンは、湖で使うことが多いのですが、よく考えてみれば、テールが重くなっていれば、スイミングフックを付けても、その重さ&抵抗に負けずに、しっかりテールを振って、よく泳いでくれそうです。

 湖で使うスプーンは、「スローから中速で、いかにユラユラ・クネクネしてしっかり泳いで、トラウトにアピールできるか」がポイントだと思います。

 となると、自然と全長が長いスプーンが基本になってきます(もっぱらチヌークを愛用)。

 短いスプーンは、泳ぎがヒラヒラ感だけになってしまうので、アピール力が劣ってしまって、ネイティブ・トラウトのスプーンには向かないようです(放流魚主体のフィールドにはベストマッチ)。

 「ライトニング・ウォブラー」、今度、買ってきて試してみたいと思います。 

投稿: よっしー→はなさん | 2010年2月14日 (日) 18時35分

こんにちは。

中学生の頃、クルセイダーとスピナー数個を持って
友人と東古屋湖に行ったのが懐かしいです。

あの頃(20年近く前)でも、ちょっと古いルアー
っていうイメージだったので、歴史を感じますね。

結局ぼくはボウズで、友人の1人が同じくダイワの
スプーン・コーホーでマスを釣ったのを覚えています。

よく見ると十字マークが彫ってあってオシャレですね。
当時から十字マークがあったかは覚えてませんが、
写真を見て、使っていたリールやロッド、
友人の表情なんかが、次々と思い出されます。

投稿: ichi | 2010年2月15日 (月) 10時51分

よっしーさんへ
昨年話していたコッピ河の遠征日程が決まりました。
はがな行く日程は、6月9日から8日間です。ロシア政府から降りたフィッシンングライセンスは4回らしく、6月9日から1週間おきに4つのツアーが入れるようです。(世界で4つです。)日本からは、マウンテン・クリークハウスのツアがー2回計画されています。(6月9日・6月30日出発)ヘリコプターが使えないため、車の移動になります。ツアー料金がかなり安くなりそうです。まず、日本のサクラマスを釣り上げ、テンション上げて遠征に行きたいですね。はな

投稿: はな | 2010年2月15日 (月) 21時33分

>ichiさん

 こんばんは。

 コメントを読んでいると、なんとも懐かしい雰囲気が漂ってきました。

 クルセイダーは、昔からある有名なスプーンなので、多くのアングラーに様々な思い出を与え続けているんですね。

 実は、このクルセイダー、先日、アワビ貼り仕様にしてみました。

 見た感じ、かなり釣れそうですよ!

 当選すれば、2月下旬の東古屋湖解禁前調査でデビューする予定です。

 「クルセイダーで、デカ・レインボー、ゲット!」といきたいですね。

投稿: よっしー→ichiさん | 2010年2月15日 (月) 21時44分

>はなさん

 おっおーー、ロシアのコッピ川遠征、決まりましたか。

 4回しかライセンスが降りないということは、本当に貴重な釣行ですね。

 是非是非、「とてつもない強烈なファイト」堪能して、ビック・シーマを釣ってきてください\(^o^)/。

投稿: よっしー→はなさん | 2010年2月15日 (月) 21時56分

こんばんわ。

クルセイダーですか、私もこの時代のダイワスプーンには、好きな物が多いですね。

未だに、ダンサーとアタッカーは、1軍ですね。シマノなら、バイトでしょうか。

ただ、クルセイダーいいんですが、やっぱり自分的には、(完全コピーをされた側の)オークラがいいですね。

ヨーロッパの数あるスプーン大国の中で、なぜかフランス製といったところが◎。

もっとも、一番すきなのは、全盛期のダーデブル(USA)のインプクリッカーとコピーキャットインプです。

投稿: kawashimogawaspecial | 2010年2月16日 (火) 22時01分

こんばんは
ここ2,3年は完全にミノー中心の釣りでした。
何故か先週懐かしくて13gのクルセイダーを1個購入したんですよ!(那珂川用で・・・)
今年はチョット使用してみたいですね。
ちなみに自分のお勧めは、フォレストのリアライズです!
10年近く使用してます、とにかく流れに強いですよ!
鬼怒川(宇都宮近辺)なら6.1g(鮎・赤/金)がお勧めです。

なかなか、売ってないですが是非使用してみて下さい。

投稿: yuitama | 2010年2月17日 (水) 00時16分

>kawashimogawaspecialさん

 こんばんは。

 さすがに、いろいろなスプーンをご存じで、また使っていらっしゃるんですね。

 思わず、ネットで、どんなスプーンか調べちゃいました(^_^;)。

 それと、たぶんそうだとは思いつつも、やっぱり「クルセイダーって、オークラのコピー」でしたか。とっても勉強になります(もう少し、ルアーの基本を勉強しなくては・・・)。

 ちなみに、10gのクルセイダーの両端を少しカットして、長さはそのままで、8gぐらいにしたスリムなクルセイダーって、かなり釣れそうだと思うのは、私だけでしょうか。

 旧タイプの8gのクルセイダーは、気に入っているのですが、釣具店で売られていないのが残念です。

投稿: よっしー→kawashimogawaspecialさん | 2010年2月18日 (木) 00時03分

>yuitamaさん

 あれ、やっぱり「クルセイダー」でしたか。気が合いますねーー(^_^)。

 私の場合、「ルアーフィッシングの楽しさの一つに、魚を騙して釣る感覚」というのがあります。

 となると、やっぱりスプーンって、スゴイなーーと思うんです。

 魚から見れば、リアル系ミノーでさえ、本物の魚とは、思っていないのでしょうけれど、人間から見た感じでは、圧倒的にスプーンの方が、魚っぽく見えませんからね。

 スプーンの難点は、自作できないことぐらいかな(ミノーは、バルサで作れるのが気に入ってます)。

 フォレストのリアライズは、今度、釣具店に行った時に探してみたいと思います。

 今シーズンも間もなく開幕、お互い楽しみましょう(^_^)v。

投稿: よっしー→yuitamaさん | 2010年2月18日 (木) 00時27分

スプーンは穴開けて切るだけですよ

投稿: | 2014年12月31日 (水) 22時56分

 確かに、そういう見方もありますが、釣れ具合の違いは何によるのでしょう(^_^)

投稿: よっしー | 2015年1月 1日 (木) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/47556519

この記事へのトラックバック一覧です: スプーンが気になる:

« 果汁たっぷり、興居島産「宮内いよかん」 | トップページ | 「お菓子の工房めるしー」のシュークリーム »