« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の9件の記事

2010年4月29日 (木)

サクラマスに初コンタクト in 川俣湖(2010/04/29)

【日時】 2010年4月29日(木) 14時30分~17時

【場所】 川俣湖(栃木県日光市川俣)

【天候】 晴れ

【水温】 4度

【風】  時々弱い北東の風

【釣果】 バラシ2    [サクラマス(40cm)、ニジマス(30cm)、いずれも推定です]

【タックル】

(1) スピニングタックル

  ロッド:シルバークリークS・7'9"、リール:ダイワ・エンブレムZ1500、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スピナー、スプーン(5-10g)、YSクランク(50mm、8g、アワビ貼り)、YSミノー(85mm、8g)、ミノー(M-1 インスパイアミノー、90mm、8g、エバーグリーン)

【レポート】

 最近、完全に「川俣フリーク」になっている、よっしーです。

 休みの日は、時間が空けば、川俣湖へ出かけています。

 今日も、またまた「川俣湖」へ(^_^;)。

 午後2時30分からスタート。

 1時間ぐらい経った時に、スピナーに30cmクラスのチビ・ニジが挨拶に来てくれましたが、ネットインする前に、オート・リリースしちゃいました。ちょっとかかりが浅かったようです。

 その後は、スピナー、スプーン、YSクランク、YSミノーをローテーションしながら、投げ続けても音沙汰ありません。

M-1 インスパイアミノー(90mm、8g)  今日は、ダメかなーーと思った時、ふとルアーケースの中に入っていた「M-1 インスパイアミノー(90mm、8g)」に目が止まりました。

 「ただ巻き」では無反応。ならばとトゥイッチ&ジャークを加えて10投ぐらいキャストしていた時に、目の前5メートルほどのところでヒット!

  まずまずの重量感です。

 その魚は、ジャンプせずに、水中で白い魚体をねじってローリングしています。

 この時点で、「レインボー」ではないと直感。「イワナ」か、それとも「サクラマス」か。

 岸に寄ってきた白い魚体の正体は、雑誌の写真でよく見る、目がギロョッと下を向いた精悍な顔つきの「サクラマス」\(^_^)/。

 サイズは40cmぐらいあります。釣れれば、もちろん「初サクラマス」。

 ネットを出してランディングしようとしたその瞬間、「バシャ、バシャ」と最後の抵抗。と同時に、「バチン」と何かがはじける音。

 なんと痛恨のラインブレイク!

 ロッドの先を見ると、ヨレヨレになったラインが空中をヒラヒラ漂っています。

 弱っただろうと油断して、少しドラグを締めてしまったのが原因です。

 サクラマスは、ミノーをくわえたまま湖へ(^_^;)。

  「顔」を見られるところまで近づいて、あと一息だったのに。あーーーー、もったいなーーーい!

 後悔の嵐です。

 なかなか納得できない自分に、「初めて川俣湖のサクラマスをヒットすることができて一歩前進。この経験を次に活かしていくしかない。」と繰り返し言い聞かせながら、帰宅の途につきました。

【追伸】

 「M-1 インスパイアミノー」は、Kawashimogawaspecialさんから、いただいた2本のうちの1本です。

 Kawashimogawaspecialさんが、「トラウトに効く」と言っていた意味が、今回、よく分かりました。どうもありがとうございましたm(_ _)m

 手元に1本残っていますが、後日、買い足してきたいと思います。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

川俣湖釣行(2010/04/24)

川俣湖【日時】 2010年4月24日(土) 14時~17時

【場所】 川俣湖(栃木県日光市川俣)

【天候】 晴れ

【水温】 4度

【風】  時々やや強い北東の風

【釣果】 ニジマス1匹(35cm)、コイ(70cm、スレ)

道端に咲いていたミヤマキケマン 【タックル】

(1) スピニングタックル
  ロッド:シルバークリークS・7'9"、リール:ダイワ・エンブレムZ1500、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スピナー、スプーン(10g)、YSクランク(50mm、8g、アワビ貼り)

(2) ベイトタックル
  ロッド:ミディアムライト6'6"、リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・4601C3、ライン:ナイロン14lb、ルアー:YSミノー(85mm、14g)、スプーン(14g)

【レポート】

 休日出勤したにも関わらず、あっと言う間に仕事が終了。

 翌日の日曜も仕事が入っていて出かけることができません。今週末、唯一、空いた、貴重な時間。

 いつもの川俣湖へ。

 今日は、中禅寺湖の船釣りや丸沼が解禁日ということもあって、ガラガラです。

 プレッシャーが全くかかっていないので、いきなり爆釣かーーと思いきや、時々、ショートバイトがあるぐらい。ニジマス達の活性はあまり高くないようです。

ニジマス(35cm) in 川俣湖(2010/4/24)  水温を計ると4度。

 この水温じゃ、仕方ないかもしれません。

 それでも、30分程した時に、スピナーにニジマス(35cm)がヒット。

 活性は低いものの、魚はいるようです。

 2時間程経った頃、スプーンを投げていたら、今度は「根がかり」。

 ロッドをグングンあおってルアーを外そうとしていたら・・・、ゆっくり動き出しました。

 「もしかして魚?」なんて思っているうちに、ギーーーッとドラグを鳴らしながら、沖に向かって突進!

 これは普通の魚ではありません。

 スピニングタックルでラインはナイロン6lb。

 ドラグ調整をこまめにしながら、堪え続けること約10分。

 水面に浮いてきた魚は、「巨鯉」。しかも「尾びれへのスレがかり」(^_^;)。

 中々寄らない訳です。

コイ(70cm) in 川俣湖(2010/4/24)  「寄せては、沖合へダッシュ」を繰り返しながら、なんとか岸に寄せてフィッシュグリップでランディング。

 体長70cmの「川俣カープ(コイ)」でした
(^_^;)。

 スレがかりとは言え、ルアーでコイを釣ったの初めてです。

 大きさ、太さ、体高、立派だなーーと感心しながら、まじまじと観察してしまいました。さすがに、町中の池のコイとは違いますね。

 この後は、ポイントが荒れてしまったようで、YSクランク(50mm、8g、アワビ貼り)に1回ショートバイトがあっただけ。

 川俣湖は、もう少し水温が上がってくると、いい感じになってくるかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

2010年初の鬼怒川(宇都宮市)(2010/04/18)

鬼怒川(宇都宮地区)  2010年4月18日(日)、雨(雪)で少し増水した鬼怒川(宇都宮市)に、今年、初めて行ってきました。

 休日ということもあって、餌釣りの人、ルアーやフライの釣り人で、結構賑わっています。

 冬場に回って、だいたいのポイントをチェックしていたつもりでしたが、久しぶりに見ると、思っていた以上に「本流筋の流れ」が変わっています。

 有望視していたポイントも、ヤマメが付きにくい感じになっていました。ちょっと残念。

 ベイトタックルで、YSミノー(85mm、14g、アユ)を一流し。

 鬼怒川スーパーヤマメの本番は、6月中旬~7月下旬ですので、慌てず、じっくり行こうと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

YSクランクでニジマス(38cm)キャッチ! in 川俣湖(2010/04/17)★

 YSクランク(50mm,8g,アワビカラー)で、通算2匹目となる川俣レインボー(38㎝)を釣ることができました。

【日時】 2010年4月17日(土) 14時~18時

【場所】 川俣湖(栃木県日光市川俣)

【天候】 晴れ

【水温】 -(未計測)

【風】  時々弱い北風

【釣果】 ニジマス3匹(38cm,35cm,30cm)

【タックル】

(1) スピニングタックル
  ロッド:シルバークリークS・7'9"、リール:ダイワ・エンブレムZ1500、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スプーン(10g)、YSクランク(50mm、8g、アワビカラー)

(2) ベイトタックル
  ロッド:ミディアムライト6'6"、リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・5601C4、ライン:ナイロン14lb、ルアー:YSミノー(85mm、14g)、スプーン(14g)

【レポート】

 朝起きて窓を開けると、あたりは前日の夜から降った雪で、うっすらと雪化粧。

 宇都宮では、昭和44年以来の最も遅い降雪だそうです。

 午後に天気も回復してくるということで、少し悩んだ末、約束していた黄鮒さんとの川俣湖行きを決行することに・・・。

 宇都宮から川俣湖への道路は、脇に除雪された雪が残っている程度で、ノーマルタイヤでも十分な状況です(ちなみに、よっしーの車はスタッドレスタイヤを履いています)。

ニジマス(35㎝) in川俣湖(2010/04/17) 川俣湖に着くと、トローリング・ボートは全く出ていません。

 さすがに、こんな時に釣りをしている人はいないようで、この広大な湖を、たった二人で貸し切りです(^_^;)。

 午後2時、熊野沢の岸からスタート。

 スピニングタックルでスプーン(10g)を投げ始めると、立て続けに、35cmと30cmのニジマスをキャッチ。

 季節外れの雪なんて関係ないと言わんばかりの、やる気満々のレインボー達が出迎えてくれました。

 しばらくして、バイトが遠のいてきたので、気分転換に門森沢インレットへ移動。

 滝になって川俣湖へ流れ込む門森沢を眺めながら、活性の高いニジマスを狙って、スプーン(10g)を通していきます。

門森沢インレット  ここは川俣湖でも有名なポイントですが、1時間程の間、一度、チビニジマスがチェイスしてくるのを目撃しただけ。

 夕方、再び熊野沢へ。

 開始早々、黄鮒さんにヒット。ベイトロッドがいい感じで曲がっています。

 ヒレ先がピンととんがっている、きれいなニジマス(40cm)が顔を出してくれました。

 よっしーも負けじと、大物狙いに的を絞って、ベイトタックルで、YSミノー(85mm、14g)やスプーン(14g)で投げ始めますが、「ズドーーーン!」という手応えを感じることは、ついになし・・・。現実は、そんなに甘くありません。

 ここで、先週、初めてニジマスを釣った秘密兵器「YSクランク(50mm、8g、アワビカラー)」を投入です。

 時間は夕方5時の夕マズメ。警戒心の薄れたレインボー達が、岸際のワカサギを狙って、シャローに集まってくる頃です。

YSクランクでキャッチしたニジマス(38㎝) in 川俣湖(2010/04/17) 岸と並行に、カケアガリを何度かトレースしてきたら、足元でヒット。ネットインしたのは、38cmのグッドサイズのレインボー

 こだわりのハンドメイド・ルアーで、魚たちの動きを読みきって釣り上げた、アングラー冥利に尽きる一匹です。 

 また、先週の初物に続いて、YSクランクで釣った2匹目のニジマスになります。

 この後、ちょっと仕様を変えたYSクランクも試してみましたが、こちらには反応がないので、川俣レインボー2匹を誘惑した「製造ナンバー184のYSクランク(50mm、8g、アワビカラー)」、もしかすると、ニジマスに何かを感じさせるスペシャル・モデルなのかもしれません。

 大きさか、形か、泳ぎか、それともカラーか・・・。

YSクランクでキャッチしたニジマス(38㎝) in 川俣湖(2010/04/17)  作り方は、全て記録してあって、いくつでも同じものが作れる状態になっていますので、少しまとめて作ってみたいと思います。

 薄暗くなってきたので、午後6時過ぎに引き上げました。

 季節外れの雪景色の中、付き合っていただいた黄鮒さん、お疲れさまでした。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

2010年丸沼解禁は4月24日です

 HP(http://www2u.biglobe.ne.jp/~marunuma/kaikin.htm)に、「2010年丸沼の解禁日は4月24日(土)」と発表されました。

 初日2日間、24日(土)と25日(日)は、ルアー・フライの特別解禁.餌釣りは4/26からになります。

 今年は雪も多かったので、解禁日は、湖面に氷が残っているかもしれません。

 毎年恒例になっていますので、なんとか仕事もうまく調整して、行けるようにしたいと思います。

 約半年ぶりとなる丸沼レインボー&ブラウンとの再会が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

最高! 郷土の誇り「リンク栃木ブレックス」

 リンク栃木ブレックスが、アイシンを破って、日本一になりました。

 第4ピリオド終了間際の川村の同点3ポイントシュートには、正直、シビレました。

 その流れ、さらには、会場のファンの圧倒的な声援を味方に付けての優勝。

 最高です。

 郷土宇都宮の誇り「リンク栃木ブレックス」。

 感動をありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

ニジマス3匹 in 川俣湖(2010/04/11)★

太郎山 【日時】 2010年4月11日(日) 10時~13時

【場所】 川俣湖(栃木県日光市川俣)

【天候】 曇り

【水温】 5度

【風】  時々弱い北風

【釣果】 ニジマス3匹(38cm、35cm、32cm)

【タックル】

(1) スピニングタックル

  ロッド:シルバークリークS・7'9"、リール:ダイワ・エンブレムZ1500、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スプーン(5~10g)、スピナー、YSクランク(50mm、8g、アワビカラー)

(2) ベイトタックル

  ロッド:ミディアムライト6'6"、リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・4601C3、ライン:ナイロン12lb、ルアー:YSミノー(85mm、14g)

【レポート】

川俣湖へ向かう途中のトンネル 日曜の午前、「釣りと同じくらい、ドライブするのが好きなのかも」なんてことを考えながら、いくつもあるトンネルを抜けて川俣湖へ。

 先週の解禁日に続いて、またまた来てしまいました(^_^;)。

 今日は、ボートではなく、陸っぱりです。

 午前10時に到着。

 釣り客は少なく、いつもの静かな川俣湖に戻っていました。

 熊野沢の岸から、午前10時スタート。

 対岸で時々、ライズがあります。

ニジマス(38㎝) in川俣湖(2010/04/11) 最初は、ニジマス狙いで「スピニングタックル+スピナー」で攻めます。

 このポイント、今日は先行者がいなかったと見えて、すぐに反応がありました。

 5~6投目にヒット。

 ジャンプ3回、元気いっぱいのファイトの主は、38cmのニジマスでした。

 スピナーの誘惑を、どうしても我慢できなかったんですねーーー。

 次はスプーン。

ニジマス(32cm) in川俣湖(2010/04/11) カラー・ローテーションをしながら、キャストしていたら、今度は、32cmのニジマスが登場。

 体の割に、尾びれが発達しているきれいなプロポーション。いいですねーーー。

 お次は、いよいよYSミノー(85mm、14g)。

 ベイトタックルで、ただ引き、グリグリ、ジャーキングで、誘いをかけますが反応はありません。

 「サクラマスがYSミノーにヒット!」なんていう考えは甘かったようです。

 この時点で正午。

フキノトウ 昼食を食べながら、しばし休憩。

 道端にはフキノトウ。上空にはトビ。対岸の山にいるサル達が、時々騒いでいる声が聞こえるぐらいで、あたりは静まり返っています。

 一人、大自然に浸り、リラックスできることのありがたさをしみじみ感じます。できることなら、ずーーーっと、こうしていたーーい!

 曇り空、時々、湖面にさざ波が立っていますが、さすがに、陸っぱりでバイトを取るのは、難しくなる時間です。

 次は、秘密兵器、先日完成したばかりのハンドメイド「YSクランク(50mm、8g、アワビカラー)」。

 スピニングタックルで投げた一投目にヒット!

 いきなり「35cmのニジマス」が釣れちゃいました。こんなことってあるんですね(^_^)

YSクランク(50mm、8g)で初めて釣ったニジマス(35cm) in川俣湖(2010/04/11)  YSクランクでの初釣果になります。

 スローシンキングのクランクということで、深いレンジをトレースできたのが良かったようです。

 「YSクランク」で釣れることが分かったので、時間がある時に、もう少し手持ちの数を増やしておこうと思います。

 日中の短時間(3時間)釣行にも関わらず、元気のいいニジマスを3匹釣ることができて大満足の一日になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

宇都宮の桜も満開

宇都宮の満開の桜  3月下旬、少し寒い日が続いたせいで、予想より遅れていた宇都宮の桜も、ようやく満開になりました。

 昨晩(2010/4/9)、仕事帰りに、八幡山公園付近を歩いていたら、花見を終えて帰ってくる人がたくさんいたので、この週末は、大勢の花見客で賑わっていることでしょう。

 椅子に腰掛けて、朝の少し冷たいそよ風に揺れる桜の花を眺めていたら、今から40数年前の幼稚園時代、糸を通した針で桜の花びらを一枚一枚差しながら、首飾りを作った懐かしい記憶がよみがえってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

川俣湖解禁日釣行(2010/04/04)

【日時】 2010年4月4日(日) 6時~14時

【場所】 川俣湖(栃木県日光市川俣)

【天候】 晴れ

【水温】 2度

【風】  無風、のち、やや弱い東~北東の風

【釣果】 銀化したトラウト(ヒメマス or サクラマス) 1匹(23cm)、バラシ2

【タックル】

(1) スピニングタックル
  ロッド:シルバークリークS・7'9"、リール:ダイワ・エンブレムZ1500、ライン:ナイロン6lb、ルアー:スプーン(5~10g)、YSクランク(50mm、8g)

(2) ベイトタックル
  ロッド:ミディアムライト6'6"、リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・5601C4、ライン:ナイロン12lb、ルアー:YSミノー(85mm、14g)、スプーン(7~14g)

川俣湖【レポート】

 2010年中禅寺湖が解禁になる4/3は、あれやこれや家の用事で、一日ドタバタ。

 おかげで翌日の用事も済ませることかできたので、4/4の川俣湖の解禁に行けるようになりました。

 午前5時30分に川俣湖に着くと、湖面のあちこちにボートの航跡が・・・。

 ほとんどの方が出船していて、駐車場で準備しているのは、よっしーを含めて2組だけ。

 慌ててもしょうがないと思いつつも、準備作業は、いつになくテキパキ。なんだかんだ言いながら、ちょっと焦ります。

湖岸の雪 午前6時に手漕ぎボートでスタート。

 遠くの山は、まだ雪景色。川俣湖周囲の斜面にも、所々雪が残っています。

 水温を計ると、たったの「2度」(トラウト達の活性が上がっていない可能性大)。

 最初の目標ポイントは、鬼怒川本流インレット(門森沢合流)。

 ボートを漕ぎながら、移動中はトローリング、時々、岸沿いに良さそうなポイントがあるとキャスティング。いつもの攻め方で上流に向かってボートを進めていきます。

門森沢合流 途中、トローリングしていたスプーンに、1回ショートバイト

 門森沢に着くと、流れ込みに陣取る餌釣りのボート3、ルアーマンのボート2。

 さすがに、考えることはみんな同じです。

 しばらく様子を見ていましたが、釣れてる様子はありません。

 移動せずに、ボートを留めている方がいらっしゃるので、朝一は調子が良かったのかもしれません。

 門森沢合流を諦めて、熊野沢に向かうことにしました。

 またぎの里から右岸沿いで、トローリングでバラシ2回。いずれも40cm前後の手応えでした。

ベイトタックル&YSミノー  バイトのあったポイント付近にボートを留めて、キャスティングしても、こちらには反応ありません。

 トローリングしている方で、釣っているシーンを目撃(4回)したのは、またぎの里から下流の右岸沿いだったので、鬼怒川本流筋では、この付近に魚が集まっていたようです。

 川俣大橋手前で、ボートを漕ぎながら、ベイトタックルのブレーキをフリーにして、スプーン(シルバー、10g)とボートの距離を取ろうとしていたら、竿先に、小さな「コンコン」というアタリ。

 透かさずアワせると、小さいながらも魚がヒット!

 こんなことってあるのーーーと思いながらリーリングしていると、小さな魚体が見えてきました。

銀化したトラウト(23cm、サクラマスorヒメマス) in 川俣湖(2010/04/04)  ネットインしたのは、銀化したトラウト(23cm)。

 このトラウト、普段見慣れている、銀化した鬼怒川本流ヤマメと違った雰囲気だったため、釣った時は、「ヒメマス」と考えていましたが、自宅に戻ってから、黄鮒さんをはじめ、いろいろな方からアドバイスをいただきながら、調べた結果、このサイズのヒメマスとサクラマスの識別は、写真では、かなり難しいことが分かり、「銀化したトラウト」という表現に修正しました。

 ちなみに、慣れた方が、実物を見れば、体表のウロコの大きさ(小さいのがヒメマス、大きいのがサクラマス)から、すぐに分かるそうです。

 いい勉強をさせてもらいました。

 その後、熊野沢インレットで少し粘って、お茶を飲んだりして、のんびりした後、午後2時に引き上げました。

 今年も年券を買いましたので、次回は、4月中旬か、5月上旬あたりに、ネイティブ・レインボー狙いで来てみたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »