« 製造番号155・YSミノー(85mm、14g、HS)の製作 | トップページ | アングリングファン(2010年9月号)で紹介 »

2010年7月24日 (土)

再び鬼怒川(2010/07/24)

鬼怒川(2010/07/24)  昨日、上流部でかなり激しい雷雨がありました。

  2010年7月24日(土)、朝起きてすぐに、インターネットで鬼怒川の水位を確認。

 案の定、午前0時頃に少し増水して、今は、落ち着いています。

 もしかすると、いいコンディションになっているかも?

 先週、今シーズンの終了宣言したばかりにも関わらず、支度を整え、再び鬼怒川(宇都宮地区)に向かいます。

 水温18度。ほんの少し増水して、うすく濁りが入っています。

 水量は物足りませんが、この濁りが、ヤマメにスイッチを入れてくれる可能性も捨てきれません。

 愛用のベイトタックルで本流の流れの中にYSミノーをキャスト。

 キャストを繰り返している間にも、川原には、アユ釣りの車が次から次へ入ってきます。この暑さの中、アユ釣りされる方の根性には、本当に頭が下がります。

 ヤマメからの反応もなく、早々に引き上げました。

|

« 製造番号155・YSミノー(85mm、14g、HS)の製作 | トップページ | アングリングファン(2010年9月号)で紹介 »

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー)」カテゴリの記事

コメント

よっしーさん、こんにちは。私も今朝、桑島橋前後を探って来ましたがノーバイトでした。最近は平日(夕方)は小まめに通っているのですが何もありません。もっと上流の方がいいのかな、と考えてしまいます。水量はまだ期待できそうなので、頑張ってみます。それにしても今朝は暑かったですね。私は、7時30分で引き上げました。

投稿: カーシー | 2010年7月24日 (土) 09時39分

>カーシーさん

 カーシーさんも、行かれていたんですね。

 いやーー、本当に暑かったですねーー。

 この時期になると、ヤマメは、繁殖期に入り始めて、だんだんルアーに反応しなくなってきます。

 釣り方やタイミングによっては、釣れる可能性もありますが、確率は相当低いと思って間違いないでしょう(朝か夕かについては、この時期、夕方は水温が高いので、朝マズメの方が有利です)。

 もし釣果を希望されるのであれば、比較的長い間釣ることのできる佐貫上流部をお勧めします。

 水温も低く、8月上旬まで釣れる可能性があります(宇都宮地区より間違いなく釣れる確率が高い)。

 私は、いつもの通り「例え釣れなくても、観察気分」で、増水した時だけ、宇都宮地区の鬼怒川に足を運ぶ予定です。

投稿: よっしー→カーシーさん | 2010年7月24日 (土) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/48958766

この記事へのトラックバック一覧です: 再び鬼怒川(2010/07/24):

« 製造番号155・YSミノー(85mm、14g、HS)の製作 | トップページ | アングリングファン(2010年9月号)で紹介 »