« 第1回丸沼釣り大会(2011/06/25) ★ | トップページ | うれしい贈り物「唐川ビワ」 »

2011年6月26日 (日)

久しぶりの1バイト in 鬼怒川(宇都宮地区)(2011/06/26)

 2011年6月26日(日)、昨日の丸沼の疲れもどこへやら・・・、午前5時すぎには鬼怒川(宇都宮地区)の畔に立っていました。

 鬼怒川は、ほんの少し増水。わずかに濁りが入っています。水温15度。

鬼怒川(宇都宮地区) ベイトタックルでYSミノー(85mm、14g、アユ)を投げていると、対岸から泳がせてきたYSミノーが流心を過ぎて、ターンした時に、「グン!」とバイト。

 水中で反転した魚体からすると、YSミノーにアタックしてきたのは、尺前後のヤマメのようです。

 少し時間を置いて、チャレンジしたものの、再びヤマメは現れることはなく、今日は、この一発だけで終了。

 たいていノーバイトなので、反応があっただけ、一歩前進って感じでしょうか(^_^;)

 日曜で時間があるので、帰りながら、河川敷沿いに車を走らせてみると、ルアー・フライ、それぞれ2名ほどを見かけました。

  私もスーパーヤマメ・ゲットを目指して、まだまだ頑張りますよーーー!

|

« 第1回丸沼釣り大会(2011/06/25) ★ | トップページ | うれしい贈り物「唐川ビワ」 »

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いつも楽しく読ませてもらってます。バイトだけで残念でしたが、いよいよ、いい季節になってきましたね。
こちらも、マゴチやバスのハイシーズン。YSミノーでの釣果、報告できるよう、頑張ります。

投稿: kawashimogawgspecial | 2011年6月26日 (日) 18時40分

>kawashimogawgspecial さん

 こんばんは。

 今朝、川原を車で流している時、そういえば、ここでkawashimogawgspecial さんと会ったんだよなーーと思っていたところでした(^_^)。

 例のポイントは、アユのドブ釣りの方達で大賑わいで、今朝も、朝から車が並んでいました。

 ヤマメ達もすくすく成長しているようなので、そろそろ釣果情報をお伝えしたいところですが・・・、こればかりは、なかなか思ったようにいかないんですよね(^_^;)

投稿: よっしー→kawashimogawgspecial さん | 2011年6月26日 (日) 22時07分

> 私もスーパーヤマメ・ゲットを目指して、まだまだ頑張りますよーーー!

私も鬼怒川ではスーパー一筋です。
同じヤマメなので小さくてもって言いたいが
尺越えのみを・・・・・
フライで良く連れてる記事を見ますが
大半がイブニングと言うより夜釣りですからね
なかなか厳しいですが頑張ります。

投稿: ocmagic | 2011年6月27日 (月) 08時54分

>ocmagicさん

 フライは、本当に夜釣りの方が大半ですね。

 真っ暗な川原で、ギーギーとリールを鳴らして、ラインを繰り出しているので、すぐに分かります。

 私は、釣っても、きれいな写真が撮れないので、もっぱら、朝マズメを中心に狙っています(時合によっては、夕マズメを狙うこともありますが・・・)。

 今週、時々、雨が降るようなので、起床時の水位チェック&仕事前のチョイ釣りで、スーパー狙いたいと思います。 

投稿: よっしー→ocmagicさん | 2011年6月27日 (月) 21時11分

 尺クラスのバラシは惜しかったですね。 26日には、私も同じくいい型をバラシてしまいました。 
 
 私はそれが悔しくて仕方ないのですが、よっしーさんの「大人の余裕」は本当にかっこいいです! 
 
 私はまだまだ子供のようです・・・。

投稿: ヒロ | 2011年6月28日 (火) 23時21分

>ヒロさん

 バラシは本当に悔しいです。

 私も、やはり40クラスのバラシは、悔しくなると思います。

 ただ、もしかすると、他の人により、「釣れなくても当然」という気持ちがあるので、それが一見「大人の余裕」のように見えるのかもしれませんね。

投稿: よっしー→ヒロさん | 2011年6月29日 (水) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/52049037

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの1バイト in 鬼怒川(宇都宮地区)(2011/06/26):

« 第1回丸沼釣り大会(2011/06/25) ★ | トップページ | うれしい贈り物「唐川ビワ」 »