« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の11件の記事

2011年8月28日 (日)

YSクランクでヤマメ(25cm)ゲット in 鬼怒川上流の渓流(2011/08/28)★

【日時】 2011年8月28日(日) 15時~17時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市栗山地区)

【天候】 曇り時々小雨

【水温】 16度

【風】  -

【釣果】 ヤマメ(25cm) 1匹

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:シルバークリーク-S 602LRS
 リール:ダイワ・エンブレムZ1500
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:YSクランク(50mm、8g、製造番号188)

【レポート】

 前日、尾瀬にハイキングに行ってきたせいで、朝起きると、ふくらはぎが少々筋肉痛です(^_^;)

 大人しく家で過ごそうと思っていたのですが、カーテンを開けると透き通った青空。

 午前10時から、BSプレミアムで「幻の大イワナを追え ~ピエール瀧 新潟県佐渡~」を見てしまったものですから、じっとしていられなくなりました。

 行き先は、最近気に入っている鬼怒川上流の渓流です。

YSクランク(50mm、8g) この時期になると、釣り人も少なくなって、たいていは貸し切り状態。

 今日も、案の定、先行者はいません(早朝に来て切り上げてしまったのか?)。

 YSミノー(70㎜、8g)は、渓流では少々オーバーサイズなので、今日は、YSクランク(50mm、8g)で勝負です。

  このYSクランクは、ヘビーシンキングなので、すぐに沈んで、底を攻めることができます。

 釣り上がって、2つめのプール。

 流れ込みに、YSクランクをアップクロスに投げ込んで、沈ませた後、川底をリトリーブしてくると、ブルッ、ブルブルッ!

ヤマメ(25cm) in 鬼怒川上流の渓流(2011/08/28)  プールに戻ろうと、クンクン、ブルブルッと、鋭角、俊敏な動きで抵抗します。

 ネットでランディングしようとしたら、フックがはずれて、そのまま魚はネットの中に・・・。危ない危ない、ギリギリーセーーフ!

 渓流育ちのきれいなヤマメ(25cm)でした。

 魚を釣るのが久しぶりなこともあって、浅瀬で、脇腹に浮き出たパーマーク、ベージュ色の背中の黒い点々模様、尖った尾びれ・・・、じっくり見せてもらいました。

 いいですねーーー(^_^)

 YSクランクは、これまで湖のニジマスしか釣っていませんが、渓流のヤマメにも効くんですね。

 「渓流でクランク」、意外と行けるかも?

川原のトンボ  この後は、1バラシ(25cmクラスのイワナっぽい魚)のみ。

  これまで、狭いフィールドで、ピンポイントで狙いながら釣る渓流ルアーフィッシングは、ビックサイズが釣れないこともあって、あまり通ってませんでしたが、真夏でも涼しくて、せせらぎの音を聞きながらのんびり釣り歩くのもいいものだと、最近ようやく気がつきました。

  メインフィールドは、鬼怒川本流と湖沼に変わりありませんが、時々、県内の渓流にも足を運びたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

初めての尾瀬ハイキング(鳩待峠~山ノ鼻~牛首分岐)(2011/08/27)

 2011年8月27日(土)、妻と二人で、人生初となる尾瀬へハイキングに行ってきました。

 しかし、夫婦でアウトドアを楽しむなんて、何年ぶりでしょうか(^_^;)

 コースは初心者でも安心して楽しめる「鳩待峠~山ノ鼻~牛首分岐」です。

至仏山荘 曇り空の隙間から青空が時々顔を覗かせる天気の中、鳩待峠を午前10時50分に出発。

  峠から尾瀬ケ原まで下りの山道を降りていきます。

  山登りするはずが、最初から下りというのが、ちょっと不思議な感じです。

  最初は石を組んだ階段、すぐに木道に変わります(この木道は、そのまま尾瀬ケ原まで整備されています)。

 時折、「ジュリ、ジュリ、ジュリ、ジュリ」とメボソムシクイの鳴き声を聞きながら、森の中を歩き続けて40分。

サワギキョウ  山ノ鼻に到着。


 お昼を食べるハイカーで賑わっている至仏山荘(山小屋)前のベンチで、よっしー達もランチタイム。



 下り道で全然疲れてませんし、ゆっくりしていると時間がなくなってしまうので、食事を早々に済まして出発。

 ここから先は、尾瀬ケ原の真ん中に敷かれた木道を歩いていきます。


 木道脇で咲く紫色の花は「サワギキョウ」です。


 以前、バードウォチングをしていた頃(15年程前)との違いは、何といっても「山ガール」の存在です。


尾瀬ケ原(燧ケ岳を望む)
 ハイキングを楽しむ若い女性が増えています。


 カラフルなスカートやタイツ、おしゃれな山歩きファッションは、見ているこちらも、楽しい気分になります(^_^)


 正面には燧ケ岳、後ろには至仏山



  今日は、残念ながら山頂が雲に覆われていますが、天気がいい時は、雄大な景色なんでしょう。

ヒツジグサ

 湿原の中にある小さな池には、スイレンのような植物が、白い可憐な花を咲かせています。


 リュックから、ガイドブックを取り出して調べてみたら、「ヒツジグサ」でした。

 「未の刻(午後2時)」に咲く(実際は午前中に咲いて夜に閉じる)ので、この名が付いたそうです。


 歩く人が途切れるのを見計らって、木道に這いつくばって、デジカメで思いっきり接写してみたら、まずまずの写真が撮れました(^_^)


 こんなふうに植物や景色を撮影したり、眺めたりしながら、歩いたこともあって、牛首分岐に着いたのは午後1時。


尾瀬ケ原(至仏山を望む&ボッカさん) ガイドブックで40分で行けるところを、私たちは1時間かけて歩いたことになります(^_^;)


 余裕があれば、「牛首分岐->竜宮十字路->ヨッピ橋->拠水橋->牛首分岐」と進むコースも考えていたのですが、この時点で諦めて引き返すことにしました。


 帰り道、ものすごいスピードで追い抜いていくのは、尾瀬名物の「ボッカ」さんです。


 山小屋に荷物を運んだ後で背負子が空なので、相当余裕なんでしょう。


ヒョウモンsp(ウラギンヒョウモン?) 先を歩いていた妻が立ち止まって、何やら指差しています。よく見ると、オレンジ色のチョウチョが蜜を吸っていました。


 自宅に帰ってから、ネットで調べたら、ヒョウモンの一種であることが分かりました。どうやら、「ウラギンヒョウモン」のようです。


 帰りの山ノ鼻から鳩待峠までは上りなので、ちょっと息が荒くなりましたが、それほど辛さも感じず、余裕を持って到着!



尾瀬ケ原 尾瀬ケ原の木道脇の湿原を彩る可憐な花々や昆虫達。下界と隔離された広大な高層湿原は、見事の一言に尽きます。


 大自然の中の、ほど良いハイキングは、普段パソコンばかり叩いている鈍った体に、いい運動になりました。


 また、尾瀬って、思っていた以上に短時間(宇都宮から片道2時間30分)で、しかも気楽に行けるんですね。


 山歩きが苦手な妻も、このお気軽な尾瀬ハイキング、とても気に入ってくれたようです。


 今度は家族で来てみたいと思います。


【行程記録ほか】


宇都宮発[午前7時50分]~乗用車(2時間、日光宇都宮道路->奥日光->丸沼)~戸倉(駐車場)着[午前10時]

戸倉発  [午前10時20分]~乗合バス(片道大人900円、30分)~鳩待峠着[午前10時50分]

鳩待峠発[午前10時50分]~徒歩(50分)~山ノ鼻着[午前11時40分]~(昼食)

山ノ鼻発[正午]~徒歩(1時間、風景や植物観察しながらゆっくり歩きました)~牛首分岐着(午後1時)

牛首分岐発(午後1時15分)~徒歩(35分)~山ノ鼻着[午後1時50分]

山ノ鼻発[午後1時55分]~徒歩(1時間5分)~鳩待峠着[午後3時]

鳩待峠発[午後3時20分]~乗合マイクロバス(30分、900円)~戸倉(駐車場、料金1,000円)着[午後3時50分]

戸倉発[午後4時]~乗用車(2時間10分、丸沼->奥日光->日光宇都宮有料道路)~宇都宮着[午後6時10分]


【気温・服装】

 山ノ鼻の気温21度。
  服装は、半袖Tシャツ&長袖シャツに長ズボン(帰りは暑くなって、半袖Tシャツ姿)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

再び、鬼怒川上流部(2011/08/21)

 先週までの暑さはどこに行ったのでしょう。一気に秋めいてきました。

 今日(2011年8月21日)の天気予報は、終日「雨」ですが、土砂降りならともかく、シトシト雨なので、なんとかなりそうです。

 ウィークエンドに1回もロッドを振らないのは、精神衛生上よろしくないので、先週行った鬼怒川上流部に向け出発!

 前回とは打って変わって、水温はたったの13度。完璧なトラウトの活性の上がるレンジに入っています。

 微かに白っぽい濁りが入っている絶好のコンディションに、期待が高まります。

 スプーン(7g、シルバー)でスタート。

 釣り下っていくと、先日、40cmクラスのイワナを見かけた淵に到着。

YSミノー(65mm、8g、アカキン)  「今日こそ!」と、例のイワナに狙いを絞って、YSミノー(70mm、8g、アカキン)にチェンジ。

 アップクロスに投げた3投目、淵から出てくるミノーの後ろを30cmクラスのイワナがチェイスしてきて、バイト!

 手首をキュッと返して合わせを入れましたが、掛かりが浅かったようで、ブルブルッという感触がロッドに伝わった瞬間、フックアウト。

 ふーーーーっ (^_^;)

 普段、湖や本流でのダウンクロスの釣りばかりなので、渓流でのアップクロスの釣りでは、ラインスラッグが出やすくて、合わせのタイミングが、どうしても遅れてしまうんです。

 まだまだ修行が足りませんね。

 そぼ降る雨の中、渓流に一人たたずみ、ミソサザイの「ビッビッ」という鳴き声を聞きながら、ルアーをキャストしていると、体全体が、大自然の中に溶け込んでいくような感覚になります。

 何物にも代え難い貴重な時間。

 イワナは釣れませんでしたが、心身ともに鬼怒川の清流に洗われて、綺麗さっぱり!

 さーーて、来週は、どこに行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

幻に終わった「神戸中華街での餃子パーティー」

 2011年全国高校野球選手権大会で快進撃を続けて、ベスト4に残った作新学院。

  作新が決勝に進出したら、家族で金曜の夜のうちに新幹線で大阪に向かって、甲子園に駆けつける予定でした。

政嗣の餃子  決勝戦を応援した後は、とんぼ帰りせずに神戸付近を観光して、夜は中華街(南京町)で餃子パーティー? なーーんて考えていましたが、残念ながら善戦及ばず。

 準決勝で光星学院に破れてしまい、甲子園行きは幻に・・・(^_^;)

 今夜は、家族で「善戦した作新野球部」や、以前よっしーが行った時の「中華街の肉まん&餃子」を話題にしながら、「政嗣(まさし)」の餃子をいただきました。

 宇都宮に帰ってきた作新ナインも、今頃、何人かは、餃子を食べているんでしょうね。

 関西のパリパリした一口サイズの餃子も美味しいですけど、宮っ子には、やっぱりこれです(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まもなく2011年新潟県荒川サーモンフィッシング募集開始

 毎年、夏の暑い時期から準備が始まるサーモンフィッシング

 今年(2011年)は、残念なことに、毎年応募していた福島県の2河川(請戸川・木戸川)は、原発事故の影響もあって開催されそうにありません。

 関東から行きやすいフィールドは、「新潟県荒川サーモンフィッシング(サケ有効利用調査)」だけです。

 その荒川サーモンフィシィングの2011年調査要領が、HP(http://salmon-fishing.jp/)に発表されました。

 募集は、9月1日からHP上で行われ、先着順で受け付けされます。

 昨年は、オデコと残念な結果(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2010/12/in-201020101211.html)に終わってしまいましたが、今年こそは、是非とも荒川らしいブラック・サーモンにお目にかかりたいと思います。

  しかし、実は、昨年のみならず一昨年も「ボ」でしたので、「2度あることは3度ある」なーーんてことになったりして・・・(^-^;

 とか言いつつも、何度「ボ」でも、めげませんよーーー(^_^)


【2011荒川サーモンフィッシング】

○HP      :http://salmon-fishing.jp/
○受付期間:2011年 9月 1日(木)~  9月30日(金)
○調査期間:2011年11月10日(木)~12月20日(火)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

真夏の鬼怒川上流の渓流(2011/08/16)

 ここ1週間の宇都宮の最高気温は、軒並み34~36度。

 日中、外出すると、「アヂーーッ」を連発です(^_^;)

 今日は、運良く、午後から自分の時間を作ることができました。

 最近、鬼怒川本流ばかりで遠出していないので、鬼怒川上流の渓流を目指すことにしました。

 現地到着、午後3時30分。

真夏の鬼怒川上流部   さすがに深山の渓流です。

 水際に立つと、日なたでも、水面を渡る風がひんやりしています。

 道端には、風に揺れるススキの穂。

 平地は夏真っ盛りですが、山の上は、秋の気配が漂ってきているんですね。

 スピニングタックルにYSミノー(70mm、8g、シルバー)を結んで、ランガンしながら釣り下っていくと、岩盤に流れが当たっている深場から、40cmクラスのイワナがヨロヨロと追いかけてきましたが、目の前でクルッとUターン。

 下流で出会った、おじさんに声をかけると、イワナを3匹釣ったそうです。

 魚はいるんですけどねーーー(^_^;)

 午後5時30分、さーてこれから夕マズメ勝負というところで、空から大粒の雨がバタバタっと降ってきたので、慌てて車に駆け込みました。

  今シーズンも、残すところ1ケ月余り。

  これまでのところ、大した釣果はありませんが、禁漁になるまで、粘り強く、栃木県内のフィールドを駆け回りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

ビールのつまみに最高!「愛媛県北条産ちりめん」

愛媛県北条産ちりめん  妻子が帰省した折、国道196号線沿いの愛媛県北条で、売り切れ直前のものを買い占めてきた「ちりめん」。

  宇都宮では、めったに手に入れることのできない貴重な珍味です。

 ご飯にかけてもよし、豆腐や漬物に添えてもよし、薬味として混ぜてもよしですが、よっしーが一番好きな食べ方は、何といっても、ビールのつまみ

 お碗にごっそり盛って、手でつまみながらいただきます。

 口の中に放り込んで、噛みしめていると、ちりめんの旨味と、穏やかな瀬戸内海を彷彿させる、程良い塩気が、ふわーーーっと広がってくるのを、ビールで流し込みます。

  何度いただいても、最高でーーす ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

鬼怒川(宇都宮市上三川地区)チェック(2011/08/13)

 8月も中旬になりました。

 シーズン、残り1ケ月になったにもかかわらず、未だスーパーヤマメにお目にかかれない状況が続いています。

 1シーズン1匹釣れれば上々なので、そんなに落ち込んでいる訳ではありませんが・・・・、ちょっとね(^_^;)

鬼怒川(宇都宮市上三川地区)  今日(8/13)は、気分を変えて、いつもより下流の宇都宮市上三川地区に足を延ばしてみました。

 鬼怒川は、台風で増水した後、落ち着きを取り戻し、ほぼ平水になりつつあります。

 水温20度。

 コンディションとしてはあまりよくないと思いきや、いきなり対岸で40cmクラスのヤマメが、バッシャーンと豪快にライズ!

 YSミノー(14g)では届きそうにないので、慌ててスプーン(チヌーク、18g)に付け替えて、ベイトタックルで遠投を繰り返します。

 表層を流したり、アップクロスにキャストして底を攻めたり・・・。

 その間も同じポイントでヤマメはライズし続けていますが、よっしーのスプーンには見向きもしてくれません。

 思えば、ライズしているヤマメって、釣れないんですよねーー。

 1時間ほど攻め続けても、ショートバイトさえ取れませんでした。

 水温が上がったこの時期、下流域にも関わらず、元気なスーパーヤマメの姿を見ることができたのが唯一の収穫になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

鬼怒川のカブトムシ

鬼怒川のカブトムシ  早朝、鬼怒川に釣りに行った時、帰り支度をしていると、車の近くに立っていた細いクヌギの木の幹に、何やら動く黒い物体を発見。

 ロッドをたたむのをやめて、近づいていくと正体は「カブトムシ」でした。

 オス1匹とメス2匹が樹液に群がってます。

 木の少し上にる別のオスがいて、割って入ろうとするのですが、ガンと陣取っているオスに追い出されてました。

 こんなシーンを見るのは、6~7年前、長男と近所の雑木林でクワガタやカブトシムの採集に行っていた時以来です。

 あの頃、小学生だった長男も、今や高校生です(^-^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

鬼怒川(宇都宮地区)チェック(2011/08/06)

 最近、仕事が忙しくて、毎週、土日も出勤しています。

 それでもフルタイムではないので、時々、早く帰ることもできます。

 今日(8/6)は、午前8時から午後2時まで仕事。

 家に戻ったら、ソファの上でバタンキュー・・・、2時間ほど寝たでしょうか。

 少し昼寝しただけで元気になれるのは、健康だからか、それとも単に釣り好きだからか・・・。

鬼怒川(宇都宮地区)  午後6時、鬼怒川は、台風で増水した後の減水中で、水量はやや多い感じです。

 うすく白っぽい濁りが入っています。

 水温19度。

 いい感じです。

 ちょっと期待しながら、YSミノーをキャストしていきます。

 時々、浅瀬でアユがパシャ、パシャ跳ねているのが目に入ります。

 一通り釣り下ってみたものの、今日もヤマメの反応はありませんでした。

 まー、釣れないのはいつものことなのですが、そろそろしっかりしたスーパーヤマメのバイトがほしいところです。

 さーーて、また明日も朝から仕事です(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

エビス「閉店売り尽くしセール」w(゚o゚)w

 よっしーの散歩でもリンクを貼ってある「エビス釣具店」のHPをのぞいてみたら、衝撃的な文字が目に飛び込んできました。

 「閉店売りつくしセール」のご案内(http://www.7e-ebis.com/modules/wordpress/index.php?p=52)

 張り付けてあるPDFファイルを開いてみると・・・

~~~引用開始~~~

 拝啓 時下ますますご清栄の段お喜び申し上げます。

 いつもエビス釣具店をご利用いただき、心より御礼を申し上げます。

 この度、事業の見直しを図る為、誠に勝手ながらエビス釣具店を平成23年9月いっぱいをもちまして、一旦閉店する事になりました。

 皆様には47年もの長きにわたり、エビス釣具をご愛顧を頂き、誠にありがとうございました。

 なお、これまでのご愛顧に対する感謝の気持ちを込めまして、8月1日(月)~9月28日(水)迄の間、閉店売り尽くしセール!店内全品見切!90%~15%閉店値引!(セール品・特価品他一部を除く)を実施いたします。

 しかし期間中でも、在庫が無くなり次第終了となる場合がございますので、皆様、お誘い合わせのうえ、是非、お早目にご来店下さいませ。

 スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 今後は、新たな事業展開を図るべく、社員一同邁進して参りますので、なにとぞご理解ご支援の程宜しくお願い申し上げます。


~~~引用終了~~~

 よっしーは、今から40年ほど前の小学生時代から、「エビス釣具店」には、お世話になっているので、この知らせには本当にびっくりしました。

 最後の1行の「新たな事業展開」という言葉に期待しつつ、週末にはお店に行って確認してきたいと思います。

【後日談】

 エビスに行って確認してきました。9月末から1ケ月、改装するために休んだ後、10月下旬から、新装オープンするそうです。良かった(^_^)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »