« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の18件の記事

2011年10月29日 (土)

ニジマス3匹 in 丸沼(2011/10/29)★

 2011年10月29日(土)、枕元の時計を見ると、午前4時。

 前日、熱を出して仕事を休んだのですが、鼻がグズグズしているものの、熱は下がって、気分はまずまず。

 もし調子が悪くなったら引き返せばいいやーー。エイッ、行っちゃえーーー!

 午前6時30分には、霜の付いたボートに乗って、丸沼でルアーを投げてました。「いい歳して、よくやるよ」なーーんて声が聞こえてきそうです (^-^;

丸沼 3週間ぶりの丸沼。

  前回と違って、水量が大きく減っています。満水時の2メートル下ぐらい。この時期、こんなに少ないのは初めてです。

 朝の気温は氷点下。ウェアは、ジャンパー、オーバーパンツ、そしてグローブと完全な冬仕様。

 キリッとした冷気の中、牛舎跡、タラワンド、エラ沢、毒蛇の岩、オハナクボ、シラバ下、ダムサイトとボートで移動して分かったことは、「毒蛇の岩~ダムサイトの岸沿い」と「ダムサイト寄りの中央部」に、ライズのある活性の高いエリアがあるということ。

 みなさんも、徐々にそれが分かってきたようで、ボートが集まり始めています。

 午前9時過ぎ、オハナクボで1匹目

 さらに、午前10時には、毒蛇の岩の沖合で2匹目ニジマスをゲット(うまく撮れなかったので写真はありません)。

 いずれもスプーン(ゴールド、7g)によるものです。

  時々、YSミノー(60mm、5g、シルバー)を投げたりするのですが、こちらは、どうもいまいちの様子。トゥイッチいれると、いい感じでヒラヒラするんですけどねーー(^_^;)

丸沼 午後1時過ぎ、ボート置き場から、逆風の中、漕いでいくと、相変わらず、ダムサイト方面にボートが結集中。

 この付近だけ、ライズが続いているんですね。

 ポイントを変えながら、キャスティングを繰り返していると、「ブルッ」とショートバイト。

 そして、ダムサイト付近の湖の中央部で、表層を泳がせていたスプーンに、ようやくヒット!

ニジマス(35cm) in丸沼(2010/10/29)ニジマス(35cm) in丸沼(2010/10/29)







  ボート際で、ラインを引き出し、ドラグを「ギーーーッ、ギーーッ」と鳴らしながら、元気なファイトを見せてくれたのは、35cmのニジマス

  丸沼レインボーらしい、いい顔つきです。

丸沼丸沼







 ライズしているので、続きがほしいところですが、そうそううまく行きません。

  そんな時は、太陽の角度で、刻々と変る周囲の景色を楽しむに限ります。特に、夕陽に照らされた山々と日陰部分のコントラストは、眺めていて飽きることはありません。

  月並みかもしれませんが、夕焼け色に染まったエラ沢で、湖面に映える色鮮やかな木々を眺めていたら、こうやって釣りができる幸せを、あらためて実感しました。

 ありがたや、ありがたや・・・(^_^)

  肝心の釣りの方は、この後、エラ沢沖で、トローリングしていたスプーンに1回バイトがあっただけ。

 午後4時30分を過ぎると、太陽が西の山裾に沈んで、一足早く日が暮れるので、午後の部はあっと言う間に終了です。

丸沼丸沼













  結局、時々、鼻をすすりながら、一日粘って「ニジマス3匹」。

  病み上がりにしては、まずまずの釣果ではないでしょうか。

  さて、記事も書き終わったことですし、今晩は、風邪をぶり返さないよう早く寝ますねーー。


【追伸】

 


 丸沼釣り日記http://kankoso.naturum.ne.jp/e1281834.html)によると、この週末、流れ込みで、ミノーで53cmのオショロコマを釣った方や、ペンシルベイトやシケイダーを使ってニジマスを釣った方がいらっしゃったそうです。

 みなさん、カッコイイ釣りしてますねーーーscissors

 実は、当日、よっしーも、ライズ狙いで、シケイダーを投げていたのですが、さっぱりだったのは、ラインが太かった(ナイロン8lb)からか?  (^-^;

 丸沼で釣りができるのは、残りあと1ケ月。

 禁漁になるまで、一緒に思う存分楽しんじゃいましょうhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

60mm&70mmのYSミノーが完成

60mm、5g、フローティング  風邪気味にも関わらず、飲み会に参加したら、案の定、翌日の朝は熱が出てダウン。仕事を休んで寝ていたら、正午頃には熱も下がってきました。

 少し良くなってきた途端に、疼き始めるのは「釣り虫」。

 気がついたら、机に座って、YSミノーの仕上げ作業を始めてました(^_^;)

 最終段階にきていたので、お風呂に水を汲んでのスイミングチェック、そしてアイの調整を済まして完成です。

 初めて作った「60mm、5g、フローティング」2本。それと、70mm、7g、フローティング&スローシンキングいつもの「70mm、7g、フローティング」と「70mm、6g、スローシンキング」の3タイプです。

 今年の丸沼は、ビックサイズのブラウンやレインボー、さらには、オショロコマまで釣れていて大盛り上がり。

 また、11月12日には、2回目の釣り大会も予定されています。

 鼻をかみながら、頑張って作ったYSミノーで、いい想い出が作れるといいんですけどねーーー。

 おっと、その前に風邪を完全に治さなくっちゃ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

第2回丸沼釣り大会は11月12日ですよ!

 秋の釣りシーズン本番を迎え、好調の続く丸沼。

 そろそろ本腰を入れて通い始めようかと思っていたら、ブログ「丸沼釣り日記http://kankoso.naturum.ne.jp/e1279163.html)」に、2回目の釣り大会の開催が発表されました。

 2011年11月12日(土)、いい時期に開催されますねーー。

 水温も下がってきて、トラウト・フィッシングにはベストコンディション。ビックレインボーやブラウンが釣れるかもなーーんて、妄想は膨らむばかり (^-^;

 6月に開催された前回(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2011/06/20110625-7e48.html)は残念ながら「オデコ」でしたので、まずは1匹ゲット、そしてできれば、45cm以上を釣って入賞を目指したいところですが・・・、はてさてどんな結果が待っているのでしょうか。

 まー、あまり気張らずに、みなさんと一緒に秋の丸沼を楽しんできたいと思います(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

日光中禅寺湖で紅葉狩り

日光・半月山駐車場の紅葉 今日は、日光中禅寺湖付近の紅葉狩りです。


 2011年10月23日(日)、まだ真っ暗な午前5時に宇都宮を出発して、日光宇都宮有料道路を使って行くと、渋滞もなく、1時間ほどで中禅寺湖に到着。


 ラッキーなことに、雲間から、ほんの少し青空がのぞいてきています。


 立木観音前の駐車場で、中禅寺湖畔の紅葉を楽しんだ後、今日のメインイベント「半月山」へ。


 半月山の駐車場の南側には、期待通り、「斜面に点々と赤・黄・緑を散りばめた絨毯のような紅葉」、さらに、東側には、「低い雲が逆光に映えた雲海」が広がっていました。


 山登りでしか味わえないような景色を楽しめるこの駐車場は、よっしーお気に入りの場所の一つです。特に、紅葉の季節は大好きです。


日光・半月山駐車場から見た雲海 独身の頃は、一人バイクで、ツーリングにきてたんですよねーー(^_^)


 帰る途中、紅葉に囲まれたイタリア大使館付近を散策。


 曇り空ということもあって、コントラストはいまいちでしたが、雨上がりのしっとりした紅葉も、これまた乙なもの。


イタリア大使館付近の落葉 一緒に出かけた家族や両親も、紅葉狩りを楽しんでもらえたのは、何よりでした。


 渋滞に巻き込まれたくないので、午前9時過ぎには、いろは坂を下って帰路に着きました。


 いろは坂は、中腹から上の方が見頃を迎えていて、来週は、少し下の方の紅葉が良くなってきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

初観戦「2011ジャパンカップ・クリテリウム in 宇都宮」

 昨年は、とちぎテレビで見ていた、自転車レース「ジャパンカップ・クリテリウム」。

2011ジャパンカップ・クリテリウム in 宇都宮  今年(2011年10月22日)は、実際にこの目で見たくなって、長男と両親と一緒に出かけてきました。

 会場に到着すると、宇都宮の市街地を走る大通りを区切って作られたコースは、すでに隙間がないほどの観客で大賑わい。

  午後3時50分にレースが始まってからは、物凄いスピードで、目の前を通り過ぎていく選手たちに、声援を送ったり、撮影したり・・・。

 よっしーは、ツインリンク茂木でバイクレースを見たことはあるのですが、自転車レースを観戦するのは初めてで、「スティックバルーンを叩いて応援する観客」、「アスファルトを蹴るタイヤの音」、「一生懸命ペダルをこいで風を切って疾走する選手の姿」、想像していた以上の迫力に圧倒されました

2011ジャパンカップ・クリテリウム in 宇都宮  地元チームの宇都宮ブリッツェンの選手とともに、集団から遅れて、手を振りながら走っていた右京選手には、特に大きな声援が飛んいて、両親が「なぜ?」って顔をしていたので、教えてあげました。

 やっぱりこういうのは「生」で見るのに限ります(^_^)

 撮影はコンデジでやったのですが、何度、流し撮りをやっても、思ったように撮れず。

  スポーツ・シーンの撮影は、一眼レフでないと無理のようですね。

  結果は、宇都宮ブリッツェンの辻善光選手が、日本人最高位の4位に入る大健闘

  すごい! よく頑張りました。おめでとうございまーーす!

 明日(10/23)は、宇都宮市の森林公園で、ロードレースが開催されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丸沼のモンスターブラウン

  雨の土曜日。

  いつものようにネットを定期巡回していたら、丸沼釣り日記(http://kankoso.naturum.ne.jp/e1276693.html)にビックリ!

  昨日(10/20)、67cmのモンスターブラウンが釣れたそうです。

  下顎が突き出たいかつい面構え、潜水艦のような極太の魚体。 カッコイイーーーーー!

 こういうのが釣りたいんですよねーーー(^_^)

 丸沼で釣りが楽しめるのは、11月末まで。残すところあと1ケ月です。

 気合入れて通いましょうかね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国の「食品の放射能検査データ」が登録してあるHPを見つけました

 ネットサーフィンしていて、「食品の放射能検査データ」をまとめて掲載しているHPを見つけました。

 (財)食品流通構造改善促進機構が運用している「食品の放射能検査データ」(http://yasaikensa.cloudapp.net/)です。

 地域別や品目別などで簡単に検索できるので、どんな品目で、どのような汚染状況になっているのか、また、全国的な傾向も知ることができます。

  栃木県では、4月にホウレンソウ、8月には牛肉と、基準値が超える農産物が、いくつか出て騒がれましたが、その後は、お米も全く問題ありませんし、大きく新聞で取り上げられることはありません。

  それでも、時々、気になる情報をマスコミやネットで見かけた時は、このHPで確認することにしています。

  よろしければ、御覧になってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

Coachのビジネス鞄、買っちゃいました

 4年前、カタログギフトで手に入れてから、毎日使ってきたナイロン製ビジネスバック。

 底のかどが擦り切れたり、内装の一部が破れたり・・・、かなり傷んできました。

 ここまで使い込めば、そろそろ買い時でしょう。

 1ケ月間、通勤途中、ビジネスマンが持っている鞄をチェックしていて欲しくなってきたのは「ヌメ革の鞄」です。

 使えば使うほど味が出てくる柔らかな革の鞄、カッコイイですよねーー。

 早速、ネットで調べて、メーカーを「土屋鞄」、「Bree」、「Tumi」、「Coach(コーチ)」に絞ってみたものの、いずれも有名ブランドということもあって、新品は少なくとも5万円以上、ものによっては、10万円近くします。

 安給料のよっしーには、とても手が届きません。

Coachのビジネス鞄  こんな時の強い味方、それは「ヤフー・オークション」です。

 予算は1万3千円以内、新品はもちろん、中古も含めて、「良さそうな商品に入札しては、価格がつり上がって見送る」の繰り返し。

 ほぼ1ケ月かけて、ようやく落札したのは「Coachのビジネス鞄」でした。

 中古なので、一部に擦り傷がありましたが、乾いた布で汚れを取った後、革靴用ブラック・クリームを塗り込んだら、傷は目立たなくなって、「丁寧にメンテナンスしながら使い込んでいる鞄」に大変身。

  普段、あまりブランド物には縁のない生活をしているので、高級感漂うしっかりした作りの鞄を持つと、いつになく気持ちが引き締まります。

  こういう緊張感もいいですね。

 心機一転、新しい相棒とともに、仕事も頑張りまーーーす!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

再開! エビス釣具店

 再開して1週間経った「エビス釣具店http://www.7e-ebis.com/に行ってきました。

 模様替えされた店内は、高いところまであった陳列棚がなくなって、明るい雰囲気にチェーーーンジ!  広々として開放的で、いい感じでイメチェンできました。

バスデイのシュガーミノー GUANIXTION 65F、4g(798円)  一通り商品が陳列されているところ確認するため、店内をぐるっと回った後、今日は、ハンドメイドミノー用のシンカーと、ミノー売場の足元の籠に入って大量に売られていた「バスデイのシュガーミノー GUANIXTION 65F、4g(798円)」を購入。

  シュガーミノーと言えば、鬼怒川本流でヤマメを狙い始めた頃によく使っていたんですよねーーー。

  特に、2006年6月、鬼怒川でシュガーディープ・ショートビル85Fに、大物(スーパーヤマメ?)がバイトしたにも関わらず、フックを伸ばされて、増水して濁りの入った水中からミノーが飛び出してきたシーンは、今でも忘れられません(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2006/06/post_ec26.html)。

 このシュガミノー(65F)、YSミノー(70mm、5g、フローティング)との泳ぎの比較に使うために買ったのですが、いい泳ぎをすることは分かっていますので、秋の丸沼でも使ってみますねーーー。

 エビス釣具店(栃木県宇都宮市泉が丘5-5-10、028-661-3085)では、10月末までオープンセールをやっていますので、近くに行かれた方は是非寄ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

雨降る週末、自宅でそば打ち

 雨の土曜日。

 シーズン中なら、このぐらいのしとしと雨なら、「そんなの関係ねーー(古っ?)」とか言いながら、釣りに出かけてしまうところですが、いかんせん今はオフシーズン。

 おとなしくしているしかありません。

 最終段階にきていたYSミノーを仕上げた後は、先週、鹿沼市(粟野地区)で買ってきた「永野フレッシュ直売所」のそば粉を使ったそば打ちです。

 そば粉の入っているビニール袋の輪ゴムをはずしたら、プーーーンといい香り。

 これですよ、これ!  そば打ち・本気モード、スイッチ・オンです。

 そばを打つたびに入力しているパソコンのデータベースを確認して、このそば粉の適正水分をチェックすると、48%で少し硬めで、49%が適正水分でした。

 そば粉(400g)に、強力小麦粉(ニップン、ふっくらパン)(100g)、それに水(245g、49%)を加えて、捏ねていきます(我が家の一家4人用は、いつも500g。捏ね回数はだいたい200回)。

  水分調整がバッチリ合っていることもあって、伸すのも楽で、とってもスムーズ。

  そば切りしながら、「そばの一切り一切りって、ルアーフィッシィングの一投一投と似ているけど、そば打ちは、結果が見えているのが違うなーーー」なんて考えてしまうのは、そば打ちする釣り師ならではでしょうか?

  「茹で担当」の妻にバトンタッチして、水をたっぷり入れて、グラグラ煮立てた大鍋に、そばを入れてジャスト1分30秒。

 妻曰く、「少し硬めのプリプリそばに仕上げるためには、太さによって、1~2分の間で調整するのがコツ」だそうです。

鹿沼市永野産のそば粉を使った手打ちそば  流水でしっかり洗って、でき上がったそばは、艶、香り共にスペシャルA級

  何も付けずに、ひとすべを口に入れると、そばの味がフワーーーッと広がります。

 時々、香りも味もないそば(外国産のそば粉?)を食べることもありますが、それとは正反対の「絶品そば」に、子供たちも大満足。

 手打ちそばを趣味にされていて、味がいまいちという方は、是非、「永野フレッシュ直売所(栃木県鹿沼市下永野1314、0289-84-0078)」のそば粉を使って打ってみてください。

 美味しいですよーーー(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

YSミノー(70mm、5g、フローティング)が完成

YSミノー(70mm、5g、フローティング)  東日本大震災(2011年3月12日)で作製が中断していたハンドメイドのYSミノー(70mm、5g、フローティング)が、ようやく完成しました。

 完成まで7ケ月かかったことになります。

 心配していたセルロースセメントの重ね塗りによるひび割れも起きず、普通に仕上げることができました(結構、放っておいても大丈夫なんですね)。

 今回のボディは、アルミホイルのノーマルな輝きが出るよう、ウロコ模様をあまり書き込んでいません。

 透明度の高い、丸沼などの湖で、派手にアピールさせることを狙っているからです。

 イメージとしては・・・

 「表層をトゥイッチングしながら、フラットボディが太陽光をキラッキラッと反射してアピール。トラウトが、頭上を派手にフラッシャングするミノーに、我慢できなくなって、下から急浮上して、一気にガブリ!」

 って感じなんですが・・・(^_^;)

 何はともあれ、11月の丸沼でデビューする予定です。

 また、もしかすると鬼怒川本流のスーパーヤマメにも効くかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

美味しいそば粉を求めて、永野フレッシュ直売所(栃木県鹿沼市永野地区)へ

 栃木県内のほとんどの河川や湖沼が禁漁となって、毎週末、釣りに出かけるのが難しくなってきました。

 例年、この時期、釣りに出かけない日は、サーモン用のハンドメイドルアーやYSミノー作ったりしていたのですが、今年は、さらに、新たな趣味が加わりました。

 そう、「そば打ち」です。

永野フレッシュ直売所  10月の連休最後の日(2011年10月10日)、大好きな鹿沼市(粟野)産のそば粉を求めて、「永野フレッシュ直売所(栃木県鹿沼市下永野1314、0289-84-0078)」へ行ってきました。

 直売所に着くと、レジ前のいつものコーナーに、そば粉が並んでいません。

 もしや「完売?」

 店番のおじさんに尋ねると、併設されている「そばの里永野」で販売しているとのこと。

 いやーー、良かった(^_^;)

 今日は、昼食後におじゃましたということもあって、そば粉を買っただけでしたが、この店のそば、よっしーの「栃木県内そば屋・お気に入りベスト3」に入る絶品の味です。

清流の郷かすおのハトムギ・ジェラード 「これぞ、地粉を使った手打ちそば」、というそばがいただけます

  店内にあったチラシによると、2011年11月12日(土)と13日(日)に、新そば祭が開催されるそうなので、美味しいそばに目がない方は、是非、参加してみてください。

 帰りには、途中にある「清流の郷かすお」で、ジェラート(ハトムギ、シングル、250円)をペロリ。

 たまには、直売所巡りもいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

丸沼でニジマス達と戯れる休日(2011/10/09)★

【日時】 2011年10月9日(日) 6時~16時

【場所】 丸沼(群馬県片品村)

【天候】 晴れ

【水温】 13度

【風】  朝のうち無風。正午前から、時々南風

【釣果】 ニジマス2匹(35cm×2匹)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:シルバークリークS・7'9"
 リール:ダイワ・エンブレムZ2500
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(7g、ゴールド)

【レポート】

 2011年10月9日(日)、一昨日に続いて、また丸沼に行ってきました。

 「好きだねーーー」なんて声が聞こえてきそうです(^-^;

 午前6時からボートで出発。

丸沼の紅葉 快晴、水温13度。

 3連休の中日ということもあって、ボートは15~18艘ぐらい。陸っぱりも、流れ込みに陣取るフライマンやルアーマンのほか、ブッコミ餌釣りの人もいて、大賑わいです。

  朝一はベタ凪状態。紅葉は始まったばかり。徐々に色づいてきています。

  湖面に朝もやの立ち込めているうちは、動きがなかったのですが、朝日が湖の中央に差し込んできたとたん、水面にライズリングが広がり始めました。

  すかさずボートを進めて、スプーンをキャストしていると、すぐさまヒット!

丸沼レインボー(35cm) in 丸沼(2011/10/09)丸沼レインボー(35cm) in 丸沼(2011/10/09)








    ネットに入る直前までジャンプしたり、首を小刻みに振って、フックをはずそうと抵抗したのは、35cmの下顎が少し前に突き出た、いい面構えのレインボーでした。

 朝日に輝く魚体を眺めながら、コンデジで写真撮影。

 魚が釣れて、きれいな写真が撮れると、胸の中がスキッ!としますこの瞬間のために釣りをしていると言っても過言ではありません

 魚をリリースした後、周囲のボートで、時々釣れているのが目に入りますが、後が続きません。

 ポイントを東電放水口前、毒蛇の岩と移動してくると、岸際に小さなライズリングが広がっているのを発見。

 どうやら、水面を飛んでいる小さな虫を補食しているようです( フライマンにとっては、この状況は、垂涎ものなんでしょうね)。

 ドライフライならともかく、ルアーは苦手とする場面ですが、活性の高い魚がいることに違いはないので、スプーン(7g、ゴールド)を投げてみると、10回ほど投げた時、ニジマスがチェイスしてきて、ボート際でクルッとUターン。

丸沼  なんとか、ルアーに反応してくれる魚がいそうです。

 さらに続けていると・・・

 再び、スプーンを追っかけてくる一匹が目に入りました。

  このままでは、スプーンをピックアップしてしまうと思って、巻くのをやめたら、フォールし始めたスプーンの後ろ側(フック)に、パクッとかみつきました 
ヽ(´▽`)/

 ピシッとアワセを入れたとたん、ジャンプ、ジャンプ!

  岸際なので、走られて障害物に巻き込まれないよう、少し強引に寄せてネットに入ってくれたのは、35cmの元気なレインボーでした。

  目の前までルアーを追ってきた魚を釣るテクニックとして、リーリングをストップして、フォールした瞬間に、食わせるというのもありなのかもしれませんね。

  釣り場を落ち着かせるために、持ってきた水筒の熱々のお茶を飲んで休憩しようとしますが、どうしても、ライズのある水面が気になって仕方ありません。だって、目の前2メートルのところで、ライズしてるんですから・・・  ^-^;

 よく見ると、偏光グラス越しに、時々、魚影が見えます。昆虫を狙って、ニジマスが表層を回遊しているんですね。

丸沼  40cmオーバーの綺麗な緑色の背中が悠々と泳いでいたので、「それっ」とばかりに、ルアーを投げてみたのですが、完全にスルー。

 しばらく、スプーンを投げて粘ってみても、音沙汰がないので、正午前、再び湖中央に移動。

 ここで、レギュラーサイズをネットに入る直前にバラシたのが、最後になりました。

 数こそ釣れませんでしたが、元気な丸沼のニジマス達に遊んでもらって、充実した休日を過ごすことができました。

  これから行かれる方は、このブログにもリンクを張ってある丸沼釣り日記で、あらかじめ最新の情報を収集しておくことをお薦めします。

 まだまだ、通いますよーーー (^_^)

中禅寺湖付近の渋滞 【追伸】

 丸沼から宇都宮への帰路。

 戦場ケ原の赤沼付近から猛烈な渋滞に巻き込まれて、丸沼から宇都宮の自宅まで、普段なら高速を使って1時間40分で着くところ、丸々3時間かかりました。

  日光の紅葉は、今は竜頭の滝あたりが見頃です。来週以降、紅葉シーズンの本番を迎えますので、日光方面から、丸沼に釣りに行かれる方は、帰りの渋滞には気をつけてくださいね。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

2011年秋・初丸沼(2011/10/07)★

【日時】 2011年10月7日(金) 11時~16時

【場所】 丸沼(群馬県片品村)

【天候】 晴れ時々曇り(時々小雨)

【水温】 12度

【風】  強い南風~北風

【釣果】 ニジマス3匹(38cm、35cm、30cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:シルバークリークS・7'9"
 リール:ダイワ・エンブレムZ2500
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(7g、ゴールド)

【レポート】

 久しぶりに平日に休暇をいただきました。

 天気もまずまずということになれば、行き先は自ずと決まります。

 この秋、初めてとなる「丸沼」です。

 宇都宮はいい天気でしたが、日光の山々に近づくにつれて、時々、小雨が降ったり、風が強まったり・・・。

 途中、戦場ヶ原では、珍しい光景にめぐり逢うことが出来て、丸沼でも幸運に恵まれるかも?とテンションが上がりますが、金精峠あたりにくると、とんでもない強風に木々が大揺れ。

 案の定、丸沼は、時々吹く、強い南風で、湖面に白波が立っていました。

丸沼(2011年10月7日)  「諦め」という単語が頭に浮かんだのは一瞬。すぐに「戦場ヶ原で見た虹が丸沼のデカニジを暗示しているに違いない」、という思い込み&妄想が圧倒し、気がつくと、環湖荘の釣り券売場の窓を「トントン」と叩いてました (^-^;

 水温12度。

 周囲の山々は、紅葉が始まったばかりで、所々に、赤や黄色が目立ち始めていて、 風が弱くなって落ち着くと、最高の眺めが広がります。

 釣り人は、私以外に、ボート5~6艘。エラ沢とボート置き場の前の流れ込みに、ブッコミ餌釣り4名ほど。

 逆風の中、オールを必死で漕いで、牛舎跡、タラワンド、毒蛇の岩の岸際をYSミノー(70mm、5g、シルバーヤマメ、フローティング)で攻めていきます。

 魚っ気全くなし。 もしかすると、ちょっとターンオーバー気味なのかもしれません。

  「お魚さん、どこにいるのーー?」と必死にボートを漕いで探し回った挙げ句、魚がいるポイントを発見。「エラ沢沖」です。

ニジマス(38cm) in 丸沼(2011/10/07)ニジマス(35cm) in 丸沼(2011/10/07)








  38cmを筆頭にニジマス3匹キャッチ(いずれもリリース)、レギュラーサイズのバラシ1、ショートバイト2。

 ようやく、丸沼レインボーのファイトを楽しむことができました。

  強風の中、腕がパンパンになるまで、オールを漕いで、ポイントを回った甲斐があったというもの・・・。しかし、疲れました (^-^;

 丸沼は、これから秋の釣りシーズンを迎えます。

 行かれる方は、標高の高い丸沼では、風が吹くと思っている以上に寒くなって、釣りどころではなくなってしまいますので、防寒着&グローブは必ず用意していってください。

 また、このブログにもリンクを張ってある丸沼釣り日記で、あらかじめ最新の情報を収集しておくことをお薦めします。

 さーて、次は、いつ行きましょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

日光・戦場ケ原にかかる虹

日光戦場ヶ原にかかる虹  2011年10月7日(金)、午前9時20分頃、丸沼に向かう途中、日光戦場ケ原の赤沼で車の列を発見。

  みなさん、車を降りています。

 道端に車を止めてのぞいてみると・・・

 戦場ケ原に小さな虹がかかっていました。

 こんなシーン、生まれて40数年、初めてです。

 偶然通り掛かった雲で日陰になった草原と白い雲、青空をバックに映える「小さくても完璧なアーチを描いている虹」。

  大自然が創り出した幻想的な芸術に、しばし見とれてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

60mm

70mmと60mm  最近、ハンドメモードに入ってます。

 いつものスピニングタックル用の「70mm」に加えて、新たに少し小ぶりな「60mm」も作り始めました。

 シンカーの重さを少し変えて、フローティングまたはスローシンキングに仕上げるつもりです。

 何とか、11月の丸沼に間に合わせたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

東古屋湖の様子(2011/10/02)

東古屋湖の様子(2011/10/02)  10月の最初の日曜日、宇都宮近辺でトラウト・ルアーフィッシングができるフィールドは、東古屋湖、男鹿川(川治温泉C&R区間)、箒川C&R区間、丸沼だけになりました。

 午後、少し時間ができたので、東古屋湖の様子を見に行ってきました。

 水量はまだ少なく、事務所前は御覧のとおりの状態です。

 下流の深場が、台風15号の影響でバスクリーンのような色になっているので、陸っぱりの釣り人は、比較的クリアな、事務所前に集まっています。

 一人上手なルアーマンがいて、30~35cmのニジマスを釣ってはリリースを繰り返していました。

 偏光グラスをかけてよく見ると、表層をレギュラーサイズに混じって、60cmクラスの大きなニジマスが悠々と泳いでます。

 こういうのがヒットすると面白いんですけどねーーーー。

 東古屋湖(http://www.kinugawa-gyokyou.com/higasigoyako/)では、2011年11月13日(日)に「スーパーレインボートーナメント大会」が開催される予定で、10月から徐々に放流量を増やしていくそうです。

 これからが本番です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

半年ぶりのミノー作り

 東日本大震災の翌日(2011年3月12日)、職場で徹夜して自宅に戻ると、よっしーの部屋は、まだ片づけが済んでいなくて、本棚から落ちた本や雑誌が散乱してました。

 床に転がっていたのは、アルミ貼りまで終わっていた、作成途中のYSミノー(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2011/02/post-2a53.html)。

 幸い、傷もなく、落ち着いたらペインティングして、シーズン中に使おうと思っていたのですが、その後、震災の嫌な記憶を思い出すからか、意欲が湧いてこなくて、そのままに・・・・。

YSミノー(70mm、7-8g)  9月の中旬、栃木県内の渓流・本流が禁漁になったこともあるのでしょう、ようやくエアブラシを持つ気分になってきました。

 作製途中で半年以上放置しておいたので、セルロースセメントにディッピィングしたら、ヒビが入ってしまうのではないかと心配しましたが、全く問題なく作業は進んで、今日(10/1)の午前中、最終段階のリップ取り付けが完了しました。

 写真をアップで撮ったので、少々大きめに見えますが、いずれのミノーもサイズは70㎜、重さ5~6g、タイプはフローティングとスローシンキングです。

 完成間近のYSミノーを見ていたら、「フローティングでデカブラウンが釣れるかも?」、なーーんて妄想が膨らんできて、秋のメインシーズンを迎える丸沼が恋しくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »