« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の13件の記事

2012年1月29日 (日)

「かりまん」美味しいですよ!

高林堂海道店 みなさん「かりまん」ってご存じでしょうか。

 宇都宮に本店を置く「高林堂(こうりんどう)」が作っている「かりんとう饅頭」の商品名です。

  黒糖ベースの皮に包まれたまんじゅうを油で揚げているので、香ばしいかりんとう風味と、カリッとした食感が楽しめる饅頭で、ここ数年、宇都宮で人気になっています。

 「かりまん」は、我が家でも人気で、高林堂海道店で買ってきた7個(1個:100円)は、あっと言う間になくなっちゃいましたcoldsweats01

 よっしーの母も、最近、外出時の手土産は「かりまん」オンリーだそうです。

かりまんかりまん








  卵は「那須御養卵」、小麦粉は栃木県産の「麦のかほり」、砂糖は沖縄産「黒糖」など、原材料にこだわっているのもいいですね。

  高林堂のHPには、専務の和氣康匡さんの「かりまん開発秘話」や地方発送のことなどが紹介されていますので、是非、御覧になってみてください。

高林堂海道店の連絡先

所在地:栃木県宇都宮市海道町169-7
電話 :028-613-5556
HP :http://www.kourindo.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

仕事は「労働」ではなく「芸術」である

 今日は、休日ですが、日中、職場で仕事していました。

 いろいろな資料を調べながら企画書を作る仕事です。予想以上に苦戦して終わらなかったので、明日も出勤する予定です。

 そこまで駆り立てるものは何でしょう。

 それは、「仕事は労働(苦役)ではなく芸術である」という考えがあるから。

 文書や企画書作りをはじめ、地味な作業の一つ一つでさえも、「よっしーブランドの芸術品作り」なのです。

 実は、以前、がむしゃらに頑張っていた時期がありました。

 これを続けていると、時々、心の中にぽっかりと穴があくんですね。果たして何のために頑張っているんだろうって。給料&家族のため?、ユーザーのため?、プライドのため?、出世のため?・・・

 そんな時、上司から一言。

  「仕事をよっしーさんなりのブランドに仕上げていくつもりでやってみたら」。

 はじめのうちは、うまく理解できなかったのですが、時間が経つにつれ、心の中に深く染み込んできて、ある日、「仕事って、芸術家の作品づくりに近いものではないか」と気づきました。

 この考えになってからは、あまり悩むこともなく、仕事に集中できるようになったことは言うまでもありません。

 
 そして、「芸術品作り」で大事なことは、何よりもまず、「一生懸命頑張ること」。時々、疲れて休むことがあったとしても、基本的には、前を向いて走り続けるのです

 こういう姿は、回りから見ていると、キラキラ輝いて見えます。マラソンや駅伝、野球やサッカーなどのスポーツで、一生懸命頑張っている姿が感動を与えてくれるのは、みなさんご存じのとおり。

 仕事も一緒で、前を向いて走り続けている人がいると、周囲が明るくなってきます。

 以前、他のチームの方から、「よっしーさんのチームは、みんな活き活きと仕事やっているね」と言われたことがあって、ちょっと嬉しかったなーーー。

 逆に、ずっと留まってしまったら、「死に体」同然です。

  ダメ出しだけを繰り返すネガティブシンキングの人、とにかく自分はやらず、人にやらせることだけを考えている人、グチばかりを言い続け、出来ない理由を回りのせいにする人も、同じです。

 解決せねばならない課題や問題があったら、まずは、自分の考えをベースにして、自分達に出来ることは何かを考え、多くの人達にアドバイスをもらいながら、チーム・組織全体を巻き込んで、前向きに行動し、芸術品作りの共同作業を進めていくのです。

  「仕事は労働ではなく、芸術である。そして、一つ一つの仕事を、前向きに一生懸命取り組む」 ことをポリシーに、これからも頑張っていきまーーす。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

2012年東古屋湖解禁前調査の募集スタート!

 2012年の東古屋湖解禁前漁獲調査の募集が開始されました。

 調査日は、2月18日(土)と19日(日)の2日間です。

  今年も昨年に続き、メーカーの試釣より先に、一般の調査を行うそうです。

  早速、速攻で申込みましたsign03

 昨年は、ほぼ爆釣状態を堪能させてもらったので、今年も気合入れて参加してきたいと思います。

 おっと、その前に当選しなくてはならないので、まずは神頼みですねcoldsweats01

 詳しくは東古屋湖のHP(http://www.kinugawa-gyokyou.com/higasigoyako/)を御覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

YSクランク(50mm,8g)の作製開始

YSクランク(50mm,8g)の作製開始 バルサ削りの方も、少しずつ始めています。

 2011年、丸沼や川俣湖で、主にレインボーにポツポツと実績をあげてきたYSクランク(50mm、8g)。

 もともと、そんなに釣れるとは思っていなかったので、製造したのは5本でした。

 釣れることが分かって使い込んだら、ロストすることも度々で、現在、手元に残っているのは2個だけ。

 YSミノーはストックがあるので、2012年のハンドメイド・ルアーの作製は、YSクランクからスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

冬の鬼怒川散歩

 寒い日が続きますね。

 今日は、午前中は仕事、午後は講演会と、休日らしからぬ予定の入った一日だったので、夕方、息抜きがてら、鬼怒川で散歩してきました。

鬼怒川 

 広大な鬼怒川河川敷や遠くに見える高原山を眺めながら、デジカメ片手に、土手沿いをブラブラ・・・

 プール付近には、寒バヤ釣りをしている人がチラホラいます。

 今から40年近く前の小学生時代は、よくやりましたが、さすがに、この歳(40代半ば)になると、寒さの中、雑魚釣りする元気はありませんcoldsweats01

 自然の中でいい空気を吸って、スッキリしたことだし、また、明日から仕事、がんばるか~~~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

YSミノー(85mm、12g)使用レポート from masou0113さん

 テスターをお願いしている「masou0113」さんから、YSミノー(85㎜、12g、アユカラー、ヘビーシンキング)のレポートが届きました。

~~~masou0113さんのYSミノー・使用レポート~~

YSミノー(85mm、12g、ヘビーシンキング) 着水に注意し、クロスからダウンでの使用時ですが押しが強いと弱冠浮き気味になりますか?

 ヒラウチ用に体高が高いのと、私は着水後からトゥイッチ掛け続けですので余計かもしれません。

 ただ、ドリフト気味にカウントダウン後の連続トゥイッチでは問題ございませんでした。

 ダウンのドリフト気味のターンは絶妙でした。

 残念ながらYSでのヒットには至りませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 レポート、どうもありがとうございましたm(_._)m

  確かに、YSミノーは、流れの強いところで使うとバランスを崩して飛び出してしまうことがあります。どちらかと言うと、流れ込みやヒラキなど、プール周辺で使うのに適しているミノーです。

 ただ、いろいろなシチュエーションで使えた方がいいので、もう少し押しの強い流れでも、泳ぎが安定するよう、市販品も参考にしながら、改良を加えてみたいと思います。

 ちなみに、masou0113さんは、昨年(2010年)、市販ミノーで48cmの鬼怒川スーパーヤマメを釣られているそうです。 さすがですねーーー(^_^)

  これからも、いろいろと参考にしていきたいので、引き続き、アドバイスしていただけたらと思います。

※ 写真は、テストされたものと同じタイプのYSミノー(85mm、12g、ヘビーシンキング、アユカラー)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

陶里庵のそば粉

陶里庵のそば粉を使った手打ちそば 先日、八溝(那珂川町・旧馬頭町)の「陶里庵(とうりあん)」で買ってきた「そば粉」を使って、そばを打ってみました。

 初めて使うそば粉は、加水率が気になります。

 そば粉7.5に対し、小麦粉2.5。水回しをしながら、加水率40%からスタート。

  少しずつ水を加えていって、いい按配になったのは48%

 そば粉に殻が少し混じっているので、少し黒っぽい、田舎そば風に仕上がりました

 陶里庵で出されているレベルには到底及ばないものの、香り・味ともにまずまず。

 延す時に、少し硬く感じたので、次回は、加水率を49~50%で打ってみたいと思います。


【陶里庵の連絡先】


所在地:栃木県那須郡那珂川町大字小砂2703-9
電話  :0287-93-0563
HP(食べログ):http://r.tabelog.com/tochigi/A0904/A090402/9000122/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

お薦めします! 児島玲子さんの本「釣り浪漫~釣りが教えてくれたこと~」

 仕事帰り、JR宇都宮駅前ララスクエアの落合書店に立ち寄った時、アウトドアコーナーで、「人気女性プロアングラーが釣りの喜怒哀楽・心技体、すべてを初公開」と書かれた帯に目がとまりました。

児島玲子さんの本「釣り浪漫~釣りが教えてくれたこと~」 釣りのテレビ番組でお馴染み、女性アングラー・児島玲子さんが書かれた本「釣り浪漫~釣りが教えてくれたこと~」です。

 早速、買ってきました。

○ 児島さんの 釣りにのめり込むきっかけ(栃木県の/那珂川で釣った47cmのイワナ)

 をはじめ、

○ GTを釣るという夢を実現するまでの道のり

 さらには

○ 女性アングラーならではのトイレの問題(多少の不便は気にせず、自然の中でしているそうですcoldsweats01

 
などなど。 釣り人なら、関心のある内容が、やさしい文章で書かれています。

~~~~~~

 「夢を抱いた魚を絶対に釣る方法」が一つだけある。それは「釣れるまで続けること」。
 

 1匹の魚を釣るこめに必要なのは、肉体やテクニックではなく、情熱だ。


~~~~~~

 なんてことも書かれてました。

 このあたりは、よっしーの「鬼怒川でスーパーヤマメを釣る方法」=「粘り強く通い続けること」と同じで、うなずくことしきりですhappy01

 読み進めていくと、児島さんの釣り好きレベルが、相当のものであることが分かります。

 決して、彼女は、釣り手段にして、有名になりたい女性でないということです。

 テレビ取材で海外も含め豊富な経験を持つ児島さんならではの、釣り人を魅了する言葉、エピソードの数々。

 これから釣りを始める女性はもちろん、素人からベテランの方まで、釣り好きな方にお薦めします。


【釣り浪漫~釣りが教えてくれたこと~】

著者:児島玲子
出版:幻冬舎
発行:2011年11月30日(第1刷)
定価:1,100 円+税
ISDN:ISBN978-4-344-02096-2 C0095 \1100E

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

陶里庵(栃木県那珂川町)の「もりそば」

陶里庵 手打ちそば用の粉がなくなってくると、週末に、父親と一緒に、美味しいそばを求めて、栃木県内の直売所やそば店に車で出かけています。


 最近、鹿沼方面が続いていたので、今日は八溝(馬頭)の陶里庵(とうりあん)」に行くことにしました。


 幹線道路から奥に入ったところにあるので、時々、車を停めて地図で確認。


陶里庵の天井 店の前で、一瞬通り過ぎそうになってしまいましたが、「手打ちそばののぼり」に、すぐに気づきました。


 所々に丸太を使ったログハウス。


 店内には、玄関で靴を脱いで上がります。


 天井が高く、おしゃれな雰囲気の中、3組のお客さんが、美味しそうにそばを食べていました。


 よっしーは、「もりそば(550円)の大盛り(+200円)」、父は「天もりそば(1,150円)」です。


 荒挽きの粉を使った黒っぽいそばは、硬めに茹でられていて、歯ごたえも十分。

陶里庵のもりそば
 さすがプロ。

 素人のよっしーのそばとは、比べ物にならない美味しさです。


 帰り際、「そば粉(1,000円/kg)」を買ってきたので、今度は、自宅で打ってみますね。


 宇都宮に戻る途中、「道の駅ばとう」にぶらっと寄ったら、レジ前の冷蔵庫の「しもつかれ」が目に入って、思わず2パック買っちゃいました。


道の駅ばとうのしもつかれ道の駅ばとうのしもつかれ








 レジのおばちゃんが「しもつかれは、温めないで、このまま食べてくださいね」なんて言ってました。「しもつかれ」の食べ方を知らないで、温めてしまう人もいるのかもしれませんね。


 今晩は、四季桜の熱燗に、旨味たっぷりの冷たい「しもつかれ」で晩酌です。


 し・あ・わ・せーーー happy01


【陶里庵の連絡先】

所在地:栃木県那須郡那珂川町大字小砂2703-9
電話  :0287-93-0563
HP(食べログ):http://r.tabelog.com/tochigi/A0904/A090402/9000122/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

2012年シーズン解禁に向けてスタート

 2012年、正月休みは、自宅でテレビを見たり、そばを打ったり・・・

 唯一出かけたのは、元旦の平出雷電神社への初詣と2日の親戚での新年会のみ。

 体重が増えてしまったことを除けば、のんびり正月もいいものですhappy01

 釣りの方と言えば、1~2月は完全なオフシーズン。

鬼怒川年券 「よっしーの散歩」的には、まずは「2011年お気に入り釣行」のまとめをして一区切り付けなくてはいけないところですが、今年は、少しでも早く気持ちを高めようと、エビス釣具店で、2012年の鬼怒川年券を買ってきました。

 別に、早く買ったからと言って、鬼怒川本流ヤマメ釣れる訳ではないんですけど、気持ちが大事ですから・・・coldsweats01

 毎度のこととは言え、この時期、YSミノー&クランクの製作、タックルのメンテナンスなんかをやっていると、あっと言う間に2ケ月が過ぎて、3月の解禁が来てしまうんですよねーー。

 さーて、釣りの方も、そろそろ準備を進めていくとしましょうsign03

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

そば打ちを始めて1年経ちました

 2012年1月2日(月)、親戚の新年会。

 今年は、御年始に添えて、当日の朝、早起きして打った「手打ちそば(10人前)」を持っていきました。

  宴が終わった後、茹でたてのそばを食べた親戚のコメントは・・・

 「そばの香りがして、とっても美味しいよ

 「どこで覚えたの? 誰かに教えてもらったの?

 「味はいいんだけど、もう少しコシがあってもいいかなーー

 家族以外の人に食べてもらったのは、初めてです。ちょっとドキドキものでしたが、概ね好評でホッとしましたhappy01

 そば屋のご主人は、毎日、毎日、様々な人の評価をいただいている訳で、その苦労をほんのちょっと垣間見た感じがしました。

打ちたてのそば 「コシ」については、確かに山芋などの特別なつなぎを入れることもなく、そば粉と小麦粉を使った28そばということもあって、物足りない感じもします。

  2012年1月3日(火)、早速、小麦粉の比率を少し高めて打ってみました。

 そば粉は、「永野フレッシュ直売所(栃木県鹿沼市下永野1314、0289-84-0078)」の新そば粉(375g)、これに強力小麦粉(ニップン、ふっくらパン、125g)を加えます。

 そば粉75%、小麦粉25%、大人4人前になります。

  水(245g)を加えて(加水率49%)、約200回ていねいに捏ねます。

 小麦粉の割合を20%から25%に増やしたこともあって、少々粘って、捏ねやすく、また延すのも楽です。

茹で洗い







 そば切りした後、グラグラ煮立てた大鍋に、打ち立てのそばを、さっと入れて1分。

 茹で上がったら、たっぷり水の入ったたらいに入れて、流水で洗って、水を切って、はい出来上がり。

出来上がったそば 早速、妻に食べてもらったら、 「香りや味もいいし、コシもあって、これ今まで打った中では、一番の出来じゃない。私はこのそばが好きscissors

 小麦粉を5%増やして、コシが出て、そばとしてバランスが整った感じです

 そば打ちを始めたは、1年前の2011年1月4日

 釣りに行かない時、そばを打って、年間延べ55回

手打ちそば 打ち方の研究や栃木県内のそば粉の食べ比べを続けながら、なんとかここまでたどり着きました。

 ノウハウは全てユーチューブやネット情報などから得たものなので、2年目となる今年は、そば打ち教室に参加したりして、少しずつステップアップしていこうと思います。

 おっと「そば打ち」ばかりでなく、そろそろ、ハンドメイト・ミノーの方も始めなくっちゃcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

見逃せませんよ「NHKドラマ・開拓者たち」~千振開拓の歴史~

 2012年1月1日(日)の午後9時からNHK・BSプレミアムで始まるドラマ「開拓者たち」。

 NHKのHP(http://www.nhk.or.jp/program/kaitaku/)によれば、「戦前、旧満州(中国東北地方)へわたり、過酷な逃避行と避難生活を体験した末に帰国。戦後の日本で、新たな農地の開拓にたくましく挑んだ人々の物語」だそうです。

 よっしーは、今朝(1/1)の毎日新聞の栃木版で、「千振開拓(ちふりかいたく)」の特集が2面に渡って組まれていて、このドラマの存在を知りました。

 那須野ケ原に入った開拓団は、「原野の開拓という凄まじい困難&苦労の連続だった」ことを、以前、本で読んだことがあります。

 栃木県那須町の千振開拓が舞台になっていることもありますし、:先人の苦労の歴史の上に、この発展した栃木があることを理解するためにも、全4回のこのドラマを、しっかり観たいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年もよろしく!

正月料理 いよいよ2012年がスタートしました。

 今年も、一歩ずつ歩き続けていきたいと思いますので、開設して7年目に入ったブログ「よっしーの散歩」ともども、よろしくお願いいたします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »